2502209 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

日本の教育は、これでよいのかな

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


今日9729

カテゴリ

中学の漢字指導

(48)

学力向上対策

(29)

自己肯定感

(17)

学校・教育原理・教育全般

(283)

自発性・内言

(17)

九歳の壁・落ちこぼし

(3)

論理的思考・・・学習論理語・教育基本語い

(49)

A漢字は手首化

(2)

漢字の意味の変転

(5)

・漢字指導

(339)

・・・抽象漢字の指導

(23)

・・・文作り

(4)

・・取立て指導(1セット5過程の指導)

(41)

・・・テストの工夫

(14)

・・・手首化(見ないで書ける)

(15)

・・・漢字の許容(止め・払い)など

(8)

・・・筆順

(14)

・カタカナ・ひらがな指導

(25)

送りがな

(4)

言語分析(文学言語理論言語日常言語)

(14)

文化審議会・品川区のカリキュラム

(5)

実態調査(品川・学力調査)白石・甲斐実態

(10)

教育全般・・・漢字から

(39)

先生と保護者

(19)

いじめ・学級崩壊・自殺

(19)

読解力

(22)

文学文の読解

(53)

・・・物語を書く

(8)

説明文の読解

(17)

・・・説明文を書く

(17)

誰もが書ける作文教育(文ちゃん人形)

(77)

・・・作文・三大ニュース

(6)

・・・作文・書きなれノート(日記)

(21)

読みきかせ・表現よみ(音読・朗読)の工夫

(117)

・・表現よみ(音読・朗読)指導の実際

(64)

・・読み聞かせ

(37)

文法

(36)

聞く・話す

(17)

算数・数学・理科

(33)

国語科目標・構造・計画・言語意識直結観

(18)

体育・健康・食事・音楽

(20)

学習指導要領・指導書

(15)

教科課程・指導計画

(14)

能力観

(6)

大脳生理と教育

(4)

教育再生会議・教育基本法

(23)

・・・フィンランドの教育

(11)

教育基本法改訂・三浦朱門・学力テスト

(32)

教師の勤務条件・その他海花センター蝋梅

(27)

Y氏

(3)

原発

(52)

お気に入りブログ

^-^◆ 恋と愛の・心… New! 和活喜さん

『葬送』第一部 New! まろ0301さん

東日本代震災の被災… shchan_3さん

プリマベラの練習そ… ドレミ・どれみさん

比例区は日本共産党… hiryu4398さん

コメント新着

http://buycialisky.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) cialis soft overnight us deliveryque es…
http://buycialisky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) order generic cialis softtabs onlineche…
http://buycialisky.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) comprar cialis por internet es segurowh…
http://viagraiy.com/@ Re:書く・読む・聞く・話すに役立つ作文教育(06/14) supplements that enhance viagra <a …
http://viagraky.com/@ Re:あやふや漢字を身につけない(01/04) viagra et amour <a href="http:…
http://viagravonline.com/@ Re:心臓語と恋語・子どもが、勉強を進んでするには(9)(04/29) viagra online pharmacy ratings <a h…
太田泰人@ Re:スベリヒユの退治と理科教育(09/18) 「それを抜いて、そのままにして、そこに…
テツです。@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) ご来訪ありがとうございました・・・って…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・私達はいわば二…
2匹の猫0927@ Re:教育って何だ・部活問題と文科省(4)(01/14) 私の好きな偉人の言葉 ・何もかも失われ…

フリーページ

全8件 (8件中 1-8件目)

1

・・・漢字の許容(止め・払い)など

2011.01.23
XML


「うちのお兄ちゃんが、何で、100点を漢字テストでとれないのか、分かったわ。」

と言って、あるお母さんが、話して下さったことついて考えてます。

よろしくお願い、致します。

下のマークをクリックして応援して、下さると励みになります。


にほんブログ村 教育ブログへ 

 人気blogランキングへ

 

このお母さんが、話して下さったことです。

「お兄ちゃんが1年生の時、(これは、100点だ思う漢字テストが、100点にならなかったのは、どうしてか、)分からなかったが、弟になって、分かったのよ。」と言って話して下さったのが、下のことなのです。


