1356593 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

わたしのブログ

PR

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

お花見

2020年03月27日
XML
カテゴリ:お花見



新天地での活躍を期待される人や、希望を胸に新社会人となる学生たちなど、春は出会いと別れの季節だ。桜が開花するこの季節は例年、歓迎会や送別会などがさまざまな場所で行われるが、新型コロナウイルス終息への道筋はいまだ不透明で、外出や大人数での会合をはじめ、風物詩のお花見も自粛ムードのままだ。
 学校が休校となり、エネルギーが有り余った子どもたちを横目に、在宅勤務で仕事をしてはみたけれど、不安やストレスが少しずつ蓄積され、気の合う仲間と会話したり笑ったりする時間がそろそろ恋しくなった人も多いはず。  そんな人恋しくなった皆さんに今、オススメなのが「家飲み」。こんな時期だからこそ、いつもの「家飲み」にひと工夫を加え、少しだけ贅沢な気分で仲間と楽しむのはいかが?

■春を鮮やかに演出してくれる「啓翁桜(けいおうざくら)」

「啓翁桜」は、1930年に福岡県久留米市山本の良永啓太郎が中国系のミザクラを台木にしてヒガンザクラを接いだところ、穂木として使ったヒガンザクラの枝変わりとしてできたものといわれている。十分な寒さにあてた後、切り出した枝にお湯で処理を施し、温室に入れて開花を促進させた「啓翁桜」は、お正月から3月下旬まで花を楽しむことができる。桜の色は、気温が15度から20度以下だと「ピンク」に、20度以上になると「白」になるという。花の色の変化も楽しめるので、食卓に飾ってミニお花見といこう。

■お店のようなビールの泡を再現 神泡サーバー

缶ビールをプシュッと開けての乾杯もいいが、お店のようなビールの「泡」を楽しめるグッズもオススメ。ちょうど3月24日から、サントリーのザ・プレミアム・モルツ ケース(12缶入り)やザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール ケース(同)を買うと、お店で飲むビールの泡が再現できる「神泡サーバー」がついてくるキャンペーンなどが実施されている。
 神泡の作り方は簡単。ビール缶に「神泡サーバー」をピタッとつけて、グラスにゆっくりと注ぐだけ。すると、きめの細かいトロ~リとした泡が重なっていくのだ。泡が注がれる様子を見ているだけで思わずノドがゴクリと鳴る。神泡サーバーを手に入れて、さぁ乾杯だ!

■丸い氷はお酒の味と香りを引き立てる

家飲みで酒やつまみのほか、こだわりたいのが「氷」。冷凍庫に眠る「四角い氷」やコンビニで買える氷も良いが、お店のような「丸い氷」は酒飲みには喜ばれるアイテムだ。  丸い氷は、四角い氷に比べて表面積が小さいため、溶けるスピードが遅く、お酒が薄まりにくい。特に、丸い氷の上に注がれたスコッチウイスキーは、ヒンヤリと口当たりが良く、舌の上で転がすと同時に鼻に抜ける香りがたまらない。丸い氷はハイボールにもオススメで、ウイスキーを強めの炭酸水で割って、好みの濃さで楽しもう。

■実は「家飲み」つまみの主役!!ポテトチップス

 家飲みは長丁場になりがち。料理でお腹がいっぱいになった後も、ついついつまみたくなるのがスナック菓子だ。柿ピーやチョコもいいが、やはり主役はポテトチップス。いろいろなフレーバーのポテトチップスをお皿に並べておくだけで酒も進み、会話も弾む。OVO編集部が今、オススメのポテトチップスは、湖池屋がプライドをかけて作った新「湖池屋プライドポテト」。

湖池屋プライドポテトは、「日本産の中でも、うまみの濃いじゃがいもを選定」「温度を変えながら揚げることで、素材本来のうまみや甘みを閉じ込める」「揚げ温度を見極めて、うまみの衣をまとわせ、軽快な食感を生み出す」「二段階の味付けで奥深い味わいに」といった製法によって作られ、「神のり塩」「芋まるごと 食塩不使用」「感激うす塩味」「衝撃のコンソメ」と4種類のフレーバーがある。
 「湖池屋プライドポテト 神のり塩」は、青のり・あおさ・焼のりがたっぷりとかかり、ごま油がのりの香りと味を引き立て、お酒が進むこと間違いなし。「芋まるごと 食塩不使用」は、ジャガイモ本来の味に昆布のうまみが重なり、つまみやお酒の合間にも楽しめる逸品だ。

