465092 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゼノタのブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


ゼノタ@Z・3

Favorite Blog

熊、楽に襲来。 BASARAplusさん
日本・アンチテキパ… かや子さん
NEW絶アニ 奄美亜頭鬼NEWさん

Comments

通りすがりの者@ Re:機動戦士ガンダム MS IGLOO 2 重力戦線 vol.1『あの死神を撃て!』(10/28) 結構面白かったですよね、この重力戦線。…
通りすがりのガノタ@ Re:ガンダム・ガンキャノン・ジムのジェネレーター出力(11/18) 素人考えで大変恐縮なのですが、 ガンダム…
野良犬@ Re:ガンダム・ガンキャノン・ジムのジェネレーター出力 いまさらであれなんですが >どうも原子力…
ゼノタ@ Re[2]:ガンダム・ガンキャノン・ジムのジェネレーター出力(11/18) お返事貰えないので改めて自分で調べまし…
ゼノタ@ Re[1]:ガンダム・ガンキャノン・ジムのジェネレーター出力(11/18) 野良犬さん >どうも原子力推進器と熱…

Freepage List

Headline News

2008.10.28
XML
IGLOO 2 第1話見ました。

せっかくなので感想を…

***以下、ネタバレ感想注意***

雰囲気はとにかく渋いです。

IGLOOも“ガンダムとしては”渋い部類でしたが、これはその比ではありません。

“ガンダムとしては”という前提を取っ払っても渋いです。

なんつーかもう、コンバットて感じです。

で、いわゆるリアルさはシリーズ中では最高クラスです。

(並ぶのはグリーンダイバーズくらい?)

ザクマシンガン一つとってもドン・ドン・ドン…という“遅さ”、

あのサイズでズダダダダダ…となるわけがないのであってまぁそれでもケレンミとの

ギリギリのバランスをみて意図して遅くしているんだぞ、とわかる弾速にしているの

でしょう。ザクが対人用にクラスター弾を装備してたり。

ザクが歩兵の撃つミサイルに撃破されるのも、それでいても生身の人間にとってザクが

脅威であるということも、どちらもリアルさが感じられます。科学的(てかミリ的)考証が

なされているのがヒシヒシ伝わります。とりあえずそれが最大の売りでしょう。


がしかしだ、このリアルさがガンダムの時代考証にマッチングしていません。

描かれた主題は脅威のマシーン“モビルスーツ”の歩兵視点での恐ろしさとそれに

立ち向かわざるを得ない一兵士の闘いといったところでしょうけれど、

私には歩兵の方がよっぽど脅威に感じました。20名やそこらの歩兵が2機のザクを落として

しまうのですから。いや、これはミリタリー的には実に正しい扱いでしょう。

ザクはあの図体であの身軽さですから裏を返せば装甲はたかが知れているわけです

(あくまでリアルに考えると)。

的確に間接などの“数々の弱点”を狙えば携帯ミサイルでも確実に撃墜できるでしょう。

いとも簡単に。

それはミリタリー的には正しいですけど、あーも簡単にザクが歩兵に撃墜されていたら

ジオン軍はあっという間に負けてしまうのではなかろうか。

1話の主人公であるバーバリー中尉は部下を次々に失いながらとは言え“あの程度”の兵装

で13機もザクを撃沈したらしい。

費用対効果的にザクはダメダメ過ぎやしませんでしょうか。いや、08小隊でも通った道

ではありますが。ザク=モビルスーツが強いのはU.C.世界のお約束の類であって

そこを覆してしまうのか、と思ってしまいます。

しかも雰囲気的に戦術論も含め、連邦側は1970年代レベルです。

昔のゲームブックの、連邦がMSを開発するまではビーム砲装備の戦車がザクにとっては

それなりに脅威だった、というレベルの方がガンダム時代考証的にはバランス感覚が

良いのではないでしょうかねぇ。

ひょっとして実は今回の裏テーマはモビルスーツ=人型ロボットなんて飾りです!偉い人

(お子様)にはそれがわからんのです!!なんでしょうか。

なんかあり得そうだ。描き手の趣味が入ってそうな感じがするし。


まぁ作品として面白いかどうかとは別次元の話ですけどね。作風的にはよくぞここまで

割り切ったと思います。完全に何がSEEDだ、00だ!!と言っている頑固親父系ガノタ

に絞り込んだ売り方なんでしょう。

これでも、劇場版Zでも、00でもダメだ!というガノタはもはやオリジンを富野監督で

テレビシリーズ化でもしない限り納得しない人です。


ジムの量産が始まればガンダムぽくなるのでしょうかねぇ。

まぁ気長に見ていけたらと思います。






Last updated  2008.10.28 23:08:30
コメント(9) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.