口

 

弟さんの採点も、教科書通りでないと、バツにされていた事が、

分かったのだそうです。

 

 

上に、一画目と二画目のいろいろな場合がありますね。

 

一番上は、一画目と二画目が、少し離れています。

真ん中は、一画目より、少し下から二画目が出ています。

一番下は、一画目より二画目が少し、先に出ています。

 

この先生は、こういうのをすべて、バツにしていたんですね。

 

以前に、ある高校でのこと、木偏ははねたら×かついて、10数回シリーズで書きました。

まだまだ、このようなことがあるんですね。

憲法で、義務教育は、大人の責任も考えなくてはならない旨がありますが・・・・。

皆さまのコメントをお待ちしております。

 

 

この記事は、ためになるなあと、お思いになった方は、

下記のマークをクリックして戴けますとうれしいです。


にほんブログ村 教育ブログへ 

 気blogランキングへ

 

 

この採点の問題は、日本の教育史上、60年余、続いていると言ってよいでしょう。

今日さんが教育に携わってからも、ずっと、続いている問題です。

 
トンデモ採点漢字テスト

トンデモ採点漢字テスト

価格:1,050円(税込、送料別)







最終更新日  2011.01.23 07:15:58
コメント(29) | コメントを書く
2007.02.16
『千の風になって』の秋川雅史が、昨日、スタジオパークに出ました。
彼のCDの売れ行きが良く、この歌が、歌われている事が
社会現象になっているとのことでした。

この歌には、
今の日本の社会の中で求められているものがあるのだなあと
思いました。

この話に魅了され、普段は、TVをあまり見ないのですが、最後まで、見ました。

彼の歌もあり、すばらしい表現で、まさに、この歌は、
彼のための歌のように思えました。

この歌を歌うようになったきっかけは、
コンサートのリクエストだそうで、
彼の人を大切にするその姿勢にも共感しました。

教育も同じですよね。

僕も、この歌、歌ってみたくなりました。

さて、漢字の書きの指導です。
ひかりさんから書きのようなコメント・ご質問を戴きました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・




                ひかりんさん

先生、ちょっとプログの内容と違うかも知れませんが
漢字の採点ということなのでついでにお尋ねします。

夕と名という漢字ですが、
カタカナのタと同じと思って良いのでしょうか?
それとも違いますか?

知人より
「夕と名はカタカナのタのようにクを書いた後くっつけてはだめなのよ。
補習校では先生は○にするけど少し上を空けないと漢検では×になるから気をつけないと‥。」
と言われました。

これって本当ですか?

うちにある幾つかの小学一年生用の漢字練習帳と
漢字字典
を調べてみましたが、

夕についてはっきり少し上を空けるという記載がしてあるのが1冊

他は確かにお手本は少し空いてはいますが特に記述はありませんでした。


名についてはくっついているのも
少し離れているお手本もあり

どこもそれについての記載がありませんでした

(習字を習ったことのある人は、
確かに自然に少し夕も名も上が空くかと思いますが‥…)。

こんな細かいことをお尋ねしていることが自分でも嫌になりますが、
「漢字は最初が肝心。間違えて覚えてしまうと後から直すのが大変」
という先生の過去ログも気になり娘にどう教えていいのか

どっちでも構わないと思っていたのでカタカナのタと同じと教えていました)
教えていただけたらと思います。

自宅で教えているため自分が習った、
あるいは正しいと思っていることをしか教えられません。

それが違っていたりするとシュンとなります。
先生のプログでもっと勉強しなくては‥‥。
-----
 
このようなご質問を受けました。

そこで、教科書と指導要領を調べてみました。
それが、下の画像です。



DSCN5525.JPG

これは、どれも、ついていませんでした。
(緑色のまるで囲んだ部分)


夜の・・・

この夜の方は、ご覧のようについているのと、
ついていないのがありました。

指導要領でさえ、ついているのとついていないのがありました。
(虫眼鏡で、以上、すべて調べました)

