353680 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

東京今昔物語 (写真の世界 http://wakowphoto.world.coocan.jp/ より)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


wakowphotoさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行 

Favorite Blog

おしゃれ広場 シーチャン7さん

Comments

tommy@ Re:上野と浅草の間 寺町としての下町(06/18) はじめまして。tommyと申します。よろしく…
碧目山@ Re:根津 戦災を免れた下町(11/12) 根津神社はもとは甲府徳川35万石の山手屋…
猫々魚庵にゃにゃもあん@ Re[2]:根津 戦災を免れた下町(11/12) 昨年11月にお会いしました猫々魚庵にゃに…
wakowphoto@ 再会を楽しみに ご訪問有り難うございます。 先日は谷根…
猫々魚庵@ Re:根津 戦災を免れた下町(11/12) 先日、根津の路地裏でお会いした猫々魚庵…

Freepage List

2017.03.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
先ず、浅草寺の表参道から観察していきましょう。
浅草寺の表参道は、浅草街区の真ん中を南北に通る基幹街路です。街路の両側は連棟式の商店が軒を連ねていて、通称、仲見世通りとして知られています。この表参道にはかなり早い時期から参詣者相手のお店が並んでいたと言われますから、浅草では最も歴史の古い街路です。

江戸っ子は信心深いと言われますが、浅草寺では毎月富くじ興業が開催されていましたから、寺社参りには富くじの当たりに願掛けする者も多く、観音崇拝と共に、幸運目当てに表参道の盛り場の雰囲気を楽しむ参拝者も多かったのです。

現在、表参道と言われる仲見世通りは、雷門から宝蔵門までの間だけですが、元々の表参道は、駒形橋の袂(たもと)から現在の並木通りに入って、雷門をくぐって宝蔵門まで続く長い道でした。江戸時代には隅田川を舟に乗って浅草寺参りに来る人が多かったそうですが、彼等は駒形橋で陸に上がり、先ず橋の袂にある駒形堂にお参りしてから、浅草寺に参拝したのです。駒形堂は観世音菩薩が隅田川から引き上げられたとき安置された場所です。
(写真1)

現在は並木通りには高層マンションなどが建並び、嘗て表参道だったことを想記させるお店は少なくなりましたが、それでも江戸工芸の扇子を製造販売する東扇堂と櫛田扇子店が古風な店構えで並んでいます。
(写真2、3) 

雷門をくぐると浅草寺参りをする人が必ず通る仲見世通りです。両側の店先に並ぶ商品の種類は参拝者相手の土産物屋から外国人観光客相手の日本調の小物商品まで多種多様です。仲見世通りの店舗は、同じ規模の間口の狭い店構えで、雷門通りから宝蔵門までの間に隙間無く並んでいます。
(写真4、5)

上空から見ますと、仲見世通りは両側に青い二本の長い屋根がある街路です。一見アーケイド街かと見間違えますが、仲見世通りの店舗は仕切りが簡便な長屋スタイルなので、個々の店舗の屋根を繋げた珍しい形の街路となっています。これは仲見世通りが小屋がけ式の店が並んで生まれてきた街路だという証拠です。
(写真)6)

この仲見世通りが何時も人の波で埋まっている様子は、前々回紹介した原宿の竹下通りと同じく非日常的な賑わいの場であるためですが、両者が大きく違うのは、ここは若者の遊びの場ではなく仏教の祀りの場であることであり、竹下通りが現代ファッションの流行なのに仲見世通りは江戸情緒が漂う場であることです。
(写真7)

仲見世通りを訪れる人々は、国内の地方から上京する人も多いですが、近年は海外からの観光客も増えています。現代都市の街並みは何処にでもあって人々は見飽きていますから、江戸が現代に息づくユニークな浅草の仲見世通りに人気があるのは当然でしょう。
(写真8)

浅草のもう一つのメインストリートは雷門通りですが、この通りは吾妻橋の袂から浅草国際通りに至るまでの短い道ですけれど、その名前から分かるように、浅草寺の雷門に面していて、参道に入る前の門前通りとして発展した道です。
(写真9)

従って、浅草寺の参拝者や観光客相手の店舗は、雷門通りの北側(浅草寺側)に多く並んでいます。雷門隣にある常磐堂は雷おこし本舗本店です。雷門の周辺には観光客目当ての人力車が盛んに乗客を勧誘しています。明治時代に考案された人力車も歴史の街、浅草の異国情緒を演出しています。
(写真10)


  • 写真1 駒形堂
    1.駒形堂-05D 1702qr.jpg


  • 写真2 並木通り 高層のビルが並ぶ。
    2.並木通り-17D 1702qc.jpg


  • 写真3 並木通りで江戸工芸の扇子を製造販売する店
    3.並木通り-09D 1702qr.jpg


  • 写真4 浅草寺雷門
    4.浅草寺雷門-08D 1102q.jpg


  • 写真5 仲見世通り 日本調の小物商品を売る店。
    5.浅草仲見世通り-24D 1702q.jpg


  • 写真6 雷門から宝蔵門まで続く仲見世通り
    6.浅草仲見世通り:鳥瞰-01D 1702qt.jpg


  • 写真7 宝蔵門近くの仲見世通り 和服姿の参拝者も多い。
    7.浅草仲見世通り-40D 1702q.jpg


  • 写真8 仲見世通り見物する外国人
    8.浅草仲見世通り-07D 1210qr.jpg


  • 写真9 雷門通り 国際通りとの交差点からから吾妻橋方面を見る。
    左手の商店街にだけにアーケイドが設けられていて観光客相手の店舗が多い。
    9.雷門通り-02D 1405q.jpg


  • 写真10 常磐堂 江戸時代からの和菓子「雷おこし」の本舗本店です。
    10.雷門通り-08D 1702q.jpg


人気ブログランキングに参加しています。応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017.03.21 17:52:50
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.