3021325 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

笏取り虫

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

ブロンプトン

2020.09.30
XML
カテゴリ:ブロンプトン

9月の中旬、新聞に下電バスの瀬戸大橋線が10月1日からそれまでの6便から3便に減便され、来年3月末日を以て廃止されると報道されていた。瀬戸大橋線は児島駅から高速道路の瀬戸大橋に乗り、櫃石島、岩黒島、与島を巡り再び児島駅に帰る路線で、島民の足としてまた、観光、釣り人の足として貴重な存在だったが、恐らく赤字路線だったに違いない。
瀬戸大橋の架かる3島の事を調べてみると、小さな島なのに以外に面白そうな見学場所が沢山ある事が分かった。与島はPAがあるのでクルマで気軽に行けるが、櫃石島と岩黒島はこの機会を逃すと、もう行く事が出来ないと思い、9月28日にブロンプトン仲間の西さんを誘い決行する事にした。島での移動手段はこんな時の為に買った折り畳み自転車のブロンブトンだ。
貴重な6便を有効に使うには児島ICバス停7時57分発のバスに乗る必要がある。7時過ぎ西さんのCX5に輪行袋に入れたブロンブトン2台を積み込み朝の渋滞を避けるため高速で児島ICまで移動、藤さんの庭先にクルマを駐めてバス亭まで歩く。
よく考えてみると路線バスに乗るのは何十年ぶりだろうか。定刻より少し遅れて到着したバスにブロンブトンと共に乗り込む。乗客は釣り人が2人とオバサンが1人の3人だった。ICを登ると直ぐに高速に入りトンネルを抜けると目の前はもう瀬戸大橋だ。最初の島は香川県の櫃石島である。路線バスと島民専用の連絡道を下るとゲートがある。一旦止まってカードを入れて通過する。櫃石島にはICのある櫃石島、櫃石学校前、櫃石の3箇所に停留所があるが、どこで降りても料金は同じ220円なので、櫃石島で降車して輪行袋から出したブロンブトンを組み立てるのだが、この自転車の折り畳み方と組み立ては実に良く研究され製作されているので、乗れる状態になるまで1分とかからない。
最初の目的地はこの島の名前の由来となった櫃石を探しに島の南端に向かう。晴れ渡った朝の空気と潮風が実に爽やかで気持ち良くサイクリングを楽しみながら南端近くの海沿いの道に差し掛かると小さな「櫃石」の看板が見えた。樹木が鬱蒼と茂る急斜面の獣道には両脇にロープが張られ、それを握らないと登れない。まるで登山だ。頂上に島名の由来となる大きな櫃石が鎮座していた。次は島の最南端にある歩渡島に向かう。この島はコンクリートの細い道で繋がれているので、自転車で島まで行ける。瓢箪型の島には獣道が続いており、歩いて登ると一番奥に神社らしき物が祀られていた。島から四国側の瀬戸大橋の眺望が素晴らしい。次は島を半周して坂を登り氏神の王子神社へ参拝。境内には立派な社殿と新しい社務所が見える。境内の石碑に昭和58年整備と記されいたので、瀬戸大橋建設に伴う保証金がたんまりと出たのであろう。再び坂を下って櫃石学校前のバス停で自転車を折り畳みバスを待つ。
9時38分発のバスに乗り、岩黒島へ向かう料金は170円だ。高速に乗ったのも束の間、岩黒島バス停だ。岩黒島にはバス停が1箇所しかない。しかもこのバス停は橋の上だ。瀬戸大橋は基本歩行は出来ない事になっているが、バス停の付近は例外で見晴らしも良く、目の前をクルマが高速で通過していく。島にはエレベーターを使って降りて行く。クルマは100億円掛けて作ったという目の回るようなループ橋を使用する。