このような訳ですから、
漢字学習の目的(言語学習)に基づいて、
考えて行く事が第一のように思われますが、
如何でしょうか。

そのことは、下記のブログで、書いてきました。



そこでは、許容を例示までしていますね。
(2007.02.15 12:26:42)

 

 

http://plaza.rakuten.co.jp/zyx1830/diary/200702140000/

漢字の採点(1)



 



漢字の書体は、中国では、時代・歴史とともに変化してきています。
それの中のものを日本が採用してきている訳ですが、
今回は、教科書・指導要領との関係から見てきました。

厳しい採点で漢字嫌いにしてしまったら
指導の意味がありません。
だからと言って、いい加減でいいというわけではなりませんね。

下記ブログ、4年生の子どもの意見です。

http://plaza.rakuten.co.jp/sangatuusagi/diary/200601290000/

漢字って、本当は学校で言うのと違うかも。








このブログ、賛同される方は、
下記の2つのブログランキングのマークのクリックをして
戴けますとうれしいです。

1日1クリック、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ






* 下記、1~5年生まで購入できるようになりました。








福壽草陽射し集めて黄を放ち。


初詣平和祈りて鈴を振る


『奥の細道』より

 

http://pareo94.ddo.jp/mikiko/

 







最終更新日  2008.06.06 05:34:39
コメント(26) | コメントを書く
2007.02.15
下記は、採点のことで、カニの床屋さんさんが、
コメントを寄せて下さってのですが、
具体的に知りたい事があったので、
質問をしました。(*印)
その後、僕の考えを書かせていただきました。(**印)

その事に答えてくださったのです。(>印)

     ・・・・・・・・・・・・・・


Re[3]:書き間違えやすい漢字とその許容(02/12)
                      カニの床屋さんさん
クリオネ君の4年生のときの担任は、
とても漢字にうるさくて、テストでとても厳しくばつをつける人でした。

親が見ても子どもが見ても、
いったいどこが違うのかわからないような採点で、
とても困りました。

* 相当、困ったようですね。
よろしかったら、具体的に一つ・二つ、例を示していただけませんか。



>たとえば、日という文字でも、
1画目と2画目がひっついているかどうか、
私が見たのではひっついているように見えるのに、
ひっついていなくてばつでした。


** 「日」これは、二画目が付いているかどうか、
それで丸×は、まずいですね。
あまりに離れすぎは、どうか思いますが。



内閣訓示
『末と末、千と干、大と丈のように別字
になってしまうものは、
きちんと区別して書くこと。

しかし、

女の左はらいが横線から突き抜ける・抜けない、

宮のウ冠の点がななめであるか・まっすぐかは、

どちらで書いても差し支えない。』

は、妥当ですよね。


これは、入試・学力テストでも、この訓示のセンで採点されると思いますよ。

戦前は、このようなことを言う教師はいなかったそうです。



戦後、『当用漢字字体表』ができ、
その前書きに

字体は、これは、筆写の時の基準ではない』と明記されているが、
それを現場の先生が読むことをせず、
このようになってしまったのだそうです。
(『漢字の常識』(原田種茂・三省堂)

つまり、、『当用漢字字体表』通りでなくてもいいという事をいっているのですね。
先生だって・学者だって、この字体表のように漢字を書いていません。

その通り書いたら、おかしくなる漢字が出て来てしまいます。
このことは、次回、書きますね。



大体、丸付けだって、その基準を教科書を見ながら、僕は、やってきましたよ。
この教科書の活字だって、それが、絶対の基準ではないのですがね。

漢字の本場、中国では、日本でこのように採点が厳しいのに
驚いているそうです。


> 点の向きがちょっとずれているとか、
はねになっていないとか、
際限がなく、100点に見えるテストが70点台だったりするので、
字の汚いクリオネ君には、もうお手上げ状態でした。


** これでは、お手上げになりますね。



> おかげで、漢字など馬鹿馬鹿しいと、
かえって、漢字を覚えることをしなくなりました。


** でも、これからの学習の基礎ですから、
そのマイナス思考を、基に戻してやりたいですね。


>この年頃の男の子には、ちょっと大変だったと思います。


** まったくです。

>また、目の悪い子は、見えないので、本当にかわいそうでした。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

