000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Small Talk

Small Talk

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

さんでぃ...

さんでぃ...

Calendar

Archives

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12

Category

Freepage List

映画レビュー INDEX


【ア行】


【カ行】


【サ行】


【タ行】


【ナ行】


【ハ行】


【マ行】


【ヤ・ラ・ワ行】


お気に入りの俳優


Star Wars / Clone Wars (TVアニメ)


Star Wars 反乱者たち(アニメシリーズ)


旅行記 INDEX


長崎ミニ旅行 (2005年6月)


トルコ旅行 (2006年5月)


直島ミニ旅行(2006年10月)


沖縄旅行(2007年5月)


スリランカ旅行(2007年9月)


ウズベキスタン旅行(2008年4月)


島根ミニ旅行(2008年5月)


ペルー旅行(2009年5月)


高松ミニ旅行(2009年8月)


ヨルダン・シリア旅行(2009年9月)


ラスベガス旅行(2009年12月)


イラン旅行 (2010年5月)


ブルネイ・シンガポール旅行(2010年8月)


讃岐日帰り旅行(2010年10月)


香港・マカオ旅行(2010年11月)


イスラエル旅行 (2011年5月)


米国東海岸ミニ旅行 (2011年6月)


ギアナ高地&レンソイス旅行(2011年7月)


九州温泉ミニ旅行(2011年9月)


カナダ・オーロラ旅行(2012年3月)


ドバイ1日旅行(2012年3月)


高知ミニ旅行(2012年6月)


チュニジア旅行(2012年7月)


四国三国弾丸旅行(2012年8月)


米国出張・週末のお楽しみ(2012年10月+2019年3月)


インドネシア旅行(2013年1月)


金沢ミニ旅行(2013年4月)


中欧3カ国世界遺産旅行(2013年GW)


礼文島&利尻島ミニ旅行 (2013年8月)


バルト&アイスランド旅行 (2013年9月)


日光ミニ旅行(2013年11月)


弾丸LA&SD旅行(2014年2月)


10日間世界一周(2014年2月)


シンガポールでの週末(2014年3月)


長島温泉となばなの里ミニ旅行(2014年3月)


ポルトガル旅行(2014年5月)


南アフリカ4か国周遊旅行(2014年9月)


戸隠・小布施ミニ旅行(2014年10月)


ルアンパバーン旅行 (2015年2月)


グアテマラほか中米旅行(2015GW)


ウィーン&ザルツカンマーグート(15年8月)


エチオピアダナキル砂漠旅行(2015年12月)


讃岐うどん屋めぐりミニ旅行(2016年3月)


松本&高遠 花見旅行(2016年4月)


トルクメニスタン旅行(2016年GW)


鹿児島ミニ旅行(2016年6月)


尾瀬ハイク(2016年7月)


ナミビア旅行(2016年9月)


アタカマ&ウユニ旅行(2017年2月)


マルタ&シチリア旅行(2017年GW)


旧満州旅行(2017年9月)


ネパール旅行(2017年12月)


東伊豆プチ旅行(2018年3月)


イスタンブール&メテオラ旅行(2018年GW)


シンガポールでの週末(2018年夏)


フンザ・KKH旅行(2018年10月)


ムンバイ出張(2019年2月)


北八ヶ岳温泉旅行(2019年3月)


五島列島旅行 (2019年GW)


マダガスカル旅行(2019年9月)


パンジャーブ旅行 (2019年2月)


シンド州旅行(2019年12月)


屋久島旅行(2020年7月)


京都・滋賀旅行 (2020年9月)


蔵王温泉(紅葉狩り)旅行(2020年10月)


しまなみ海道プチサイクリング旅行(2020年11月)


水戸・北茨城ミニ旅行(2021年2月)


高野山ミニ旅行(2021年7月)


熊野古道旅行(2021年8月)


箱根ミニ旅行


岩国・宮島・広島・呉旅行(2021年11月)


春の弾丸富山旅行(2022年4月)


庄内旅行(2022年7月)


高松・豊島ミニ旅行(2022年8月)


秋の立山黒部アルペンルート(2022年10月)


関門ミニ旅行(2022年11月)


京都花見旅行(2023年3月)


ソウル旅行(2023年3月)


余市&小樽旅行(2023年6月)


バスク旅行(2023年6月)


宗像・大宰府・柳川ミニ旅行(2023年10月)


推し活(ヲタ活)ソウル旅(2024年1月)


パタゴニア旅行(2024年2月)


ブログ開始前の旅行MEMO


ボストン (2001年10月)


デスバレー (2001年12月)


釜山・テグ (2002年6月)


Favorite Blog

I Dream of Jeannie … Jeannie Akubiさん
がちゃのダンジョン … gacha-danjhonさん
kaoritalyたる所以 kaoritalyさん

