10589490 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ショコラの日記帳

PR

X

フリーページ

カレンダー

バックナンバー

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

バイカラーキャンバ… New! くみ1さん

ちょっと臆病ちゃん… New! neko天使さん

プラチナイトモクド… New! レベル999さん

やっと虫に食べられ… New! いしけい5915さん

わらし負けましらわ New! 虎党団塊ジュニアさん

コメント新着

2021年02月18日
XML
カテゴリ:ドラマ
​​第1回「栄一、目覚める」
初回(第1回)視聴率は、20.0%(関東)で、好スタートでした♪(^^)
前作『麒麟がくる』の初回は19.1%で、それより上♪
初回が20%台になるのは、2013年の「八重の桜」以来8作ぶりです♪(^^)
コロナ禍の影響を受け、クランクインが約2カ月遅れたり、前作『麒麟がくる』の終了も遅れて、2月14日という異例の半端な時期のスタートにもかかわらず、高視聴率で良かったです♪(^^)
関西地区は18.9%、名古屋地区は17.6%、北部九州地区は14.9%でした。

「青天を衝け」は、2024年度上半期に執行予定されている新一万円札の顔としても注目され、「資本主義の父」と称される渋沢栄一(吉沢亮)の生涯を描く物語。
幕末から明治にかけて約500もの企業を育て、約600の社会公共事業に関わり「日本資本主義の父」と称された栄一の波乱万丈な人生を追います。

徳川家康役で北大路欣也さんが出演すると、ドラマ開始前に聞いていましたが、幕末で、時代が違うのに、どうやって登場するのだろうと不思議でした(^^)
まさかこういう形だったとは♪(^^)
ドラマ冒頭、徳川家康(北大路欣也)が歴史の説明をしてくれて、分かりやすかったです(^^)
令和までの年譜の前で、江戸時代が一番長く続いたと、家康が説明するのは、ちょっとヘンでしたが…(^^;)
明治時代の近代日本の経済の礎を作ったのは、慶喜の家臣の渋沢栄一だったんですね(^^)

家康の説明後、青年になった栄一(吉沢亮)が、馬で駆けて行く将軍・徳川慶喜(草なぎ剛)を止めて、自分を雇ってほしいと直訴(汗)
命知らずで大胆なことをするなあと驚きましたが、成功♪(^^)
「そなたの仕業か」と慶喜は側近の人に聞いて…
どうやら側近の平丘円四郎(堤真一)の仕業だったようです(^^)
さすがに、全然、知らない生意気な青年じゃ無理ですよね(^^;)
刀を持った人が無礼討ちしようとしていましたが、殺されてしまったことでしょう(汗)

そして、年が遡り、栄一(小林優仁)と慶喜(笠松基生)の対照的な幼少期を中心に展開しました。
渋沢栄一役の小林優仁君と慶喜(七郎麻呂)役の笠松基生君、可愛かったです♪(^^)
「千代を守る」と栄一は言っていましたが、その通り、彼女が後に、橋本愛さんに代わって、栄一の妻となり、一生守ります♪(^^)
初恋の人と、そのまま結婚できるなんていいですね♪(^^)

岡部藩の獄に連れて来られた砲術家の高島秋帆(たかしま しゅうはん)(玉木宏)、カッコ良かったです(^^)
囚人に子供3人で夜、会いに行くなんて、物好きですね(^^;)
結局、会えたのは、栄一だけでしたが…(^^)
彼に影響を受けて、栄一は、日の本・日本を守る決意をしたよう♪(^^)

最後に、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(笠松基生)は、御三卿の一橋家に養子に入り、慶喜と名前が変わりました(^^)
父の斉昭は養子に出すのを嫌がっているそぶりをして、陰では、征夷大将軍になれるかもしれないと喜んでいましたが・・・(^^)
最後の将軍になるのは、視聴者皆、知っていますね(^^;)

ところで、斉昭が息子・栄一に課した健康法
「毎日黒豆100粒を食し、牛乳を飲むこと」
「水分を摂ることを避け、常にカラカラに渇いていなければならない」の2つ。
前者は、私も賛成ですが、水分を避けて、常にカラカラにしてなければならないというのは、健康に悪いと思います(^^)
とにかく父の厳しい教育と七郎麻呂の神童ぶりで、一橋家に養子に入れて良かったです(^^)

