000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

想創舎日記

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

芯の一本通った仕事人

2010.02.23
XML
IWさま邸のアイアン階段手摺の製作を依頼している池上鉄工さんから
すてきなプレゼントをいただきました。

P1040361.jpg

HPでみていいなあと思っていたので
いいただいたときには思わず歓声♪

ありがとうございます。

主人の高校時代の同級生でもある池上さん。
HPが縁で再会となりました。
これからも一緒にすてきなものを創っていけたらと思います。

とき同じくして
アトリエ木々のみぞぐっちゃんが
冬にこっそり植えてくれていたお花が咲きました。

P1040351.jpg

枕木の間から春を告げてくれてます。
ありがとうございます♪

すてきな「仕事人」の方々と一緒に仕事ができて幸せです。
いつもありがとうございます♪









最終更新日  2010.02.23 17:05:26
コメント(6) | コメントを書く


2008.09.05
カメラが行方不明になってしまい、
ブログのネタ収穫に手間取っているこのごろです。

久々に手にしたカメラで、今日はうちの自慢の大工さんの紹介です♪

DSCF1494.jpg

恥ずかしがって、顔は撮らせてくれませんが(HPでは出します!)
彼のお父さんも手嶋組の大工でした。
親子二代。
いつも丁寧に創ってくれる自慢の大工です。(手前味噌ですみません・・。)

ものづくり。

特に、家づくりは形のないものからの「ものづくり」です。

いくら口でいろいろ言っても
紙でいろいろ書いても
「かたち」にしてくれる
大工をはじめ、職人さん達があってからこそ。

「想い」をこめて創る「想創舎」の職人。

そんな職人達が集う現場は
言葉のない、音だけ響く「ものづくりの場」。

音の中に身をゆだね
空間を眺めながら
いろいろと空想するひとときも
楽しくて大切な時間です。



いつも応援ありがとうございます。

  にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ ←one click,please.

  想創舎ホームページ

  想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

  子育て応援家(家づくりエッセンス集です)







最終更新日  2008.09.05 23:14:06
コメント(2) | コメントを書く
2008.05.24
念願の「tabby」に行ってきました。

一言では語れないほどのお店でした。

おいていらっしゃるものひとつひとつに

「こだわり」と「信念」と「好き」が垣間みられました。

「本物」と「好き」を探求されるそのお姿に感服でした。

その素敵なお店をご紹介♪


P1010028.jpg

P1010023.jpg

P1010027.jpg


もっとここにいたい。
もっとオーナーさんとお話したい。
もっと見る目を養いたい。

オーナーさんのセンスやお仕事の姿勢に感銘を受けた一日でした。

素材と素材の組み合わせ。
色と色の組み合わせ。
どこを見ても隙のない空間にただただ感嘆でした。

また行って勉強したい!
切実に思ったお店でした。

ご一緒してくださったOさま。
用事で行けなかったSさま。
多分大好きだろうNさま。Tさま。Iさま。Kさま。
そして、紹介してくれたMさん。

また一緒に行きましょうね♪


P1010029.jpg

いつも応援ありがとうございます。

  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  想創舎ホームページ

  想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

  子育て応援家(家づくりエッセンス集です)








最終更新日  2008.05.28 19:07:22
コメント(2) | コメントを書く
2008.04.08

P1000618.jpg
小学校の頃を思い出す「野の花」
私が大好きだったのは、水色の小さい小さいこのお花。

自然界の色は
どれも色の組み合わせがぴったり合っているそうだ。

たとえばこの野の花。
花の水色。花弁の黄色。葉っぱの緑。
「色」の基本である
「ブルーベース」と「イエローベース」にちゃんと分かれている。

だから「しっぽり」くるのだろう。

ただいま、想創舎のショールームを計画中。
「組み合わせのプロ」から湧き出てくるアイデアと組み合わせに
ただただ感嘆。

妥協のない仕事への情熱。
ちいさなことにも
いえ、ちいさなことだからこそこだわりを。
一歩先をみる目。
統一感のあるクウカンづくり。

来る人が
「しっぽり」とそのクウカンに佇み
いつまでもいたいと思える処。

そんなクウカンを一緒に考えてくれている
「組み合わせのプロ」は こんな素敵な人。。

想いがかたちになりますように・・・。


いつも応援ありがとうございます。

  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  想創舎ホームページ

  想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

  子育て応援家(家づくりエッセンス集です)









