000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

スイス生活

全4件 (4件中 1-4件目)

1

国際恋愛

2020.11.16
XML
テーマ:海外生活(7857)
カテゴリ:国際恋愛
​​​​​​​​​​​​​​​
前回の記事で、友人の韓国人とスイス人のカップルの話をしました。

まだ結婚も移住もして間もないので慣れるまでは大変だと思いますが

逆に、私自身や友人夫婦を見て国際結婚をするにあたって

確かめておくこと、こうしておいた方が良いというのを書いていきます。


Airport, Transport, Woman, Girl, Tourist, Travel



​​- 語学は中級まで母国で勉強する
​​
語学についてですが、日本にいる時よりも現地ではアウトプットする機会が多い分

上達も早いです。ただ、移住後に0から語学を始めると

ただでさえ慣れない環境でストレスがあるのに大変苦労します。


今は、日本でもいくらでも語学を勉強する環境は整っているので

中級ぐらいまで(聞き取れない・発音が悪くてもいいから)の単語や文法を

知ったうえで移住する方が絶対に良いと思います。



​- 金銭的な話し合いもしてから移住する​

金銭的なお話は日本人同士の場合よりも大事です。

移住してもすぐに職が見つかる訳ではないので国際恋愛において

経済的な余裕というのはパートナーとの関係にも影響してくるので

勿論、しっかりと2人が食べていける経済力は必要です。



- 遠距離恋愛ならそれなりに交際期間が必要

前回の記事に書いた韓国人とスイス人のカップルは、

結婚までに2回(4週間)しか一緒に時間を過ごしておらず


付き合った期間はたったの1年間です。

私とハイジ夫の2年ですら短いと感じたのに​(割と頻繁に会ってましたが…)​

相手の女性は義理の家族と一度も会わずスイスにやってきました。

現在、夫が全く家事をしない(したくないと言う)ことで悩んでいますが

もししっかり付き合っていればそれぐらいは見抜けたと思います。

それ以外にも一緒に問題を解決したり、考え方をお互い共有できるのか


ストレスを感じる時にどうなるのか、

などなど短期間で愛情はあっても実際に一緒に生活する上で

知っておくべきことはある程度一緒に時間を過ごさないと分かりません。





- お互いにお互いの国を知る

これは移住先の事を知るだけではなくて

お互いの国を知るというのは相手の常識だったり文化を学ぶことなので

2人の関係を円滑に進めるためにも知る必要があります。

なので、どちらか一方がいつも相手の国に行くというよりも

お互いが行き来をして目で見て実際に食事をしたりして経験していると

移住後によりうまくいきやすいと思います。



- どのぐらい帰省できるかを計算する

移住した後、1番の楽しみは母国への帰省になると思います。

それが年に1回しかできないのか、予定も立てれないぐらい先なのかでは

移住する側のパートナーの精神的な負担が大きく変わります。

金銭的にも、仕事や家族含めてどれぐらいの頻度で帰省できそうなのか

それでやっていけそうなのか考えておくべきです。



- パートナーの性格

もし、現地で出会ったならば同じ交際期間でも実際に過ごした時間は

圧倒的に多くなるのでまた別の話になりますが、

遠距離恋愛をした後、一人が海外に移住するとなった場合

殆どの人がホームシックになったりストレスを感じる事になります。

そんな時に助けられる、一緒に問題を解決してくれるような人

それぐらい信頼関係が築けている人ではないと

非常に移住後に苦労すると思います。






​​​​​いかがでしょうか?

どんなに準備や覚悟をしていても実際に移住した後は想定外の事も起こります。


でも、やっぱり準備をしておいて損は全くないし少しでも移住後のストレスを

軽減した方が良いと思います(*´з`)

私も、結婚前には何度もスイスを訪ねていましたし

旅行というよりも一緒に住むような感じで料理も一緒にしてましたし

スイスで観光地に行くわけでもなくただ家で過ごす日もありました。




それでも、移住をしたら、分かっていたけどこんなにストレスだとは…。

という事が起きてくるんです。

やっぱり休暇を使って海外に行くのと実際に住むのとでは違うので

旅行では気にならなかったことが住むと気になったりもします。

でも、本当に嫌だったら結婚前に訪ねた段階で少しは感じるはずです。

結婚を考えているならそういうアンテナも張りつつ過ごすのも大事だと思います。



例を挙げると、旅行で東京にきたら大都心に興奮して


満員電車も気にならないかもしれません。

ひょっとしたら混んでいる時間は電車にすら乗らないかもしてないですよね。


でも、慣れない外国人が住んで働くとなれば非常に精神的な苦痛になるはずです。

そういう事を事前に知るためにも何度か現地に行くこと。


そしてパートナーとの時間を過ごすことが絶対に大事です。











​​​​​​​
​​






最終更新日  2020.11.16 16:21:19
コメント(0) | コメントを書く


2020.11.15
テーマ:海外生活(7857)
カテゴリ:国際恋愛
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​