こんな時期だからこそ、自分なりのスタイルで楽しむ時間も大事。換気に十分注意しつつ、少数精鋭の気の合う仲間と飲んで笑って、暗い雰囲気なんて吹っ飛ばそう。









 










 










 










 







最終更新日  2020年03月27日 10時09分54秒
コメント(0) | コメントを書く


2020年03月26日
カテゴリ:お花見



感染を心配してお花見を取りやめた人に朗報です。自宅で桜を楽しむグッズが続々と登場しています。注目は開花のタイミングを自分で決められる点です。

 東京で満開を迎えた桜。宴会自粛ムードが漂うなか、家で花見気分を楽しめるグッズが登場しています。白い桜が描かれたグラスと杯。岐阜県の陶器メーカーが先月から販売を開始した「冷感桜」という器。冷えた酒などを注いで温度が17度以下になると、桜の色がピンクに変化します。温度で色が変わる特殊な顔料を使っているそうです。

 魔法のように桜が咲く商品は他にもあ、紙で作られた木に付属の液体を掛けるだけで桜が咲くといいます。少し待っただけでは何も変わりません。満開になるまでは実に12時間。紙には食紅が入っていて、これが液体に含まれる酢などに反応して蒸発しながら結晶になるそうです。8割が贈り物として購入され、累計39万個以上が販売されました。









 







最終更新日  2020年03月26日 09時03分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月25日
カテゴリ:お花見



[合同会社俄]

常時6ジャンル50種類のクラフトビールを取り揃え、お客様の最高の1本を探し出す「スモーク&チーズバル上野HAZE・赤羽HAZE」では、春の華やかさを醸す桜フレーバーのビールを期間限定でご用意!
この季節ならではのクラフトビールをお楽しみ下さい!

⾝近だからこそ「とりあえず」になりがちなビールに着目し、お客様にぴったりなビールを探す「HAZE」にて、「桜」にスポットを当てたキャンペーンを期間限定で開催致します!
自粛要請を受け例年通りのお花見が楽しめないこの春。少しでも「お花見気分」を味わって頂けるよう、桜のクラフトビールや香り高い桜のチップによる燻製など、気持ちも軽やかに春の訪れを感じるメニューをご用意しています。

■桜のクラフトビール

HAZEでは新たに季節のクラフトビールを3種類導入。

まず、長野県伊那市高遠「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれる桜の花・桜の葉を使った「サンクトガーレン さくら」は桜餅風味のビール。
通常大麦麦芽で造るビールですが、大麦麦芽にプラスして小麦麦芽を使用することで柔らかく優しい口当たりです。
ビールの苦味のもとになるホップの使用は抑え、高遠の桜の花びらと葉で風味付けした。4月初旬までの春限定製造のビールとなります。

次にご紹介するのが、新潟ビールがお花見の季節に合わせて造った「桜はるいろ」。
古式製法の本格ビールで、日本で初めて「ビン内醗酵」、「ビン内熟成」による製造方法でビールの酒造免許を取得した新潟ビールの商品です。

ほんのりと感じる甘味からは、桃やレモンなどのフルーティーな味わいがあり、その後に程よい酸味が追いかける、ビールが苦手な人でも飲めるビールです。
瓶底には酵母が沈殿しており、ホワイトビールのようにビールを少し残して注ぎ瓶をよく回して残りを注ぐことで綺麗なピンク色の酵母がグラス内に浮かびます。

最後にご紹介するのが桜の天然酵母ビールの「桜こまち」です。
秋田県麦酒醸造技術研究会が、県内の桜の名所の花や樹液から300ものサンプルを集めて造った桜を思わせるビール。
桜を彷彿とさせるために選び抜いた最も香り高い酵母にアルコールをつくる能力が弱く、ビール造りが難航する中、醸造特性の優れた酵母と交配させることで、香り高くキレのあるビールをつくることに成功したという逸話のある一品。
酵母は「さくら天然酵母」と名づけられ、桜好きの日本人のためのものといっても過言ではないビールが出来上がりました。