最終更新日  2008.04.12 02:01:23
コメント(2) | コメントを書く
2007.12.07
P1040041.jpg

P1040042.jpg

「餅屋は餅屋」とはいいますが
最近その道のプロの方との出逢いに恵まれてます。

ありがたいことです。

今日はその道のプロ「アトリエ木々」の溝口さんから
「古都の家」「ひだまりの家」の外構プランを魅せていただいた。

「うわあ~~」
細やかなプランニングと、お客様の好みを察知していらっしゃる提案に
ただただ感動。

このプランがお客様の心に届きますように・・・。


「おうちを観にきませんか?」

12月9日「古都の家」  12月16日「ひだまりの家」完成見学会をします。
詳細はHPから・・・。
想創舎ホームページ
 

いつも応援ありがとうございます。

  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  
  想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

  子育て応援家(家づくりエッセンス集です)









最終更新日  2007.12.07 18:46:48
コメント(2) | コメントを書く
2007.10.26
「なんのためにその仕事をするのですか?」
こう聞かれて、一言で答えをおっしゃるかたにお会いした。

まずお一人目はenaenaの諸藤さん。

「問題をデザインで解決する」

P1030621.jpg

言葉で表現しにくいこと。
「絵」で表現したいこと。
「色」で表現したいこと。
このもどかしさという「問題」を「デザイン」で解決する。

・・・すてきな「使命」だなあとおもった。
そして、一緒にお仕事をしたいと感じた出逢い。
その出逢いを導いてくださった「井本ホーム」の専務に感謝。

そして、もう一人。

アクタスの荒木正則アートディレクター。

「日本のインテリアを元気にする」

この使命感を持たれてお仕事をしていらっしゃる。

そして、遊び心。
わくわくの種を蒔くことはとても大切。
お話を聞きながら
こちらまでわくわくしてきた。

P1030630.jpg
「END  またいつか」

P1030626.jpg
荒木さんの作品「ユメカナエマウス」

たくさんのわくわくの種がちりばめられた「インテリア」
セイカツをゆたかにする「インテリア」
こころを癒す「インテリア」

とても勉強になったセミナーだった。

そしてサプライズは
P1030622.jpg

P1030623.jpg
こころいっぱい。
おなかいっぱい。

出逢いに感謝の一日。

そして、何のために仕事をするのですか?

「想いとかたちの懸け橋となり、幸せな家を創ること」
こう答え続けられる仕事をしていきたいと思った一日。


いつも応援ありがとうございます。

  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  想創舎ホームページ

  想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

  子育て応援家(家づくりエッセンス集です)














最終更新日  2007.10.30 14:15:14
コメント(0) | コメントを書く
2007.10.18
P1030536.jpg

今日、カーテンのコーディネートボードが届いた。

今ご計画中のK・Hさま邸のもの。

計画したご予算内でどのようなものができるか
また、ご希望の商品だとどれくらいのご予算になるか。

建物のお見積もりとともに
照明やカーテンのお見積もりや
それぞれコーディネートボードを提出することがある。

カーテンショップフレスコ

コーディネートの方が打ち合わせにも、現場での色あわせにも来て下さる。
私の考えに、ときには「こっちの方がいいですよ」とアドバイスをしてくださる。

心強いプロフェッショナル。

いろいろな分野のプロフェッショナルの方々に支えられ
お仕事させていただくこの幸せに感謝。

P1030538.jpg
ね、素敵でしょ。。
夢が広がりますね。


K・Hさま。今度埼玉でお会いするときに一緒に連れて行きます。。
そして、カーテンショップフレスコの向井さん
いつも素敵なボードをありがとうございます。


いつも応援ありがとうございます。

  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  想創舎ホームページ

  想いをかたちに・・・(施工現場ブログです)

