3025740 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

潮騒の唄を聴きながら…

★No020026 青き頃の大罪(後篇)

☆☆☆青き頃の大罪 (消した空白の人生年表 探し旅)☆☆☆
白馬 千国街道
1970年代に車で富山帰省の際に利用した長野松本から新潟日本海側に抜ける街道のこと。



千国街道(ちくにかいどう)はその昔、塩の道と呼ばれ日本海から内陸地まで塩が運ばれた古道である。
(関越道や信越道は全線開通したのは1986年 昭和60年)

千葉県東京都~中央道20号山梨県(大月~韮崎~諏訪)長野県(松本)経由で千国街道147号新潟県(大町~白馬~姫川~糸魚川)と走り
日本海側に出て富山県(~親不知~黒部)入り。
今では高速道路に乗れば四時間ちょいで着くが一都四県を連なる片道450km /8時間 車利用は時間に余裕がないと行けない時代の話である。

正確には覚えてないが15年間で帰省10回/10往復していると思う。





知り得てから二ヶ月、友等にアドバイスを受けて二ヶ月、
四ヶ月もグダグダと悩み抜き先頃、四十年振りに白馬千石街道を使い腹を括り糸魚川に出掛けた。



目指すは日本海(糸魚川市街)数キロ手前の大野と言う小さな集落。四十五年前、その人が嫁いだ家屋敷がある。

現代の様に関越自動車道~北陸自動車道がまだ開通してない頃だ。
帰郷はいつも車でこの千国街道を使っていた。街道は姫川を沿う様にあり偶然にも途中にその人の家屋敷がある。
家屋敷は道路傍にあり、丁度赤信号で停車してるとカーナビの ”目的地に到着しました” の声に驚き青信号に変わるもアクセルを踏めなかった。

応対に出たのは元ご主人らしき人。最初は如何わしい勧誘者と疑われたらしく そっけない態度…
用件と訳を話したらその人が眠る場所(地域共同墓地)を教えてくれた。
もし墓が敷地内にあったら、参り終えても直ぐに立ち去る事も、故人との間柄等も上手く話せなくて困った。
常識的に他人が故人が亡くなり数十年も経ってから墓参りなどはしない。誰しもが ”どう言う間柄?” 疑問に思うはず。
そう言う意味では要らぬ波風を立てずに済んだと、ホッと胸を撫で下ろした。








白馬の山並みと瑪瑙(めのう)石が取れることで知られる姫川の自然に囲まれ、塩の道から少し脇道(市道)を下ったところ。
塩の道が常道としていた時代からこの地にあるのか、苔むした墓石が二十基ほどある集落共同墓地は直ぐに見つかった。

墓石や墓誌を一周 見てまわる。すると入り口直ぐの左側に、他とは違う白っぽくて近年に建立された様な墓石が一基あった。
墓石の側面を見たら…
記憶から消した三文字の俗名が彫り込まれていた。間違いじゃなかった…
自分の目で見ない限りは信じたくもなかったが、辛い現実を突きつけられた。

つき合っていた頃は誕生日さえ知らず時を経て 命日を知る現実…
献花台に花束を供え、墓石に左手を添えて 右手を胸に当て、これまでの大罪を心から詫びる。

人生で初めて出会った 恋人と呼べる人。
いつの日かこの人と決めていたのに、つまらない自分の意地でそれぞれ違う人生路を歩くことになってしまった。



別れた理由・・・

ある時、その人との週いち電話連絡の話の中で『あなたの高校の同級生とこっち(名古屋)で会った』
デートをした? それがジェラシーで? 前篇ではそう書いたが…そんなちっぽけなことじゃない。
それは保身的な自分に都合のよい言い訳。本当のことを言うと…

その人が名古屋から上京して会いに来た日の夜。
自分が棲むアパートの部屋で表が白み始める頃まで二人の将来について自分の気持ちを伝えていた。
故郷を飛び出し都会で独り立ちのための礎ができるまで、いつとは言えないが暫くの間は今のままの仲でいようと・・・。

だが その人はこれまで胸に秘め、抑えていた溢れそうな思いを口にすることになる。

『裕福な暮らしは望みません。なにも願いませんし 欲しがりません。
ひとつだけ願いを叶えて頂けるなら、あなたのお嫁さんにしてくだい。もう離れているのは嫌です!
このままでは また あなたが消えて いなくなりそうで…』


