000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

シネマ大好き!

全51件 (51件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

洋画-2010年

2012年01月09日
XML
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★★+

鑑賞No:02165
製作:2010年/アメリカ・スウェーデン・イギリス・カナダ/109分
監督:マイケル・ウィンターボトム
出演:ケイシー・アフレック/ケイト・ハドソン

1950年代の西テキサスの田舎町。真面目な保安官助手のルーは、ある日、上司から娼婦のジョイスに対する苦情処理を任される。彼女に会いに行ったルーはそこでジョイスに魅せられ、その後、情事を重ねることになる。しかし、ルーの中で長年眠っていた殺人の衝動が目を覚まし、地元の顔役に復讐すべく、ジョイスと、顔役の息子エルマーを殺してしまう。完全犯罪と思われた事件だったが、ルーに疑いの目が向けられ・・・・。

主人公が殺人に目覚め、次々と殺人を重ねる殺人鬼に変貌していく様を描いた映画だが、何故そんな衝動にかられ、殺人を重ねるようになったのかがイマイチ分かりにくかった。描き方もじわじわ変貌するのではなく、急に人格が変わったように急変してしまったのでついていけなかった、殺人シーンも残忍で、特にあのジェシカ・アルバをボコボコに殴って殺すシーンは酷い。観ていて後味の悪い作品。






最終更新日  2012年01月09日 18時56分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月03日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★★+

鑑賞No:02197
製作:2010年/アメリカ/93分
監督:アレックス・ギブニーほか
出演:スティーヴン・D・レヴィット/スティーヴン・J・ダブナー

アメリカでベストセラーとなった同名経済書を映画化したオムニバス形式のドキュメンタリー。相撲の八百長問題とサブプライム・ローン問題の類似性や、テストの出来によって報奨金を高校生に与えると成績は上がるかという実験結果などを解説している。

面白そうな予感がしたので観てみたが、意外と退屈。内容もヤバいというほどのこともなかった。相撲の話が一番興味があったが、八百長問題を経済学の観点から解明したかのように表現していたが、新規性はなく、分かり切った内容でちょっとガッカリした。全体を通して、インセンティブ(報奨)が与える影響についての考察だが、ただそれだけでは短絡的な解釈で、大きな話題になるような因果関係を証明した気のしないものだった。


「ヤバい経済学」 予告編






最終更新日  2012年01月03日 14時58分10秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月01日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★★★★

鑑賞No:02209
製作:2010年/アメリカ/116分
監督:ジョナサン・リーベスマン
出演:アーロン・エッカート/ブリジット・モイナハン

2011年の夏。謎の生命体が地球に降り立ち、世界各地を攻撃し始める。かろうじて戦力を残すアメリカ西海岸では、敵を制圧するために3時間後にロサンゼルス市街を空爆することになる。しかし、その対象地区に民間人5名が取り残されたため、マルチネス少尉率いる10名の海兵隊員が救出に向かうが・・・・。

地球侵略を図るエイリアンと人間との戦いを描いた作品はトム・クルーズの「宇宙戦争」や「クローバーフィールド」、つい最近では「モンスターズ 地球外生命体」「スカイライン -征服-」などあるが、この作品はその中でも面白い部類に入ると思った。エイリアンものというよりは戦争映画に近く、手持ちカメラでの撮影が多いので、まるでその場にいてそばで見ているがごとくの臨場感があった。ともかく、白昼の銃撃戦が大半を占めるので、戦争アクション好きの方には格好かもしれない。ストーリーも単純ながら、他の映画に比べてドラマチックな設定になており、訳のわからない侵略ものとも一線を画している。


「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 予告編






最終更新日  2012年01月01日 08時40分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月21日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★★★+

鑑賞No:02202
製作:2010年/アメリカ/97分
監督:ゲラ・バブルアニ
出演:サム・ライリー/ジェイソン・ステイサム

父親が入院したため、大金が必要となった青年ヴィンス。そんな時、彼が仕事で訪れた家の男が危険な仕事で大金を手にしようとしていることを知る。しかし、その男は麻薬のオーバードーズで死んでしまい、ヴィンスはその男の代わりにその仕事に参加しようと企む。しかし、その仕事とは17人の中で誰が最後まで生き残るか、大金をかけたロシアン・ルーレットに参加することだった・・・。

