1396503 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ヘイルトゥ一休さんっ!!

PR

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >

カテゴリ未分類

December 18, 2007
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
楽天ブログの画像ファイルがぱんぱんなのと、その他いろいろなうっぷんがありまして、移転することにしました。

で、さっそく移転先で「ラブやん」レビューを書いています。

移転先:Hail to Mr. INTERVAL

(追記:「レイモンド」レビューも追加。)
(12/20追記:ナオコサン書いた。)
(12/26追記:「金剛番長」完全移行。あと「ハ!」書いた。以後の更新はもう書きません。)

で、今後のこっちの更新ですが、

・レンジマン

・あ○こら

(○のなかには「い」が入ります。)

については、もうちょろっとだけこっちで書こうかと。

あとのものについては、移転先の方で新たに取り組むことにします。

そんな感じでさらっとなんですが、よかったら、移転先でも、なんとなく、おつきあいくださいませー。






最終更新日  December 26, 2007 11:04:47 PM


August 16, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
2回目は、「レンジマン」。






「大嫌い!!」

初めて抱いた感情をぶつけ、いためつけ、つねって殴ってしていくうちに、いつしか本当のところは錬児のことを好いていたことに気づく、国民的アイドル・風香。

知らないうちに'優等生'を演じ続けてきた風香にとって、彼は本当の自分を解放できる、ただひとりの大切な存在になっていた!!


そして彼女は錬児に打ち明ける。「好き」と・・・。


そこで初めて錬児は、風香をひとりの女性としてみつめはじめる・・・。


と同時に、風香を心の底からまもってあげたいと、やはり自分も風香が好きなのだ、と自覚する・・・。



そうして、錬児の方から返事をしようとしたその日、ついに諸悪の根源・メガネスターが風香を奪いに地球に舞い降りてくる。

錬児は、恋の力を全て出しきってでも、その結果たとえ風香の記憶がなくろうとも彼女を守る決心をする。



・・・と、いうところが、前回まで。

わたくしのブログでは、割と前からこのおはなしのレビューというか感想というか、そういうものは書き始めていて、それと大体同じ頃から「レンジマン」に対するブログの反応をなんとなく眺めているのですが、ここ2ヶ月くらいでずいぶん感想書くひとが増えてるような気がします。すんごい、のぼり調子な感じ。


そして、多くのひとはもうすぐ終わり終わりと言うけれど、終わりじゃないと考えながら読んでみたっていいんじゃないかと、そう思ったりもしています。

メガネスターは、間もなく地球に来ます。

彼は、最後の敵。

でも、彼の素顔を、性格を、まだ何も読者の側には知らされていないのです。

現在のレンジ星の状況を、何も語られていないのです。

わたくしは、思います。

この、メガネスター本人の襲来は、彼の側の、レンジ星での物語を始めるための序章に過ぎないのではないのかと。

そうして語られてくる、メガネスターとしての理由、動機を知っていくうちに、もっともっとこの物語にひきこまれていくのではないかと。


飽くまでわたくしが想像する"例えば"、の話ですけどもね。

とにかく、安易に読者に"終わり"を予感させといて、そのままその通りに終わりになられてしまうというのはなんかつまんないので、わたくしは終わらないような妄想をたくさんしつつ、毎週毎週楽しみに待ってていたりします。

あと、博士の迂闊っぷりとか、千代ちゃんのずん胴っぷりとか、スーパーモブキャラ・ふじしゅん先生のこっそり大活躍とか、そういうところもおおいに期待しています。


そんなところー。








ちなみにうちのブログの各話レビューはこちら


おもろかったらクリックしてネ!!
web拍手






最終更新日  August 17, 2007 12:14:29 AM
August 14, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
わたくしが最大限に推しますまんが、「レイモンド」。



倉橋瑞希は、とってもシャイで豪腕な女子小学生。5年生。
そんな彼女のもとに、ある日、無駄にたくましい肉体持った黒人海兵が乗り込んできた!!
彼の名は、レイモンド。そう、彼は、未来VIPな瑞希を護衛するため、未来の世界からはるばるやってきてしまったのだ!!

