000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Z1000とともにぶらり旅

PR

X

全5件 (5件中 1-5件目)

1

映画

2008.03.03
XML
カテゴリ:映画
土曜にTVで見た映画です

満員電車で痴漢に間違えらえた男が
否認を続け裁判で無実を証明しようとする

なんか非常に怖かった
警察も検察も裁判所も…

警察は
罪を認めれば拘置所から出してやる
たかだか前科一犯になるだけじゃないかと…
ろくに証拠調べもせずに
自白だけで済まそうとする

検察でも嫌がらせですね
延々と

裁判所は最初は割と好意的だったのですが
裁判官が替わったとたんに
まるっきり逆の対応
この辺りが不自然だったんですが
あり得ない話ではないかもしれませんね

こうなると
一体何を信じていいのか分からなくなってしまいますね

自分も一応?裁判の経験が
と言っても家裁なんですが^^;
ぜんぜん雰囲気が違いますね
このような変な裁判官では無かったですし
何かデフォルメされているような気が…
っていうかデフォルメであって欲しい
という気がしました;_;

運が悪いっていうだけじゃ
片づけられない事が
沢山世の中にはある事を
再認識しました>_<


 それでもボクはやってない スタンダード・エディション / 加瀬亮






Last updated  2008.03.03 21:57:43
コメント(4) | コメントを書く


2007.09.09
カテゴリ:映画
昨日の日焼けを癒すため
今日は家でまったりと
DVD鑑賞しました



以前小説を読んだので
今回DVDを借りて
観てみました

ストーリーは
どちらかといえば
辻仁成の方に近かったかな
もちろん
小説の通り
ってわけにはいかなかったようですが
なかなか見せてくれるものがありました
特にラストシーン
上手い具合にまとめていて
爽快感すら漂う
竹野内豊の笑顔
良かったです

小説を読んでも
がっかりはしないと思う
良い映画でした

読んだ小説の
映画を観ていく
ってのも
面白いものですね…
当たりはずれが
大きいですが^^;






Last updated  2007.09.09 19:05:58
コメント(0) | コメントを書く
2007.08.27
カテゴリ:映画
なかなか涼しくならない
今日この頃です
なんでも
明日からは雨とか…
早く降って欲しいものです

今日の日中に降った
通り雨みたいなのは
勘弁して欲しいです
かえって
暑くなりましたT_T



内山理名主演の映画です
この映画を知ったのは
村山由佳の
永遠。
という小説からです
この映画の
サイドストーリーとなっています

はっきり言って
先に映画を観た方が
良いです
観てしまうと
登場人物の感情を
先読みしてしまう
自分を発見してしまうから…

この映画自体が
あまり登場人物に対する
説明が無く
観る人に
考えさせるような
展開になっているからです
裏を返せば
観ていて
つまらない
って感じにもなりますが…

ただ
永遠。を読む人は
先にこの映画を
観ていた方が
良いですよ
たぶん
2倍以上
本が楽しめると
思います^^v






Last updated  2007.08.27 22:16:33
コメント(2) | コメントを書く
2007.08.21
カテゴリ:映画
こう毎日暑くっちゃ
やってられないですねぇ…



山田洋次監督の
藤沢周平原作の時代劇
第三作目です
主演は木村拓哉
はっきり言って
期待はしてなかったです
大体前二作が
そもそも期待はずれ…
でもって
SMAPですから…
しかしですね
案外良かったですねぇ
特に殺陣が
木村拓哉の
木刀の振りが
気持ち良い位でした

ストーリーも
前二作は
短編の合作というか
ミックスだったので
ちょっと不自然な感じでしたが
今回は
盲目剣谺返し
のみでしたので
多少変わってはいましたが
許せる範囲でしょう
また
壇れい
良かったですね
惚れました(*^^*)

果たし合いのシーンも
小説だと
即死させるのですが
映画では
片腕を切り落として
決着
その後
自害となりますが
そちらの方も
なかなか
粋なストーリーだと思います

問題の
ラストシーン
もちろん
小説とは違ってましたが
実際映像で見せなければならない
しかし主人公は盲目
小説のラストだと
違和感はぬぐえませんね
これで良かったのだろうと
思います

難を言えば
主人公が
独自で剣の修行をするはずが
道場で師匠に教えを乞う
それくらいかな?
なかなか
良い時代劇だったです






Last updated  2007.08.21 22:38:12
コメント(2) | コメントを書く
2007.08.20
カテゴリ:映画
暑かった1日でした
天気予報では
今日辺りから
涼しくなるはずだったのですが…
期待外れでしたToT



昨日久々に
DVDをレンタルしまして
武士の一分と
天使の卵
両方とも
見終えましたが
今日見た
天使の卵の
余韻がある内に
感想を…

思ったより
ストーリー的に
良くできていて
見ていて感情移入がしやすかったですね
歩太以外は
配役も良かったし…
個人的には
嵐の二宮君辺りが適役かと…
まぁそんな事は良いのですが
気持ち良く見ていて
ラストシーン…
変えられていましたToT
ラストシーンだけは
変えて欲しく無かったです
苦悩するのは
夏姫の方が大きいのに(歩太が小さいわけではないのですが)
夏姫は
励ます役に成り下がっていました
歩太の立ち直り?も
あっさりしすぎているし…
この映画を見る人は
ほとんどが原作を読んだ人達だと思います
それだけに
もう少し
配慮が欲しかったな…






Last updated  2007.08.21 01:34:21
コメント(2) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


© Rakuten Group, Inc.