515060 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

外面はクールで 内面はベリーホットな男の日記

PR

プロフィール


Bu命

お気に入りブログ

夏の偏差値アップ・… New! masa/kさん

テスト New! ごうまじまじさん

この手の本は top runnerさん

受験生が夏休みにや… nakakazu3310さん

問題の意味を知れ 961819さん

津島市・愛西市の子… がっきー塾長さん

松江塾 奮闘ブログ 爆裂松江塾 Love and Dream presenter AKR!さん

ニューストピックス

楽天カード

真の学力を鍛える塾
真学道場Shin

塾を名前で選んでいませんか?
塾は誰が教えてくれるかで選ぶべきです!
指導経験28年の塾長と
36年の超ベテラン教師が
責任を持って指導いたします
地域で最大や最高の塾ではなく
生徒にとって一番(最適)の塾を目指します
そして教師の腕は地域No.1を自負しています
すなわち地域最強の塾だと自負しています

無料体験生を募集しています
まずは体験してから入塾を考えたいという生徒
希望日から1週間
無料で授業が受けられます
もちろん、その間は宿題などもきちんとやってもらいますが…
授業についていけるか心配
先生と相性があうかどうか心配
いろいろ迷いがあるかもしれませんが
まずは体験からどうですか?
(その間に、こちらも生徒の勉強意欲や態度を見させていただきます。入塾をご希望されてもお断りすることもありえます)

     募集状況
    新小5・・・3名
    新小6・・・6名
    新中1・・・6名
    新中2・・・3名
    新中3・・・3名

詳細は塾ホームページをご覧ください



随時説明の時間をお取りさせていただきますので
お気軽にお電話ください
お問い合わせは  0744-45-5522
奈良県桜井市粟殿1005-3 ハイツ森本1階(美容室のとなり)
http://www.shingakudojo-shin.com
塾長 萩原栄一





塾ブログ検索サイト 塾長・塾講師のブログを紹介しています。】

↓クリックすると他の塾の先生が書かれているブログが見れます。
にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ

にほんブログ村 教育ブログへ
July 16, 2019
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
人の振り見て我振り直せ

という格言があるように

周囲の良い点を見て参考にして学び

悪い点は見習わないようにする

ということであるが

なかなかそのように振る舞える子はいない

いないというよりも

そのようにして自らを高めていくということを

そもそも知らないように感じる

逆に

周囲で良くない振る舞いをついつい真似てしまう

つられてやってしまう

そのようなことの方が多いように思える

そもそも子供とはそれくらいの精神力しかないのであろうが

勉強にしてもスポーツにしても

少しでも向上心を持って頑張るためには

アンテナを立てて

周囲から情報収集をし

良い点は吸収していく必要があるし

悪い点は自分が同じようになっていないか省みる気持ちが必要である

それと

周囲=他人という観点だけでなく

こんな意味での周囲から学べないということもある

それは

生徒たちの答案を採点していて気付くことなのであるが

勉強のための問題集というのは

一つのことをいろいろな角度から理解習得するために

一つの単元の練習問題の中に

同質の事柄が形を少し変えて出てくることがある

例えば英語の問題などで

最初の方の問題で次の文を否定文に書き換えなさいという問題があったとする

そのときはbe動詞の文と一般動詞の文とを混同して答えてしまった

しかし後の方で一般動詞の否定文で書かれた文が出てきた

そうしたらその時点で先程の間違いに気付くなりして

最初の間違いも修正できるようになってほしいところであるが

たいていの場合

あとの問題は正しく解けているのに

最初の問題を間違ったままほったらかし

という子が大半である(そもそも気付いていないことが多いのであるが)

もっと単純な場合は

前半の問題で書けていない単語が

後半の問題の問題文に使用されていたりするのに

そこで、あっ、さっきのわからなかった単語書いてある

ラッキー、これ見て書いておこう

というのがない

同じ一連の問題の中で参考になることが周囲にたくさん

散りばめられているのに

一問一問その場限りの解答しかしていないのである

さっきの間違っていた解きなおそう

とか

さっきのわからなかったやつ、これ見たらわかるわ

という感覚がない

結局は義務的にやらされているだけで

正解することにできるようになることへの執着心が乏しい

のであろう

だから

同じ一連の問題の中で

同質の問題が解けていたり間違っていたり混同しているし

そのような子らの答案を長いスパンで見ていると

以前出来ていたことが次はまちがっていたり

以前間違えていたのに次は正しくできていたり

するのである

勉強にしても

スポーツにしても

自分は何が出来て

何が出来ていないのかという自覚がなければ

どんなに反復して数をこなしても

下手の上塗りでしかないし

それは悪い癖を固定化していることにしかならない

学ぶとは真似ぶ

と言われることがある

もっと周囲から真似べる習慣をもてるようになってほしい






最終更新日  July 16, 2019 03:53:30 PM
コメント(0) | コメントを書く

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

コメント新着

 Bu命@ Re:御礼申し上げます。(10/16) 北谷成人さんへ こちらこそありがとうござ…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.