861349 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

ぎふっ子くらぶ

Rakuten Profile


岐阜県おすすめ隊さん

岐阜県おすすめ隊

フォローする

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

「エンタメまつり&… New! 岐阜市職員さん

いよいよ閉幕! 大垣… New! 大垣市さん

今年も押し迫ってき… 関市職員さん

茨城県ハッスルDay☆… ハッスル黄門さまさん

Gifu Crossroads webmaster2010さん
日本一アツい多治見… 多治見市さん
白川町観光協会 白川町観光協会さん

Let's link!

Calendar

Mobile

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!


岐阜観光
(社)岐阜県観光連盟 >>
 

twitter ←ぎふっ子くらぶのツイッターです。ぜひフォローしてください!
また、#machi21gifuをつけてツイートしていただくと、ブログの下段に皆さんのツイートが表示されます。ブログのご感想や情報などもお寄せください!


December 18, 2014
楽天プロフィール XML
 

こんにちは。東濃振興局恵那事務所ですޥ

各地で雪が降り始め、この地域にそびえる恵那山にも雪がかぶり始めました

そんな中、12月7日(日)に東濃地区スポーツ少年団駅伝交流会が開催されましたޥ饽

 

東濃地区のスポーツ少年団員がチームを組んで、恵那市まきがね公園に集いました。

総勢44チーム、440人!Ӥä

選手だけでなく、父兄の方々、スポーツ少年団の指導者などもたくさん来場されました。

CIMG0428.JPG  IMG_5293.JPG

 

交流会前日にかなり雪が降ったため開催が危ぶまれましたが、なんとか天気が持ち直してくれました

この交流会では、1区間約1.1kmの周回コースを9周し、その速さを競います。

どれほどのタイムで走りぬけるのでしょうかää

 

そうこうしているうちにスタート!

寒い中、子どもたちは元気に駆け抜けていきますˡåå

IMG_5262.JPG

 

タスキ渡しも白熱!

IMG_5285.JPG

 

ちゃっかり、全国育樹祭のPRもされています。(緑色ののぼり旗です)ä١

IMG_5275.JPG

 

全チーム無事にゴール!最も早いチームは約43分で走破とのこと。

4分強で1kmのペースですOK

入賞チームには賞状とメダルが授与されました

CIMG0440.JPG  IMG_5307.JPG 

 

さて、走った子どもたちも、応援していた我々もお腹が減ってきました

今回は、恵那地域の道の駅にお願いして屋台を出していただきました!

豚汁やメンチカツ、ごへー餅などが販売されており、ご覧のとおり盛況でしたå

IMG_5309.JPG  CIMG0448.JPG


午後からは、ジョギング教室が開催されました。

講師を務めたのは、岐阜県体育協会の小林史和先生。

なんと、1,000m、1,500m、2,000mの日本記録保持者なんです!Ӥä

IMG_5323.JPG

 

そして、清流の国ぎふ・マスコットキャラクターミナモも駆けつけました

IMG_5317.JPG

 

ちなみに右側にいる2体は、恵那市のスポーツキャラクターハナッキーサリーナです(右がハナッキー、左がサリーナですよ)。

こちらもヨロシクね礭

IMG_5319.JPG

 

腕を振るときは後ろまでしっかり引くこと、足は真下に下ろすこと、姿勢よく走ることなど、多くのアドバイスを子どもたちにしていただきました。

小林先生、ありがとうございました!

IMG_5355.JPG  IMG_5361.JPG

 

振り返れば、かなり中身の詰まった交流会だったと思います。

こういう場を通じてスポーツに親しみ、心身ともに健やかな子どもたちがふえればいいなーと感じました






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  December 18, 2014 11:18:08 AM

December 16, 2014

 

皆さん、こんにちは!

秋が深まり、紅葉がますますきれいになってきましたね!

