1948215 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

青春のギターリペア  K2ギターファクトリー

青春のギターリペア  K2ギターファクトリー

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2023年11月27日
XML
カテゴリ:ギターリぺアー
◆Bacchus StratoCaster
 ギターオーナー様は、R.N様です
 R.N様は、K2の40年来の友人のお孫さんで【青春のど真ん中】に在籍されております
 

◆画像から確認して行きます

●見事に青春してるギターです




●R.N様がご用意された、ダンカンのJBモデルに交換します


●リアのハムはブリッジに対して平行に取付るのですが、元のシングルと同じ角度に取付けて
 欲しいとのご指定です


●当然ですが弁当ザグリでは有りませんでした
 乗せ換えるリアのダンカンをより使い易くするために、トーンコントロールが効く様に
 配線を追加しておきます

◆リペア開始して行きます

●取付穴に合う様に、Gibsonのエスカッションでケガキ線を入れます


●ピッタリ収まる事を確認します


●ボディにザグリを入れて、ノイズレス塗料を塗っておきます
 ストラトでは珍しいと思われる、ソリッドのマホガニーボディでした。
 

●現在では一般的になっている交換したダンカンにも、トーンコントロールが効く様に
 ハーネスを接続します
 内部の加工が完了しましたので、外したパーツをピックガードに取付て元に戻します

◆音出しテストします

●弦高を揃えてチョーキングをしますと、3G弦の位置でフレットに接触するポイントが
 多数有りますが、トラストロッドを調整した直後なので、2時間程様子を見てから
 擦り合わせて行きます


●4~6弦のナット溝調整が必要かも知れませんが、擦り合わせが済んでから最後の調整になります


●ネックが安定したと判断しましたので、バズるポジションを擦り合わせてから
 ローポジの1~3弦に出始めていた、フレットのエクボも同時に擦り合わせておきます
 フレットクラウンも修復して有ります


●仕上げにマイクロファインとピカールでフレット磨いてフレットボードの仕上がりです


●ロッド調整後、半日経過しましたのでナットの弦溝を調整して、1フレットのクリアランスを
 調整しました


●6E/12Fは1.90mmにセットして有ります


●1E/12Fは、1.75mmです


●フレットの調整も完了してます


●リアのピックアップは、センターのトーンと共用でコントロールする事が出来る様に
 してありますので、使い勝手が良くなると思います


●リペアの完了です



🌻K2ギターファクトリー
  千葉県八街市 八街 に-67-3 
   代表 加藤 和久
   ☏ O8O-5376-O998 
   ⁂お車6台分の駐車場をご用意しております





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2023年12月02日 07時51分09秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.