001641 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

國家稅法規定

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

yuuop

yuuop

カレンダー

バックナンバー

2024.04
2024.03
2024.02
2024.01
2023.12

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.11.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

“詐欺”は世界的な問題である。これまで、米国では数億ドルに関連した保険詐欺事件が発生した。医療保険を主とし、商業保険を補助とする国内医療保障システムにおいて、医療保険基金の運用も大きな監督管理の難点である。2018年に国家医療保障局が設立されて以来、医療保険基金の監督管理は重要な任務になっている。詐欺保険手段のアップグレードに伴い、医療保険局が詐欺保険に打撃する力と技術も同時に強化された。2018年末に瀋陽特大詐欺保険事件が発生した後、国家医療保障局の胡景林局長は、詐欺保険の打撃を医療保険の仕事の重さとするには、決して医療保険基金を新たな“唐僧肉”にしてはならないと明確に指摘した。“三つのこと”を併用する:良い通報奨励制度を使って、現代の情報技術を使って、第三者の力をよく使う。同時に、医療保険の料金管理に関連する各級の政策的文書が頻繁に発表されることに伴い、情報化知恵の監督管理は現在の仕事の重点になっている。



另外其投保即享16%保費折扣,是目前市場上少有的自願醫保計畫,同時其稅務扣減是根據政府每名受保人每年自願醫保 扣稅上限8,000 港元,讓您及家人在自願性醫保選擇同時,獲得稅務扣減,減輕每年繳納保險費用開支也能享受多重保障利益。医療保険コントロール費の領域では、いくつかの医療保険コントロール費を主力とする医療情報企業が頭角を現している。比較的に大きな市場は推定値88億ドルの平安医療科学技術、時価100億元の000503.SZ、及び600718.SH、300168.SZと威寧科技などの会社を含む。BATは後から来て、この分野を非常に重視している。アリババ傘下のアリペイとテンセントも昨年、国家医療保障局の情報入札に参加した。2012年に医療保険知能監督管理概念を提出してから、今まで8年があり、その間に探索、スタート、発展、最もエキサイティングな部分と理性に戻る過程を経験した。医療や医療保険,特に医療知識ベースを構築するためには,一定の専門性が必要であり,参入ハードルが高く,関連する会社は多くない。既存の会社は同じコースで競争しているが、いずれも独自の強みを持っている。

だから医療保険は別々に手続きすることができますが、多くの人にとって、実は保険に加入する過程で、私たちは先に養老保険があるので、多くの人が同時に年金保険と医療保険に加入します。この場合,単独で従業員に医療保険を申請する条件は存在しない。こんなに多くの人が同時に手続きするのは,我々の保険加入の習慣と直接関係がある.。例えば、もしあなたが企業の在職従業員であれば、彼は企業単位と同時に相応の社会保険待遇を与えるのは正常です。養老保険と医療保険は同時に支払う必要があります。したがって,最終的に退職する過程では,単独で医療保険を申請するという問題はなく,この2つの保険は同時に納付されているため,同時に処理する必要がある。医療保険の過程で、私たちは25周年を完成するのに必要な費用を支払う必要があって、医療保険の退職福祉を正常に手続きすることができます。

業務の発展に伴い、平安医療保険科学技術の戦略定位も相応に調整された。発展初期には、同社は“技術駆動の管理型医療サービスプラットフォーム”と位置づけられ、2019年初めに“全方位賦能医療生態系におけるスマートテクノロジー会社”に転換した。この戦略定位の変化は平安医療保険の科学技術業務半径が更に大きく、産業チェーンが更に豊富で、科学技術の重要性が更に強化されたおかげである。また、会社の医療生態圏の探索に伴い、将来はホスト医療の配置だけでなく、他の細分化された分野にも関連し、医療保障、医療サービスと薬品流通のために多種の製品とサービスを提供し、生態閉ループを構築することを含む。

相關文章:

医療保険の微細化管理には先進技術の支えが必要だ

医療費を重点的に管理·コントロールする企業以外

医療保険技術システムへの顔認識技術の応用

其他推薦:

Professional USB Conference Speaker Microphone | Huaze






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2020.11.26 16:12:08
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.