・・・と、いうのが大体のストーリー。


で、個人的に考察するに、この物語は、小学生時代に憧れた、オトナな香りのするオネーサンとか、オッパイとか、金髪とか、あとオッパイとかを懐かしみつつ、崇め奉るのがひとつの大きなテーマだったりするのです。

作者・田丸浩史先生の描くもう一つの現行連載まんが「ラブやん」が「オトナから見たお子さまペッタリ万歳主義」と言うのであれば、「レイモンド」はまさに違うベクトル、「コドモから見たオッパイネーサン至上主義」なのです・・・!!

いろんなところでオッパイ万歳しまくります。西村くんと山添くんが。

さらに登場人物も、ほとんどのひとがオッパイーンな方々なのです!!

登場人物の例)
・瑞希→今はペッタリなれど、未来の世界でバインバインになることが約束されている。
・瑞希ママン→グッドオッパイーン。
・山添くんの家庭教師→メガネオッパイーン。
・山添くん→変身遂げてオッパイーン。


と、いうわけで、キーワード"オパイ"を念頭に置きつつ読み返してみると、また違った面白さが見えてくるかもしれません。見えないかもしれません。

そして、ここで言うほど実のところはオッパイオッパイ言ってません。ごめんなさい。










ちなみにうちのブログの各話レビューはこちら



参考になったらおしてくださいませ。
web拍手






最終更新日  August 14, 2007 01:25:29 AM
August 13, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
さあ、何か変わったことをします。

んでも、最近のわたくしは、どうも長い文章を練ることが出来なくて、じっくり腰を据えて考えたりする文章がちょっと書けなかったりするわけです。

そんなわたくしでも出来る、変わったこと。それはつまり、数行まんがレビュー。

なので、それやります。「夏100」とか、そういうものに触発されます。

わたくしんところのブログが扱ってるまんがについて、あらためて「こんなんまんがなのですことよ?」と、簡単に断言し続ける。そんなんことをこれから毎日やってきます。ネタが切れるまで。

そんなんわけで、開始はあしたからー。



予定してるまんが(順番テキトー)
・レイモンド
・ラブやん
・ハヤテのごとく!
・レンジマン
・あいこら
・百合星人ナオコサン
・ふたつのスピカ

(他にも数作ほど考えてるけど、自信がないので明記しない。)







最終更新日  August 13, 2007 07:14:49 PM
April 10, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類

へん


みはちろ~さんのところでやっていらっしゃる、「第2回ジャンプおまつりー」に出すための、なんとなくの絵です。

たまーに、わたくし、こういうまぬけな絵とか描きます。

あと、写真も撮ります(写真については、うちのめっさ古い方の記事にガンプラ撮ったやつとかありますですよ?)。

で、この絵の人物ですが、いわずもがな、かの超有名な変態仮面さんです。

あのマリアナ伝説に出てきたひとりの勇者・水っ球さんのモデル人物です。

それくらい偉大な彼です。


でも打ち切りでした。ドンマイ。




おもろかったら、押してくださいましー。
web拍手







最終更新日  April 11, 2007 01:44:30 AM
February 1, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
3回目はじめますー。

1回目、2回目と同じ要領で進めていきます。
初日っから、早くもエントリーが入ってまして、企画してますわたくしとしても、とってもとっても嬉しい限り。

ここでは、エントリー順に並べていきます。
紹介されてます画像をクリックしますと、その原寸大のイラストが置いてありますオリジナルの記事にとんでいきます。びゅーん。






メル
メルヘン好きな中2のギンタが、ある日突然メルヘン世界にお呼ばれされて、ARM「バッボ」や多くの仲間たちと、諸悪の根源・ファントムをぶっつぶすために、悪い奴らをばったばったとなぎ倒していくお話。その戦い方が、ファントムのおふざけのため、"ウォーゲーム"とかいういわゆるゲームになってるのが大きな特徴だと思います。個人的にはドロシーちゃんが好きでした。アニメは、原作からだいぶ離れたお話を数々生み出しており、その固有の展開も、割と好評らしいです。