昨日、友人夫婦を招いてラクレットを一緒に食べました♪

実は、この友人夫婦は4ヵ月前に入籍した新婚カップルです^^

女性の方は韓国人でソウルから遥々スイスへ移住して男性はスイス人

なので女性の方からいろんな悩みを相談されて

結局、皆通る道は同じなんだな~と思ったので書きたいと思います。



スイス人との国際結婚は年々増加傾向にありますが

国際結婚の悩みや問題は、外国人の配偶者がどこかの出身なのかによっても

かなり変わってきます。​(ドイツ・イタリア・フランスなどは言語の問題も無いので)​


Bride, Couple, Groom, Hands, Holding Hands, Love, Man


彼女の場合、韓国のソウル出身なので今の悩みは


- スイスが田舎過ぎて不便
- 日曜日に何をしていいかわからない

- 何もかも遅い
- 何もかも高い
- スイスドイツ語ワケわかめ
- 夫が料理を全くしない


だそうです。(笑)

彼女の話をずーっと聞いていたらとにかく『田舎過ぎる』というのが

彼女にとって今は相当苦痛のようです。





実は、これは結構あるある問題で、慣れない生活に不便を感じるものです。
​​
私も同じでコンビニが近くになくて夜お腹が空いたときに恋しくなったり


急に何かが必要になった時にすぐ買いに行けないので(夜とかね)

あらかじめ食材や必要な物を計画する必要があります。



彼女の場合は、車の免許はあるけど車が1台しかないので

彼女の交通手段はバスや電車です。

スイス人夫にとっては交通手段が車なので都心までそう遠くないと言いますが

​​彼女にとっての『遠い』とスイス人の旦那さんの『遠い』は違うのです。​​

彼女がスイス人夫に都心に住みたいというと彼の地元は好きじゃないのか?と

言ってくるので話にならないそうです。(そういう意味じゃないのにね)





そして次に、『お金』の問題です。

実は、彼女の旦那さんはずっと実家住みだったので一人の時は

高級な時計も買えたし高いホテルも泊まれてましたし


彼女とお付き合いをしていた時は良いレストランにも連れて行ってました。

ところがどっこい。



彼女が移住してきたとたん、

食費・保険代・彼女のドイツ語学校代・その他もろもろ

全て彼が負担しているのでそれは経済的にも大きな負担です。

彼女も、彼が裕福に振舞っていたのでスイスに来てみて

日々お金の計算をしながら生活するとは思っていなかったそうです。

韓国にいた時のように気軽にレストランも行けないし

欲しいものがあっても高すぎて買えないのがストレスになっている状態です。





次に、この夫婦の一番の問題だなと思ったこと


それは『彼が自分の時間が欲しいと言い出している事』です。

私も、スイスの不便さや、スイスドイツ語のストレスはありましたし

ハイジ夫と一緒に最初は手探りですが解決策を探してきました。

​私は、一緒の時間を過ごすために海外移住してきたので​

友人夫婦の旦那さん(スイス人)が『一人の時間がもっと欲しい』というのは

あまり理解できませんでした。




そもそも、彼は仕事をしているので平日は一緒に過ごせるのは夕飯だけで

夕食後も彼はYouTubeを見てると。(笑)

それで土曜日に一緒にスーパーに行って食材を一週間分まとめ買いして

日曜日は、自分の為に時間を使いたいと旦那さんは言うそうなんです。

でも、彼女からしたら田舎だし日曜日は何も開いてないし

どうやって時間を楽しく過ごしたらいいのかもう分からないんですよね。




なので、ハイジはどうやって生き抜いてんの?!と率直に聞かれました。




我々夫婦は、日曜日に暇なので最初にサイクリングを始めたんですよ。

夫が精神的にもスポーツをした方が良いよと言ってくれて

自転車(8万円もしましたけど泣)を購入して一緒に時間を過ごしてました。







それが我々夫婦の解決策になったわけなんですが

友人夫婦の場合、スイス人の旦那さんがもう乗り気じゃないというか

仕事で疲れてるから日曜日ぐらい自分の好きにさせてくれ状態で

彼女は移住のストレスを全部自分で背負ってる感じです。



ちょっとこれ、ひどくないですか?



