995863 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

徳虎の 嗚呼 縦縞応援人生

PR

プロフィール


徳虎

バックナンバー

カレンダー

カテゴリ

コメント新着

徳虎@ >トラトラ甲子園 さま New! いらっしゃいませ~! 開幕の京セラが2…
徳虎@ >トラ子40 さま New! いらっしゃいませ~! 勝つと嬉しい 負…
トラトラ甲子園@ Re:観客動員(05/18) New! 4という事はもう甲子園に4回も行ってるわ…
トラ子40@ Re:観客動員(05/18) New! おはようございます。 どんなスポーツでも…
徳虎@ >トラ子40 さま いらっしゃいませ~! 0対10で負けても 1…

お気に入りブログ

3連敗で貯金ゼロ New! 元ちやんさん

競馬投票100円だけ(… New! かつっぺ!さん

ペナントレース優勝… New! トラトラ甲子園さん

城崎温泉に行ってき… タイガース非公式サイトさん

たぬき?!! とらきーちゃんさん

May 19, 2019
XML
テーマ:タイガース党
カテゴリ:栄光への軌跡 19
​​
​今季最多観衆も…甲子園5連敗
​矢野監督「甲子園でいい姿見せたいと思って…」​

 阪神が広島相手に、今季3度目となる同一カード3連敗を喫した。先発の秋山が5回9安打5失点で2敗目(2勝)。奪首を狙った3連戦で3連敗し、勝率は5割に逆戻りした。
 今季最多を更新する4万6719人が甲子園球場に詰め掛けたが、九回完封を免れるのが精いっぱい。これで甲子園での連敗も今季最長の5に伸びた。
 矢野監督は試合後、「終わったことは仕方ないんで。いつか勝ちたいと思ってやっているんで。甲子園でいい姿を見せたいと思ってやっているんで。こういうこともあるんでね、ただ次の試合も“こういうこともあるんでね”じゃ済まされないんで、前を向いて戦っていくだけです」と振り返った。
 この3連戦は広島投手陣の前に打線が湿った。九回に中谷の適時二塁打でようやく1点を挙げたものの、そこまで20イニング連続無得点。結局、この3連戦で奪った総得点はわずかに「3」だった。
 「どうやって点を取っていくかというのは、ウチのチームの課題としてはずっとある部分なんで。一喜一憂する部分ももちろんありますけど、どうやって点を取っていくのかというのを見つめながらやっていくしかないと思うし、そこの中で成長していくしかないと思います」と、打線の奮起を促していた。

​デイリー​





​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​
阪神 1 -5 広島東洋 阪神甲子園






​​​​宮沢りえさんごめんなさい

でもこれが 今の徳虎の心境を
もっとも表した表現です



昨日今日連敗し迎えた今日の試合

おとといは 最後は別として
終盤までは一進一退の攻防

昨日は 終始押され気味で
反撃の気配すらなく敗戦

​この違いは何だ?​

​答はかんたん!!​
​初回に先制点を
取られたかどうか​


どんなことがあっても初回は0点に抑える
そして先制点を取る
これが 今日勝つための絶対条件




でっ今日の試合

繰り返すけど
先取点は絶対避けたい1回表​
​​​



絶好調の3番バティスタと 日本の四番 鈴木
この前にいかにランナーを出さないか...


​​​​​​先頭の野間をスライダーで上手く泳がして1アウト
でっ次の菊池に対して
なぜ 全球ストレート?
しかも アウトコース一辺倒
火の球ストレートでも投げてるつもりか???
現実は 気合は入っているモノの  140km/h程度
案の定 コースを狙われて上手くライト前へ

キレはあると感じていたのか 梅野
でも 見せ球でもいいから目先を変えなきゃ...
野間を打ち取ったスライダー これ1球でよかったんだけど

ランナーを背負って バティスタ&鈴木
まともに勝負は挑めず予想通り痛打を喰らう


外野の返球も甘いね...
「1塁ランナーがホームを狙うかも」の準備が出来ていない
それを 見透かしたかのように
カープは全てゴー
おとといも昨日も えっと思うようなタイミングでも
3塁コーチは手をまわしているの​​​​を​​

​​​​​ベンチは気づいていないの?





