12486079 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

ショコラの日記帳

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

退院後の診察その2… New! いしけい5915さん

美味しい物は2人で>… New! ひじゅにさん

大山ノンテンダーか? New! 虎党団塊ジュニアさん

心が折れかけている… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『虎… New! レベル999さん

コメント新着

2011年05月19日
XML
カテゴリ:’11春ドラマ

第5話の視聴率は、前回の20.7%より少し上がって、20.8%(関東地区)でした♪上向き矢印

20%台キープで順調です♪(^^)グッド

次回、また、放送時間が午後9時~9時59分と、5分枠大するそうです。

高視聴率のお陰か、拡大回が多いですね(^^)

楽しみです♪(^^)

 

お初ちゃんの手術の途中で、仁先生が消えてしまった件、すぐに終わってしまって、ちょっと拍子抜けでした。

消えた時に、お初ちゃんが大人になって、仁の先祖の南方家の人と結婚して、仁じゃない仁が生まれる映像を空から見ました。

どうやら、お初ちゃんが助かると仁の先祖と結婚してしまうので、本来、出会うはずの女性と結婚しなくなり、仁でない仁が生まれてしまうようです(^^;)

仁の体が戻ってきた時は、お初ちゃん、手術途中だった傷口から大量出血してしまっていました。

慌てて仁は処置しようとしましたが、手遅れになってしまって死んでしまいました。

可哀想でしたが、仕方ないですね。

 

澤村田之助(吉沢悠)が、先輩を診て欲しいとやってきました。

それは、坂東吉十郎(吹越満)(屋号・大和屋)という有名な役者でした。

長年のおしろいによる鉛中毒だそうです。

手足が壊死して麻痺していました。

その上、時々、とても痛がります。

モルヒネを投与しましたが、効きませんでした。

鉛を体から出す薬(キレート剤)がないので、延命のためには手足を切断するしかないと言いました。

でも、 彼が以前からやりたかった演目の芝居があるそうで、その役にどうしても出させてやって欲しいと言われました。

結局、彼らの熱意に負けて、舞台に立つことを目標として、治療しました。

塩化カルシウムを製造して与えました。

鉛中毒によるカルシウム不足を補うことができるそうです。

それ以外も食事療法を咲に頼みました。

そして、何か有効な薬はないか、鼠を使って実験しました。

モルモットの代わりですね。

確かに、残酷な方法ですが、人間で試すわけにもいかないので、いい方法ですね。

仁は、歴史の修正力に負けまいと、寝る間も惜しんで治療・研究しました。

咲はそんな仁をみて、心配しました。

咲「少しのめりこみ過ぎておられませぬか?」

仁「負けたくないんです、歴史の修正力に」

咲「修正力?」

仁「これまでに何度も治したと思ったら、足元を救われての繰り返しでしたから。

 今回は完璧に治したいんです。

 ここで負けたら、私は認めるしかなくなるんです。

 自分にできることは、ほんの少しの延命だけで、結局は何も変えることはできないんだって」

咲「延命だけではいけないのですか?

 全ての医術は所詮、延命にしか過ぎぬのではございませんか。

 未来がいかに進んでいるのか知りませんが、人はやはり死ぬのでございましょう」

仁「じゃあ、私は何のために、ここに送られて来たのでしょうか?」

 

仁先生が何のために送られて来たかは分かりませんが、咲さんの言うことは尤もでした。

でも、今回の治療は、延命だけでなく、命の意味を問うものでした。

 

咲は、吉十郎の息子、与吉(大八木凱斗)ちゃんと吉十郎との仲をとりもったり、今回、とても活躍しました。

 

原作では、吉十郎、舞台に立って、与吉は客席から「大和屋」とか「日本一」とか叫ぶんですが、ドラマでは舞台に立ちませんでした。

ドラマでは、舞台に立つ前に、吉十郎は発作が起きたという一世一代の芝居をして、皆のためにお客さんのために、自分の夢を諦めました。

舞台上で倒れて、皆に迷惑がかかると悪いから・・・

この方が吉十郎さんの役者として舞台を大切にする気持ちが伝わって、良かったです♪

吉十郎は、裏で、仁の作ったサポーターをつけて立ち、与吉の前で役を演じました。

与吉に見せたかったのだから、これで十分でしょう。

与吉は涙を流しながら、「大和屋!」「よっ、日本一!」と掛け声をかけました。

 

仁の語り

「束の間の延命、もしかしたら延命にすらなっていないのかもしれない。

こうしたことで命を縮めた可能性すらある。

だけど、この瞬間には、長さでは語れない命の意味がある。

残された時間を輝かせるという医療の意味がある」

 

吉十郎は亡くなってしまいました。

与吉は、「お父っつあんの後を継ぎたいです。仕込んでもらえませんか」と、田之助に頼みました。

やっと与吉がそういう気持ちになれて、良かったです♪(^^)

 

「世代を超え、受け継がれていく芸のように、世の営みを超えていくもの。

歴史の修正力に抗えるものを俺も残したい」

仁は、そう思いました。

 

咲は、もう1つ大きなお手柄がありました。

それは、ペニシリンの粉末化のきっかけを作ったこと。

咲が蒸留水と間違えて、高濃度のアルコールにペニシリンを加えました。

それがきっかけとなって、ペニシリンの粉末化が成功しました。

 

龍馬から、亀山社中でペニシリンを扱いたいと、手紙が来ました。

でも、龍馬に関わることは仁友堂にとって危険ではないかと、仁は迷いました。

でも、咲が、またいいことを言ってくれました。

咲「ここで行かずして、どこで行くのでございますか!

 これは仁友堂の使命でございます!」

仁はその言葉に後押しされ、龍馬の元に、ペニシリンを持って行くことにしました。

というわけで、今回は咲さん、大活躍でした♪(^^)

 

そろそろ龍馬が危なくなってきましたね。

前回の最後は、寺田屋事件だったので、なんとか生き延びられましたが・・・

そろそろ暗殺の時が近づいています。

仁先生が歴史を変えて、龍馬を助けることができるのでしょうか?

予告では、野風の乳がん、再発?

包帯男は?

次回、5分延長なので、きっと盛り上がるでしょう♪

楽しみです♪(^^)

 

【視聴率推移】 (関東地区)

第1話]23.7%   [第2話]18.4%   [第3話]20.4%  [第4話]20.7%

[第5話]20.8%

 

【次回粗筋】 (公式HP

 

・公式HPプレゼントクイズ (応募締め切り5月22日20時)

 



【送料無料!23%OFF!】JIN -仁- DVD-BOX(DVD)


【漫画全巻セット】JIN-仁(ジン)-〔1-20巻〕540ポイント付【送料無料】★ポイント5倍★

 

トラックバック、ミラーブログ『ショコラの日記帳・別館』へお願いします

コメント欄にリンク記入してくださるのも大歓迎です♪(^^)

<トラックバックURL>

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574086/51717284

 

 

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ  人気ブログランキングへ
できれば応援クリック、よろしくお願いします♪(^^)どきどきハート






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2011年05月20日 18時06分53秒
コメント(10) | コメントを書く
[’11春ドラマ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.