ロラン
夏さいつな実さま
 ロラン
ファントムに陶酔しきり、全てを捧げてついてゆくチェスの兵隊のナイト、ロラン。
天使のような微笑み顔が、とってもラブリーですねー。
淡い色の使いかたが、またその愛らしさをすごく引き出していて、みていてぽわーんとなってきます。


アルヴィス
夏さいつな実さま
 アルヴィス
ロランとは対照的に、常にクールを装っている、アルヴィス。
全体的に青を基調とした彩色、やや粗めの線が、彼のそうした冷たい感じをよく表していますねー。
しかしその冷たさの中にも、細く鋭く通っている信念みたいなものも、その力強いタッチから伝わってくるような気がしますです。







究極超人あ~る
1980年代のまんが。具体的に言うと、カメラの"オートフォーカス"(自動でピントを合わせる機能)が開発されたかされてないかという時代に描かれた偉大なるまんが。野球とか、華道とか、ジョギングとかをステキにこなす光画部とかいう超絶文化部を中心にした、めくるめくトゥルーラブストーリー(半分うそ)。幽霊も出てくる。基本的には、なにしてんのかわかんない。主人公のひとは実はアンドロイドで、たまに故障する。でも、持ち前の電気力でご飯が炊けるという、優れた一面も持つ。作者のゆうきまさみ先生の現行作品「鉄腕バーディー」が、もうすぐアニメになる。この勢いで、同先生原作の「マリアナ伝説」も、近いうちに是非アニメにしてもらいたい。


R・田中一郎くんと愉快な光画部のお二人
みはちろ~さま
 あ~る
とにかく元気なさんごと、何考えてるのか分かんないR・田中一郎くんと、何すんのか分かんない鳥坂先輩。
さんごとRくんのピースサインが、なかなかにイカしてますね。
何もサインはしてないけれども、存在感だけは異様なまでにありまくってる鳥坂先輩もとっても素晴らしいです。
そして、背景が無駄に派手なのも、なんかとっても似合ってます(褒めてます)。







うる星やつら
総勢26人の漫画家さまがラムちゃんの絵を描いてくなんて壮大な企画とともに新装版が続々出ている「うる星やつら」。今なお人気があり続けているのはかなりすげえと思います。ファミコンソフト出た時にはわたくしも買いに行きました。オレンジ色のカセットのやつ。


うる星やつら
みはちろ~さま
 うる星やつら
ラムちゃんを中心に、エロい顔したあたる、錯乱坊、終太郎、テン、しのぶ、温泉マーク、メガネ。
みはちろ~さんなじみのかわいらしい描写で各キャラクターを仕上げてくださってます。
ピンクを基調とした背景は、作風のファンキーさをいい感じに出していますねー。
温泉が顔見せてなかったり、サブキャラなのにしっかりメガネが入ってるのはかなり素晴らしいと思いました。







神聖モテモテ王国
愛称キムタク。宇宙人のファー様が、息子のオンナスキー(本当は息子じゃない。)とともに、かれらだけの密あふるる安息の地・モテモテ王国をつくったりつくらなかったりするおはなし。はなしの最後でファー様は大抵死ぬ。でも生き返る。まだ終了したわけではないので、ほんとのほんとに復活するのを心の底から希望している。とりあえず、『ながいけん先生の「神聖モテモテ王国」1~6巻、発売中です!!』とか去年に少年サンデーでハッキリ書いちゃったりしてる小学館さまは、増刷して市場に供給してくださるくらいのことはしていただきたい。


ファーザーとオンナスキー
すにゃたらさま
 オンナスキー
ファー様のために、ささやかなるプレゼントを買ってきたオンナスキーだというのに、勝手にあれな思想をめぐらせて、あれの陰謀と決めつけて、あれな感じでわめき倒す我らが美しきファー様。
宇宙の掟に従って下半身はパンツ以外まるだしだったりするんですが、そおんなイタイケな下半身をオンナスキーの姿で隠してしまう構図は、なかなか素晴らしいですね。
オンナスキー自身の妙な地味っぷりもうまく表現されてて、とっても良い感じです。