これまでその人の言動にいつも驚かされたが…あまりにも純でストレートな重い告白に途惑った。

故郷を離れ 本家とのわだかまりや後ろめたさもあり、若干二十歳では二人の親達も心から祝ってくれないだろう。
一番困ったのは今春、名古屋に就職したばかりのその人が数ケ月で東京に引っ越しすることなど、
その人の故郷の親御さんに説明、納得させる等の勇気も根性もない自分だった。

結婚を誓った恋人等が一時的に同棲するのは今では普通にあることだが、
当時はまだまだ認めらない時代背景があり、二人には都合の良い同棲も「駆け落ち」と揶揄された。
狭い田舎のこと。”甲斐性のない奴” ”けじめのない奴” と囃され 噂を立てられ
当事者生家は勿論のこと、親戚の間でも気まずい思いをさせることになる。
まだ青い自分は気丈に思いのたけを口にしたその人の人生を守り抜く自信もなく、
総てを受けとめる覚悟もなくて、なりふり構わず駆け落ちしてまで突っ走ることも出来ない意気地なしだった。

これまで四年間、付き合って来たと言えど それは名ばかりのこと。
その人がまだ知らない嫌な自分の正体。こんな優柔不断な奴に何故それほどまでに未来を託すのか…わからない。
もし自分の本性が知れてしまったなら、今度はその人が自分の前から消えてしまいそうで怖かった。

困り果て…W生活(昼間就業、夜間学業)であり、残り夜学二年間が終えるまでと 諭して名古屋に帰した。

自分がそうだった様に、故郷を離れてまだ日も浅く もしかしたらホームシックにかかったではないかとも思え、
時が経てば一時的な感情も少しは冷静に戻れ、普通の恋人同士になれるのではと思った。

その人にして見れば…これまでの三年間、見せかけ付き合いした前科者の自分。
また何年間も放って置かれてしまうのではと、不安な気持ちでの遠距離恋愛を続けるには、
心の支えになる何かが欲しかったのではと思う…。
せめて誓いの指輪かネックレスでも渡せば良かったのに…、当時はそんな気遣いもできない男だった。
薄々、自分の心が試されていたことも感じていた。

本当にこの人で良いのかと言う 迷いはなかったが、ただもう少し自由な時間が欲しかった自分がまだいた。




間もなくして 学業も夏休みに入り、予定もない自分に長期出張(青森)の仕事が回って来て、命を受け東京を離れた。
慣れない初出張でもあり、週いちの電話連絡はしなかった。
これまで一度も切らしとこのない電話連絡。心配したその人は初めて自分の勤め先に電話をかけてきた。

「彼は出張中でおらず、戻ったら連絡させる。」
上司はその様な応対をしてメモを残してくれた。

単に近況を伝えるだけでいいのに、あの二度目の告白に対してまだ正直な気持ちを伝えられてないこともあり、
一ヶ月後、出張から戻りデスクの伝言メモを見て、受話器は取ったものの ダイヤルを回すのに躊躇した。

しかし、決して その人から心が離れた訳ではない。もう少し自分の生き方を考える時間が欲しかっただけだ。
機が熟した時には、今度こそは自分から名古屋に迎えに行くつもりでいた。


一年、二年…


季節は流れ、二度目の蝉が鳴き出す頃には、大意のないW生活(夜学)も終え、22歳になっていた。
意を決し電話をかけた。
が…しかし、電話口にその人は出ることはなかった。名古屋にはもういなかった。

一途なまでに自分に向いていたその人が離れてしまうなんて…。二年間に何があったのか?
W生活が終えるまで待つって誓ったのに…女心も知らぬ間抜けな男だった。
何かの都合で故郷に帰ったのか…また連絡があるかもしれない と言う安易な考えでいた。
この時、直ぐにでも連絡をとっていたら まだ間に合っていたかもしれない。



忙しさにかまけ時は流れ、翌年の晩秋に再び長期出張(九州対馬)に出て歳暮れに戻ると、
郵便受けに不在通知が入っており、再配達で受け取った「高校 同窓会名簿」でその人の ”名字変わり” を知る。