休日を利用して、恵那馬籠宿までドライブに行ってきました♪

(灯篭)IMG_6024.jpg

 

木曽11宿の最南端の馬籠宿は、急な山道で全長600m余り。

道の両脇に様々なお店が立ち並び、昔ながらの景色も残っていて、見所満載です!

(散道)IMG_6032.jpg (五平餅)IMG_6028.jpg

(窓辺).jpg (水車)IMG_6031.jpg

 

馬籠宿を過ぎると、恵那山まで一望できる見晴台がありましたOK

(恵那山)IMG_6042.jpg

残念ながら、恵那山の山頂まで見ることはできませんでしたが・・・狼

 

(景色)MG_6040.jpg

紅葉はとても綺麗!å

遮るものがなく、中津川の山々を一望できます

 

12月とはいえ、まだまだ紅葉は見頃です!

ぜひ、みなさんも恵那の美しい景色を見に出かけてみてくださいね

ペンネーム Y

 

<中山道木曽路馬籠宿 馬籠観光協会>

 http://www.kiso-magome.com/

 岐阜県中津川市馬籠 

 0573-69-2336  (馬籠観光協会(馬籠宿観光案内所)) 

~アクセス~

◆公共交通機関

JR中津川駅żから北恵那交通バス馬籠線「馬籠」下車Х

◆自動車

中央自動車道中津川IC下車20分  






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  December 16, 2014 05:28:31 PM

December 9, 2014

 

2014年12月28日(日)高山市飛騨・世界生活文化センター、「飛騨地域オリジナル・ミュージカル 7rd 飛騨●童話会議II Good Morning Star Prince! ~星の王子様によろしく~が公演されます。

 

このミュージカルは、名古屋芸術大学と連携し、地域住民の皆さんで創り上げるミュージカルですOK

毎年の恒例行事となっており、今回でなんと7回目を迎えますӤä

(写真は前回の公演です)

1.jpg 2.jpg

3.jpg 4.jpg

 

今回のお話は、タイトルの通り、星の王子様のお話です

見所はやっぱり、歌とダンス

もちろん演奏も地元の方たちによる生演奏です

 

公演は1度きりです

この日を逃したら、見ることができないですよ

7月から半年間にも及ぶ練習の成果をぜひご覧くださいޥ

 

チケットは、飛騨・世界生活文化センターにて販売中ですå

全席指定席です。

電話予約も可能とのことですので、お早めに予約されることをお勧めいたしますå

 

入場料は下記の通りです。

大人(大学生以上) 1,000円

中学生~高校生    500円

未就学児童~小学生  100円

 

【公演のご案内】

飛騨地域オリジナル・ミュージカル 7rd 飛騨●童話会議II Good Morning Star Prince! ~星の王子様によろしく~

開催日時:2014年12月28日(日) 開場13:30 開演14:00

会  場:飛騨・世界生活文化センター コンベンションホール

住  所:岐阜県高山市千島町900-1

T E L:0577-37-6111

F A X:0577-35-2251

開館時間:9:00~21:30

(毎週火曜日は休館日です)

詳細はこちら

http://www.hida-center.jp/event/musical/musical2014.html

 

飛騨地域の無料生活情報誌月刊さるぼぼ12月号にも特集記事が載っているので、ぜひチェックしてみてくださいねΡ

公式サイトにも特集記事が載っていますѥ

http://www.sarubobo.jp/index.html

 

以上、CHAMAがお届けしました






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  December 10, 2014 11:26:16 AM

December 5, 2014

 

第9回目の荒城農業小学校です。

このところ寒い日が続きましたが、この日は快晴で暖かい日でした

今回の授業は芋煮づくり野菜の収穫大豆の脱穀雪囲いピザ作りです。

 