■桜チップによる燻製

HAZEではこの期間中、大人気商品「燻製肉の盛り合わせ」を全て桜の燻製材で燻し、ご提供します。
BBQなどでよく使われる燻製材「メスキート」を普段は使用している同商品ですが、この季節だけの対応として桜の燻製材を使用。
桜のチップは香りがやや強めでクセのある食材にも向いており、当店の「燻製肉の盛り合わせ」にもぴったりです。
味や見た目だけで無く「香り」でも春の訪れを伝えます。

■店舗情報 「上野HAZE」
住所:東京都台東区上野4-1-3仙家ビルB1F
電話番号:03-6803-0860

「赤羽HAZE」
住所:東京都北区⾚⽻2-16-1スズオリビル2F
電話番号:050-7586-3987









 










 







最終更新日  2020年03月25日 14時38分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月24日
カテゴリ:お花見



金鍔(きんつば)で有名な東京・日本橋の「榮太樓總本鋪」の春限定「桜金鍔」と定番「名代 金鍔」。いずれも薄皮に収まったずっしり重い餡(あん)の風味が魅力ですが、花見のお供にするならどちらがよいでしょう。食べ比べてみました。

金鍔(きんつば)で有名な東京・日本橋の「榮太樓總本鋪」の春限定「桜金鍔」と定番「名代金鍔」。いずれも薄皮に収まったずっしり重い餡(あん)の風味が魅力ですが、花見のお供にするならどちらがよいでしょう。食べ比べてみました。

榮太樓總本鋪は文政元年(1818年)に創業。きんつばで有名ですが、その種類も色々あります。今回は春限定の桜金鍔と定番の名代金鍔それぞれを食べ比べ、お花見のお供にふさわしいのはどちらか考えることに。なお、いずれも価格は1個220円(税別)です。

桜金鍔

黒い餡にうっすらと薄緋色を帯びた皮がかかって、真ん中に桜の花の塩漬けがのせられたいかにも季節を感じる一品。

包装を開けるとほんのりと桜の香りがします。ひと口かじると、ふわっと桜の風味とともに、小豆のつぶつぶした食感が舌にあたって楽しいしたて。ただ、ベースとなっている生餡は白隠元(いんげん)で、白餡+小豆という面白い組み合わせでできています。

小豆を取り巻く生餡の舌ざわりはなめらかに、さらに桜の葉の塩漬けを細かくしたものが入っていて、3種類の異なる香りが、薄いきんつばの皮に閉じ込めてあります。

熱い日本茶がほしくなる味です。なお1個の大きさはそれほどでもないように思えますが、ずしりと重みがあるので、いきなりかぶりつかず、ナイフでカットして少しずつ味わうのもありです。

名代 金鍔

名代 金鍔は黒い餡にうっすらと白い皮がかかって、真ん中には黒ごまがかざってあります。榮太樓定番の和菓子。

桜金鍔と異なり封を切っただけではにおいはしませんが、ひと口かじると、小豆の風味が強く奥深く、後を引く甘味とともに口の中にあふれます。一つ一つの豆粒の舌ざわりも、やわらかくしかし食べごたえのある餡も絶妙。

白餡や桜の花、葉などは入っていない分、ひたすら小豆の味わいが濃く感じられます。こちらも熱い日本茶が必須で、ナイフでカットして食べるのがちょうどよいボリューム感です。

桜金鍔と名代 金鍔を食べ比べた結果ですが、もしお花見にどちらか1つお供にするなら、名代 金鍔をお勧めします。桜の風情は前者が勝りますが、金鍔らしさをとことん感じられる後者の方が満足度が高いと考えました。

咲いている花を目で楽しみつつ、舌は小豆のきんつばをじっくり味わうという趣向です。

もし誰かと一緒に行くなら両方の種類を用意するのもあり。また桜の木の下までちょっと足を運べない時には、桜金鍔で春らしさを楽しんでみてはいかがでしょう。









 







最終更新日  2020年03月24日 09時49分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月23日
カテゴリ:お花見



春の陽気になり、桜も咲き始めた今日この頃。例年通りなら絶好のお花見日和ですが、今年はコロナウイルスの影響で自粛ムードが漂っているようです。そこで今回は、外に出なくても自宅で“お花見”気分を楽しめるレシピをご紹介。バラエティ豊かなスイーツで、春の風物詩・桜を堪能しましょう。

