190758 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

泰心堂はりきゅう院 楽天出張所

PR

プロフィール


xtake4

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

お仕事データ
泰心堂はりきゅう院 (はりきゅう専門)
<営業時間> 平日 9:00-13:00 15:00-20:00
       土日 8:00-12:00 水曜日は午後のみ
       休診日 祝祭日 ほかWEBなどで告知

千葉県習志野市大久保2-5-7 大久保ハイツ103
TEL/FAX 047-404-5225
MAIL   taishindo.hari@gmail.com
本サイト http://taishindo.moon.bindcloud.jp/
めまい・頭痛専用http://www.zutsuu.xyz/
美容鍼  http://taishindo.kaurezato.com/
手指鍼用→徒手調整術用に変更予定 http://takefor.client.jp/

Ameba Ownd からだのエンジニア 崇次's Own
2018年04月24日
XML
カテゴリ:整体術
どうも、からだのエンジニア&からだの専門家 鍼灸師&整体師 泰心堂 藤井崇次です。

ええと、概要を説明してから実績の話ですか?

正直な話をすると、街の隠れ家的鍼灸院&整体院である私のサロンは規模そのものが小さいです。
なので、数で考えるといろいろとやっているので、少なめになります。

泰心堂の症状対応ランキング

1.めまい、頭痛:群発性頭痛や偏頭痛を含む頭痛全般とメニエール症候群、貧血性、特発性を含むめまい
2.自律神経の不調:主として内臓疾患系と不眠
3.アレルギー系症状:花粉症、喘息、次いでアレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎。
4.婦人科全般と不妊関連
5.運動機能向上系:スポーツパフォーマンスアップ(テーピング、運動指導併用)、腰痛などの痛みに対するケア
6.痛み疾患、しびれ疾患
7.美容:顔の整体、美容鍼など
8.その他

こんなもんでよいですか?

いわゆる”治療院”の場合、どうしても”肩こり”、”腰痛”が競合キーワードになってしまうので、広告的にはこの辺のキーワードは地域の治療院ともバッティングするので配慮してできるだけ使わないようにしています。

ただ、腰痛、坐骨神経痛についても地域トップクラスの実績を誇ります。・・・・・・というか数年たっても治らないとどこかは内緒ですがうちに流れてきています。


さて、アレルギー系症状は全体の割合はどれくらいかというと、実は2~3割程度です。

どうしてかというと、やはり”アトピー性皮膚炎”の顧客が少なめなのが響ていますね。

アレルギー系症状としての取り扱いは
1.花粉症(時期的なもの)
2.アレルギー性鼻炎
3.アレルギー性皮膚炎(接触性皮膚炎や汗による皮膚炎)
4.喘息
この範囲がほとんどで、ずいぶんと開けて、アトピー性皮膚炎と続きます。

食物系のアレルギーについては、顧客の報告では効果あったというのですが、対称の顧客はいずれも病院にて減感作療法を医師の指導のもと行っていた顧客なので鍼灸、整体の単独の実績とは言えませんし、アナフィラキシーショックの問題もあるのでこの件につきましては原則 医師中心であるべきだと考えています。

花粉症はケアとしてはやはり春が一番多いので、12月からご案内という形でいつもの定期施術や他の症状での通院に加えてという形がほとんどです。たまに花粉症でと3月花粉症真っ盛りで来院される方もいますが、基本的には自律神経を安定させて、免疫状態を安定化というのが大事なので事前に行って症状が出にくい状態をキープというのが良いですね。
後は腸内フローラ、つまり腸内常在菌環境が大事になりますので、LG21など発酵食品系の摂取を並行して行う顧客もいらっしゃいます。

アレルギー性鼻炎は、基本的には住環境の清浄化が大事。だけれども過敏に出る方は本人の体力的な問題や自律神経系の不安定さも影響していますので、体を整えるということは有効です。

アレルギー性の皮膚炎は、アトピー性皮膚炎とは医学的には異なるようですが、施術方法自体はほぼ同じ。ただ、この場合は身近にあるアレルギー原因となる物質の特定が大事になります。
泰心堂の例では、施術を継続していてあと一歩のところに来ているのですが、どうも完治しない。ふと目についたピアスを替えてもらったら、その後、2週間ほどででなくなったという例もあります。その方は、シルバーのピアスをやめ、現在はチタン製をメインにしているそうです。

喘息は、たまにですかね。私自身が実は喘息患者だったので、喘息の施術は自信があるのですが、正直需要がない。ええ、今は発作を抑えるにも良い薬がありますので、適量を適正に使うことで発作はかなりおさまります。あまり薬に頼りたくないので体調をできるだけよくしたいという方がたまにお見えになって結果、薬の使用量が大幅に減ったという例が十数例あります。

さて、問題のアトピー性皮膚炎ですが、これは厄介なことがいくつか。
うちのようなところに来るアトピー性皮膚炎の患者は軽度の人であることが少ない。
故に、最初のあかみ、かゆみを抑えるのに1~6回程度は最低でもかかります。そこから体調を整えて自己修復、皮膚の新生を待つとなると、最短3か月、半年、1年、それ以上かかる方も。

しかもこれ、本人の回復力依存なので、いつになったらとう言葉に対して、標準的な回数というのを算出することが極めて難しいという問題を抱えます。

ある意味、不妊系と同じですね。

泰心堂で最も長期にわたったアトピー性皮膚炎の顧客は、3年半。初期とかゆみの強い時期 週一回、あかみ、かゆみの引いた時期 10日1回~2週1回のパターン。

では、泰心堂で最も短期で解決してしまった例:3回 1か月後に完治の報告

ええ、この報告をいただいたときは「は? 何言っているの?」と本気で思いました。
でもね、実話なんですよね。

あえて何が違うのというと、長期の例は私がクラニアルテクニックや脳脊髄液調整を習得する前の施術例、後者はクラニアルテクニックなどをマスターしてからの例。

よくなりますか?

という質問に対して

よくなりますよ(たいていの場合は)

と自信をもって答えられるのですが、回数が読めないというのは正直提案する方も大変だなと思います。

なお、皮膚疾患への鍼灸術という場合は、療養費控除の対象となりますが、皮膚疾患に対する徒手調整術という場合は療養費控除の対象外ですのでお気を付けください。

なお、施術の相談と予約は公式WEBからお願いします。
http://taishindo.moon.bindcloud.jp/

アレルギー系の対応は5月分であと2~3名までかな。






最終更新日  2018年04月24日 10時27分04秒
コメント(0) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

おにぎりくん@ Re:鍼灸のデメリット!?(12/13) 大変参考になりました。ありがとうござい…
泰心堂@ つづき さて、自分のところではどうかというと …
泰心堂@ コメントありがとうございます。 足痛いさんへ 具体的に改善した人が何…
足痛い@ Re:臨床と研究と・・・(07/20) こんばんは。このブログ中にも出てくる牧…
xtake4@ Re[1]:腹の疾患と手指鍼(10/17) すいません、楽天ブログですが、当方のシ…

フリーページ


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.