今回で今期最後の収穫になるので、収穫した野菜に感謝して、みんなで芋煮づくりに入れる野菜を切りました。

子どもたちが切った野菜は、はくさい、にんじん、だいこん、たまねぎ、さつまいもです。

芋煮ーだいこん.JPG

芋煮ーはくさい.JPG

汁には、この他にさといも、こんにゃく、豚肉が入ります。

切り終わったら厨房に持って行って、あとの調理は厨房担当のスタッフにお任せです

 

では、野菜の収穫に向かいます⤯

収穫した野菜は、はくさい

はくさい.JPG

 

赤かぶ、白かぶ

赤かぶ.JPG

 

だいこん

だいこん.JPG

 

ごぼうです。

ごぼう.JPG

ごぼう以外は収穫したことのある野菜なので、みんな上手に収穫できましたå

ごぼうは深いところまで入り込んでいるので、掘るのが大変です

お父さん、お母さん、農家先生、スタッフのみんなが協力して掘りました。

 

午後から、大豆の脱穀をしました。

乾燥したさやから豆を取り出すのです。

シートの上で叩きつけて豆を落とします。

だいず落とし.JPG

 

これを、ふるいと唐箕を使って豆だけにします。

この豆がこれからの授業で必要になってきます。

大豆ふるい.JPG

 

次に、雪囲いをしました

飛騨地方は雪が多く、庭木や果樹が雪で折れたりしないように杭を打ち、縄で木を杭にぐるぐる巻きにしばります。

荒城農業小学校のブルーベリーやグミ、ツツジの木を囲いました。

これで来年もブルーベリーが食べられるね

雪囲い.JPG

 

最後に、みんなが大好きなピザ作りをしました。

生地は事務局の方であらかじめ作ってもらってあったので、あとはいろんな具をトッピングして焼くだけです。

トマトソースも農小のトマトを使って事務局のお姉さんが作っておいてくれたものですOK

ピザ.JPG

 

トッピングが完成したら石窯で焼きます。

トッピング.JPG

 

石窯は農小にあります。

そこで焼いて、みんなでおいしく食べましたޥ

石窯.JPG

 

次回は、お正月に向けての準備です

 

P.N.ボラスタA






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  December 5, 2014 11:14:46 AM

December 3, 2014
 

(2)水屋建築

輪中3.jpg

輪中景観を代表するものとしては、先ほど述べた堀田以外では、この水屋建築が有名です。

現在、堀田は完全に消失し見ることが出来ませんが、水屋建築は今なお各地に点在しています。

一般の方の住居のため中に立ち入ることはできませんが、どうしても中が気になるという方は、輪中生活館という単語を検索してみてください。

輪中生活館当時の住居そのもの(旧名和邸)を資料館として開放した施設で、輪中館のすぐ近くに位置しています。

もちろん、輪中館にも当時の住居(再現版)がございます。

内部の様子が細かく表現されているので、一見の価値あり。

下はその写真です。

輪中6.jpg

 

さて、水屋とは、母屋(=本来の住居)とは別の地盤の高いところに建てられる棟で、洪水の時の避難場所や、米や生活必需品を備蓄する倉庫としての役割を担っています。

輪中地域では母屋自体が石垣の上など高いところに建築されることも多かったようですが、洪水時の水位がそれを上回るとまた石垣を設け、より高い位置に水屋を建築していったようです。

この地域を歩くと敷地内の高低差が激しい住居が見受けられますが、そういった家はおそらく古くからある家で、先祖代々水害と戦ってきたのだと推察できます。

また、水屋は、利用目的、構造、資材などからいくつかに分類できるとのことですが、そのあたりの詳しい内容については、学習プリントをご参照ください。

 

 

(3)治水工事

写真は、かつての治水工事の様子を写しています。

輪中4.jpg

 