岩黒島は直ぐに一周出来てしまう程、実に小さな島であるが、民宿が3軒もある。島の南端に向うと瀬戸大橋の真下に行くことが出来る。頭上をクルマや電車が通る音を聞いていると何だか不思議な気分になる。眼前を通る船を眺めながら、心地良い潮風に吹かれて暫し休憩。氏神の初田神社に 向参拝すると向かいが今日の昼食場所民宿岩黒だった。民宿で小学校の生徒が作ったという島内観光パンフレット貰い、島の北側にある黒石を見に行くことにした。黒石は小学校手前の細いセメント通路を下ると砂浜に出る。その砂浜の東は岩場となっており、島名となった大きな黒い石がゴロゴロしている。砂まで黒い。
岩黒小学校の校舎には大きな蝉の絵が描かれている。何でも生徒が行ったクマゼミの研究が全国1位の研究となったとの事。現在全校生徒は1名、先生は11人体勢(校長、教頭、用務員を含む)だそうだが、来年は廃校になるらしい。これも仕方がないだろう。校長も教頭もいらんだろう。生徒一人に掛かる費用は一体幾らになるのだろう。日本に生まれて良かった。
小学校から港に回って、防波堤を歩くと、瀬戸大橋やループ橋が綺麗にみえる。絶好の撮影スポットだ。小さな島なので、見学する所は全て回った。少し早いが11時に民宿岩黒の玄関前に自転車を駐めて、昼食とする。2階の二十帖ほどの部屋に通され、目の前の海中に設置された養殖生け簀から獲ってきた河豚の刺身と唐揚げ、蛸と鯛の刺身、赤メバルの煮付けなどとビールを少々飲みながら、80歳過ぎの老夫婦に島での生活の話を聞く。来年にはバスが廃止されるのでもう来る事は出来ないだろうと思っていたが、耳寄りな情報を得た。何でも民宿に事前に電話をしておけば、その時刻に橋上のゲートまで迎えに来てくれ、島民と関係者しか使用出来ない専用カードでゲートを開けてくれるそうだ。忘年会シーズンはクルマで島まで来る客も多いそうだ。過去30年余りでハーレーで来た人が一人いたが、自転車で来たのは我々が初めての事だとビックリしていた。
橋工事の話し、民宿を最初に建てた話し、橋が完成した直後は一日100人の来客があった話し、ループ橋の建設陳情に首相官邸に行った話し等を聞いている内に時間となり、再びエレベーターで橋上のバス停に移動、12時46分発のバスに乗り、3分で与島に到着、料金は170円。
与島は瀬戸中央自動車道のSAがある島なので、観光客が多い。SAには意外な見学場所がある。日時計の展望台、屋上展望台、橋桁を吊るワイヤの切断オブジェ、ヘビに見える木など今まで気にしていなかった物が沢山あり以外と面白い。
遊歩道から集落へ下る細い道を見つけたので、自転車で乗り込む。密集した家々の路地を彷徨いやっと海岸に出ると、琴電バスの浦城バス停があった。このバス停の待合所は船のキャビンを再利用したものだが、真っ赤に錆びたそのヤレ具合が誠によろしい。その南に鍋島がありそこに灯台があるのだが、進入路は鉄柵で閉じられ進入禁止となっていた。残念である。
今度は島の反対側を目指して進む、途中交番があった。やはり与島は大きい。島の北端はオフロードになっており、採石場の跡がある。この島からも大阪城の石垣の石が運ばれたのだろう。
オフロードが切れると廃墟となった観光港が現れたフィッシャーマンズ・ワーフ跡だ。かつては大勢の観光客が訪れ観光船咸臨丸が就航していた。島を一周し、元の遊歩道への道を引き返しSAでのんびりと休憩。
15時44分のバスに乗って児島ICまで向かう、料金は340円だったが、民宿の主から200円の割引券を貰っていたので、140円の支払いで済んだ。それにしても大きなバスに乗客は多くて5~6人、我々2人だけの時もあったこの路線は通常とは違い高速道路も通るので、かなり経費がかかると思われる。今まで路線維持を行って来て頂いた下津井電鉄に感謝したい。
瀬戸大橋はいままで、クルマや電車に乗って通るだけで、下から見上げた事は殆どなかったが、今回の輪行で瀬戸大橋の完成により、島の暮らしが劇的に変化して便利になった反面、ブームも去って漁業に頼るしかない現実に戻り、どの島も多くの空き家が朽ち果てていた。やはり島での生活は難しそうだ。
ブロンブトンの活躍により、思いも掛けない島旅ができた。まさに折り畳み自転車の真骨頂を満喫する旅となった事は満足である。