桜のアイスクリーム
【材料・約2カップ・4人分】

カスタードクリーム(桜の塩漬け 10~20g、卵黄 2個分、小麦粉 大さじ2、牛乳 1カップ、砂糖 大さじ4)、生クリーム 1/2カップ、砂糖 大さじ1と1/2

【下ごしらえ】

1. 桜の塩漬けは塩を洗って水を絞り、茎を除いて細かく刻む。

【作り方】

1. カスタードクリームを作る。耐熱ボウルに牛乳を入れ、ラップをかけずに電子レンジで約1分加熱し、温める。砂糖、小麦粉、桜の塩漬けを入れ、泡立て器でよく混ぜる。

2. ラップをかけずにさらに約5分加熱する。途中、2~3回取り出して、なめらかになるように泡立て器でよく混ぜる。

3. 卵黄を加えて手早く混ぜ、さらに電子レンジで約1分加熱する。再び泡立て器でよく混ぜ、ボウルの底を氷水に当てて粗熱をとる。

4. 別のボウルに生クリームと砂糖を入れ、八分立て(すくうとぽってり落ちるくらい)に泡立てる。

5. 3に4を加え、混ぜ合わせる。冷凍用保存袋に入れ、冷凍庫で1時間冷やす。取り出して袋ごともみほぐし、再び冷凍庫で冷やし固める。1時間ごとに2~3回繰り返す。食べる約10分前に取り出してもみほぐし、器に盛る。好みで塩抜きした桜の塩漬けを飾って。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。また機種によって差がありますので、様子をみながら加熱してください。

(1人分251Kcal)

桜の塩漬け入りのカスタードクリームと生クリームを混ぜて作った、春の香りがするアイスクリーム。冷凍庫で冷やしつつ袋ごともみほぐすことで、口当たりがよくなるはず。最後に塩抜きした桜の塩漬けを飾れば、見た目も美しく仕上がります。

桜のクッキー
オーブンを使う必要がなく、電子レンジだけで作れるお手軽なクッキーです。ほろほろとした食感で、日本茶とマッチすること間違いなし。

桜バタートースト
はちみつバターに桜の塩漬けをプラスした、彩り豊かなバタートーストです。バゲットを使用していますが、食パンで代用してみるのもいいかもしれません。

桜のロールケーキ
難しいイメージがあるスポンジケーキを電子レンジで簡単調理! 作ってから半日~1日置くと、クリームと生地がなじんでよりおいしくいただけますよ。

桜の花の桜もち
あんこがたっぷり詰まった桜もちは、一口頬張ればほっとするやさしい味わい。電子レンジを使うことで、もっちりやわらかな桜もちが簡単に作れます。

桜の塩漬けをお菓子に加える場合は、水で洗って塩を落とし、花びらを細かく刻んで使うのが基本。そのまま熱湯や紅茶を注いで桜の香りを楽しむのもいいですね。








最終更新日  2020年03月23日 10時00分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月18日
カテゴリ:お花見



[株式会社グレープストーン]

『サクラ咲ク 東京ばな奈「見ぃつけたっ」 桜香るバナナ味』が公式オンラインショップにて販売スタート

株式会社グレープストーン(本社:東京都中央区銀座) が展開する東京みやげブランド「東京ばな奈ワールド」は、『サクラ咲ク 東京ばな奈「見ぃつけたっ」 桜香るバナナ味』を公式オンラインショップ(https://www.paqtomog.com)にて販売を開始します。

●普段、通販では販売していない「サクラ咲ク 東京ばな奈」が、公式通販にて緊急発売! お花見がしたい日本中の人を応援したい!そこで、普段では通販で販売していない「サクラ咲ク 東京ばな奈」を公式オンラインショップにて急遽取り扱うことになりました。東京に訪れる予定だった人も、家にいながら東京ばな奈でお花見していただけます。こんな時期だからこそ、“在宅花見”を楽しんでみませんか?

