そのほか 毎日五千名に当たる♪♪楽天ブログラッキーくじ
707190 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ケータイで見る】 【ログイン】

ぎふっ子くらぶ

Rakuten Profile


岐阜県おすすめ隊さん

岐阜県おすすめ隊

フォローする

Category

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

武芸川八幡宮 New! 関市職員さん

Café de ランチ! 岐阜市職員さん

春だより お茶屋屋… 大垣市さん

水戸野シダレザクラ… 白川町観光協会さん

週末のハッスル黄門… ハッスル黄門さまさん

Gifu Crossroads webmaster2010さん
日本一アツい多治見… 多治見市さん

Let's link!

Calendar

Mobile

ケータイ
スマートフォン
>>ケータイにこのブログのURLを送信!


岐阜観光
(社)岐阜県観光連盟 >>
 

twitter ←ぎふっ子くらぶのツイッターです。ぜひフォローしてください!
また、#machi21gifuをつけてツイートしていただくと、ブログの下段に皆さんのツイートが表示されます。ブログのご感想や情報などもお寄せください!


[全1070件 新着記事一覧を見る]

March 31, 2014
楽天プロフィール XML
 

 

3月最終の日曜日に、中津川市坂下にある「椛の湖農業小学校」では、どの小学校よりも早い入学式が行われました。

おめでとう.JPG

 

式次第.JPG 

 

 

天気予報通りの大雨でしたが、小学生の子供たちの元気な姿が見られました。

入学式.JPG 

 

 

「椛の湖農業小学校」は中部地区の小学生を対象に、 「たがやしひとなる」を合言葉に「椛の湖」の自然の中で農業体験を通して食べ物の大切さを体験し、異年齢の人とのふれあいの輪を広げる場を提供しています。

この「椛の湖農業小学校」は今年で21年目を迎えます。安保校長(あぼにい)をはじめ農家先生やスタッフたちは、20年を一区切りとして新たな気持ちを持って迎えていると思います。

スタッフ打合.JPG

 

 

さて、今日は「椛の湖農業小学校」名物の五平餅がお昼に出ます。

入学式が始まると同時に五平餅作りが始まりました。

ここの五平餅は団子の形をしていて、前日から用意してあったごはんの玉を串に刺していきます。

刺し方にもコツがあります。まず、串の先と手に少し水をつけて、玉をひとつ刺したら、ふたつ目は串を180度回転させて刺します。そしてみっつ目はまた、串を180度回転させて刺します。こうすることで安定するようです。

串さし.JPG

 

 

この日は大雨で農作業もできないので、入学式とグループごとのミーティングが終わったら、子どもたちも五平餅作りをしました。

授業.JPG

 

 

白焼きの後、タレをつけて焼くのですが、タレが炭火に落ちて香ばしいにおいがたまりませんでしたڤ

お昼はみんなで作った五平餅と、厨房スタッフの方たちが作ってくれたごちそうをいただきました。

五平餅焼.JPG

 

 

入学式のときの言葉にもありましたが、命をいただいているので感謝の気持ちを忘れないよう、食べる前はみんなで手を合わせて「いただきます」と言って食べました。

お昼ご飯.JPG

 

入学した小学生のみんなはこれから11月まで、「椛の湖」で楽しく過ごせるといいですね。

 

 

P.N.ボラスタH

 

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 31, 2014 01:20:18 PM

March 28, 2014
 

 

さて、関ケ原宿から今須宿に向かっていきます。

 

関ケ原宿から今須宿までは、およそ5kmです。

健康のためのウォーキングに最適です!

 

今須宿に向かう途中、日本三関(さんげん)である不破関跡に出会います。

関ケ原の合戦だけでなく、さらに昔の壬申の乱でも舞台となった関ケ原。

壬申の乱の後、天武天皇はこの場所に不破関を設置し、天下の変乱に備えるために通行人たちを取り締まったそうです。

09_不破の関跡.JPG

<不破関跡>

【住所】関ケ原町大字松尾149-1

※JR関ケ原駅から西へタクシーで5分

 

不破関のすぐそばには、不破関資料館があります。

関所や壬申の乱について学ぶことができ、関ケ原のもう一つの魅力に触れることができます。

10_不破の関資料館.JPG

<不破関資料館>

【住 所】関ケ原町大字松尾21-1

※JR関ケ原駅から西へタクシーで5分

※駐車場あり

【電 話】0584-43-2611

【開 所】午前9時から午後4時30分(11~3月は午後4時まで)