木曽三川の治水工事は、豊臣秀吉の時代に木曽川の堤防が作られたことが始まりといわれています。

明治時代にデレーケらオランダ技師団が来日するまでは河川改修の技術が確立されておらず、当時の治水工事は非常に難易度が高いものでした。

さらに、「堤防を築く」ことには軍略上の事情や輪中間の対立が絡むなどし、工事の遅延や難航に拍車をかけることもありました。

たとえば、徳川幕府が創設した尾張藩は木曽川右岸に位置していましたが、対岸の美濃側の堤防を尾張側より3尺(=約90cm)低く築造するよう命じたのです。

このため、木曽川破堤の9割以上が美濃側に集中し、計画の中断や変更を余儀なくされました。

また、輪中が密集すると遊水池が減少し、それ以外の地域もしくは相対的に低い輪中が洪水に遭うリスクが高まるため、輪中の人々は新たな輪中の建設には強く反対したそうです。(松枝輪中の例が有名)

下の写真は、そんな輪中形成の歴史を年表にしたものです。

輪中7.jpg

 

個人的には、「輪中」に関する歴史の中では、当時の人々の利害や思惑が入り乱れる部分に一番見応えを感じます。

輪中館では、ヨハネス・デレーケをはじめ、平田靭負と薩摩義士金森吉次郎ら治水事業に尽力した人々の足跡も学習することが出来ます。

この機会にぜひ、彼らが織りなすドラマに触れてみてはいかがでしょうか。

 

 

さて、写真をもとに輪中館について少しばかり紹介させていただきましたが、輪中の歴史を掘り下げていくと、まだまだたくさんの「なるほど!」が出てきます。

ぜひ足を運んで、館内を隅々まで歩いてみてください。

さらに、輪中間には充実した資料だけではなく、とても博識で話し上手な館長さんもいらっしゃるので、ガイドをお願いしてみましょう。(私は感銘を受けました。)

輪中文化が西濃地域にとどまらず、岐阜県全域の、日常のさまざまな部分に影響を与えていることを教えてくださいます。

郷土についてさらに知識を深めたい方夏休みの研究課題に悩んでいる方ぜひ一度、ご来館ください。

 

なお、すでに少し触れましたが、輪中館の近くには輪中生活館(写真参照)という施設もございます。

輪中8.jpg

こちらは実際の水屋建築を公開したもので、輪中館を補完する施設となっています。

外部から講師を招き、定期的に水まんじゅうづくり箱ずしづくり俳句大会なども行っているそうなので、ぜひご参加ください!!(詳細は、ホームページ等によりご確認ください)

 

 

輪中館

岐阜県大垣市入方2丁目1611番地1

0584-89-9292

館日:毎火曜日、祝日の翌日、年末年始

 

輪中生活館

岐阜県大垣市入方2丁目1723番地 

0584-89-6787

館日:土曜日、日曜日、祝日のみ ※平日開館は応相談






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  December 3, 2014 11:32:49 AM

December 2, 2014
 

みなさん、こんにちは!西濃振興局です。

さて、今回のテーマは輪中館でございます。

輪中館とはその名のとおり輪中を学ぶための施設で、写真のとおり、一般の方から提供された当時の写真や生活用品、ジオラマや学習資料などにより輪中についての理解を深めることができる仕様になっています。

輪中1.jpg

 

ところで、そもそも輪中って何?という方のために。

我々は、河川が氾濫した時に住居が浸水しないようするために、河岸に堤防を建設します。

実は、この堤防にもいろいろと種類があるのです。

たとえば、堤防にあらかじめ切れ目を入れておくことで、決壊のリスクを減らし、排水をスムーズに行う霞堤。(かつて武田信玄が考案したそうです)

川の流れと直角方向に設置することで、流速の軽減、遊水池の確保を行う横堤。等々。

 

その堤防の1つに、輪中堤というものがあります。

輪中堤は一般に、集落や耕地の周囲を囲うように設けられた堤防のことを指しており、木曽三川下流域に分布しています。

つまり、輪中を定義すると、洪水による被害を防ぐため周囲一帯を堤防で覆い囲んだ集落、と言うことができます。

 

