003431 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

医学の知識を得て世界の切手を楽しむ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

医学切手の鉄人

医学切手の鉄人

バックナンバー

カテゴリ

医学

(70)

新型コロナウイルス

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.04.13
XML
カテゴリ:医学



ネコは、人間が認識することができる光の6分の1の僅かな光でも認識するできる。

ネコの眼にはタペタム(輝板)と呼ばれる層が網膜の下に存在し、この層が光を反射することにより、入射光と反射光の両方の光が網膜を通過することになり、わずかな光でも物を見ることが出来ます。

ネコが自動車にひかれる事故が夜間に多いのは、車のライトを見てしまったショックで動きが止まるせいとも言われています。

更に夜中に突然フラッシュをたいて写真撮影すると失明する場合もあります。

それほど猫の目は光に敏感です。

切手は1995年アゼルバイジャン発行で、「家猫切手」の中の一枚で、長毛スコティッシュフォールドでその眼が綺麗に描かれています。




切手は1973年パラグアイ発行で、「猫切手」の中の一枚で、ヨーロピアンでその眼が綺麗に描かれています。









お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.13 08:31:17
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

ニューストピックス


© Rakuten Group, Inc.