彼女は語学学校に行っているので宿題の添削を夫に頼んでいるのですが

それも本当は嫌だと言っているので

この夫婦の場合は夫側にちょっと問題がありそうな感じです。





そして、食文化の違いです。

多分、ほとんどの日本人からするとスイスの食事って結構塩が多めで

しょっぱい物が苦手でお肉が好きじゃない彼女からすると

スイスの食事はもう合わないそうなんですね。

普通に、美味しくないって言ってましたw(そんなこともないのに)





この夫婦の問題で、夫が全く料理をしないというのがあって

彼は仕事で疲れてるから家に帰ってから料理をしたくないそうです。(笑)

でも、彼女もあんまり料理をしたくないそうで

誰かがしなきゃいけないから仕方なくしているのでストレスだと。

その上、夫側は『塩が足りない』『お肉食べたい』と愚痴っていましたが

彼女には言ってないのでお互いに溝がある状態です。






これだけ聞くと凄く夫側に問題がありそうに聞こえますが

元々、婚約まで7か月、結婚まで1年と超スピード婚だったんです。

なので彼女も自分の学校代ぐらい負担できる金銭的な準備をしてくれば

彼の負担も減ったでしょうし、

そもそも移住前に彼女はスイスに来たことが無いのも問題かなと。



彼が家事を全くしないのは皆知っていましたし

今まで2回(計4週間)しか一緒に過ごしていないのは

国際結婚には短すぎたと私は思います。


​​



なんだか移住してきて1年半ぐらいは同じように不便さも感じてましたし

スイスでの楽しみ方を知るまでは皆苦労すると思います。

また、自然に全く興味が無いと尚更難しかもしれません。


友だちがいるわけでもないですし田舎に居たら孤独に感じるかもしれませんが

都心に行っても結局、大都市とは比べ物にならない上に

金銭的な負担も大きくなるので

わざわざ都会に住まなくても生活必需品が近くでそろえばいいのかなと

思う事もあります。(それでも東京が恋しくなる時はありますが)



​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ただ、ハイジ夫も友人と同じで彼には彼なりのストレスがあったはずなのに

それを愚痴ったことも1度たりともなく

いつも美味しい料理を作ってくれたり

一緒に時間を沢山過ごしてくれるハイジ夫に大感謝です。



それと同時に、移住した後に感じた辛さやストレスは自分だけなのかとか

自分が柔軟じゃないからなのかとか思ってたんですけど

彼女も同じところで悩みを抱えていて少しホッとした自分もいます。





ただ、友人夫婦は完全に移住してきた彼女が大人になって受け止めているから

成り立っている状態なのでもう少し夫側が協力的にならないと

わざわざ彼女が母国を離れてまで来た意味って無いと思うんです。

なので、その辺は2人で解決策を見つけてほしいなぁと思うばかりです。




ではまた。











最終更新日  2020.11.15 11:50:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.30
テーマ:海外生活(7857)
カテゴリ:国際恋愛
​​​​​​​​​​

日本でハイジ夫と歩いているとかなりの確率で

ハイジ夫の顔をガン見していたり、隣の人が小さな声で我々の事を話す

という現象に遭遇します。(笑)


Japan, Travel, Nature, Asia, Plant, Architecture, Tokyo



おそらく、外国人の方やその家族を持つ方は同じ経験をしていると思いますが

中にはかなり不快だという人もいるので感じ方はそれぞれですが

ハイジ夫は、『慣れた』ので気にしていないみたいですw

結構マイペースな性格なので気にしていませんが

それでも最初はビックリしたし自分が変なのかと思ったといってました。





私がハイジ夫と一緒にいる時も、小さな声で明らかに私たちの事

を近くの人が話している!という事もたまにあります。

ただ、悪口を言われたわけではなくて


中学生の男の子の集団に『めちゃくちゃイケメンだ( ゚Д゚)ミテミテ』とか

女子大生の女の子に『外国人と付き合ってる女性って~』みたいな事とか

あとは、一緒にスパに行ったときはカップルにハイジ夫の肩?

