983708 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Terroir

  • IMG_0014-2.jpg


ことしはランキングに参加してみます。面白ければ写真下のボタン、クリックをお願いします。面白くなければクリックは結構です。励みになります。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村
2019/06/13
XML
カテゴリ:Degustation


中々の力作だ。Meunierでノンドゼ、ミレジメ。少し朴訥のところは有るが、粗さは無く凝縮した力強さを感じる。古樹で収量を絞っているのだろう。それでいて凜とした花梨を思わせる香り、品の良い酸、少しコンポートが入った林檎の果実、素晴らしい出来だ。間違いなくRMのトップレベル。まだしばらくは熟成するだろう。個人的にはスタイルが違う(セパージュが違うので当たり前だが)がLeclapartと並ぶ作り手になってきた感じだ。勿論J. セ●スやH. ●ローより遥かに上である。まあ、味に哲学を感じると言ってしまえば宗教ぽくなってしまうが。

 

そんな素晴らしいシャンパーニュだが翌朝ガスが抜けたところを飲んでみるとどうも粗さが目立つ。やはりシャンパーニュ、ドザなしでも炭酸がマキアージュになっている事がよく分かる。特に秀悦なPuligny 1erと比べてしまうとマキアージュのマジックが明らかになり興醒めしてしまう。それでいてこのシャンパーニュの値段、秀悦なPuligny 1erの倍だ。レア物だということは判るが、個人的にはそこまで出すならmediocreな作り手のchevalierで十分良いように思う。

 

前にも書いたが色々異論はあるだろうが、シャンパーニュの区分は究極のところ、美味しいか美味しくないかの2区分で、その前者の区分の中でCPを考えれば十分のような気がしている。それは奇しくもラーメンやパスタと同じ範疇のようだ。







Last updated  2019/06/13 08:39:56 PM
コメント(1) | コメントを書く

PR

Calendar

Free Space

メールアドレスはq_terroir@yahoo.co.jpです。

糖尿病闘病ブログ始めました(笑)
最新のHb1ACは5.8です。
http://mydiabetes.exblog.jp

Comments

 みりん@ Re:Champagne les Hautes Cheveres 2012 (G. Laval)(06/13) こんにちはQさん 炭酸ガスでバランスが取…
 Q_@ Re[3]:あるワイン(04/02) みりんさんへ お返事遅れてすいません。…
 みりん@ Re[2]:あるワイン(04/02) Q_さんへ 私たちが接している世の中は基…
 Q_@ Re[1]:あるワイン(04/02) みりんさんへ ご無沙汰しております。状…
 みりん@ Re:あるワイン(04/02) お久しぶりです、Qさん お待ちしていまし…
 Q_@ Re[1]:Marsannay 2003 (B. Clair)(02/15) gillesさんへ 06白、PMO的には難しいVT…

Profile


Q_

Keyword Search

▼キーワード検索

Headline News


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.