000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

追憶

追憶

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Comments

age@ 拾えばいいじゃん べっ、べつにあんたなんかに興味は無いん…
乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
うほ@ もう一度見たいドラマランキング 私は・・・ 1ラスト・フレンズ 2ブラ…
Jun 16, 2007
XML
カテゴリ:ドラマ
いよいよ終盤に来て、今まで発散気味の挿話をつなげに来た感じですが、
予想外というような驚きはなく、予定調和に向かっているような感じがします。
 論点となっているのは、イジメに対し、顔をそむけ、手を引くことが当人たちのためであり、守ることになるのか。それとも、いっしょにイジメに向合い、戦うことが、生徒たちを守ることになるのか。ということで、相変わらず、かわり映えがしません。
 前者の立場の代表が、雨木副校長(風吹)であり、兼良陸の母親(渡辺典子)で、後者は、積木珠子(菅野美穂)だ。
 しかし彼女もかつては明日香(志田未来)の相談に乗ろうとせず突き放し、娘を守れなかったという意味で、兼良や、他のクラスメートと同罪だという思いもある。だからこそ、現実に今も起こっているイジメを明らかにし、向き合い戦うことで、生徒を守ろうという思いがあるのであろう。

今回の注目点は4つ
 1)現在イジメにあっているポーこと山田加寿子の挿話。
    彼女は珠子に諭され、両親にイジメられていることを告白。転校を決意。
    「何も手を講じなかった学校も加地も彼女に見捨てられた。もはや手遅れだ。」
     と告げられ、イジメの現実を知らされた加地(伊藤)は一段とショックを受ける。

 2)イジメた側とされた兼良陸の挿話
     母親は、息子のイジメを事実無根として、無理やり法廷で潔白を証言させるが、
     陸は、信じていた父親が少女買春をしていたことを自ら告発し、
     今度は自分がイジメられる側にまわることになった。
     珠子は、イジメはひとりだけの責任ではない。だれにも責任がある。犠牲になった人の思いを胸に、同じ荷物を背負って歩き続ける責任がある。だれもがそれをしなければいけない。と、自分にも言い聞かせるように諭す。

 3)イジメの事実を知った加地の心情の変化
     先回の熊沢先生の明日香イジメの証言、今回のポー:山田の転校にショックをうけた加地は、教師を辞めるかどうか悩む。しかし珠子に、
 「私が今していることは、明日香に届いている。これでいいか、自分に厳しくあるか、明日香に問いかけながら行動している。あなたが教師を辞めようがあなたの勝手だが、明日香はあなたの行動をちゃんと見ている。」
 と言われ、もう一度生徒に向き合おうという気持ちに変化していく。

 4)雨木副校長の前歴と息子
    これは次回につながる挿話で、雨木が数年前に務めていた私立中学に勤務していたとき、当時在校した長男、音也が死傷事件を起したことにより学校を辞めていた事実を珠子がつかむ。死傷事件の原因がイジメらしいことも。
 そして現在出所した音也は、再び母の勤める中学校に目をつけている様子で、仁科(谷村)と、兼良に関係しそうな雰囲気。
 この息子の行動と、雨木があくまでも「イジメは存在しない」ことに固執することが深く結びついているのは間違いなさそう。

 雨木の息子は自分がイジメられていたか、友達がイジメられていたのを救おうとしたか、はたまた教師がイジメで困っていたのを助けようとしたかで、死傷事件を起こし、イジメに敵意を持っている。もしイジメの存在が明らかになれば、いつまた息子が傷害事件を起すかもしれない。だから雨木にとって、「イジメはない」ことが「学校と生徒、そして自分自身や息子を守る」ことに等しい。ということなのだろうと推測する。
 しかし、実態から目をそむけたままでは、何の解決にもならない。イジメの復讐をしようとする息子、イジメる生徒、無関係を装う生徒たち、それぞれの思いと向かい合い、いっしょになって戦うことが必要である。 ということが結論となるのだろう。

 雨木のそういう特殊な事情をもって、裁判までからめて、イジメから顔をそむけるか、実態を認めてイジメと向き合うかで、このドラマを延々とひっぱり、結局、
 「ちゃんとイジメの実態と向き合い、生徒・子供と向き合いましょう。」
が結論になるなら、長丁場のドラマとしては物足りない。
 そんなことは言われなくてもわかっている。そのために何をすればいいかが問題であり、そこに新提案や、あっと驚くような解決策を提示してくれないと、長い時間放映して訴える意味が無いではないですか。
 このままでは2時間サスペンスでじゅうぶん、というような内容となりそうです。
 後2回になりましたが、予定調和の結末ではなく、何か問題提起、新提案を示してくれることを期待します。 

「わたしたちの教科書」
 フジ系 木曜日22:00~
 主演:菅野美穂
 出演:伊藤淳史 谷原章介 風吹ジュン 真木よう子 酒井若菜 志田未来 他





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Jun 16, 2007 04:07:53 PM
コメント(0) | コメントを書く


Profile

usshy3321

usshy3321

Favorite Blog

「あーちゃん」入院! New! lekuchanさん

習ったことに対して… Bu命さん

いわぴいのドラマ日記 いわぴい2513さん
片倉学の楽天ブログ 片倉学さん
政治を国民の手に! bunbukuocharaさん
学びの泉 ~五目ス… Mr. Hot Cakeさん
わらってよりとも 楽.69さん

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.