  子育て応援家(家づくりエッセンス集です)









最終更新日  2007.10.18 16:40:21
コメント(0) | コメントを書く
2007.05.29
存在

あなたが ただそばに「存在(いる)」だけで
心がやすらぐ人がいる  
あなたが ただあなたで「存在(ある)」だけで
誰かが癒されている
あなたの「存在(ありかた)」そのものが
誰かに元気を与えている

自分の存在を証明するために
無理して頑張って 生きていると
ふと忘れてしまうことがある
     
自分が「存在(いる)」というだけで
誰かの心をあたためていることや
誰かの生きる支えになっているということを

岡部明美さん『もどっておいで私の元気!』より



結婚してこの地にやってきて以来
お世話になった方がお亡くなりになられました。
まさにこの詩のようなかたでした。

芯の一本通った「建材のプロ」

この言葉が本当に似合う方でした。
柔軟な考え方に
柔らかな物腰。

現場見学会を催すといえば
準備からなにから
わがことのように手伝ってくださいました。
目くばり、気くばり、こころくばり。
仕事を愛し、仕事に愛され
かかわる人たちに愛される方でした。


余命3ヶ月。
耳を疑う言葉を聞いたのは去年の夏のことでした。
まだ49歳の若さで。
それでも、奇跡が起きると信じてました。

自分の命の終りを宣告されたとき
私ならどうするだろう。
なにかする「気」がおきるだろうか。

彼は
自分の会社の従業員のため
かかわっている建築会社のため
そして
お客様のため
いつもと変わらず
精力的に仕事をこなしていらっしゃいました。

「ちょっと、痛みをとるのに入院してきます」
と会社に来られたのは
GW明けすぐのことでした。
いつものように
短期の入院で帰ってこられると
誰もが信じていました。
ほんとはもう体がSOSをだしていらっしゃったことなんて
だれもだれも気づきませんでした。

もしかして、あの余命宣告は間違いだったのでは・・・?
だれもが思うほどのご様子でした。

でも、お別れは突然やってきました。

まだみんな心が受け入れられない状態です。

でも、千の風になって
私達を見守ってくださっているとおもい
生きていきます。

いままで
いろいろなことを教えていただき
また
みんなの心の中で
いつまでも生きているような
そんな「生き方」をみせていただき
ありがとうございました。

























最終更新日  2007.05.29 13:33:10
コメント(0) | コメントを書く
2007.04.26
  
  先日、めがねを買い替えた。
  一目ぼれをしためがねのフレームではあったが
  なにしろ 
  今まで購入していたものの2倍以上の金額。

  「今掛けていらっしゃるめがねを選ばれるとき
   店員さんはなにもおっしゃいませんでしたか?」
  
  そう言われたとき
  最初は意味がわからなかったが
  要は、私のきつい度数では
  フレーム無のめがねは似合わないそうだ。
  牛乳瓶のそこがますますひどくなるというわけだ。