漢字の採点、厳しくするのが子どもの為と思って、
このようにおやりかもしれませんが、
これでは、困りますね。

それから、このように漢字に対して、負の気持ちを持ってしまった子、
これからどうしていくか、これも課題ですね。

全国には、このような小学生・中学生・高校生がいるのですから。
皆様のご意見をお寄せください。
続きます。


このブログ、賛同される方は、
下記の2つのブログランキングのマークのクリックをして
戴けますとうれしいです。

1日1クリック、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ






* 下記、1~5年生まで購入できるようになりました。








福壽草陽射し集めて黄を放ち。


初詣平和祈りて鈴を振る


『奥の細道』より

 

http://pareo94.ddo.jp/mikiko/















最終更新日  2008.06.06 05:36:58
コメント(14) | コメントを書く
2007.02.14

 

次は、青森の逆立ち天子さん(60歳前後?)のコメントです。
この方は、読む・書く・考える事が好きで、ブログを
一日3回ぐらい更新しています。

このように日本人が、書くこと・読むことを気楽(失礼かな?)に
出来るようになりたいものですね。ウィンク

どうして、このように書くことや・読むことを億劫でもなく出来るのか、
ブログを見るたびに、感心し、考えていました。
その秘密の一つがが、今日、分かりました。

それが、下記のコメントに出ています。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


]:Re[1漢字の採点(1)(02/14)
               逆立ち天子さん


>私は「漢字の時間」と言う特別なものがなかった所為で、
・・・・・・・(書き順も習ったのが1時間くらい)


  *  教えられない方が、かえって、良かったのですね。ぺろり



>今でも迷う事がしばしばありますが、

* 誰だって、迷う者ですよ。
学者だって、 辞書を片手に論文を書いているのですよ。


>  ×を付けられなかったので、拒否反応もなく、字を楽しく
   (言葉を変えて言えばいい加減に)学べました。


* 良かったですね。
この楽しさが、一番ですからね。
-----
(2007.02.14 13:24:22)

    ・・・・・・・・・・・・・・・


とにかく、漢字を嫌いにさせられなかったのですね。

漢字学習は、楽しいもの。
これを、失わせないようにしたいですね。

このブログ、賛同される方は、
下記の2つのブログランキングのマークのクリックをして
戴けますとうれしいです。

1日1クリック、有効です。

にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ







最終更新日  2008.06.06 05:38:43
コメント(10) | コメントを書く
2007.02.10



 

る」と「」をどのように書くのか、
確かめて、消して書いたり、
書いて消していたら、
時間がなくなって、他の書ける漢字も書けなかった。


というご報告を下記のブログでしてくださっています。

http://plaza.rakuten.co.jp/tenhaha/diary/200702090000/

テストのテクニック


その結果、40点になってしまったというのです。
僕は、かわいそうで、こういうのを読むと、
ジーンと来てしまうのですよ。

わけを知ったお母さんは、いい教訓になったと
おまとめでした。

でも、親とすると、ショックですよね。
子どもさんも、100点なら、いい気分で、
『ただいまあー』と、帰って来られるでしょうが、
これでは、ちょっと、声が小さくなってしまいますね。