そして、草なぎさんが久々に地上波のドラマ、それも大河という大事なドラマの主要キャストに戻ってきてくれて良かったです♪(^^)
香取慎吾さんも、今期、テレビ東京の連ドラ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」に主演しています♪(^^)
元SMAPの人達が続々と地上波ドラマに戻ってきてくれて、良かったです♪(^^)

尚、まだ登場していないキャストで、篤君(天璋院)(あつぎみ(てんしょういん))、これ、篤姫のことだと思いますが、上白石萌音さんが演じるので、楽しみです♪
また、朝ドラ『あさが来た』で、五代友厚役を演じたディーン・フジオカさんが、このドラマでも同じ五代友厚こと、五代才助(ごだい さいすけ)役を演じるので楽しみです♪(^^)


【第1回あらすじ】(Yahooテレビより)
近代日本経済の父、実業家・渋沢栄一。演じるのは吉沢亮。栄一と慶喜(草彅剛)の運命の出会い、あの徳川家康も登場!初回から目が離せない栄一の破天荒な物語が今始まる。
武蔵国血洗島村で養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれた栄一(小林優仁)。人一倍おしゃべりの剛情っぱりで、いつも大人を困らせていた。ある日、罪人が藩の陣屋に送られてきたことを知った栄一は、近くに住むいとこの喜作(石澤柊斗)らと忍び込もうとたくらむが…。一方、江戸では、次期将軍候補とすべく、水戸藩主・徳川斉昭(竹中直人)の息子、七郎麻呂(笠松基生)を御三卿の一橋家に迎え入れる話が進んでいた。


【原作・脚本】大森美香
【音楽】佐藤直紀
【語り】守本奈実

【登場人物一覧】
<主人公とその縁戚>
渋沢・中の家(なかんち)
・渋沢栄一(しぶさわ えいいち)…吉沢亮(少年:小林優仁)
   本作の主人公。中の家当主・渋沢市郎右衛門の子。
・渋沢市郎右衛門(しぶさわ いちろうえもん)…小林薫
   栄一の父。中の家の当主。
・渋沢ゑい(しぶさわ えい)…和久井映見
   栄一の母。
・渋沢なか(しぶさわ なか)…村川絵梨(少女:小田菜乃葉)
   栄一の姉。
渋沢家一族
・渋沢喜作(しぶさわ きさく)…高良健吾(幼少:石澤柊斗)
   栄一の従兄。
・渋沢宗助(しぶさわ そうすけ)…平泉成
   栄一の伯父。渋沢・東の家(ひがしんち)の当主。
・渋沢まさ(しぶさわ まさ)…朝加真由美
   栄一の伯母。宗助の妻。
尾高家
・尾高新五郎(おだかしんごろう)…田辺誠一
   栄一の従兄。
・尾高やへ…手塚理美
   栄一の伯母。新五郎ら兄妹の母。
・尾高長七郎…満島真之介(少年:須東煌世)
   栄一の従兄。新五郎の弟。
・尾高千代…橋本愛(少女:岩﨑愛子)
   栄一の従妹。新五郎・長七郎の妹。のちの栄一の妻。

<江戸幕府>
御三卿一橋家

・徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)(幼名:七郎麻呂(しちろうまろ)…草彅剛(七郎麻呂:笠松基生)
   一橋家当主。水戸藩主・徳川斉昭の七男。母は吉子。
・平岡円四郎(ひらおか えんしろう)…堤真一
   慶喜の側近。
・徳信院(とくしんいん)…美村里江
   一橋家先代当主徳川慶壽の正室。慶喜の養祖母。落飾前の名は直子(つねこ)。
   京の皇族の伏見宮家の出で、幼称は東明宮(とめのみや)。
・中根長十郎(なかね ちょうじゅうろう)…長谷川公彦
   一橋家家臣。
徳川将軍家
・徳川家慶(とくがわ いえよし)…吉幾三
   江戸幕府第12代将軍。
・徳川家祥(とくがわ いえさち)…渡辺大知
   江戸幕府第13代将軍。家慶の息子。
幕閣
・阿部正弘(あべ まさひろ)…大谷亮平(老中)
幕臣・女官
・歌橋(うたはし)…峯村リエ(家定の乳母)