絶対可憐チルドレン
『ハヤテのごとく!』のアニメ化の波にあやかろうと、サンデー漫画家バックステージの毎週更新を貫き始めた椎名高志先生の作品、絶対可憐チルドレン。その世界観もだいぶ安定してきており、時折見せる小ネタもかなり輝いてる感じがします。個人的には、ちんこぶたれて倒される運命の鋼の練筋術師・マッスル大鎌が大好きです。


ザ・チルドレン
みはちろ~さま
 チルドレン
ミニスカ制服姿のチルドレン。青系の色彩でクールに仕上げてくださってます。
三人それぞれ思いのままに笑顔でこちらを向いてくださってるのはいいんですが、紫穂の左手薬指のリングがなんか妙に気になるところです。いや、リミッターなんですけどね、なんで左手の薬指なのかと・・・。そういう疑惑の指輪が、やたら光って見えますです。















なんかあったらコメントとかしてくださいね。
声を聞かせてぇぇん

コメントの状況







最終更新日  February 21, 2007 10:27:01 PM
January 8, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
文字限界数がきましたので、新たに作りましたー。
そうは言っても、これで終わり。エントリーしてくださったみなさまがた、ありがとうございました。
今年も、みなさまの1年が、良いお年でありますように、心より祈っています。







キャプテン・フォン・ファーザー
すにゃたらさま
 ファー様
迂闊にも、見た瞬間思いっきり笑い転げてまいました。
なんかもう、鬼のように感動しましたですよ?
輝く朝日をバックに、いざどっかにゆかんとするわたくしたちのファー様(たぶんどこに行くかは決めてない)。まさに、感動的な2007年の幕開けと言えましょう。モデルがやたらと男前なだけに、絵が非常にひきしまって、かなりイカス画像となっています。ブリーフをわざと全部見せずに切ってるところといい、朝日とファー様との位置関係といい、素晴らしき構図ですね。エレガントです。




くずれた顔はイトオカシ
みはちろ~さま
 福笑い
お正月の定番、福笑い。
大抵うまくまとまるところにまとまらずに、ひどい貌になってまうのがオチだったりします。その貌の原型にされてる方にはたまったものではありません。この絵でも、左目とかお口の位置が微妙にずれていてますねー。それでも、それはそれで、なんかかわいらしく見えたりもしますよー。




二人乗りはいけません!
みはちろ~さま
 凧揚げ
凧揚げです。自転車です。
この構図は、わたくしすんごい好きなタイプのものなんで、なんかとっても和んでいます。ふたりの爽やかな笑顔も、とっても印象的ですねー。でも二人乗りはあかんと思います。




本年も宜しくお願いします
ozanetさま
 東方
同人シューティングゲーム「東方Project」より、主人公で巫女さんの博麗霊夢。
独特のたっちで、かわいらしく仕上げてくださってますねー。袖が服から切り離されていて、肩が見えているのがなかなかにセクシーでございます。







最終更新日  January 8, 2007 10:00:58 PM
January 2, 2007
カテゴリ:カテゴリ未分類
新年おめでとうございます。
今年も、先月までと変わりなく、なんか変な文章でこの場を賑わしていこうかと思いますー。

よろしくおねがいしますー。


さて、今年の最初ということで、「正月の絵のおまつりー。」とかはじめました。
楽天リンクス内のコミュニティ「イラストを描いている人&見るのがスキな人」にてエントリーしていただいたものをここで順次ご紹介していこうと思います。

早速ですが、もう複数エントリ来てたりしてまして、一気にガバッとイクのが難しい状態になりましたので、ちょっとずつ、できあがるたびに更新していく形をとっていきますねー。