お父さんが、疲れて帰ってきて、
「なんだこれは?」と、びっくりもしてしまいますね。

学校で、やっていることは、このように家庭にまで、
影響を及ぼすことは、僕も子育てで体験しています。


さて、画像を見せて戴きますと、
字は、しっかりしていて、丁寧ですよね。
とめ・払いなどにも注意していますね。

でも、このような子でも、どう書くのだったかなと、
自信がなくなる事がありますね。


そのような事を教室で見て来て、
それをどう、指導したら良いか、話し合って、まとめたのが
下記のようなやり方です。

ご批判いただければうれしいです。






解

この、僕は、教員になっても間違って書いていました。
それは、間違えやすい部分がたくさんあるからですね。





DSCN5512.JPG


先ず、偏の角。


次に旁の方の刀。


そして、牛。

これらは、低学年のうちに手首化しておくべき漢字ですね。






勢


この勢も間違いやすいですね。


DSCN5509.JPG




このような間違いをどうしてするのか、
分析してみました。

それは、
1 漢字を組み立てている部分を間違って、
覚えてしまうと、
組み立てた漢字も間違って書いてしまうという事です


* 漢字は、形声文字が、80%ですから、
部分の漢字になる低学年の漢字は、
正しく手首化(見ないで、スラスラ書けること)しておきたいですね


でも、今、この指導が、おろそかになるような傾向があります。
それで、子どもや先生・保護者が苦しんでいるのを見て、
僕等は、研究会をし、文科省に意見を言ってきたのです。

もっと、丁寧に指導する時間をと。
丁寧に指導をすれば、できるようになるのです。

* それと、この漢字のこの部分は、
  このように書くという確信を持たせることですね。
  それがないと、迷ってしまうのですね。

   見ると貝の例ですね。


そこで、子どもが間違いやすい漢字は、このことも
ちゃんと指導する事が必要だと考えて、
上記のような学習項目を入れました。


このご報告をブログでしてくださったかなにゃんさんに
心から感謝いたします。

繰り返しますが、このような事実を出し合い、
解明していく事が、子どもが喜ぶ授業をしていく力になるのだと思います。

この「間違いやすい漢字」続きます。
続けてお付き合いください。
続きます。




ですから、今、学力テストをやる意義を、僕は、まったく感じません。
それより、文科省は、漢字の許容などについての
研修会をして欲しいのです。

このことも、このブログで、何度も書いてきました。

たくさんの方にお読み戴きたいので、ブログランキングに参加しています。
賛同される方は、下の2つのマークをクリックして戴けるとうれしいです




にほんブログ村 教育ブログへ



人気blogランキングへ


下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。
「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。
しかし、まだまだ、十分とはいえません。
皆さんで、豊かにして欲しいです。

たのしく学ぼう漢字

たのしくみにつく!!漢字の力(小学校1年~5年)





野仏や立春の陽を疑わず。

初詣平和祈りて鈴を振る

『奥の細道』より

 

http://pareo94.ddo.jp/mikiko/





* 下記、3年生・五年生も購入できるようになりました。














最終更新日  2008.06.06 05:40:36
コメント(6) | コメントを書く
2006.04.14

 

本日は、中学(小学校中学年・高学年)の漢字指導の提案で、
討議されたことの2回目です。
(本日は、前回の3・手首化のところからです)

早速、ご報告、を致します。

この中に

低学年で身に着けなかった学習を指導をしなければならい時、どう対処したら良いか

に触れた意見があります。

皆様は、どうお考えですか。
このことは、算数・音楽・体育、生活面など・・・など、
あらゆるとことで、直面しますね。


  ・・・・・・・ご報告・・・・・・・


X先生 「一画目から、一、二、三、・・・・・・と数えながら、
空書きをさせたが、これをやるると、
中一の子どもは、バカにされたような気分になるのではないでしょうか。」


Y先生  「『違』を構成している漢字の部分があるので、
その部分の確認程度にしておいて良いのではないか』」


Z先生「高学年として触れるべきは、
ここでは、「しんにょう」が、どのような漢字で使われているか、
「衛」と同じ部分はあるが、これは、どういう意味かなどではないか。」



H先生 「一画・ニ書くと数えるのは、低学年でやっている。
もし、やるなら(初めて出て、むずかしいもの)を、
取り上げ、生徒に説明させてもできる」



K先生 「このようなことは、他教科でもある。
高学年になっても、低学年の漢字が書けない。
中学生になっても、小学校の算数ができない、
体育で逆上がりができない、
時間割が揃えられない、・・・・・・・など。

この場合、どう対処するかに関わる問題を含んでいますね。
まず、大切にしなければ、その遅れを、
その子の責任として追求し責めてはいけないいことですね。」


A先生「それって、良くあることですね。」



J先生「それに、高学年になっているので、
低学年の事をやること、ここにプライドが作用して、
うまくしないと、傷つけたり、劣等感を持たせてたり・・・・・・
になってしまいますね。」