【定休日】月曜日(祝の場合は翌日休)、祝翌日、年末年始

【入場料】大人100円  小人50円

 

今須宿に向かってさらに進んでいくと、高札場跡があります。

ここは、関ケ原宿と今須宿の中間にあたり、休憩施設があったため、間の宿(あいのしゅく)と呼ばれていたそうです。

現在も小さな休憩スペースがあり、中山道歩きの休憩スポットに最適です。

11_高札場跡(H26.3).JPG

<高札場跡>

【住 所】関ケ原町大字山中地内

※JR関ケ原駅から西へタクシーで7分

 

高札場のすぐ近くには、鶯の滝と呼ばれる滝があり、中山道から見ることができます。

歩き疲れた時にこの滝の音を聞くと、疲れが癒されるようです。

12_鶯の滝.JPG

<鶯の滝>

【住 所】関ケ原町大字山中967

※JR関ケ原駅から西へタクシーで7分

 

鶯の滝を越えて、今須峠を越えると、いよいよ今須宿です。

13_今須宿風景.JPG

江戸日本橋から数えて中山道60番目の宿場町となる今須宿は、

JR関ケ原駅から、タクシーを利用して10分ほどで到着します。

 

歩いていると、問屋場に出会います。

中山道ぎふ17宿で、唯一現存する問屋場ということで非常に珍しいです。

14_問屋場.JPG

<今須宿問屋場>

【住 所】関ケ原町大字今須3447

※JR関ケ原駅から西へタクシーで10分

 

さらに西へ歩くと、常夜灯があります。

この常夜灯は、文化5年(1808年)この地で荷物を紛失した問屋が、金毘羅さんに願をかけた結果荷物が見つかったということで、そのお礼に建てられたものだそうです。

15_常夜灯.JPG

<今須宿常夜灯>

【住 所】関ケ原町大字今須3432

※JR関ケ原駅から西へタクシーで10分

 

さらに西へ進んでいくと、国道21号線に交わる直前で車返しの坂に出会います。

なだらかな坂は、往時の中山道を彷彿とさせる風情ある風景です。

16_車返しの坂.JPG

<車返しの坂>

【住 所】関ケ原町大字今須3138-1

※JR関ケ原駅から西へタクシーで10分

 

ここから国道21号線を渡り、西へ進んでいくと岐阜県と滋賀県の県境にたどりつきます。ここでは昔、国境の小さな溝を隔てて建つ両国(美濃国と近江国)の旅籠の客同士が、寝ながら話しができたことから寝物語の里と呼ばれています。

現在も小さな溝で両県を分けています。

17_県境.JPG

<寝物語の里>

【住 所】関ケ原町大字今須3246-1

※JR関ケ原駅から西へタクシーで12分

 

ここからさらに西へ行くと、滋賀県にある柏原宿にたどり着きます。

 

 

さて、関ケ原宿と今須宿、いかがだったでしょうか。

関ケ原は古戦場だけじゃないんです!是非お越しください!

と言いつつも、やはり古戦場は大変魅力的です。

古戦場と中山道、合せて満喫してください!

18_決戦地.JPG

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 28, 2014 02:38:18 PM

 

 

みなさんこんにちは!西濃振興局です。

 

今日は、「岐阜の宝もの」の一つ「中山道ぎふ17宿」のうち、関ケ原町にある「関ケ原宿」と「今須宿」のご紹介です!

 

関ケ原宿へ行くには、JRを利用し関ケ原駅で下車するのが便利です。

 

関ケ原駅を出ると、「おへそ」というお店が目に入ります。

この「おへそ」では、戦国グッズなど関ケ原のお土産の購入はもちろん、レンタサイクルを借りることもできます!駅の真ん前で借りられる自転車、とても便利ですね!

1回あたり、4時間までは500円、1日貸出は1,000円です。

ぜひ、関ケ原にお寄りの際にはお気軽にお立ち寄りください!

 

01_おへそ外観.JPG

<おへそ>

【住 所】関ケ原町関ケ原579-3

※JR関ケ原駅を出てすぐ

【開 所】午前8時30分から午後5時まで

【定休日】火曜日

 

なお、駅から北に少し歩いたところにある、関ケ原町歴史民俗資料館でもレンタサイクルを借りることができます(関ケ原合戦に関する展示も充実しています)!