画像は縮小バージョンで、クリックすると絵描きさまの記事にとんでくようになってます。

それでは、始めますー。





DEATH NOTE
夏さいつな実さま
 デスノート

「DEATH NOTE」より。
下のおふたりの着ぐるみがとってもかわいらしいですね。
絵のタッチと水彩に特徴的な柔らかい彩色具合がよくマッチしていて、見ていて楽しい気分になれます。スマイルスマイル。




GARNET CROW
夏さいつな実さま
 ガーネットクロウ

2月にニューシングルを出しますGARNET CROW。
そんな、ますます波にのっています方々をモチーフに、デフォルメ化していのしし着ぐるみを着てもらったり。
4人メンバーのそれぞれが特徴的なポーズをとってくださっていて、とってもラブリーですね。




D. Gray-man
夏さいつな実さま
 グレーマン

日本刀を輝かせてくださってますユウが、とっても凛々しいですねー。
今年の干支のイノシシさんも、惚れ惚れしてくださってますわー。




6人の新年
みはちろ~さま
 1月1日絵

みはちろ~さんのところの看板娘、6人勢揃いで新年をかざっています。
みんな、それぞれ、楽しそうな笑顔。
ソフトな感じの彩色も、彼女たちのかわいらしさを見事に引き立てていますねー。
おめでとうございますー。




亥ナバウアー
すにゃたらさま
 バウアー

去年流行りましたイナバウアーと、イナバ物置をかけて、今年の干支をモチーフにキメてくださってます。
ちっこいうり坊がかわいらしいですねー。なんだかまつぼっくりに見えないこともないのも、なんかとっtめおいい感じです。




12支は生物の一生を物語るという。
「亥」は「閉ざす」・・・
魂が閉じていく様を表すそうで・・・
すにゃたらさま
 横顔

flash動画です。そのお話のなかの、ひとりの女性の横顔で"謹賀新年"。
静かで、ちょっとこことは違う世界の新年。なんかいろんなことを考えさせられます。
独特の雰囲気のつくりかたが、とってもうまいです。
(リンク先のページの画像をクリックすると、flashへ移動できます。)




弁財天
すにゃたらさま
 弁財天

白と赤、梅の花、枝に座った弁財天。まさに雅でございますね。
弁財天さまのポーズがとってもセクシーで、とってもそそられますです。
見事なまでに"めでたい"、まさにお正月らしい絵ですねー。




絶対に負けられない闘いがある!
みはちろ~さま
 羽子板

たとえ羽子板であろうと、決して負けられない戦いというものはあるわけです。
そういうノリは、わたくし個人的には大好きです。
・・・そうは言っても、なんか思いっきり負けてくださってますねー。負けた結果でお顔に描かれた落書きが、なんかとってもラブリーです。そんなん風に落書きされても、未だ眼光に濁りのない表情は、まさに男であると言えるでしょう(女だけど)。




大吉を引いてご機嫌なハッカさん
結城 深里さま
 ハッカ

幽霊さんという設定の女性。生前は科学者だったということで、そういう知的な部分が表情にもみてとれるような気がします。背景の、不思議なイメージや、彼女の物腰とかが、なんかこの世のものではない感じに見えて、斬新な気がします。そんな彼女ですが、大吉ひいて、とっても喜んでるそうで、そういうところはある意味とっても面白いですね。




子離れできぬ母親
tuwabuki10さま
 ママ

子供のリクエストに素直に応えて、ついつい着ぐるみ作って来てみせる子供溺愛なママン。その甲斐あってか、お子さまもとっても微笑んでますねー。なんか、とってもほのぼのしてて見てて楽しくなってきますです。




のび~る
みはちろ~さま
 もちー

もち、のびーる。それ、たべーる。ンマーイ。
そんなんかんじでしょうか。ものすんごいシアワセそうに食してはってる姿が、とっても印象的です。
着物が、意外にシンプルなデザインなんですが、そのシンプルさが、なんちゅうか、彼女の性格の一面をあらわしてるような感じもしますねー。ラブリーですわー。