L先生「高学年になると、能力が、大きいですから、
低学年ほど時間をかけないで、
その遅れが取り戻せてしまいますね。

僕の経験では、ちょっと、復習をしよう、と軽く言って、
乗せてしまって、やりましたよ。」



M先生「どうしても、必要だから、おさらい程度でも、
扱う必要はありますね。
そして、やる中で、できてしまうこともありますね。」


今日のご報告は、ここまでです。
次回は、「5の『二文節のコトバ』で考えよう」についてです。



このブログ、応援してくださる方は、
下の2つのマークをクリックして戴けるとうれしいです


にほんブログ村 教育ブログへ

人気blogランキングへ

下記の本は、このような考えで、僕等がまとめたものです。
絵をクリックしますと、本の概略が分かります。
そして、楽天での購入の仕方も分かります。


理解を深める表現よみ(小学校国語4年)
尚、本書は、1~6年まで、各学年あります


下記の本は、
僕等ガ20年以上(児言研を入れると50余年)にわたって研究した
漢字教育のあるべき姿と実践
の提案です。
「1セット5過程」・「文作り」・「手首化」
の実践も載せています。
しかし、まだまだ、十分とは言えません。
皆さんで、豊かにして欲しいです。

たのしく学ぼう漢字







最終更新日  2008.06.06 05:43:04
コメント(9) | コメントを書く
2005.11.02

 

中学校の先生から、漢字指導についてコメントを戴きました。
ここで、そのやりとりを取り出して、
ご紹介させていただきます。

      ・・・・・・・・・・・・・・

ばんりままさん

>教育ブログから来ました。
>中学校で国語を教えている者です。

中学校の先生は、めずらしいです。
これで、幅が広がります。

>私の授業では、毎時間授業はじめに10問の漢字テストを行っています。

中学校で、毎時間といのは、めずらしいのでは?

>毎時間少しずつなので、

この、少しずつというきめ細かさが、大切のですよね。

>毎回しっかり家で覚えて来たり、
休み時間に友達同士で覚えあったり、
意欲的に取り組んでいる子が多いです。

こまめにするから、このように子どたちがするのですね

中学生ともなると、
それまでついた癖をそう簡単に変えることができません


そうですね。
ですから、「かな」の時に、しっかり手首化しておくことですね。
ところが、これが、今、ちゃんと指導する時間が無い。
先生方は、苦労して、その時間をうみだしていますね。

はね、払いなどをきちんとかけない子は気になっていたのですが、そういう子は、うるさいことを言ってしまうと、
漢字を覚えること自体がいやになってしまいます。

そうですね。そのことは、
http://plaza.rakuten.co.jp/zyx1830/diary/200510290000/

「漢字のはね・はらい、採点をどうしていますか、許容があるのですが。」








に、出ているのですから、それをを踏まえて、指導したいですね。

>毎回テストがある国語の時間が苦痛になってしまうかもしれません。

なりますよ。
その事を要求される事、そのことが不合理な事ですからね。

>漢字教育の重点は、
読めるようになることと
他人が読める字を書けるようになること。
あまり、うるさいことを言うまい。という姿勢で来ました。
しかし、どこかで、これでいいのかなあ、と思っていました。
こちらのブログを読んで安心しました。>


良かったです。少しでも役に立てば。

>毎回テストをやっていると、
子どものやる気のバロメータがよく分かります。
また、急に字が荒れてきた子は、家族関係や友達関係が悪化していたりと、
いうことがよくあります。
声掛けのきっかけにもなることが漢字テストの隠れた効用です。

「声かけのきっかけ」このこと、大切ですね。
子どもの生活の実態が、教科指導からも見え、そこからも子どもの生活の指導ができるのですよね
日本には、このような教育観は、ずっと前からあったのですね。


>採点を辛くしすぎて生徒との関係が悪くなってしまったら、
せっかくつかんだきっかけも、使えなくなります。

そうですね。
採点というのは、評価であり、重要な教育の一環ですよね。

>お気に入りに追加させていただきました。
>よろしくお願いします。
-----
こちらもリンクさせてもらいました。

     ・・・・・・・・以上です・・・・・・・・・

下記の本は、漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。
「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。しかし、まだまだ、十分とはいえません。皆さんで、豊かにして欲しいです。
たのしく学ぼう漢字

