439636 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

東京今昔物語 (写真の世界 http://wakowphoto.world.coocan.jp/ より)

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


wakowphotoさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行 

Favorite Blog

おしゃれ広場 シーチャン7さん

Comments

tommy@ Re:上野と浅草の間 寺町としての下町(06/18) はじめまして。tommyと申します。よろしく…
碧目山@ Re:根津 戦災を免れた下町(11/12) 根津神社はもとは甲府徳川35万石の山手屋…
猫々魚庵にゃにゃもあん@ Re[2]:根津 戦災を免れた下町(11/12) 昨年11月にお会いしました猫々魚庵にゃに…
wakowphoto@ 再会を楽しみに ご訪問有り難うございます。 先日は谷根…
猫々魚庵@ Re:根津 戦災を免れた下町(11/12) 先日、根津の路地裏でお会いした猫々魚庵…

Freepage List

2017.10.12
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
日本のオフィス街は東京の丸の内から始まりました。その象徴が大正12年(1923)東京駅前に建てられた「丸ノ内ビルヂング」と、行幸通りを挟んで隣に建てられた「新丸の内ビルヂング」の二つの丸の内ビルヂングでした。

オフィスビルにはオフィスだけを入居させるのが普通の考えですが、二つのビルヂングの1階は全て商店を入居させて、道路から出入りするビルの地上階を商店街としました。今では低層階に商業機能を入れるのは当たり前ですが、大正時代という早い時期に、オフィスビルの1階を商店街として一般客に公開した発想は先駆的なものでした。

この二つのビルヂングは、夫々、平成14年(2002)に「新しい丸ビル」として、平成19年(2007)に「新しい新丸ビル」として、超高層ビルディングとして生まれ変わりました。この超高層の二つのビルは6、7階まではショッピングとレストランのスペースとなっており、その上層階がオフィス階となっています。
(写真1、2)

初代の二つの丸ビルは商業機能と事務所機能を一つのビルに収めるという画期的な方法で成功しましたが、その伝統は超高層の二つの丸ビルにも引き継がれていて、しかも、今回は商業機能は地上階だけでなく中層階まで伸びています。デパートは商店街が立体化したものですが、二棟の超高層丸ビルは丸の内の商店街を一挙に6~7倍にに増やした形になりました。

それと並行して丸の内仲通りにも大きな変化が起きました。嘗ては丸の内仲通りには大手企業の本社が軒を連ねて並んでいましたが、現在では大手企業の殆どは本社を丸の内仲通りから他所へ移転して、その跡に高級ブティック店が軒を連ねています。

この変化には二つの原因があります。一つには近代的な超高層オフィスビルが品川駅周辺や新橋・汐留地域に多数建設されて、東京駅周辺が本社機能を設置するのに必ずしも唯一の有利な場所ではなくなったことです。特に丸の内仲通りにあった重厚長大産業の本社機能の多くが転出しました。

もう一つは、二つの丸ビルの超高層化によって丸ビル内に集積した商業機能と、丸の内仲通りの商業機能とが呼応して、丸の内全地区への商業機能の集積を促進したことです。二つの丸ビルの中層階には主として飲食店が、丸の内仲通りには外資系ブランド店舗の進出しました。

この地域の再開発を主導した三菱地所は、丸の内仲通りに広い石畳の歩道を設けて「東京のシャンゼリー通り」に仕立てようと街路の模様替えを試みました。丸の内仲通りは、もともとオフィス街であり、建ち並ぶ建物のファサードは平板で地味でしたから、それを補うため街路そのものの化粧直しを行ったのです。

街路樹をマロニエからケヤキに植え替え、表参道を小型にしたようなショッピング・ストリートを誕生させました。冬にはケヤキにシャンパンゴールドの豆電球を灯してホワイト・イルミネーションの通りを演出します。
(写真3、4、5)

その結果、嘗て丸の内仲通りにはビジネスマンが闊歩していましたが、今は若い女性や家族連れが高級ファッションやブティックを求めてやってきます。更には内外の観光客も訪れる、観光スポットとして東京の新名所となっています。
(写真6)

こうして生まれ変わった丸の内仲通りの高級ブティック街は、銀座大通りより規模は小さいですが、街路樹の茂る落ち着きのある街並みとなり、表参道のような豪華なファサードの店舗は多くありませんが、路上には所々にオープンカフェを設けて憩いのある街並みとなりました。
(写真7、8、9)

しかし、丸の内仲通りで高級ブティック店が並ぶのは有楽町から二つの丸ビルのある地点までで、行幸通りとの交差点から永代通りに至る丸の内仲通りは、金融関係の超高層ビルだけが建ち並んでいます。永代通りをよぎったその先で丸の内仲通りは大手町仲通りに繋がる計画はありますが、現在は古いビルで遮られています。
(写真10)
(以上)


  • 写真1 丸ビル
    1.丸ビル-01D 0802qtc.jpg


  • 写真2 新丸ビル
    2.新丸ビル-03D 0802q.jpg


  • 写真3 嘗てあったプラマナスの街路樹
    3.丸の内仲通り:街路樹-01D 05.jpg


  • 写真4 鬱蒼と茂る丸の内仲通りのケヤキ並木
    4.丸の内仲通り:街路-06D 1708qt.jpg


  • 写真5 ホワイト・イルミネーションの通り
    5.丸の内仲通り:イルミネーション-01D 1212qt.jpg


  • 写真6 若い女性や家族連れが歩く丸の内中通り
    6.丸の内仲通り:街路-14N 1709q.jpg


  • 写真7 丸の内仲通りの高級ブティック街
    7.丸の内仲通り:Brooks Brothers-09D 1708q.jpg


  • 写真8 歩道にもベンチがある。
    8.丸の内仲通り:Enoteca-02D 1708q.jpg


  • 写真9 路上のオープンカフェ
    9.丸の内仲通り:John Lobb-04D 1708q.jpg


  • 写真10 丸の内仲通りもこの辺りは金融関係の超高層ビルだけが建ち並ぶ。
    10.丸の内仲通り:高層ビル-04D 1512q.jpg

人気ブログランキングに参加しています。応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ






Last updated  2017.10.12 21:48:01
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.