10202097 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

火曜ドラマ『この恋… New! レベル999さん

ずっと今シーズンは… New! らぶりーたわ子さん

「どん底」の久志>… New! ひじゅにさん

Uru「振り子/Break… New! BROOKさん

年賀はがきの予約と… New! いしけい5915さん

コメント新着

neko天使@ Re:【エール】第20週(10/26~10/30)ネタバレ&感想&視聴率(10/25) New! こんばんは。 いつもありがとうございます…
くみ1@ 10/27 New! こんにちは。 いつもありがとうございます…
2009年08月26日
XML
カテゴリ:’09夏ドラマ

第3話の視聴率は、前回の18.3%より上がって、19.3%でした。上矢印

すごいですね!スマイルグッド

ぶっちぎりの独走です!びっくり

このまま、最終回まで独走しそうですね。大笑い

 

ドラマ内容は・・・

専門スタッフが足りないので、元救命医の花輪勝司(板尾創路)と、救急看護認定看護師の資格を持つ看護師の山城紗江子(木村多江)を誘って、救命にきてくれるまでを描きました。

 

花輪先生、救命にいた時、忙しすぎて離婚されちゃったんですね。涙ぽろり

今回、7歳の息子との面会を求める裁判の当日、救命の医師不足で、手伝って欲しいと誘われましたが、拒否。

事情を知らない鴨居千夏(北乃きい)から

「人の命より大事な用って何なんですか?!」と言われたけれど、

知らない他人の命より、大事な息子との面会の裁判の方が大事な人もいるかもしれません。

でも、花輪先生は、放っておけなくて、引き返して来ました。

滅多に着ないスーツを着てたのに、上着を脱ぎ捨て、着替える間も無くワイシャツのまま、治療を行いました。

カッコ良かったです♪スマイル

山城さんも駆けつけて、手伝ってくれました。

千夏も未熟ながら頑張り、どうにか3人で死にそうだった患者、立花を助けました。

千夏は、最初に立花に言われた「助けてくれ!死にたくない」という言葉がずっと頭から離れなくて、懸命に、彼のために頑張りました。ウィンクぐー

 

花輪先生の件、

私はてっきり、彼の息子さんが事故で運ばれてきて、花輪先生が息子を助け、元奥さんが救命の大切さを分かってくれて改心するのではと思ったんですが、そういうベタな展開ではなかったですね。

あくまで、身内は患者にはならず、息子の作文を元奥さんが見て、改心してくれ、面会を許してくれ、救命に戻るように言いました。

大きくなったら、お父さんのようなお医者さんになりたいと書かれていました。

会うことは滅多になくても、尊敬されてたんですね。

良かったです。スマイル

これで、ベテランの救命の専門医が増えました。

以前、救命から逃げ出したとのことですが、

今度は、澤井悦司(ユースケ・サンタマリア)先生が、3交代にして、救命の体制を立て直すと言っていたので、きっとそのうちに勤務体制もよくなるでしょう。

とりあえず、中心となる専門医が、進藤一生(江口洋介)と小島楓(松嶋菜々子)、花輪先生の3人になりました。

3交代できそうですね。うっしっし

もう少し人数が欲しいでしょうけど・・・ 

澤井先生の救命の建て直しに期待します。四つ葉

 

【3話粗筋】 (公式HPより)

救命センターは、進藤一生(江口洋介)と小島楓(松嶋菜々子)を中心になんとか回ってはいるものの、このままではまた崩壊してしまうと澤井悦司(ユースケ・サンタマリア)は病院へ働きかけ、体制を立て直すことを宣言する。

 事故で重傷を負い、運び込まれた患者、立花のバイタルチェックをしている鴨居千夏(北乃きい)のところへ、元救急医の花輪勝司(板尾創路)がふらりと現れ、いつもの軽口をたたきながら、さりげなく患者のケアへのアドバイスをして去った。その様子を見ていた進藤は、過去のカルテを閲覧し、花輪の救急医としての実績を確認する。

 花輪はかつての医局長・大山(築出静夫)の病室を訪れていた。自分が救命センターを辞めたことで、他の医師たちの負担が増え、大山が倒れたと責任を感じている。そんな花輪を大山の妻・芙美子(小林かおり)は慰めた。

 外来で意識がもうろうとした初老の男性を診ている研修医の工藤亮介(石田卓也)。脳梗塞と診断し、患者を放射線科へ運ぶ。しかし看護師の山城紗江子(木村多江)が、糖尿病の低血糖の症状であることを指摘。澤井は救急看護認定看護師の資格を持つ紗江子を救命センターへ配置換えしようとする。だが、5歳の息子を1人で育てている紗江子は応えることができない。

 交通事故で親子3人が運び込まれて来た。医師、看護師全員で処置に当たっている中、さらにもう1人の受け入れ要請があり、楓が受ける。ところが、ICUで千夏が診ていた立花が急変してしまった。千夏は、楓に助けを求めるが処置中のため手が空かない。取り急ぎの処置を命じられた千夏が走っていると、スーツ姿の花輪と激突。千夏は、花輪に立花を診て欲しいと依頼するのだが、大切な用事があると出て行ってしまう。

 千夏の担当患者の容態は、刻々と悪化。野口(矢柴俊博)が来るのだが、役に立たない。と、花輪がやって来た。花輪の的確な処置が始まるのだが、今度は千夏が緊張してしまう。そこに、紗江子が現れて千夏を落ち着かせ、花輪をヘルプ。立花の容態は安定する。

 実は、花輪はその日、親権を巡る調停に出る予定だった。遅れて裁判所に現れた花輪を怒る元妻の升美(秋本奈緒美)。花輪も非を認め、もう息子には会わないと言う。すると升美は、息子が書いた作文を見せた。作文には、父の花輪を慕う文章が...。升美は息子との約束を破らないことを条件に、これからもあって良いと告げた。そして、救命センターに戻れと...。一方、紗江子は澤井を訪ねていた。紗江子は、救命センターの一員にして欲しいと頼む。澤井は、優遇すると答えるが紗江子は他の人と同じ条件で良いと答えた。こうして、人員不足の救命センターに、強力な人材、紗江子と花輪が加わるのだが...。

 

【視聴率推移】 (関東地区)

[1話]20.3%   [2話]18.3%   [3話]19.3%

 

星1話視聴率関連記事   星2話レビュー

 


救命病棟24時主題歌 その先へ■ドリカム ニューシングルCD■DREAMS COME TRUE/その先へ【初回完全限定盤】(09.9.9発売)


送料無料 CD/サントラ/フジテレビ系ドラマ オリジナルサウンドトラック 「救命病棟24時 SEASON 4」 (仮) [9/9発売]

 

 

 にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ   人気ブログランキングへ

星どうか応援クリックよろしくお願いします♪ぽっ手書きハート







最終更新日  2009年08月26日 21時37分44秒
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.