まだまだ社会に女性進出する時代ではなく、女の幸せは家庭にあり。まずは嫁ぐのが最優先 と言う古い風習の残る片田舎町のこと。
大人の都合で許婚(いいなずけ)や見合い婚は当たり前でもあった。

現に自分でさえ本家への養子縁組話を知り 故郷を離れたのだから…。

その人が逝ってしまった今は真意を知る術もなく、解っているのは・・・
自分の優柔不断な性格のせいで その人の人生を変えさせてしまった。


所詮 恋愛に限り男は「保存型」で女は「上書き型」である。
何の形もなく確証もない二年先の約束…、出張後の連絡もなくて、
その人はこれまでの思いを総てリセットし、自分の居ない人生路を選んだのだろう。
その選択肢に何も反論できない。自分でさえ当時の自分は大嫌いだった。

切欠はその人から…初めての異性との交際。正直、最初はあまり乗り気ではなかった。だが知らず知らずの内に心はその人に支配されていく。
しかし、気づくのに長い年月を要した。こうして 自分は ”二度目の人生岐路” で大きな間違いをしてしまった。




左手からは何にも伝わって来ない。目の前にいるはずの その人から気配すら 感じられない。
俗世界にいる自分の声など届くはずもなく あなたは誰!
友等が言う様に 女心も知らない間抜けな男など疾うの昔に愛想を尽かされた のかもな。
それとも…今頃何しにこのこのとやって来たの?どんな言い訳しに現れたの? と無視か…。
長過ぎた六年間に見切りをつけられただけ…自分だけが引きずっていただけの話と言うことなのだろう。


静寂で虚空な時間が流れ、ふと我に返ると川茂から吹く風が妙に冷たくもうすぐ冬が近いことに気づく。
豪雪で有名な十日町ほどではないにせよ 越後は白銀の季節は長い。
ひとりぽっちで深雪に埋もれ春を待つその人が、可哀想に思え 立ち去れない自分が居る。

ここに来る前に ご主人に嘘をついた。
亡くなった奥様とは同級生で出身高を言ったら、ご主人も同窓生と言ってた。
それも同じ科班の二年先輩。あまりの世間の狭さに驚く。後に同窓会名簿を見たらあった。何か複雑。
元彼だなんて言えるはずもなく、言えてるぐらいなら、今この場になんかいない。

もう少し自分の心に素直になれて、もう少し自信が持ててたなら…
そして優柔不断でなかったなら…、君を見てきたからこんなに早く死なせやしなかった。ごめん…

今更ながらだが…そう言うことしかできない自分いた。


一時間ほど居て 姫川の地を後にした。
帰りの道すがら、眼は真正面を見つつも、己れへの怒りと悔しさが 走馬灯の如く幾度となく、巡り巡り 頭の中を繰り回っていた。
心の負の思いは浄化されず 消えもせず、前にも増して溜まった気がした。


その人が耐えた二年にも亘る闘病生活、少しだけ耳にした しがらみ話…
ショックだったのは ご主人等は亡きその人のことをぼやいていたことだ。
人にはいずれの日にか訪れる死。生まれた時からそこに向かい歩く…。
その人の生きた証、命を繋いだ証しが今の親族等の存在がある。
生前にもまして 尊び 敬い後世に語り継がれるべきものだと思う。

治療費返済が今も負担になってる聞かされた。数千万にも及ぶ高額医療費!?
どうして突然、やって来た素性の知れぬ自分の様な者にそんな事を愚痴る…?情けなかった。


その人の人生は本当に幸せだったのだろうか…来なければ良かった。知らない方が良かった。
人生、知らない方が幸せだったりすることもある。特に過去は…。
自分なんかと一緒になったより、幸せな生涯を過ごした思えてたに違いない。

その様な人の元に嫁いだのかと思うと、自分の青き頃の大罪を今更ながら悔いた。




松本まで辿り着くと何故か一刻も早く、この地から離れたくて高速道路に乗った。
街路灯の明かりが近づいてはミラーから消え、近づいては消える単調な繰り返しの夜の高速道路。
長距離運転はいつもなら途中休憩は数回とるのだが、何故か眠くもまらず 疲れも出ない。