絵をクリックしますと、本の概略が分かります。そして、楽天での購入の仕方も分かります。

多くの方にお読みいただきたいので、ブログランキングに参加しています。下記のマークをクリックしますと点数に加算されます。よろしかったら、クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ

*少しやってきた事を書かせていただいております。
それが、ちょっとでもお役にたつならいいのですが、・・・・。
ご感想・ご意見・ご批判・・・などいただけると、ありがたいです。
次に書くことに生かします。
よろしくどうぞ。


にほんブログ村 トラックバックテーマ 漢字指導・ひらがな、カタカナ指導へ
漢字指導・ひらがな、カタカナ指導



にほんブログ村 トラックバックテーマ 教育改革諸委員会には現場人の選出をへ
教育改革諸委員会には現場人の選出を







最終更新日  2008.06.06 05:45:37
コメント(2) | コメントを書く
2005.10.29
漢字指導のことで良くある質問に「許容・字体」の問題があります。

これが、子ども・教師・保護者を悩ませています。
そこで、今回は、字体のことについて触れます。

『常用漢字表』(昭和56年10月1日内閣訓示)の
字体の解説
には次のように書かれえいます。

「筆写の楷書では、点画の長短・方向・つけるかはなすか・はらうかとめるか・はねるかとめるかについては、いろいろな書き方がある」
と書かれています。

そして、厳密には、この『標準字体』どおりでなければならないという訳ではない。
漢字というものは骨組みさえしっかりしていればよく、
細部の筆遣いにまでこだわる必要は無い。


末と末、千と干、大と丈のように別字
になってしまうものは、
きちんと区別して書くこと。

しかし、

女の左はらいが横線から突き抜ける・抜けない、

宮のウ冠の点がななめであるか・まっすぐかは、

どちらで書いても差し支えない。


学校では、標準字体通りではないからといって、
誤りとしてはならない」

とあります。
(『三省堂・新しい漢字表記ハンドブック』)



教科書は、標準字体の活字で書かれています。
ですから、
漢字指導をする時は、
この標準字体を指導します。

指導しても、
細部で子どもが標準字体ではない字を書いてしまったときの採点をどうするか、
これが問題になるわけです。

僕らの経験では、
上記の告示の線で採点し、
あまりにひどい場合は、個別に指導をするようにしています。

実際、採点では、
「はらい」が、はっきりしないから×というようなことが、起こりがちです。

この場合、×にしないで「はらうといいね。」と言って指導して、
「漢字というものは骨組みさえしっかりしていればよく、
細部の筆遣いにまでこだわる必要は無い。」
の方針で指導した方が、
子どもは、漢字好きになるのではないでしょうか。

下記の本は、
漢字教育のあるべき姿と実践を載せています。

「1セット5過程」について触れ、文作りの実践も載せています。
しかし、まだまだ、十分とはいえません。皆さんで、豊かにして欲しいです。

たのしく学ぼう漢字

絵をクリックしますと、本の概略が分かります。そして、楽天での購入の仕方も分かります。

多くの方にお読みいただきたいので、ブログランキングに参加しています。下記のマークをクリックしますと点数に加算されます。よろしかったら、クリックをお願いします。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 ポータルブログへ

*少しやってきた事を書かせていただいております。
それが、ちょっとでもお役にたつならいいのですが、・・・・。
ご感想・ご意見・ご批判・・・などいただけると、ありがたいです。
次に書くことに生かします。
よろしくどうぞ。


にほんブログ村 トラックバックテーマ 漢字指導・ひらがな、カタカナ指導へ
漢字指導・ひらがな、カタカナ指導


にほんブログ村 トラックバックテーマ 教育改革諸委員会には現場人の選出をへ
教育改革諸委員会には現場人の選出を









最終更新日  2008.06.06 05:46:39
コメント(6) | コメントを書く

全8件 (8件中 1-8件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.