1840349 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

私のブログ(田舎の自由人)

PR

X

全242件 (242件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >

古希野球

2021.04.01
XML
カテゴリ:古希野球
3月30日、上毛地区古希野球リーグ戦B組の第2節が箕郷運動公園野球場で,3試合が行われた。

沼田アトラス戦-01

我が吉岡IQ古希は、第2試合で沼田アトラスチームと対戦した。

試合前に佐藤キャプテンより、先発オーダーが発表された。

沼田アトラス戦-02

沼田アトラスの先行で試合が始まる。

吉岡は初回に2本のヒットと四球でいきなり1点を失う。

沼田アトラス戦-03

吉岡の岸投手は2,3,4回まで2安打の高騰を続けていた。

沼田アトラス戦-04

吉岡は4回に2塁打とヒットで1アウト2、3塁と攻めた。

しかし後続にヒットが生まれずに0点に抑えられた。

岸投手は5回に2アウトまで追い込んだが、3塁打とヒットで1点を失ってしまった。

沼田アトラス戦-05

沼田は6回にデットボールで出塁し、ヒットと吉岡のまずいエラーなどで2点を上げた。

沼田アトラス戦-06

吉岡の最終回はヒットが生まれたが得点に至らず0点で終わる。

沼田アトラス戦-07

結局、4対0で負けて染まった。

沼田アトラス戦-08

試合終了後監督より、ピッチャーは好投していた。打撃陣がもう少し頑張る必要がある。との

コメントを残した。

沼田アトラス戦-11

私は8番サードで出場。2打数0安打であった。

沼田アトラス戦-09  沼田アトラス戦-10






最終更新日  2021.04.09 20:33:36
コメント(0) | コメントを書く


2021.03.25
カテゴリ:古希野球
3月23日、上毛地区古希野球リーグ戦が開幕した。

今年のリーグ戦は昨年とは異なる方法でリーグ戦となった。

リーグ参加チームが22チームと増加して、期間内の総当たり戦は日程的に困難となり、A組、

B組の2グループに分割して日程に余裕を作り、最終試合で全チームの順位を決める事になた。

我が吉岡IQ古希はB組に組み込まれた。

開幕戦は、富岡市のもみじ平総合公園内の富岡市民球場で、吾妻フェニックスと対戦した。

開幕戦は負けた-01

試合前に野球場の隣にある多目的競技場でストレッチとハーフバッティングをして体をほぐした。

開幕戦は負けた-02

体をほぐした跡、佐藤キャプテンから、先発メンバーが発表された。

開幕戦は負けた-03

試合はこの日の第3潮合。監督から試合についての注意事項や、サインの確認が有った。

開幕戦は負けた-04

吾妻フェニックスの先行で試合が始まる。吉岡は1回を0点に抑えた。

開幕戦は負けた-05

1回裏、吉岡は1アウト後クリーンアップの連続ヒットと2つの好走塁で2点を入れた。

開幕戦は負けた-06

吾妻フェニックスは4回表、3本のヒットなどで3点をいれて逆転に成功した。

開幕戦は負けた-07

吉岡は5回に投手交代した直後、ノーアウト満塁のピンチ、フェニックスがスクイズを失敗。

3塁ランナーをアウトにし、2塁を飛び出したランナーもアウトにした。

このピンチをしのいだ。

4回以降7回まで両チームとも点があげられない。

開幕戦は負けた-08

吉岡は最終回、4番のヒットなどで2アウト3塁までランナーをすすめた。

開幕戦は負けた-09

残念ながらあと1本がでずに、3対2でまけてしまった。

試合後監督より、みんな一生懸命だった、もう一つ頑張れば勝てた試合だった。

次回にこの教訓を生かしてほしいとの話があった。

開幕戦は負けた-10






最終更新日  2021.03.25 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.06
カテゴリ:古希野球
3月2日、箕郷運動公園野球場で箕郷古希チームとの練習試合を行った。

この練習試合は毎年公式戦が始まる前に行っている。

私は勤務の都合で遅れて試合に参加。最終回の吉岡IQ古希の攻撃に入ると時にグランドに到着。

初練習試合-01

7回表に1アウト1塁の時に、ほとんどウオーミングアップもなく代打で出場した。

2対1で吉岡IQが負けていた。

初練習試合-02

吉岡は2アウト満塁として、1打逆転の場面まで追い詰めたが1打が出ずに2対1で負た。

試合後のミーティングで監督が、初めての試合にしては上出来だったとのコメントがあった。

初練習試合-05

スコアーブック。

初練習試合-03  初練習試合-04

今シーズンの開幕戦は3月23日、富岡市民球場で吾妻フェニックスとの対戦になる。






最終更新日  2021.03.06 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.11
カテゴリ:古希野球
我が吉岡IQ古希の春季自主トレが2月10日。、吉岡町民グランドでスタートした。