賃上げ要求
みはちろ~さま
 かきぞめ

書き初め。お正月ならではの風景のひとつ。そんな記念儀式にて、正月らしい正しき言葉を選んだヒロ(右側)とは対照的に、お小遣いアップの申し立てをさり気なく執り行った抜け目のないオトメ(左側)。うん、男らしいですね(女だけど)。




これでもギャラはおんなじ~~~
みはちろ~さま
 こま

コマを回し、綱渡りを器用にこなすチエリ。凛々しいですねー。着物の女性は激しい動作を行うとき、着衣がはだけぬように袖をまくったりとかするわけです。そんな姿が、わたくしとっても好みだったりします。肩の見えっぷりが、とっても色っぽくていいかんじです。








最終更新日  January 8, 2007 09:59:16 PM
December 24, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
メリークリスマス!

みなさまは、このお祝いの日の夜を、いかがお過ごしでしょうか。

この日に、世界にいきるひとりひとりが、ほんのちょっとでも、
いつもより幸せであったなら、とてもいいなと心から思います。

たとえ宗教がなくたって、たとえ恋人がいなくたって、
明日はキリストが生誕した記念すべきおまつりの日。

その前夜を、純粋な気持ちで、お祝いいたしましょう。






・・・・・

さて、そんなとっても幸せになりたい今日なのでございますが、
わたくし自身去年はどんなん記事書いてたのかなあー、と
過去のを振り返ってみましたところ、なかなか愉快なことを書いてました。

んでは今年は何をやろうかと、そう思うところですが、
実はこの日に絵を描いてアップしたろうと、企んでいたわけです。


普段テキストしか書いていない人間が絵を描くわけです。

無論、かなりむごいできあがりになりました。ドンマイ。

そのままココに貼っておくのもアレなので、アイコンつくってそこクリックしたら
見られるような工夫をしましたー。


ふうか


「よつばと!」6巻リスペクトアイコンーー。

絵は、なんであんなんのを描いたのか、わたくし自身分かりません。
ホントは萌え絵のつもりだったんです。もえもえだったんです。
だれか、もえてください。もえもえ。






・・・・・

さあ、今年も残すところあとわずか。

今週はまたいろいろと漫画雑誌も出てきまして、ほんの少し賑わいますが、
ひきつづき、うちは、「ふだんやらないことをする」キャンペーンを
続けていきます。今年いっぱい。









<おしらせー。>

投票やってますー。もしよかったらおしてってくださいませー。
終了したらまとめ記事かくですよ?

あいこらのキャラの人気投票

ラブやん投票














よかったら、押してくださいましー。
web拍手








最終更新日  December 24, 2006 08:27:02 PM
December 10, 2006
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日からですが、田丸浩史ファンをキメこんでいらっしゃる頼もしいサイトさまと
相互リンクしていますです。

田丸思想を忠実に守りつつ、いろーんな漫画ネタとか、アニメネタとか、
オリジナルネタとかを描いてくださっているサイトです。


田丸浩史風WEBマンガサイト TWIN TURBO
バナー1


田丸先生のファンというお方は、闇の中とか裏社会とかには
いっぱいいてると思ってるんですが、
いかんせん表の世界でアッピィルしてくださる方が少ないもので
(というより、わたくしのサーチの仕方がおかしいのかもしれませんが)、
こうしてリンクが成立したというのは、とっても嬉しい限りでございます。






さて、今週(ていうか、先週)の"あいこら"の記事ですが、ええと、
簡単に言うと、言葉が出なくてまとまりません。
"書けない病"に、またかかりました。

そういうときに無理して書くと、自分で読んでさえも
クソつまんない文章になりますので、敢えて今日も書きません。
気持ちが高揚した瞬間に、ガバッと書いてアップするです。


とりあえず、「あいこら」の投票は続いていますがゆえ、よろしくですー。

あいこらのキャラの人気投票







最終更新日  December 10, 2006 09:39:49 PM
このブログでよく読まれている記事

全30件 (30件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.