濃尾平野に位置する西濃地区は木曽三川や広大な自噴帯を有し、大垣などは古くから「水の都」と呼ばれていました。

その一方、標高が低く雨量が多いといった条件などが重なって、ひとたび河川が氾濫すると大規模な洪水となり、人々は対策を迫られました。

そこで考案されたのが輪中なのです。

西濃地域には、住居の造りや地名など、随所に水郷地帯であることを示す手がかりが残存しています。

普段はあまり意識しませんが、ふと通りがかった水防倉庫や水神さんなどの由来を知っていると、何げない風景が違ったものに見えるかもしれません。

旅行やイベントで西濃地区を訪れた時には、雑談のネタにもなります(*^_^*) 

 

今回は、そんな「輪中」について教えてくれる施設、輪中館について紹介させていただきます!

輪中専門の学習施設というだけあって、輪中館には各種資料が揃っています。

最初にも触れましたが、当時の堀田や住居の写真、生活用品(農具等)、集落のジオラマや学習プリントなどがそうです。

 

なお、本来は館内での撮影はできませんが、特別に許可を頂いて、その一部を写真に収めさせていただきました。

展示資料の中には当時実際に住んでみえた方からの寄贈品も多くあり、とてもリアリティがあります。

 

(1)集落ジオラマ

さて、小さくて判り辛いかもしれませんが、写真をご覧ください。

輪中2.jpg

 

集落箇所は限定されており、堤防で囲まれたエリアのほとんどが水田です。

今でこそ徳川将軍御膳米などが知られておりますが、海抜0メートル地帯ともいわれる輪中地域は高地からの悪水が溜まりやすく、もともと稲作に適しているわけではありません。

そこで江戸時代から、堀田(ほりた)の造成が始まりました。

堀田とは、田の一部の土を隣接箇所に積み上げて高くし、高低を設けたものをいいます。

高部で耕作、低部で排水と役割を分散させることで、それまで発生していた水損不作を防止できるのです。

 

イメージしづらい、という方は輪中館各所に置いてある学習プリントをご覧ください。

輪中5.jpg

各展示物の解説をしてくれるこのプリント、これが何とも分かりやすい。

ご来館の際はぜひ手に取ってみてください。

堀田についても、当時の写真を添えてわかりやすく解説されています。

 

話は飛びましたが、輪中を象徴するこの堀田は、昭和30~40年代に行われた土地開発事業により、今ではその姿を見ることができません。

しかし、輪中館では当時の堀田の写真が種類別に展示されており、その姿を確認することが出来ます。

一見、田んぼに見えないミステリアスな風貌をしていますが、迷路のような構造に思わず見入ってしまいます。

出来れば生で見たかった...

 

つづく






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  December 2, 2014 12:02:32 PM

December 1, 2014
 

 

10月11日(土)、12日(日)の二日間、神戸町にて開催されたGO!ご~どんとこい祭り2014に行ってきました

01写真(舞台).JPG

 

毎年楽しみにしているのですが、今年も内容盛りだくさんで活気ある2日間でした

両日とも天候に恵まれ、ステージイベントや食べ物屋台、各種物販などを楽しみました

02写真(様子_キャラクター).JPG 03写真(タイダイ).JPG

 

今年は、西美濃・北伊勢観光サミットが併せて開催され、各市町の特産品の販売があり、特設ステージでは、神戸町ゆるキャラばら菜」がデビュー!å

04写真(ゆるキャラ).JPG

(写真の真ん中みぎがばら菜です)

 

また、食べ物や物販などのブースや子ども遊び場コーナーは、多くの家族連れで長い行列が!Ӥä

05写真(様子_行列).JPG 06写真(射的).JPG

 

家族連れで楽しめる、たいへんな盛り上がりの二日間でしたOK

 

 

 

 

 

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  December 1, 2014 01:21:59 PM

総合記事ランキング
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.