自主トレ前に、グランドで安全祈願祭が行われ、清めをした。

自主トレは1,ストレッチ体操、軽いランニングから始まる。

キャッチボールとトスバッティングをして休憩に入る。

その時に資料が配布され、休憩後にミーティンが行われた。

自主トレスタート-01

配布された資料から、昨年度の上毛リーグ戦の順位表があり我がチームは21チーム中14位の成績。

この成績は、コロナの影響で6~8試合が中止となり、参考順位である。

上毛リーグ順位表(r2年)262mm

上毛リーグ戦も新しいチームが発足し参加チームが増えて、リーグ運営に支障が出てきた。

チームをA、B組の2つに分けてリーグ戦をして最終試合後に順位を決定するように変更に

なった。

我が吉岡IQ古希はB組に編入された。

上毛リーグ規約改正263mm

昨年は20試合をする事になっていたが今年は2組に分割されたのでリーグ戦は10試合になる。

今年の古希野リーグ戦は昨年同様に新型コロナウイルス対策を講じながらの運営になる。

体温測定、マスクの着用、三蜜を避ける、エール交換の自粛、ハイタッチ・握手の禁止など、

10項目の対策をしての試合が行われる。

感染防止対策261mm

リーグ開幕戦は3月23日と決まった。

我がチームの開幕戦は、3月23日に富岡市民球場の第3試合で、吾妻チームと対戦する。

開幕2戦目は3月30日に沼田アトラスと対戦する。

練習予定(3月)260mm

開幕戦の前に練習試合が2試合予定されているので、ここで実践感覚を付けたいと思っている。






最終更新日  2021.02.11 11:54:38
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.09
カテゴリ:古希野球
2月10日から今シーズンの春季自主トレが始まる。

毎年のシーズン初めの行事が新型コロナウイルスの感染が収まらないので中止となっている。

1月28日の地元の川原田山不動尊での勝利祈願も、不動尊祭り自体が中止となりできなかった。

毎年1月に開かれる新年会も、新型コロナの感染防止で3蜜を避けるために中止となった。

今シーズンの大会が開かれるのかも不透明。

でも、春季自主トレの開催予定表が配布されて自主トレだけは出来そうである。

練習予定(2月)259mm

自分自身は、1月初旬からウォーキングなどで体を動かしてきている。

2月いっぱいは、余り焦らずゆっくりと野球の出来る体づくりをしていくつもりだ。






最終更新日  2021.02.09 09:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.29
カテゴリ:古希野球
毎年吉岡古希IQチームは、1月28日に川原田山不動尊に勝利祈願に出かけているが、今年は新型

コロナウイルスの影響で「初不動」は中止との事。

チーム全体での勝利祈願も中止となった。当日は私一人でお参りしてきた。

不動様は広い道路より3メートルほど低い位置にあり階段を下りてゆく。

勝利祈願-01

不動尊はシャッターが閉まっていたが、小さな賽銭投入口があり賽銭を入れてお参りを済ませた。

勝利祈願-02

シャッターで不動尊は見られなかったが、大きな写真が貼りだしてあった。

勝利祈願-03

「初不動の中止」の張り紙があった。

勝利祈願-04

境内は私一人でひっそりとしていた。

護摩札と護摩ティッシュ、護摩篠旗はそれぞれの入れ物の中に収められていて、セルフサービス

で持ち帰るようになっていた。

勝利祈願-05

護摩札と護摩ティッシュが入った箱。

勝利祈願-06

護摩札と護摩ティッシュ、護摩篠旗を頂いてきた。

勝利祈願-07

一人勝利祈願は少し寂しい気がした。

しかし、不動明王は災難を砕いて魔を取り除き、苦悩に立ち向う勇気や迷いを断ち切る力を

与へてくれるという。

勝利祈願-08

大きな勇気を頂いたと思っている。






最終更新日  2021.01.29 11:55:14
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.23
カテゴリ:古希野球
12月8日、吉岡町文化センター研修室で吉岡IQ古希チームの総会が開かれた。