●発売25日間で100万個を販売!桜満開・春爛漫の「サクラ咲ク 東京ばな奈」
桜をまとって、可愛くおめかし。いつもの東京ばな奈のふかふかスポンジケーキを、可愛い桜模様に焼きあげました。中には、とろ~りと桜が香るバナナカスタードクリームをやさしく包み込んでいます。このかわいい見た目と美味しい味わいから、発売開始25日間で100万個を販売しました。パッと箱を開ければ、咲き誇る満開の桜。今年の花見は、「花より団子」ならぬ「花より東京ばな奈」を味わってみてください。

■ 商品概要
【名  称】サクラ咲ク 東京ばな奈「見ぃつけたっ」 桜香るバナナ味
※桜香るバナナ味 及び「見ぃつけたっ」は省略表記可
【価  格】4個入560円(519円)、8個入1,080 円(1,000円)、12個入1,595円(1,477円) ※( ) 内は本体価格
【通  販】東京ばな奈ワールド公式オンラインショップ「パクとモグ」 
https://www.paqtomog.com 【発売日時】2020年3月14日(土) 9時~

■東京ばな奈ワールドとは 公式HP https://www.tokyobanana.jp/ 1991 年“新しい時代の東京みやげ” として誕生した「東京ばな奈「見ぃつけたっ」」から始まる東京みやげブランドです。 バナナのおいしさにこだわった東京ばな奈ファミリー商品を筆頭に、いちごシリーズや季節感がテーマの銀座のケーキシリーズなど、世代を越えて愛される東京スイーツの数々は、日本国内はもちろん海外からの旅行客にも“日本のおみやげ” として親しまれています。 お客様窓口 0120-384-440

■東京ばな奈公式Instagram
https://www.instagram.com/tokyobanana_jp/









 







最終更新日  2020年03月18日 09時35分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月11日
カテゴリ:お花見



CHANDON|シャンドン

平安時代より続く「花見」の慣習からインスピレーションを受けた
季節感溢れるボトルデザイン

春のシーズンを彩るシャンドンの限定デザインボトル「CHANDON ROSÉ SPRING EDITION 2020」。和のエッセンスをデザインに盛り込んだ、スタイリッシュでありながら暖かみも感じられるデザインに仕上げられている。

デザインを手がけたのはアートディレクター水野薫氏

シャンドンから、今季を彩るのにふさわしい「シャンドン ロゼ スプリング エディション 2020」がリリースされている。

日本では平安時代から、春という季節を愛でる行事として「花宴」(はなのえん)と称され、のちに「お花見」と呼ばれるようになり、慣習化された。

春の訪れを喜び、昼の穏やかな春風のなかで桜の彩りを感じたり、夜のまだ少し肌寒い風に揺れる花びらを見ながら物思いにふけったりと、和歌や浮世絵といった作品のなかでも、美しく表現されてきた。

『シャンドン ロゼ スプリング エディション 2020』は、平安時代から日本人が心に刻んできた美しい春のひとときを愛でる喜びを表現した日本限定のデザインボトルだ。

デザインを手がけたのは、アートディレクターの水野薫氏。

和のエッセンスが感じられるデザインは、日本の伝統的な美意識を用いて、シャンドンらしいモダンさを融合した花宴を表現したもの。

ボトル中央に配されたカラフルな扇は、シャンドンの切れ味の良い上質でシャープな口当たりと、春の光のプリズムをイメージしている。

また伝統と革新を掲げるシャンドンを象徴する、着物の女性がシャンドンを楽しむ姿も。春風でたなびく着物のドレープが美しく、モダンでエレガントな佇まいで描かれている。 シャンドン ロゼ スプリング エディション 2020

アルコール度|12%
容量|750ml
価格|3300円(税別)









 







最終更新日  2020年03月11日 13時29分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月10日
カテゴリ:お花見



「Oh!!HANAMI 日替わり弁当とアートなレジャーシート」が、2020年3月20日(金)から4月1日(水)まで、渋谷パルコ1階「カミングスーン(COMINGSOON)」にて開催される。

「カミングスーン」は、1996年青山のアパートの1室からはじまったギャラリーロケット(ROCKET)が、フードカルチャーを発信する"食"のニューススタンド。渋谷パルコに2019年オープン。ギャラリースペースとミニキッチンを併設した空間では、さまざまなクリエイターが代わる代わる登場して食にまつわるクリエイションを自由に発表している。

フードクリエイター&人気レストランの「日替わりお花見弁当」

今回の「Oh!!HANAMI 日替わり弁当とアートなレジャーシート」は、カミングスーンが"小さな"お花見を応援するべく、日替わり弁当とお花見に欠かせないレジャーシートを販売。中でも目玉となるのは、お弁当アーティストやフードクリエイターとコラボレーションして作る日替わりのお花見弁当だ。