主人公の背景(お金が入用な事情など)は最初に少し描かれているが、その他のゲーム参加者の人物やその背景はほとんど描かれていないため、映画を最後まで観るまでもなく、ゲームの結末は容易に予想されたため、ゲームの緊張感というのはイマイチだった。むしろ、大金を入手してからの逃走劇の方が何倍もハラハラした。そしてラストのジェイソン・ステイサムはまさに滑稽。何とかホッとする結末で一応満足。


「ロシアン・ルーレット」 予告編






最終更新日  2011年12月21日 19時06分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月17日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★★★

鑑賞No:02186
製作:2010年/アメリカ/104分
監督:アラン・プール
出演:ジェニファー・ロペス/アレックス・オロックリン

ニューヨークでペットショップを経営するゾーイは、理想の結婚相手がなかなか現れないため、人工授精で未婚の母になることを決意し実行する。しかしその帰りにタクシーを取り合った男性スタンと運命の出会いをする。出会いの印象は悪かったが、デートを重ねるうちに気持ちが燃え上がっていったゾーイは、妊娠の事実をスタンに打ち明けるが・・・。

確かに言いにくい秘密だが、タイトルの割には意外と簡単に彼氏に打ち明けてしまうので、チョット拍子抜けした。個人的には、秘密をごまかすために最後まで独り相撲をとってドタバタするのかと思っていたのだが・・・・。気の弱い私には目を背けたくなるようなリアルな出産シーンもあるが、まずまず楽しめるラブ・コメディー。






最終更新日  2011年12月17日 00時34分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月14日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★+

鑑賞No:02199
製作:2010年/アメリカ/91分
監督:ブラッド・アンダーソン
出演:ヘイデン・クリステンセン/タンディ・ニュートン

ある夜、世界規模の大停電とともに、地球上の人々が、衣服や靴をその場に残して謎の消失を遂げてしまう。その後も電気は復旧せず、夜の時間がどんどん長くなっていく。停電の際、偶然光を身につけていたルークは消失を免れ、発電機による光がもれる一軒のバーにたどりつく。そこには同じく消失を免れた男女がいたが・・・。

つくつぐ、ネタ切れなんだな~と思う映画。一見、観る者を惹きつけるかのような現象設定だけしておいて、ラストまで解決・解明しない手口はもはや詐欺と言っても過言ではない。謎だらけの現象も、途中から中だるみを始め、興味は薄れ、結末にはただただ唖然。こんな無責任なストーリーがこの映画だけでなく、最近散見されるのがちょっと不安というか残念。


「リセット」 予告編






最終更新日  2011年12月14日 21時07分45秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年12月08日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★★★

鑑賞No:02158
製作:2010年/イギリス/94分
監督:ギャレス・エドワーズ
出演:ホイットニー・エイブル/スクート・マクネイリー

地球外生命体が繁殖し、国の半分が隔離地帯とされたメキシコ。そのメキシコでスクープを狙っていたカメラマンのコールダーは、そこで怪我をした社長令嬢のサマンサをアメリカの国境まで送り届けるよう上司から命令される。2人はモンスターの襲撃を避けながら海岸に向かうが、コールダーのミスでパスポートとチケットを盗まれ、最後の船を逃してしまう・・・・。

モンスター映画というよりは、ロードムービーといった感の映画。特に前半はその趣が強い。よって前半と後半の映画の印象は異なる内容となっている。作品自体は製作費130万ドルといわれているように低予算映画で、予算に見合った内容。モンスターも期待するべきものではなく、タコのお化けのような造形で、新規性も斬新性もないが、予算的にしょうがないか?


