000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

やまぶろぐ・山岳スナップ写真家&山ブロガー・坂口忍(北アルプス・富山県内)

2011/01/30
XML
カテゴリ:登山
しこたま飲んだやまやろうです。二日酔いはありません。意識はぼんやりしていましたが。楽しみにしていた鍋汁でのラーメンは、空っぽであった。Y本さんからめぐんでもらったおにぎりを食べて酔醒山行に出発。目指すのは別又谷どん突きの赤瀬良山。

01
ジムニー2台で東蔵末端に到着。融雪がないとワカンの世界であった。今日は大雪。昨夜から降り続いている。屋根雪おろしの中を登山に向かうのはしのびない気がする。山行参加者は、S田さん、Dさん、Y本さん、やまやろう。全員ワカンの紐をしばる。

02
10:35 235m 東蔵集落末端を出発。一応チーフリーダーはやまやろうであるが、頭がぼんやりしていて統率力はない(もともとない)。スタートからワカンラッセル。別又林道はヒザラッセルである。頻繁に先頭交代しながらわしわし進む。

03
右岸の道をたどってきたが、それも遂に尽きる。斜面に取り付こうと思うが、顔面までの雪にS田さんは難儀する。雪まみれになってルートを開拓、さらに右岸を進む。

04
このまま右岸を進んだとしても、赤瀬良山にはたどり着けないのは明白。雪が深くて歩みが遅いのだ。しかし水平移動しただけではつまらない。スギ斜面に取り付いて、展望の良い高度まで上がってみることにする。下部は急斜面。壁のように立ちはだかる雪と格闘する。

05
13:45 485m 斜面と格闘すること約一時間。地図上の林道に出た。本音としては稜線にまで出たいところなのだが、さらに一時間はかかると予想された。時間的にここまでだ。本日の登高終了を宣言。

その場で昼食。回し食べしたカップラーメンが旨かった。雪は降りしきる。全身雪まみれ汗まみれ。山頂は踏めなくても雪と格闘した充実感はいっぱいであった。

14:15 下山開始。なかなかの斜度なので、慎重な足捌きが求められる。赤瀬良山方面はガスにけむり、山頂を拝むことはできなかった。いつか再挑戦しよう。

06
15:10 車に到着。下りはなんとあっけないことか。行動内容としては「敗退」であるが、何故か心はすっきりしている。酔いが醒めたから?久しぶりの山行が楽しかったこともあるが、何事もなく元気に山に登れることが、幸せだと感じたからだろう。






Last updated  2011/01/31 10:27:10 PM
コメント(0) | コメントを書く

PR

Profile


やまやろう

Free Space

・山岳スナップ写真家(登山しながらサクサク撮影)、山ブロガー。

・1974年生まれ。魚津市在住。1997年法政大学工学部物質化学科卒業。1999年富山県の化学メーカーに就職。同秋の妙高山登山イベントに参加し、山登りに開眼。

・2001年魚津岳友会に入会、サラリーマンのかたわら年間40~50日入山し、登山、クライミング、沢登り、バックカントリースキー等通年登山と写真撮影を実践中。

・2005年より山行記録と写真をテーマにした「やまぶろぐ」を開設、13年間ほぼ毎日更新中。北アルプス・富山県内を中心としたマニアックな記録を多数掲載。

・写真受賞歴は、北日本新聞読者写真コンクール、岳人・新岳人写真倶楽部、とやまの自然写真コンテスト、他。

・出版歴は、魚津岳友会50周年記念誌、富山の百山。山岳ライター歴あり。

・3人の子供のお父さんと山岳会の山行を両立。

・バンプ、日本酒、ミニカー、家と家の隙間撮影が好き。

・金沢かさこ塾一期生。

Calendar

Archives

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.