目黒の隠れ家的な本格タイ料理屋「みもっと」は、タイのおかずの盛り合わせとカオマンガイを詰め合わせた「タイのおつまみ盛り合わせ」弁当を提供。創作料理のケータリングが人気を博す、三軒茶屋の「マルサラ飲食店」からは、いなり寿司と、春野菜のお惣菜春巻き、卵焼きなど6種のおかずを一つにした「春の行楽詰め合わせ」が登場する。

大きな茶巾の中にドライカレーとピクルス、酢飯を詰め込んだ、YOUNGの「カレー茶巾寿司」や、南青山で惜しまれつつ閉店した喫茶店食堂「クレッセント」が始めた弁当屋の「パラソル」の「水餃子・マーラーカオ・おにぎりセット」など、個性豊かなメニューが毎日日替わりで登場する。

他にも、2019年神泉にオープンした「Sta.」、モデル・浅野美奈弥による「美菜屋」などともコラボレーション。日替わりでカレーや中華、和食などの様々なジャンルのお弁当を味わうことができる。

人気クリエーターカスタマイズレジャーシート レジャーシートデザインには、現代美術作家の加賀美健や、刺繍作家の小菅くみ、ハンドニットブランド「an/eddy」の蓮沼千紘や、ケイスケ ヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)のシーズンキービジュアルを担当したくらちなつきなどのアーティストが参加。

彼らが自由にカスタマイズしたレジャーシートの展示と販売を行う。2、3人用の"小さな"サイズ感のレジャーシートと、彩り豊かな日替わり弁当を持って、自分だけのお花見を楽しんでみては。

【詳細】
「Oh!!HANAMI 日替わり弁当とアートなレジャーシート」
開催期間:2020年3月20日(金)~4月1日(水)
場所:カミングスーン
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ1F
時間:10:00~21:00(最終日は18:00まで)
メニュー:
■日替わり弁当(毎日30食限定販売)
3月20日(金・祝):おべんとうアーティスト 梅田 啓介 with CATERING ROCKET「花びらそよそよべんとう」1,500円+税
3月21日(土):太陽傘(パラソル)「水餃子・マーラーカオ・おにぎりセット」1,200円+税
3月22日(日):タイ料理 みもっと「タイのおつまみ盛り合わせ」1,500円+税
3月23日(月):Sta.「春の特別なお弁当」1,500円+税
3月24日(火):YOUNG「カレー茶巾寿司」1,000円+税
3月25日(水):マルサラ飲食店「春の行楽詰め合わせ」1,700円+税
3月26日(木):美菜屋「美菜屋弁当」1,200円+税
3月27日(金)、3月28日(土):MOMOE「MOMOEお花見弁当」1,500円+税
3月29日(日):中華可菜「中華可菜の箱弁」1,300円+税
3月30日(月):妄想インドカレー ネグラ「妄想インドカレー弁当」1,200円+税
3月31日(火):太陽傘(パラソル)「のり弁オールスター」1,200円+税
4月1日(水):土屋きみ Freelance Food Director「嘘みたいにびっくり!ピンクだらけのお花見弁当」

■レジャーシート参加メンバー
加賀美健(現代美術作家)、小菅くみ(刺繍作家)、そで山かほ子(イラストレーター)、蓮沼千紘(ハンドニットブランド an/eddy)、cokin(Colliu × SKIN)、Kousuke Shimizu(GRAPHIC DIY ARTIST)、くらちなつき(ファッションイラストレーター)、片岡亮介(アーティスト)、moi.(イラストレーター/アニメーター)







最終更新日  2020年03月10日 16時00分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2020年03月09日
カテゴリ:お花見



合羽橋の台所番長が料理道具を徹底比較

合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は花見シーズンにぴったりな、アウトドアパーティーが盛り上がる調理グッズを取り上げる。

こんにちは、飯田結太です。あっという間に春の陽気になりましたね。春といえばお花見シーズンです。飯田家では、毎年上野公園などに出かけて、桜を見ながら鍋パーティーをするのが楽しみでした。しかし、最近は安全性を重要視していることもあり、お花見会場では火気が制限されているところが増えています。カセットコンロを使う鍋パーティーは難しくなりました。何よりも今年は衛生面に配慮する必要があります。そこで、制限がある中でもおいしく、特別感のあるお花見を演出する調理グッズを紹介します。(すべて税別、飯田屋店頭価格)