Comments

コメントに書き込みはありません。
2009.08.15
XML
カテゴリ:TVのレビュー
clonewars1-2.jpg『スターウォーズ』シリーズのエピソード2とエピソード3の間にあったクローン大戦を描く、ジョージ・ルーカス公認のTVアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』(2008年/米国 原題:Star Wars: The Clone Wars)ののシーズン1、第5話~第8話を見た。

第5話 『Rookies』
(あらすじ)
クローンの故郷の星カミーノの近くの基地に配属された新人クローン3人は、クローン不足により急いで戦地に出されたため十分な訓練を積んでいなかった。配属されても何も起こらないと真面目に取り組んでいなかった彼らだが、そこへグリーバス将軍指揮下のドロイドが侵入、基地を奪われてしまう。折りしも視察にきていたコマンダー・コーディとキャプテン・レックスと共に、新人クローンたちが力を合わせて勇敢に戦う。
(感想)
アナキン・スカイフォーカーもアソーカもオビ=ワンもパドメもヨーダも活躍しない、地味なストーリー。でもクローンもクローン大戦のヒーローだもんね。
ちなみにコマンダー・コーディはオビ=ワンの、キャプレン・レックスはスカイフォーカーの部下。コマンダー・コーディは、エピソード3で、パルパティーンから「Order 66を実行せよ」と指示され、それを発動したクローン(このアニメを見る前にエピソード2と3を復習したので記憶は鮮明)。将来を知っていると、キャラクターのとらえ方も変わってくるわ。


第6話 『Downfall of a Droid』
(あらすじ)
劣勢だった共和国軍だが、スカイフォーカーの大胆な作戦により挽回する。が、グリーバスを深追いしたアナキンはシップ(艦)から落ちてしまい、R2-D2が行方不明になる。スカイウォーカーは、グリーバス将軍らの通信秘密基地を突き止めるよう任務を与えられるが、機密情報を記憶しているR2-D2のメモリを消去していなかったため、命令に背いてR2-D2を探しに行く。
(感想)
相変わらず無謀な作戦を実行し、それがうまく運ぶアナキン。これでは師のオビ=ワンも諌めにくい。このことも、アナキンを傲慢にしてしまったひとつの理由になるのだろうか・・・と言っても、もちろん本人の資質が大きいと思うけれど。
アナキンが命令に背いてもR2を探しに行ったのは、もちろん共和国軍の機密が分離主義勢力に知られると困るというのもあったけど、R2との友情から。第5話もそうだったけど、クローン・ウォーズの中で友情は重要なテーマなんだろう。


第7話 『Duel of the Droids』
(あらすじ)
R2-D2の代わりにR3というドロイドがスカイウロカーのもとにやってくるが、ミスをしてばかり。そんなとき、卑しいドロイド回収業者に拾われて隠されていたR2が、秘密基地にいるグリーバス将軍のもとに届けられる。スカイフォーカー、アソーカ、R3とクローン兵がR2を助けるために侵入、囮になってアソーカはグリーバス将軍と一騎打ちで対決することになる。R3がスパイだということがわかり、R2救出と基地からの脱出に手こずるが、なんとか脱出することに成功する。
(感想)
R2の表情がくるくる変わって本当に生きているみたい!グリーバスと対決したアソーカはとても勇敢だったけど、ちょっと無謀だったかな・・・。しかし、このシリーズを見ると、グリーバスが本当にお馬鹿で、なぜこいつがジェダイ狩りなどできたのか、不思議でならない。


第8話 『Bombad Jedi』
(あらすじ)
ジャージャー、C-3POとともに、辺境にある、共和国側についている星の元首に会いに行ったアミダラだが、これは罠で、アミダラは既にその星に入っていた分離主義勢力に捕われてしまう。ジャージャー、3POが助けに行こうとする中、ジャージャーがジェダイのものに似たマントをかぶったため、ジェダイがいると敵のドロイドに恐れられる。水中にいた巨大な怪獣を味方にしたジャージャーが、分離主義勢力を駆逐する。
(感想)
ジャージャーが苦手な私。でも意外と友だち作りがうまいのねぇ・・・今回は大活躍でした。戦いに巻き込まれるといつも「自分は外交用の通訳ドロイドだ」と頑張る3PO。彼の性格をよく表してるけど毎度のパターンなのでそろそろ違う反応も見たい。


評価は、
★★★ (満点は5つ)

それから、映画版と同じように、1話の中で必ず誰かが「I have a bad feeling about this.(ちょっと言い回しが変わることもあり)」って言ってることに今さらながら気づいた。これからもチェックしてみよ♪





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2009.10.08 00:35:43



© Rakuten Group, Inc.