櫃石島の櫃岩

歩渡島から瀬戸大橋を望む

岩黒島の島民専用ゲート

岩黒島南端

岩黒島へ降りるエレベーター

岩黒漁港からの展望

民宿岩黒

岩黒島北端から瀬戸大橋を望む

島名の由来となった黒石

ループ橋とエレベーター

与島の琴電浦城バス停

与島SA展望台から瀬戸大橋を望む

ヘビに見える木







Last updated  2021.07.21 11:10:04
コメント(4) | コメントを書く


2018.03.12
カテゴリ:ブロンプトン

ブロンプトンで倉敷駅前の病院へ見舞いに2回行った。1回目は様子を見るべく変速機の操作をしたり、サドルの高さを調節したり、試行錯誤で乗ったのだが、ママチャリよりも早く走れる事が分かった。帰りに内装ギアが変速しなくなり、ファームへ持ち込むとワイヤに緩みがあったようで調節して貰ったら直った。なかなかシビアなものである。
2回目は余裕が出てきたので、段差超えや速漕ぎもやってみた。風が強い日だったので、帰りに向かい風に遭い、全然進まない。自転車はこんなにも風の影響を受ける乗り物だったか。子供の頃の記憶はもう無い。それとバックミラーが無いので怖い思いをした。
病院では玄関前でパッパッと畳み病室の隅に置きブロンプトンの真骨頂を発揮できたのだが、2回の乗車で何か物足りない事に気が付いた。バイクなら、ミラーやウインカー、メーターなど見る物がいっぱいあるのだが自転車は何もないのである。
そこで、サイクルコンピューターを取り付けてみる事にした。ブロンプトンの専用は無いので、汎用品を取り付けるしかない。amazonで探したら最人気のサイクルコンピューターが2000円で出ていたので早速購入。
ハンドルに取り付けるディスプレイブラケットとフロントフォークに取り付ける発信機はクッション付き両面テープとタイラップで固定するようになっていた。折り畳んだ時に邪魔にならず走行時の視認性などを考慮しながら、取り付け場所を探して行く。発信機と受信機の距離は60cm以内なので、発信機は右フロントフォークのなるべく上方、フロントブレーキギリギリの場所に決定。スポークの最も外側のニップル付近に磁性体を締め込んで取り付ける。磁性体と発信機の距離は5ミリ以内なのだが、湾曲して楕円のフロントフォークに両面テープとタイラップだけでガッチリ固定する事は難しく、この距離が保てるかどうかは不明である。
受信機は畳んだ時の干渉が最も少ない左側の最もヘッド寄りとなった。発信機との距離はギリギリだ。発信機と受信機にボタン電池を入れると、先ずタイヤの周長を変更する画面が現れる。ブロンプトンは1340ミリなので、周長を入力する。後はキロとマイルの切替、体重など次々と入力していくと使用可能となる。最高速度や平均速度、サイクル時間やカロリー計算まで盛り沢山に表示できるようであるが、距離計とスピードだけしか使わないだろう。
全てセットして、前輪を持ち上げて回してみると、スピードと距離が動いた。試乗してみても大丈夫そうだ。これで、輪行中少しは気が紛れそうである。

サイクルコンピューター

磁性体と発信機の取り付け

ハンドルに取り付けた受信機







Last updated  2018.03.12 07:10:34
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.24
カテゴリ:ブロンプトン

ブロンプトンの詳細について見てみよう。変速レバーは右ハンドルに内装3段、左ハンドルに外装2段の吊り下げ式が装備されており、操作性も良い。右変速機前には小さいながらベルも付いている。
サドルは持ち運びの時に掌で握れるように先が細く作られており、右に少し回転させてロックすることにより、運搬が更に良好になる。
折り畳みはフレームパイプとステムに180°の折れ曲がり箇所があり、シートポスト部分にサドル上下レバーがある。更にシートポスト後方には後輪部分を切り離し180°回転さすレバーを備える。
キャリア上方にはプラのホイールが4個装備され、折り畳んだ時には接地面となり、車体を転がす事が出来るのだが、動かせたくない時はシートポストを一番下まで下げると先のゴムストッパーが接地する。
ペダルは折り畳み時に左側のみ90°折り曲げ出っ張りを防ぐように工夫されている。
リア左には空気ポンプまで装備されているが、これを使うにはパンク修理キットが必要になる。キットは中空のフレームパイプの中に収納できるが、必要だろうか?疑問である。
フロントフレームには専用バッグを取り付けるプラのアタッチメントがついているので、バッグの取り付けはワンタッチで行う事ができる。また、バッグの荷重はフレームに掛かるので、荷物が重くてもハンドルの軽さは一定で、走行に影響しない。
リアのギア回りは精密部品が結集している正に「キモ」部分であり、唯一メカニカルな部分である。見ていて非常に綺麗である。
折り畳み時に各部に取り付けられたストッパーが機能して、畳みながらロックされて行くので、全て畳むと1つの塊となる。また、大きな衝撃があった時にフレームや金属部分を守るため先に壊れるように、ストッパーはプラで作られている。