手が汚れず衛生的にフィンガーフードが楽しめる

ポテトチップスやピザ、フライドチキンなど、手でつまんで食べるフィンガーフードはみんなが集まると欠かせない食べ物のひとつです。特にアウトドアで食べるとおいしいですよね。でも、食べ終えた後に指を見ると油や塩でギトギトなんてこともよくあります。特に子供がいる場合は、気を使います。

そんな時に重宝するのがコレ。ワシの爪のような形をした、指先につけるフィンガートング「トロングス」です。素材はプラスチック製。大人なら指先までカバーできるもの。トングのように動かして食べ物をつまみます。

初めて見つけたときには、アメリカらしいけれど必要かな、と思いましたが、いざ使ってみると想像以上に便利でびっくり。特に両手にはめてフライドチキンを食べたときは、指がまったく汚れず、しっかりとチキンをつかんで食べられるので、素手でつかんで食べるときよりも食べやすいのです。ネイルをしている女性なら、これをつければネイルも汚れないし、衛生的。アウトドアパーティーなら、豪快に料理を楽しめます。

グラスをかわいくマーキング

パーティーなどで困るのが、自分が使っていたグラスが分からなくなってしまうこと。そうならないようにパーティー通の間で欠かせないのがグラスマーカーです。グラスに自分のモノと分かるように印をつけるものです。ここ数年でいろいろなものが登場しました。中でも人気なのが、吸盤タイプのなんともいえない味のあるキャラクターのこちら。

とても小さいマーカーなのですが、カラフルな色と形で自分のグラスがどれなのかもわかりやすいのがポイント。グラスにピタッとくっつけるだけで、ほんのりおしゃれになるのがいいですね。

どこでも手軽に薫製ができる

今やパーティーに薫製料理は欠かせません。こだわり派の男性なら、本格的にいぶしたものを花見に持参することもあるでしょう。でも、それではエンターテイメント性が足りないと思いませんか。そこで提案したいのが、その場で薫製を作ること。

とはいっても薫製鍋や大量のチップを用意するのは大変。もっとコンパクトにできるのが、グリーンハウスのコンパクト薫製器「フードスモーカー」。

大きさは500ミリリットルのペットボトルほど。3種類の国産チップ付きです。ひとつまみのチップを頭の部分にのせて燃やすと、チューブから煙が出て香りがつくという仕組み。皿にチーズやゆで卵、ウインナー、ナッツなど、香りをつけたい食材を置いてラップをかけます。その中にチューブを入れれば、あっという間に香りがついて薫製の出来上がり。本格的な味わいなのでパーティーで注目されることまちがいなし。一味違う花見パーティーになります。

地球にやさしいストロー

プラスチック製のストローは世界中で問題になっています。プラスチック製品はこれからどんどん減っていくのだろうなと思います。そんな動きの中、さまざまな素材のストローが登場しています。紙製、竹製、アルミ製など。私がおすすめするのは、アルミ製です。

紙製も竹製も何度も使える素材ではありません。使っている間に形が変形したり、飲み物の味が変化することもあります。アルミ製は半永久的に使える素材。金属製だから味が気になるのでは、と思っていたのですが、実際に冷たい飲み物を飲んでみると、金属の味は気になりません。むしろ冷たさが持続しておいしさが倍増するくらい。うれしいのは、何度も清潔に使えるように、専用の掃除ブラシが付いていること。この細やかさはさすが新潟県燕市産。パーティーで出せば、一目置かれると思います。

本格派すずチロリで日本酒を楽しむ

でも楽しめるようにしたのが、持ち運べる、卓上酒燗器「ミニかんすけ・匠」です。実はこの商品は業務用。卓上用として今も定番商品です。最近では、一つ一つの素材にこだわりがあることから、日本酒愛好家の方にも注目されています。

チロリは、すずの街として知られる富山県高岡市産で純度100%のすず製、チロリを温める陶器は岐阜県産の多治見焼、木のボックスは神奈川県産とどれもこだわりがすごい。すず製品は、日本酒の味をまろやかにするといわれています。日本酒好きでなくても試してみたくなるのではないでしょうか。

