000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

    弥々*とはず語り   

2006.08.04
XML
カテゴリ:語り日記

春の交通安全週間以来の語り日記ですねん

茨木のり子さんの詩集『倚りかからず』の中から

懲りずに、またしても語りまする

茨木さんの思想が好きですねん

最後は茨木さんの詩の中に

己の矛先を発見するばかりなり・・・


*いつものように下記下線のタイトルをポチッとしていただくと、語りBARに飛びまする*


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆♪☆.。.:*・゚☆♪☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆♪☆゚・*:.。.☆゚・*:.。.☆



マザー・テレサの瞳 

マザー・テレサの瞳は
時に、猛禽類のように鋭く怖いようだった
マザー・テレサの瞳は
時に、やさしさの極北を示してもいた
二つの異なるものが融けあって
妖しい光を湛えていた
静かなる狂とでも呼びたいもの
静かなる狂なくして
インドでの徒労に近い献身が果たせただろうか

マザー・テレサの瞳は
クリスチャンでもない私のどこかに棲みついて
じっとこちらを凝視したり
またたいたりして
中途半端なやさしさを撃ってくる!

鷹の眼は見抜いた
日本は貧しい国であると
慈愛の眼は救いあげた
垢だらけの瀕死の病人を
――なぜこんなことをしてくれるのですか
――あなたを愛しているからですよ
愛しているという一語の錨のような重たさ

自分を無にすることができれば
かくも豊饒なものがなだれこむのか
更に無限に豊饒なものを溢れさせることができるのか
こちらは逆立ちしてもできっこないので
呆然となる

たった二枚のサリーを洗いつつ
取っかえ引っかえ着て
顔には深い皺を刻み
背丈は縮んでしまったけれど
86歳の老女はまたなく美しかった
二十世紀の逆説を生き抜いた生涯

外科手術の必要な者に
ただ包帯を巻いて歩いただけと批判する人は
知らないのだ
瀕死の病人をひたすら撫でさするだけの
慰藉の意味を
死にゆくひとのかたわらにただ寄り添って
手を握りつづけることの意味を

――言葉が多すぎます
といって1997年
その人は去った



昇天



記:2006.08.04 15:59:30

2005年の今日













Last updated  2006.08.04 15:59:30
コメント(17) | コメントを書く


PR

Comments

 どこぞの@ Re:長男坊の意地と親心(03/16) ご無沙汰してます! 台風のニュースを見て…
 @弥々@ Re:姪っ子たちへのプレゼント(03/01) >こちらなら伝わるかなとコメントしてみ…
 @弥々@ Re[1]:『 小さな娘が思ったこと 』(語り12)(02/26) ゆりこさんへ >以前に教えて頂いたボ…
 ゆりこ@ 姪っ子たちへのプレゼント お久しぶりです。 前回、どこにコメントを…
 ゆりこ@ Re:『 小さな娘が思ったこと 』(語り12)(02/26) ご無沙汰しております。 忙しく久しぶりに…
 mamiko@ Re:葬儀日誌vol.4 【菩薩のような方でした。安らかに…】(02/13) はじめまして 涙しながら読ませていただ…
 @弥々@ Re[75]:弥生の足跡帳(03/01) ゆりこさんへ >何度かここを訪れて小さ…
 ゆりこ@ Re[74]:弥生の足跡帳(03/01) @弥々さんへ 少しご無沙汰してしまいま…
 @弥々@ Re[73]:弥生の足跡帳(03/01) ゆりこさんへ >まさかあのメッセージが…

Recent Posts

Category

Archives

2020.08
2020.07
2020.06

Profile


@弥々

Freepage List


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.