2点を取られた後の1回ウラ

カープの先発は黒いムーディ勝山ことアドウワ誠

​​​(​古くてゴメンなさい 右から左に受け流してください​)

前回の対戦では ストライクが入らず
3連続四球と押出しで先制
味方エラーと四球の後 タイムリーを打たれ負け投手
その次の登板でもコントロールがままならず
先週はDeNA相手に 完投勝利をしているモノの
間違いなく立ち上がりのコントロールには
ナーバスになっている


​​1死後 ラッキーにも糸原は四球で出塁 チャンス到来
そして 糸井  
1球目 2球目 ボールが2球
それも ストライクゾーンからほど遠いクソボール
そのあとの3球目

なぜ打つ? 糸井
確かに 当たりはよかったよ!!
​​いい角度で球は上がったけど 浜風云々 フェンス前で失速!!​​

​ここはね 絶対打ってはいけない場面なのよ...
ホームランになっていても
評価されない打撃​​​​​​



個人で打ち返すのではなく
チ-ムとしてアドゥワを追い込んでいき
チームとして乗っていきながら
大量点に結びつけていかなければならない場面




この初回の攻防で
試合結果は見えましたね​​​





昨日 負傷退場の糸井
今日のスタメン出場はここでは言わないとして
(ファンじゃわからないベンチの判断があるから...)

​​​​​ただ ファーストでスタメン出場の中谷
昨日の2塁打を見てスタメンで使いたくなる
中谷の状態の良さには同感
でも 中谷のファーストの守備に???

​ゴロはさばけます 送球も捕れます
でも バント処理とか 投内連形とか
​とっさの判断が出来ていない​
ハッキリ言って
試合感覚が全くない状態​​​​

​​​​​出場試合数の問題じゃなくって​
普段のノックから
実践を想定してるとは思えない


​緊急事態ならいざ知らず​
中谷を使うなら外野
​徳虎はそう思います​
​​




ただ 菊池の3塁打は
誰も捕れませんから!!



​​​糸井の身体が万全でも
糸井が一生懸命プレーしてても
中谷でも江越でも
言ってしまえばイチローでも
捕れませんから



テレビでは たった 2.3m程度横に見えるが
​実際は 5m以上 離れた所で弾んでますから

​鈴木誠也でも絶対に捕れる球ではなかったはずです
ボールが甲子園特有の弾み方をしたのは不幸でしたが...

​​



ただ




カープは
捕れない球を捕るための
努力と工夫を

チームとしてやっていますよ

菊池も田中も 1球1球 両手を後ろに組んで
腰のあたりで グラブや右手を動かして
球種やコースを外野手に知らせています

これにより 一歩目が違います
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​状況によっては
1.2歩守備位置を変えることも出来ます

カープの守備力が高いのは
個人の力量だけでなく
チームとしての戦い方


残念ながらタイガースの内野手が
そういった仕草をしている所を見たことはありません
素人の徳虎にはわからない様に
上手にやってる とは思えませんが...



選手も コーチ陣も おそらくスタッフも
勝つために自分は何をすべきかを考えて戦っているチームと

ただ単に個人の力量だけで勝負しようとしているチーム

このスキルの差が...

あっ それと 言いたきゃないけどついでに言いますが

特定の選手に責任を押し付け
自らのストレスを発散
しているかのような ファンの気質の差が
​​​​​​​
ここ数年のチーム成績の差じゃないかと思います



カープファンは
約80%の人が 野球のルールを知らない素人で
「赤が好きだからカープを応援する」程度のモノです
また どこの球場でも 応援席以外のどの席でも
モグラたたきをし 他人の迷惑を考えない集団です
応援席以外で応援旗を振ると言う
NPBの定める応援規定に反する迷惑行為も平気でします
「マツダスタジアムは世界一の球場」と言いながら
自分の出したごみを シートの下に捨てたまま帰る
ほんと常識しらずの赤っ恥軍団ですが
選手には優しいです
けなしたりせず
選手を励ましています
次は頑張ろう と選手が思えるような
声援を送り続けています


阪神ファンの特定の選手をけなすことで
勝てない悔しさを癒してきた悪しき伝統
いろいろ問題になっている「く〇ばれ讀賣」より
恥ずかしい 行為だと思います

選手の給料は 我々が払ったチケットの売上から出ている
選手をけなすのはファンの特権
​​そういう人がまだまだいるが​​

そんなもの 昭和の遺物
もう 時代は平成も終わって令和になっている
​​​​​​​

​​​心無いヤジで
選手は育つわけない







負け試合の後の 長~い愚痴が
恒例になって来たな...

悪気は全くありません
言いすぎた所がありましたら
ごめんなさい







と言うことで
明日はつら~い月曜日です

でも 監督の言う通り結果は結果
前を向くしかありません


火曜日からヤクルト3連戦
今の時点で順位は関係ないですが...

いやいや
このままズルズル行かないため
大事な3連戦です
​​​​​​​​​​​​​

​​​​



そして​朗報です​









勝利の方程式は
休養十分です
​​​​​​​
​​






最終更新日  May 20, 2019 01:41:35 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.