使い方は、陶器に湯をいれて、その中に日本酒を入れたチロリをセットするだけ。あとは箱に入れて持ち歩けます。チロリ(360ミリリットル、2合分)は蓋付きなので衛生的、香りもじっくり楽しめます。ホットワインやホットウイスキーもぜひ試してみてください。

お花見の楽しみ方は人それぞれ。ワイワイ大勢で楽しむのもよし。ぬる燗の日本酒でまったりと桜を愛でるのも乙なものです。いつもとは趣向の違う花見パーティーをしてみませんか。(談)









 










 










 










 










 







最終更新日  2020年03月09日 14時19分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月27日
カテゴリ:お花見



先週から今週にかけて、靖国神社をはじめとした東日本や西日本の各地から開花の便りが届いています。開花が早かったエリアでは早くも今週末に満開を迎える所もある予想です。ウェザーニュースでは2019年「第七回桜開花予想」を発表します。

この開花予想は、「全国つぼみ調査」の3,497通の報告、「さくらプロジェクト」の参加者から届く報告、今後の気象予測をもとに算出しています。お花見旅行などの計画にお役立てください。

■開花予想のポイント ■

・京都府内も週末にかけ開花ラッシュに
・桜のつぼみ、生長が加速
・東京・上野公園などは、週末にかけ満開へ

京都府内も週末にかけ開花ラッシュに

全国700か所のお花見名所のうち、3月19日に舞鶴公園(福岡県)から開花がスタートしました。

また、21日には靖国神社(東京都)、22日は高知公園(高知県)・上野恩賜公園(東京都)と続々と開花しています。西・東日本の早い所では、週末には満開を迎え、4月上旬にかけてお花見を楽しめる見込みです。

この先一週間は、天気が周期変化するのに伴って気温もアップダウンします。晴れた日には春本番の陽気でつぼみの生長が後押しされ、30日開花予想の嵐山(京都府)など、西・東日本では開花ラッシュが続きます。開花時期はほぼ例年並ですが、一部でばらつきが出ています。まだ咲いていない所も、今週の暖かさで例年よりやや早い開花となる所がある一方で、九州南部など休眠打破が遅れた地域では開花がやや遅れる見通しとなっています。

4月も高温傾向が続くため、北陸のまだ咲いていない名所や北日本でも例年並の開花となる所が多い見込みです。北海道の道南(五稜郭公園)では、4月26日に開花を迎えた後、GW中頃から満開の桜を楽しめそうです。

桜のつぼみ、生長が加速

3月21日〜23日に実施した全国3,497本の桜(うちソメイヨシノ2,780本)の「全国つぼみ調査」の結果、現在のつぼみの生長は、例年並〜やや遅いペースで進んでいることがわかりました。前回(3月14日〜16日)の調査では、例年より遅いペースだったので、生長が加速していることが伺えます。

西日本や東日本では「先が黄色に」が90%を超え、「先がピンクに」や「花びらが見えた」といった開花を目前に控えたつぼみが前回よりも大幅に増加しました。ここ一週間は、晴れて気温が20℃前後になった日もあり、順調に生長・開花が進んだと考えられます。

一方、北日本では東北で「先がピンクに」以上のつぼみが10ポイント増え、北海道でも「先が黄色に」なったつぼみが現れ始めました。

東京・上野公園など開花の早かった地域は、週末にかけいよいよ満開へ

先週19日以降、西・東日本では続々と桜が開花し、25日時点で九州、高知県、関東南部で開花シーズンを迎えています。開花が早かった昨年と比べると遅いペースではありますが、開花時期は例年並の所が多くなっています。

今週は春本番の陽気となり、桜の開花が進みます。21日に開花した福岡県や東京都などは数日のうちにも満開を迎え、今週末がちょうどお花見のタイミングになりそうです。

ただ、週末は3月中旬並の気温となり花冷えが心配です。寒気の影響で天気が変わりやすく、日差しは控えめとなります。雨のぱらつくこともあり、気温以上に寒さを感じられそうです。週末にお花見を予定されている方は、寒さへの準備をしておくことをおすすめします。







最終更新日  2019年03月27日 09時30分37秒
コメント(0) | コメントを書く

全64件 (64件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


© Rakuten Group, Inc.