「モンスターズ 地球外生命体」 予告編






最終更新日  2011年12月18日 11時32分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月07日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★★+

鑑賞No:02156
製作:2010年/アメリカ/106分
監督:スティーヴン・R・モンロー
出演:セーラ・バトラー/ジェフ・ブランソン

新作執筆のために人里離れた山奥の別荘にやって来た作家のジェニファー。しかし、地元の男たちが別荘に侵入し、ジェニファーに襲い掛かってきた。男たちの隙をついて逃走したジェニファーは、保安官に助けを求めるが、実は保安官も男たちとグルだった。再び別荘に連れ戻されたジェニファーはレイプされたうえ、殺されそうになる。しかし、射殺される寸前に川に身を投じ・・・・。

ストーリーは単純。複数の男性にレイプされた女性が、命からがら男たちから逃げ延び、次々と復讐を果たしていくというもの。レイプシーンではこの主役の女性ジェニファーにかなり同情したが、後半の復讐劇を見ていると、その同情も次第に薄れていくのを感じざるを得なかった。それぐらい、ジェニファーの復讐方法は凄惨で、何度目を背けたことか! 「女性を怒らせると本当に怖い」「女性には乱暴してはならない」ということを改めて痛感させられる映画。ホント、痛い映画です。


「アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ」 予告編






最終更新日  2011年12月18日 11時31分47秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年12月05日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★★★★+

鑑賞No:02193
製作:2010年/アメリカ/116分
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演:マーク・ウォールバーグ/クリスチャン・ベール

マサチューセッツ州ローウェルに住むプロボクサーの兄弟。兄のディッキーは町が誇る天才肌のボクサーだが、その短気で怠惰な性格からすさんだ毎日を送っていた。一方異父弟のミッキーは、地道な性格だったが、兄と母の無茶なマッチメイクもあり、どうにも勝つことが出来ない。そんなある日、ディッキーが薬物に手を出し逮捕されてしまい、ミッキーはリングから遠ざかっていく・・・・。

兄・ディッキー役のクリスチャン・ベールと、母・アリス役のメリッサ・レオが第83回アカデミー賞助演賞をW受賞した作品。納得できる受賞で、主演のマーク・ウォールバーグの存在が霞むほど。特にクリスチャン・ベールはドラッグまみれの麻薬依存症の役を見事に演じ、そのその存在感は大きかった。モンスター母役のメリッサ・レオとともにこの2人がこの作品を引っ張っているといっても過言ではない。試合のシーンはボクシング中継のプロが撮影しただけあって、リアルな臨場感を醸し出している。


「ザ・ファイター」 予告編






最終更新日  2011年12月18日 11時29分40秒
コメント(4) | コメントを書く
2011年11月22日
テーマ:映画鑑賞(670)
カテゴリ:洋画-2010年
★★+

鑑賞No:02185
製作:2010年
監督:アントン・コービン
出演:ジョージ・クルーニー/ヴィオランテ・プラシド

スウェーデンの森の一軒家に身を寄せていた暗殺者ジャックは、何者かに狙われたため、狙撃手と連れの女を撃ち殺し、ローマに逃げる。そこで連絡係と接触したジャックは、田舎町に身を隠すよう指示されるが、指示を無視して別の田舎町に身を潜める。そこで娼婦クララと恋に落ちたことを機に引退を決意するが・・・・。

クールでダンディなジョージ・クルーニーうってつけの役どころでキャスト的にはよかったが、如何せん、ストーリの流れが緩やかで変化が少なく少々退屈。さらに田舎町の風景は美しく風情があるため、観ていて途中何度か睡魔に襲われた。悪い映画ではなく、むしろ派手なアクション等もなく、じっくり見せる映画なので、本当にじっくり腰を据えて観るにはいい映画かもしれません。


「ラスト・ターゲット」 予告編






最終更新日  2011年11月22日 19時02分45秒
コメント(2) | コメントを書く

全51件 (51件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

フリーページ

カテゴリ

バックナンバー

2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

地下鉄(メトロ)に… New! おいら♪♪さん

国際線での待ち時間… hy3de8さん

りらっくママの日々 りらっくままハッシー!^o^さん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.