114256 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぐるぐる日記

2007年04月28日
XML
カテゴリ:日記
ラッパーズヴィルにあるキンダーツォー、すなわち子どものための動物園に行った。
友人の勧めもあり、9Uhrパスを購入し、行きは電車帰りは船での旅。

夫も私もお酒が飲める旅は久しぶり。このごろ車ばかりだったので、どちらかは飲めずに欲求不満だった(!?)

さて、キンダーツォーだが、子どものためのプログラムがいっぱいある。アシカのショーにポニー乗馬、像やラクダに乗れる等々。

キンダーツォーに着たお目当ては像とラクダに乗ることだった。

が、その前に「像のえさやり」というプログラムを見つけた我が夫。早速時間が迫っているの象さんの前へ行くと、人参やバナナ、りんごが荷台に載せてあるではないか、これは単なる飼育係が餌をやるのではなく、子どもたちが餌をやれるプログラムだったのだ!

で、くりくりにバナナ、りんご、人参を手渡し、象へあげろと催促する親になった。間近に象の長い鼻の先端がやってくる。私も初めて象の鼻の穴を間近に見た!

「象の鼻の穴もふたつあったんだ!」と分った私。

そこにいるどの親も興奮しているようで、せっせと自分たちの子どもに餌をわたし、餌を与えろろと催促していた。子どもたちも面白いようで、せっせと餌を与えていた。

くりくりはアシカのショーを見て、ポニーに乗って、ミニとレインに乗って、ラクダに乗っ
て、象にのった。象には私も一緒に乗った。思いのほか高く怖かったし、象の背骨がお尻に当たって痛いだけでなく、それがあるためにどちらかに傾いて、それも怖さを増大していた。

子どもだけでなく、大人も十分楽しめる動物園でした。

kinderzoo
見て! 象の鼻の穴! ここを器用に使って餌を口に運ぶ象であった。






最終更新日  2007年05月24日 05時32分09秒
[日記] カテゴリの最新記事

PR

カレンダー

プロフィール


tenko55

カテゴリ

バックナンバー

2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.