  そういえば、
  気に入ったはずなのに
  度が入ってかけてみると
  なんだか最初のイメージと違ってた。
  
  多分その店員さんは
  フレーム無の軽いめがねを希望した
  私の想いを尊重してくれたのだと思う。

  ・・・しかし
  いいにくいことを最初にはっきりという。
  そして理由を説明する。
  それこそ
  その道のプロといえるのではないだろうか。

  めがねのプロからのその妥協のない言葉で
  2倍以上高い、めがねを買うことに決めてしまった私。

  出来上がっためがねをかけると
  なかなかいい感じだ。
  これなら
  めがね美人とまではいかないが
  めがねおばさんにはならない気が・・・する。


  この一件で
  私も「家づくりのプロ」に磨きをかけたい
  と改めておもった。

  インテリアや照明のことなども
  最終的には
  お客様の好みになる。
  そして、お客様の好みにしておくほうが
  ある意味、楽である。
 
  しかし
  いいにくいことをはっきりいってからこそ
  そして、
  納得いかないことを
  五感を駆使して
  納得いくまで打ち合わせてからこそ
  本当に
  いいものができるとおもう。

  私達は
  建築家といわれる先生でも
  おしゃれなインテリアコーディネーターでもない。

  が、「家づくり屋」として
  お客様と
  心のこもったあったかい家を創ることにかけては
  その道のプロでいたいものだ。

  明後日は
  お引渡し。
  抱きしめたくなるような
  あったかい
  素敵な家ができたのが
  とってもとってもうれしい。

  P1020590.jpg 
  
  P1020635.jpg


  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  人気blogランキングへ ←one more,please!                

  想創舎ホームページ

  
    
  

  

  

  

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  






最終更新日  2007.04.28 07:21:20
コメント(2) | コメントを書く
2007.03.26
 人と人との出逢いを素敵な縁にするもしないも
 自分の心次第だなあと思うこのごろのとある話。

 先日、お客さまの土地の予約に不動産屋さんに行ったときのこと。
 そこの社長さんとは、父の時代からの永いお付き合い。
 「60を区切りとして、また初心に戻ってがんばるよ」
 の言葉どおり、意欲的に造成などを行っていらっしゃる。

 私は、自分が住みたいと思うところしか造成しない。
 いいにくいことは一番最初に言う。
 あとからになるとどうしても言い訳になるから。
 
 芯が一本通ったその心意気でされる仕事は
 「○○さんのところなら大丈夫」
 という信頼を長年勝ち得ていらっしゃる。

 芯が一本通った仕事人

 職人さんももちろんだが
 最近そんな方との出逢いが多い。
 
 塗った壁を穴があくまで色々な角度からチェックして直す左官さん。
 造り付けのカウンターにちょっとした細工を施す大工さん。
 融資のことを相談すると、痒いところまで手が届くような対応をしてくださる金融関係の方。
 それぞれのショールームで
 根気よく説明をし、迷い迷う色の決定や照明の種類なども
 ゆっくりじっくり付き合ってくださるプランナーの方。
 そして、そして忘れてはならいのが
 FP工法を開発した松本建工の社長

 どの人も、相手の立場に立ったらどうだろうという想いで
 仕事をしていらっしゃる「こころ」が伝わる。

 そして、そんな方々とお話しするのは
 心が気持ちいい。

 設計・施工を担当している主人の言葉。
 一番はお客様
 二番は一緒に仕事をしてくれている業者さん
 お客様の気持ちを一番に考え
 みんながスムーズに気持ちよく仕事ができるように
 潤滑油となり動くのが自分の仕事。

 私は・・・
 資金担当として
 インテリアコーディネーターとして
 自分が家を建てる側だったら・・・
 という気持ちをいつも忘れないようにして
 芯が一本通った仕事人になりたい。
 
 そして、私達がそんな「こころ」で仕事をしていると
 そんな「こころ」の方々が集まってくださる。
 そんな出逢いを見逃さず、いつも元気なこころでいたいものだ。

 ・・・ほんとに出逢いに感謝の毎日。
 
                             杜の国.jpg 

 より多くの方との出逢いがありますように、よろしくお願いします!!
  にほんブログ村 住まいブログ ハウスメーカー・ビルダー・工務店へ  ←one click,please.

  人気blogランキングへ ←one more,please!                

  想創舎ホームページ
 






最終更新日  2007.03.26 14:30:59
コメント(4) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.