事故にも遭わず無事に戻れたのは、その人の 御加護 かも知れないと感じていた。
気の迷いと言われそうだが途中まで後部座席にその人が居た様な気がしてた。
墓前では何も感じれなかったのに…。



戻ってから 一日、また一日 経ち、何故だか解らないが無性にイラついた。
訳は自分が一番わかっている。

また会いに行こう。
心でその人を感じられる様になるまで、いつの日にか 自分も変わりたい。
誰しもが普通に言う、『会いに来たよ』って笑顔で言える様に…。


己の人生年表を振り返ることがあるとすれば、埋め戻すことの出来ない抜けた六年間。
幾年の時の流れを経ても尚、猛省の念が消えない 青き頃の大罪である。












                 後記

前篇、後篇に亘り とりとめのない長文に、お付き合い頂きありがとうございました m(__)m




俗名「代志美
自分の心の奥に閉じ込めていた 15歳から21歳まで呼んでたその人の名前。
これでこの件(青き頃の大罪)はお仕舞いで、もうこのカテゴリでblog upすることはないだろう。
万が一 upするとすれば「その人」ではなく俗名で書くことにする。

夏蝉の如く短く舞った人生の中で、もっとも美しく輝いた六年間を知る一人として、
もう目を覆うことも 逃げることも 名も伏せることも しないと決めた。

これから自分に残された人生で幾度の蝉時雨を聞けるかは解らないが…
その際は目はそむけず、耳も覆わず 少なき思い出を せめて集めて、愛おしむことにする。



思い返せばこの六年間、色々なことが思い出される・・・。

散々 振り回され 惑わされ 気づくのに六年も要した。突然 目の前に現れ、突然 居なくなられ知る真の大切な人。
見切られて 去られた苦い思い出なんかはいらない。心の中に封印し総ては忘却の彼方…。
何故に自分の前から去ってしまったのか…そんな答えはもうどうでもよかった。
だが今年…二年間にも亘る闘病の末に一人で逝ったことを知り、数十年も己を誤魔化してきた愚かさを知る。
もし自分があの時に代志美に直ぐに電話してれば、人生半ばにして姫川の地で眠ることはなかった…そう思うと心が傷んだ。

いつも精神的年齢差を感じながら歩いた六年の歳月。代志美が大人で子供は自分。
恋の賞味期限には ”女にあり、男にはない” そんな簡単なことに気づくのに時間がかかり過ぎた。
代志美から二度も告白させておきながら、肝心な最後の告白に返事をうやむやにした。流石に三度目はなく見切られた。
心が荒み、後に持った家庭も崩壊…バツイチ人生を味わって悟る優柔不断な性格を変えなくては…と気づく愚か者。


遠回りな人生路を歩いていたのは…誰あろう 自分の方だった。情けない話だ。
これが北アルプス涼風の様に短い季節を吹き抜けて生きた女性 代志美から失って知ったことである。





もし、「二度目の人生岐路」で違う選択肢をしていたら、未来の今はどう変わっていただろう。
最悪だったバツイチ人生は避けられたと思うが、青き頃の大罪を経験なしで嫌いな性格におさらばできたかどうか…?
誤った人生路を歩いて遅まきながら悟ったこと…それは嫌なものは嫌と言う当たり前のことである。

バツイチ後、残り人生も少なくなって初めて自分から告白し、今の良き伴侶を得て掴んだ和みある家庭生活。
現在の穏やかなスローライフを過ごせているのは、この大罪が礎になってると振り返り思うこの頃である。

今更ながらだが…これからは機会ある度に、詫びとお礼を伝えに 塩の道の傍で眠る代志美の墓標に立ち寄ろうと思う。
自分に残された命の期限では多分、代志美への恩は返せないだろうが…。

所詮、人生で降り掛かる問題にひとつだけの正解などはなく、現世ではわからないのかも知れない。
もし あん世界でまた巡り会えたなら 今度は自分の方から声掛けして、問いたいね。あん時の心…。

                      = 2018.11.21 up =









blog簡略版⇒「告白 青き頃の大罪」2017.09.01 up
blog簡略版⇒「消した空白の人生年表 探し旅 」2017.11.03 up
blogその後版⇒「一年ぶりに「古道 塩の道」を訪ねて」2018.11.02up








Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.