諸藩
水戸藩
・徳川斉昭(とくがわ なりあき)…竹中直人
   第9代水戸藩主。慶喜の父。
・吉子(よしこ)…原日出子
   斉昭の正室。慶喜の母。京の皇族の有栖川宮家の出で、幼称は登美宮(とみのみや)。
・藤田東湖(ふじた とうこ)…渡辺いっけい
   水戸藩士。斉昭の側近。
・武田耕雲斎(たけだ こううんさい)…津田寛治
   水戸藩士。斉昭の側近。
・井上甚三郎(いのうえ じんざぶろう)…山中敦史
   水戸藩士。慶喜の傅役。

岡部藩
・高島秋帆(たかしま しゅうはん)…玉木宏
   岡部藩の獄に繋がれた砲術家。
・利根吉春(とね よしはる)…酒向芳(岡部藩代官)
・村田文右衛門…福井博章(岡部藩の役人)
・船田兵衛門…火野蜂三(岡部藩の役人)

その他の親藩
・松平頼胤(まつだいら よりたね)…石田尚巳
   高松藩主。
・松平頼誠(まつだいら よりのぶ)…中松俊哉
   守山藩主。
・松平頼縄(まつだいら よりつぐ)…林田直樹
   常陸府中藩主。

市井の人々
・朔兵衛(さくべえ)…小久保寿人(血洗島の百姓)
・権兵衛(ごんべえ)…永野宗典(血洗島の百姓)
・三太…笠松伴助(中の家で働く作男)
・利吉…小手山雅(中の家で働く作男)
・吉五郎…所広之(中の家で働く作男)
・おうめ…三輪和音(中の家で働く女中)
・おたか…笠原里美(中の家で働く女中)
・おはる…梶原みなみ(中の家で働く女中)

その他
・徳川家康…北大路欣也
   江戸幕府初代将軍。江戸幕府や徳川の時代に関しナビゲーターとして登場する。

登場予定の人物

・渋沢てい…藤野涼子
・渋沢よし…成海璃子
・尾高平九郎…岡田健史
・尾高きせ…手塚真生
・徳川慶篤(とくがわ よしあつ)…中島歩
・徳川昭武(とくがわ あきたけ)…板垣李光人
・藤田小四郎(ふじた こしろう)…藤原季節
・平岡やす(ひらおか やす)…木村佳乃
・美賀君(みかぎみ)…川栄李奈
・猪飼勝三郎(いかい かつさぶろう)…遠山俊也
・川村恵十郎(かわむら えじゅうろう)…波岡一喜
・篤君(天璋院)(あつぎみ(てんしょういん))…上白石萌音
・徳川家茂(とくがわ いえもち)…磯村勇斗
・和宮(かずのみや)…深川麻衣
・井伊直弼(いい なおすけ)…岸谷五朗
・堀田正睦(ほった まさよし)…佐戸井けん太
・川路聖謨(かわじ としあきら)…平田満
・永井尚志(ながい なおゆき)…中村靖日
・松平慶永(春嶽)(まつだいら よしなが(しゅんがく))…要潤
・橋本左内(はしもと さない)…小池徹平
・島津久光(しまづ ひさみつ)…池田成志
・西郷隆盛(さいごう たかもり)…博多華丸
・大久保利通(おおくぼ としみち)…石丸幹二
・折田要蔵(おりた ようぞう)…徳井優
・五代才助(ごだい さいすけ)…ディーン・フジオカ
・伊達宗城(だて むねなり)…菅原大吉
・山内容堂(やまうち ようどう)…水上竜士
・土方歳三(ひじかた としぞう)…町田啓太
・孝明天皇(こうめいてんのう)…尾上右近
・岩倉具視(いわくら ともみ)…山内圭哉
・中川宮(なかがわのみや)…奥田洋平
・三条実美(さんじょう さねとみ)…金井勇太
・梅田慎之介(うめだ しんのすけ)…渡辺徹
・真田範之助(さなだ はんのすけ)…板橋駿谷
・大橋訥庵(おおはし とつあん)…山崎銀之丞
・マシュー・ペリー…モーリー・ロバートソン


公式HP・登場人物一覧表
公式HP・次回あらすじ

公式HP・「こんばんは、徳川家康です」(家康役 北大路欣也さんインタビュー)



青天を衝け 前編 (NHK大河ドラマガイド) [ 大森 美香 ]


2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」完全読本 (NIKKO MOOK おとなのデジタルTVナビ特別編集)






最終更新日  2021年02月20日 23時06分12秒
コメント(17) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.