000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
Feb 9, 2006
XML
カテゴリ:革小物

”エイジング”

という言葉で、すっかり有名になったWhitehouseCoxですが・・・。
私はかれこれ7年ほど前から使っています。
Beginという雑誌で記事を読んだことが最初のきっかけでした。


昔から、革小物が気になって仕方が無かった。


WhitehouseCoxに使われている革は、約10週間タンニンなめしした革に、ロウを丹念に塗りこんだ、ブライドルレザーと呼ばれるもの。
元は馬の鞍に使われていたもので、イギリスの伝統的な革です。

初めはロウが表面に浮き出ており、ブラッシングすると革の中にそれが再度浸透します。この作業がまた楽しい。

エイジングという言葉通り、使い込めば色が変化し、つやが出て、まさに「味」が出てきます。


手入れも、専用のブラシや、専用のブライドルレザーフードというものがあります。元々含まれているロウ成分そのもの。

また、色も通常で6色。ショップごとの別注色もあわせると、相当数の色があり、これがまた魅力です。


私は、名刺入れ(当時のユナイテッドアローズ限定)、メガネケース、ブックカバーを揃え、ついにはバックまで(FRAMEというSHOPの別注ボストン)。

そして、人と違うものが欲しい私が見つけたのが本題「ヴィンテージブライドルレザー」でした。

===
一番厚いフルグレインとオークチップを交互に敷き込んで水を入れ、丁寧にチップを交換しながら一年寝かせ、その後3ヶ月かけてタロー(獣脂)を染み込ませたもの。これは1000年以上前の製法と全て同じである。究極のブライドルレザー。
===

通常のWhitehouseCoxは、丈夫だがわりと薄い皮で、通常品は裏にはナイロンのライナーが使われていたりします。(財布など)
しかし、このヴィンテージブライドルの場合、かなり厚みのある革で、見るからに堅牢です。2つ折のシンプルな財布と、馬蹄型のコインケース、キーホルダーくらいしか種類も無い、かなりマイナーな商品です。色も2種類しかありません。
White
*私が4年使い込んだもの。

もうこれが、魅力的で魅力的で。
飽きがこなく、そしてどう考えても長持ちしそう。
という訳で、この2つをセットで購入しました。


結構飽きっぽくて、財布もコロコロ買い換えていたのですが、これを使い始めてピタリと止みました(笑
渋い品で、値も張りますが、私にはかえって経済的だったわけです。
2つ折の財布は、札と、カードが少々くらいしか入りませんが、それがシンプルで好みです。


現在では、通常のブライドルレザーの製品は伊勢丹やユナイテッドアローズにいけば、よく目にする事ができませんが、ヴィンテージブライドルは恵比寿のPt.Alfredというお店か、ネットぐらいしか見たことがありません。


こうした革小物は使うたびに、メンテナンスのたびに喜びがあり、生活が潤いますよね。万年筆と、ちょっと似ているような気がします。
みなさんは、自慢の小物ってなにかありますか?







お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  Feb 9, 2006 02:55:35 PM
コメント(0) | コメントを書く


PR

Archives

Apr , 2024
Mar , 2024
Feb , 2024
Jan , 2024
Dec , 2023
Nov , 2023
Oct , 2023
Sep , 2023
Aug , 2023
Jul , 2023

Freepage List

Calendar

Favorite Blog

四六か文庫か古書か プチおたくさん

モールスキンとめぐ… 日曜日の羊さん
サルの部屋 nobu316さん

Comments

通りすがり@ Re:ラミー2000 4色ボールペン替えリフィルの一覧表!(01/16) あたしゃ逆にパイロットのペンにラミー挿…
望月玲@ 一応 極黒と青墨両方とも持ってて、耐水性とか…

Profile

ミズノ@REDBOOT

ミズノ@REDBOOT

Headline News


© Rakuten Group, Inc.