右ハンドルの内装3段変速レバー

右ハンドルの外装2段変速レバー

右ハンドルのベル

先は細く作られているサドル

フレームの折れ曲がり部分

ステムの折れ曲がり部分

サドルの上下レバー(手前)と後輪部分切り離しレバー(奥)

ホイール付きキャリア/折り畳み時はこの面が底面となる

シートポストの先に付けられたゴムストッパー

90°回転して収納できる左ペダル

フレームに設置されたエアーポンプ

フロントフレームに装備されている専用バッグ取り付けアタッチメント

リアのメカニカルな変速機部分

前輪をフレームにロックするフック

ハンドルをロックするフック

スタンドを付けない車両の駐輪状態







Last updated  2018.02.24 08:21:25
コメント(1) | コメントを書く
2018.02.22
カテゴリ:ブロンプトン

日頃の運動不足を解消する良い方法はないかと色々と考えて来た。ランニングが手っ取り早いが、くたびれそうだ。歩くのは年寄り臭いし、縄跳びは面白くない。毎日じゃなくても、楽しく運動出来るものはないだろうか...。
そこで思いついたのが、自転車だ。しかし、自転車にも色々ある。ママチャリにロードにマウンテンに最近では砂地や雪上を走れるものまであるが、スピードやテクニックが必要なものは求めない。手軽にママチャリ位のスピードが出て、その気になれば坂も上れるような自転車が理想だ。
使用頻度と目的、そして楽しさの全てを満たす事に絞って選択した自転車の行き着いた先はズバリ!折り畳み自転車となった。調べてみると、このジャンルの自転車も日本製、外国製と多機種あるが、飛び抜けて目を引いたのがイギリスのBROMPTON(ブロンプトン)だ。一番のポイントは折り畳みの構造とサイズだ。これはもう細部に至るまで考え尽くされた芸術品だ。他のどのメーカーも真似が出来ない。正にお手上げ状態の独壇場である。
もう一つのポイントはそこそこ走ると言う点である。折り畳み自転車などの小径ホイールの弱点は漕いでも進まないという事であるが、ブロンプトンは16インチの小径ホイールながら絶妙なギア比で6速の場合、左レバーを+、右レバーを3(フロント50丁、外装ギア13丁、内装ギア比1.56)にセットすると、ペダル1回転で何と7m98cmも進むのである。この距離は3段変速付きの26インチ自転車の5m97㎝、変速機なしの4m70cmを大きく上回る距離となる。安価な小径ホイール車はギア比のセッティングを考慮していないものが多いので、買ったは良いが全然走らないと言う事になってしまうのだ。
理想の自転車は決まった。後は何処で購入するかだ。ネットで購入しても良いのだが、安売りはしない方針なのか、あまり安くなっていない。それと、自転車はバイクと違って変速ギアの辺りの構造が難解であり、専用工具や知識が必要となる。自転車をナメたらえらい目に遭う事は分かっているので、購入後のメンテを含めてここは無難に専門ショップで購入する事にした。
近場を探してみると、倉敷にファームなる自転車専門ショップが扱っているようである。年末に試乗に出掛けてみると、お目当てのブロンプトンがメインでショーケースに並べてあった。
ブロンプトンはハンドルの形状とギアの数及びリアキャリアの有無でタイプが分かれる。他の仕様は全て同じである。
ハンドルはバータイプのS。アップタイプのM。上下2段でホールドできる変形タイプのP。ギアは外装2段の2速。外装1段/内装3段の3速。外装2段/内装3段の6速。折り畳んだ時にスーツケースのように転がせて運ぶ事ができるホイール装備のリアキャリア付きがR。キャリア無しがLだ。
ラインアップは次の8通り。
M3L アップハンドル/3速/キャリア無し
M3R アップハンドル/3速/キャリア付き
M6L アップハンドル/6速/キャリア無し
M6R アップハンドル/6速/キャリア付き
S2L バーハンドル/2速/キャリア無し
S6L バーハンドル/6速/キャリア無し
P6L 変形ハンドル/6速/キャリア無し
P6R 変形ハンドル/6速/キャリア付き
試乗してみると、欠点も見えて来た。小径ホイールの特性で慣れない事もあり、低速で少しふらつく。また、軽量化のためにダンパー類が付いていないので、路面の凸凹の振動をサドルとハンドルから直接受けやすい。