何だったか忘れてしまったんですけど体型について

カップルが私の隣で話してました。(笑)




私の事、日本語が話せない外国人だと思っているのかも(*´з`)




言われたことがネガティブではなかったので気にしていませんが


逆に、何を言っているかわからないけど明らかに何か自分の事を話している。

みたいなのは嫌だと思います。(私はネガティブに想像してしまうかも)

​​​​​

逆に、スイスではどうなのかというと

あんまり顔をジロジロ見られたりする経験はしていません。

あまり自意識過剰に反応しても嫌な気持ちになるだけなので

意識を周りに向けてなくて気が付いていないだけかもしれません(笑)





ヤフー知恵袋で『外国人配偶者をジロジロ見てくる』という質問を見かけましたが

アンサーの中には『西洋人の顔が好きで見てしまう』なんてのもあって

ちょっとびっくりしました(笑)

そういうポジティブな人もいるんでしょうけど

自分がジロジロ見られた時には悪いようにしか考えられないので

出来れば相手が気が付くぐらい見るのはやめた方が良いですよね。(*´з`)



ではまた。

​​






最終更新日  2020.10.30 11:50:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.05
テーマ:海外生活(7857)
カテゴリ:国際恋愛
​​​​

今日は、ハイジ夫と私の夫婦についてです‼(笑)

いつかの​記事​で、外国人は謝らない!という事を書いたと思うんですけど

それにちょっと関連したテーマです。(*'▽')


Sunset, Romantic, Beach, Couple, Bench, Walk, Date

ハイジ夫と私は遠距離恋愛中も2週間の休暇を何度も一緒に過ごしたり

距離のわりにしっかり会えていた事もあって

結婚前から割とお互いを分かり合えていると自負していたんです。




ところがどっこい。

結婚して一緒に住み始めると相手の知らなかった一面に遭遇したり、

なにより自分の知らなかった自分自身の一面にビックリ(笑)



それで話は戻りますが、

謝らない夫というのは凄くマイナスな印象を受けますが、

裏を返せば、『謝ることを求められることもない』という事です。



また、日本では当たり前の『ありがとう』という言葉も

日本人ほど小さな事で言ってくれる人も少ないです。(私の経験上)




ハイジ夫は今でこそお互いに理解を深めて色々なことを

言葉にしてくれるようになりましたが、

日本人だったら絶対にありがとうと言う場面でも

ありがとうの言葉や相手を労わる言葉が無い時は結構ありました。





要するに、ハイジ夫は頼めば色々やってくれるしそれが当たり前だと思っている。

なので、私がハイジ夫に頼まれてやった時もそこまでの感謝はされない。

私は逆に、何かを頼むときもやってくれて当たり前とは思わないし

ごめんねの一言を添えたりありがとうと毎回言葉にするタイプ。




なのでお互いの考えの違いに慣れるまでかなり時間がかかりました。(;O;)




もちろん、お互いに譲り合う事が大事というのは分かっていたんですけど

私も人間なのでいつもいつも理解して譲り合える気持ちではいられません。




そういう時はついつい、

『こういう時、感謝の気持ちとかないの?』とかね。

言ってました。(笑)






ハイジ夫にどんな気持ちなのか聞いたらこんな言葉が返ってきました。



『僕はハイジのために何かするのは全然苦じゃない。』



とだけ言ってました。(笑)

なのでハイジの為に何かをした時、感謝してくれるかより

喜んでくれるかどうかしか気にならない。と言われました。




それだけ聞くと凄いハイジ夫が善人で

私が悪者みたいな感じですが(実際そうなのかも?笑)


私は、『ありがとう』という一言で救われる時もあると思います。

だっていくらハイジ夫の為とは言っても疲労が溜まることだってありますから…。



​​​


ただ、お互いに理解ができるようになった今は

お互いの考えの良いとこ取りで

お互いに『ありがとう』という事は言葉にするけど

それが無くても、感謝してない訳ではないという事も理解していますし


また、ハイジ夫は以前よりもずーっと言葉にしてくれることが増えて

おかげさまで、私もハイジ夫の為なら頑張るか!!(^^)!と

親戚にご飯を振舞ったり色々頑張れるようになりました。



ハイジ夫のように見返りを求めない人って

一見すごく良さそうに見えるんですけど

一緒にいると、こういう事も起こるんだよねー。というのを書きました。



おそらく結婚ってこういう事の繰り返しで

時間をかけてお互いにすり合わせていく作業が必要ですよね。

今、我々夫婦はそのすり合わせがやっと一致し始めたところです(笑)




ではまた。



















最終更新日  2020.08.08 05:34:49
コメント(0) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.