その時に会計を担当することになった。

会計を引き受けた-01

12月22日にチームの代表、監督、キャプテンの立ち合いの元、銀行通帳の名義変更をして通帳と

印鑑と現金を受け取った。

会計を引き受けた-04

通帳の名義変更(代表者変更)と新たに印鑑登録をやり直した。

通帳の名義変更書類。

会計を引き受けた-02

印鑑の再登録。

会計を引き受けた-03

上記の書類に必要事項を記入して提出。うまく通帳の名義変更が完了し私が会計を引き継ぐ

ことになった。

来年1年間の会計をしっかり努めたいと思っている。

小さなチャック付き袋も渡された。

会計を引き受けた-05






最終更新日  2020.12.23 09:00:05
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.12
カテゴリ:古希野球
12月8日午前10時から、吉岡町文化センター研修室で令和2年度の吉岡IQ古希の総会が開かれ

出席してきた。

会議の様子-01

総会資料が渡された。

佐藤キャプテンの司会で、総会式次第順にのっとり議事がすすめられた。

式次第206

それぞれの議題について大谷代表と伊与久監督より説明があた。

式次第207

表彰者は3名で、最優秀選手賞は打率トップの松岡三選手🅼。

敢闘賞は投手でチームに貢献した岸 光男選手。

特別賞は練習と試合出席率が一番良かった櫛淵修二選手。

入部・退部部員紹介。

 入部者 山口秀樹。

 退部者 斎藤光治 野田昌宏

会計報告・監査報告は全員いっちで承認された。

令和3年の役員は改選がなく全員。(2年ごとの改選)

その他では、会計報告は予算との対比で分かりやすくしてほしいとの要望が出た。

総会は無事に終了した。

会議の様子-02

総会資料の中に、11月に閉幕した上毛地区機器野球リーグ戦の最終集計結果が配布された。

今年は、新型コロナウイルスの影響と長雨による試合の中止等があり全試合の半分弱しか消化

出来なかった。

令和2年度(第20回)上毛地区古希野球リーグ戦の実施状況の報告があった。

新型コロナウイルスの為に試合が中止になったものが8試合、長姉による中止が4試合あった。

試合消化状況209 (2)mm

リーグ戦の21節の内の12節が新型コロナと長雨で試合がcぐ牛になった。

当初の予定余の半分しか消化できなかった。

けれどもあえて消化できた試合のみで仮の順位表も添付されていた。

順位208mm

我が吉岡IQ古希チームは12位の成績だった。






最終更新日  2020.12.12 09:00:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.12.11
カテゴリ:古希野球
吉岡町にある野外体育施設、町民グランド、八幡山グランド、軟式テニスコート、硬式テニス

コートなどを利用している運動クラブ員が12月6日に一斉に手分けをして整備を行った。

我が吉岡IQ古希チームは、他の運動クラブと共に町民グラウンドの整備を実施した。

DSCN7420

事前に整備については知らされていた。

グランド整備210mm

グランドの備品倉庫内の掃除、グランドの除草、グランド内の小石の取り除き、除草剤の散布

などを行った。

DSCN7421

今年の除草剤は塩を使うとの事。白い色の岩塩らしいものを袋から開けて土壌にばらまき散布した。

DSCN7422

約1時間で町民グランドの整備が終り、作業道具などを軽トラックに乗せてかたずけを済ませた。

DSCN7424

すべての作業が終り、町民グランドの責任者が終りを告げて、一斉整備作業が終了した。

DSCN7427

野球で1年間使わせてもらいました。又来年も利用させていただきます。






最終更新日  2020.12.13 09:48:03
コメント(0) | コメントを書く
2020.11.21
カテゴリ:古希野球
11月20,吉岡IQ古希の秋季トレーニングが終了した。

吉岡町民グランドで最後の秋季自主トレーニングをした。

最終日-01

11月の練習日程表で20日までとなっている。

最終日-05

フリーバッティングの練習にも熱がこもっていた。

最終日-02

私も少しの時間秋季自主トレに参加した。

最終日-03

私は最終練習日の最後までは所用があり立ち会えなかった。

今シーズンの個人打撃成績表を渡された。

コロナの関係で半分ほどしか試合消化ができなかったが、参考記録として受け止めた。

最終日-6

今日で秋季自主トレーニングは終了したが、後2つの行事を済ませると、来年の3月まで

オフシーズンとなる。

吉岡IQ古希チームの総会と一年間利用させてもらったグランドの整備を行ってシーズンオフ

入りになる。

最終日-07


今年は左目に自打球を当てて1か月ほど野球から離れた、何とか野球がやれるまでに回復し

ほっとしている。

最終日-04

余り無理はできないが,少しでも長く野球を続けたいと思っている。






最終更新日  2020.11.21 22:39:44
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全242件 (242件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 25 >


© Rakuten Group, Inc.