1947338 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

青春のギターリペア  K2ギターファクトリー

青春のギターリペア  K2ギターファクトリー

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年02月28日
XML
カテゴリ:ギターリぺアー
◆Epiphone ES-335
 ギターオーナー様は、Hat様です
 ブランコテールピース&ナット交換のご依頼を頂きました

◆画像から確認して行きます

●ES-335は名機と呼ぶに相応しいギターです


●ご提案させて頂いた通りハカランダのナットに交換します


●ポジションマークのデザインが335としては見た事が有りません
 Epiphone専用デザインなのでしょうか?



●バックもこの通りキズが殆ど有りません


●ご用意頂いたブランコテールピースとアニーボールの012~ライトゲージです
 ボトムアップしますのでセッティングが必要になるかも知れません
 

●ブリッジ駒の溝を良く見ますと、1Eと6Eが逆にセットして有る様に見えます
 画像の右が1Eで左が6Eですが、明らかに1E側が広く切って有る事が判ると思います



●ブランコテールピースを交換しますが、ネジが見事に舐めてます


●右はスーパーペンチで素直に外れましたが、左は直ぐに外れ無かったためハンダ鏝で熱を
 加えますと素直に外れました


●交換しました


●ステンレスの全ネジタイプネジで取付けて有ります


●ナットを外します


●素直に綺麗に外れてくれました


◆粗削りのハカランダ・ナットがピッタリ収まるか確認します


●弦を張ってセッティングに移ろうと思いましたら、6E&5A弦の切込み幅が狭くて
 弦が入りませんのでリーマーを使って溝を広げます


●ハカランダのナットを仕上げて弦を張り戻します


●弦を張り戻してブリッジを確認しますと、駒の弦溝が気になります
 逆に付け変えれば解決しますが、Gibson系のブリッジ駒はヘッド側から調整しますので
 妥協はしませんので駒を入れ変える事にします


●オクターブチューニングが簡単に済む様に、駒の現在位置を測ってから付け変えました


●弦の太さに溝が合ってオクターブも微調整の範囲で合いました


●改めてセッティングを確認します
 1フレットのクリアランスOKです


●6E/12Fは1.85mmにセットしましたが低すぎればブリッジを調整すれば済みます


●1E/12Fは1.50mmにセットしました


●フレットボードの仕上がりです


●リペアの完了です
 ES-335とハカランダナットの相性が良いと実感致しました





🌻K2ギターファクトリー
  千葉県八街市 八街 に-67-3 
   代表 加藤 和久
   ☏ O8O-5376-O998 
   ⁂お車6台分の駐車場をご用意しております





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024年03月17日 08時07分12秒
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.