長所は、出足のスピードが速く、まずまずのスピードで走れる。ギア比の幅が広いので、殆どの道に対応出来そうだ。それと何と言っても考え尽くされた折り畳みの機構とそのサイズ、折り畳んだ状態で幅59cm、高さ58cm、厚さ27cmと驚異的なスペックを叩き出す。駅のコインロッカーにも入るし、電車にも遠慮無く持ち込めるサイズである。重量は一番重い6Rで内装ギア分が少し加味され12.2kgとなるが、輪行バッグに入れて持ち運べる重量ではある。チタン製もあるが、価格がグンと高くなる。
残るはハンドルだ。Sのバーハンドルは明らかに低すぎる。MのアップかPの変形かで悩んだが、Mは少し低いような気もしたので、Pかなと思いつつ店を後にした。
丁度、その頃近くの同業者の西さんがやって来て話している内に、バイクは乗れないが、何か1つ趣味が欲しいと言うので今まで調べ上げたブロンプトンでの遊び方と性能を披瀝したら、直ぐに食い付いて来た。
それならと言う事で、年明けに2人でファームに突撃する事にしていたが、日程が合わず延び延びになっていたのだ。それが今回実現した。
前回の試乗で「6速キャリア付き」までは決めていたのだが、ハンドルが気になったのでもう一度試乗してみると、変形ハンドルのPはしなるように設計されているのだが、力を入れて漕ぐとフワフワ感が増して少し不安定となる。平地は問題無いのだが登坂時には力が入れにくいような気がしたので、アップハンドルのMに決定した。従って機種はM6Rだ。最後にフレームカラーを決める。
ジャガーのブリティッシュグリーンとフェラーリのイタリアンレッドに絞り込み、並べて吟味すると、グリーンはジジ臭い感じがしたので、ブッ飛び色の赤にした。自転車とネクタイくらいは派手でも良いか....。
現在M6Rのレッドは同価格で2017年モデルと2018年モデルの2種類あり、違いはブレーキとタイヤの銘柄だけとの事。性能に変わりはないので、小振りなフロントバッグサービス中の2017年モデルにした。
因みに西さんは私が最初に狙っていた地金にクリアを吹いただけのRAWをチョイス。3万円高いが丁寧な溶接跡がクッキリ見えてメカニカルな感じが素晴らしい。こちらは2018年モデルだ。
発注の3日後にファームから納車の電話が掛かって来たので、夕刻引き取りに行った。何でも、旧モデルなのでメーカーと折衝を行った結果、2万円分の用品プレゼントとなったそうである。それとショップからのポイントが1万円分付いたので、合計3万円分の用品が貰える事となった。
ブロンプトンはスタンドが無くても半折り畳み状態で直立するので、無くても良いのだが、ちょこっと駐める時には面倒なので小さなアルミ製の社外品サイドスタンドを取り付けて貰った。更に、フロントフレームに専用バッグが取り付けられるので、イギリス紳士が使うようなお洒落な20Lバッグも用品差引にして貰ったが、それでも5千円分のポイントが残る。
ブロンプトンは1975年にイギリスのアンドリュー・リッチーがブロンプトン教会の見えるサウスケンジントンの自宅で開発したのが始まりで、イギリスではジャケット姿でロンドンの街を颯爽と走る風景が定番となっているようである。
また、創業からのこだわりで、他社の部品を使用すると予期無く形状変更や材質変更が行われる事により旧モデルとの互換性がなくなるため、そのリスクを避けるために、生産は全て自社で行っている。
さあ。これからバイクとブロンプトンをどのように使い分けるか。ブロンプトンの使用イメージでは、ローカル電車に乗って見知らぬ駅から見知らぬ町や村を散策。旅客料金だけで船に乗って瀬戸内海の島々を散策。電車で瀬戸大橋を渡って四国の「うどん」遍路。途中で疲れたら、折り畳んでバスやタクシー、飛行機と何でも乗せる事ができるのだ。楽しみは尽きる気がしない。

通常の状態のブロンプトン/そこそこ大きい

畳むと信じられない程コンパクトになる/ペダルはタイヤにくっつく

リアキャリアに付いたローラーでこのまま引っ張って歩ける

精密部品は全て中央に保護されフレーム、ハンドル、サドルがロックされる







Last updated  2018.02.22 05:42:52
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.