値段は「おへそ」と同じです!

 

02_レンタサイクル.JPG

<関ケ原歴史民俗資料館>

【住 所】関ケ原町大字関ケ原894-28

※JR関ケ原駅から北へ徒歩10分

※駐車場あり

【電 話】0584-43-2665

【開 所】午前9時から午後4時30分(11~3月は午後4時まで)

【定休日】月曜日(祝の場合は翌日休)、祝翌日、12月29日から1月3日

【入場料】大人350円  小人200円

 

さて、中山道関ケ原宿に向かいます。

 

03_関ケ原宿風景(R21).JPG

 

江戸日本橋から数えて中山道59番目の宿場町となる関ケ原宿は、

JR関ケ原駅から、徒歩3分ほどで到着します!

ですが、この近辺は中山道を国道21号が通過しており交通量も多いため、残念ながら宿場町の風情はあまり感じられません。

 

ですが、少し裏に入ると見どころも多いです。

本陣跡では、県天然記念物の古木「スダジイ」が往時を偲ばせてくれます。

ここは本陣の庭にあたるそうで、当時からずっと本陣の移り変わりを見つめています。

 

04_本陣跡.JPG

<関ケ原宿本陣跡>

【住 所】関ケ原町大字関ケ原907-1

※JR関ケ原駅から南西へ徒歩7分

 

少し離れていますが、中山道を東へ(垂井宿方面へ)進んでいくと、国道21号線から少しだけ外れた場所に松並木が残っています。

05_松並木.JPG

<中山道松並木>

【住 所】関ケ原町大字野上地内

※JR関ケ原駅から東へタクシーで5分

 

<関ケ原宿周辺の番外編>

中山道とは直接関係ないのですが、関ケ原に来たら是非食していただきたいのが、やぎ

乳で作ったジェラートです!

 

関ケ原町で耕作放棄地や獣害対策として「やぎ」が飼育されています。

そのやぎから搾った乳を使ったジェラートを食すことができるのが、やぎ工房may!may!(メイメイ)です。

06_may!may!内部.JPG

やぎ乳にはもともと甘みがあり、砂糖は控えめで、栄養分が豊富でカラダにも良いありがたいジェラートです。

臭みはなく、食後感もさっぱりしていますが、どうしてもやぎ乳の癖が気になるという方には、「ラムレーズン」がお薦めです!

イートインコーナーもあるので、店内でゆっくりくつろいでください!

 

今回は、三成(みっつなり)を注文しました。

07_may!may!三成.JPG

お好きなジェラートから三種類選ぶことができます(のぼり旗も選べます)!

抹茶、チョコ、焼きいも、かぼちゃ、いちごなど、種類も豊富です。

これで250円と大変お得です!

しかし、残念ながら三成は冬季限定メニューで今年は1月から3月まででした。

来年も登場するといいですね!

(通年であるともっと嬉しいです!)

 

三成は無くても、春から秋も美味しいジェラートをいただくことができ、

徳川家康や伊達正宗、石田三成などの家紋入りのカップを選ぶこともできます!

是非、やぎ工房may!may!にお越しください!

 

<やぎ工房may!may!

【住 所】関ケ原大字関ケ原894-28

※JR関ケ原駅から北へ徒歩10分

※駐車スペースあり

【電 話】0584-43-2583

【営業時間】(4月から10月)午前10時から午後5時
(11月から3月)午前10時から午後4時30分

午前9時から午後4時30分(11~3月は午後4時まで)

【定休日】月曜日、祝翌日、12月29日から1月3日

【料 金】ジェラート(シングル)1ケ300円

 

ちなみに、廃校となっている旧・関ケ原北小学校の敷地内でやぎを飼育しており、その様子を見ることが出来ます。お子様連れにはうれしいスポットです。

 

08_ヤギ小屋.JPG

<旧関ケ原北小学校>

【住所】関ケ原町大字関ケ原1167-1

※JR関ケ原駅から北へ徒歩20分

 

(その2へ続く)

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 28, 2014 02:12:35 PM

 

その1からのつづき

 

 

目的地はこちら

NS00026.JPG

 

NS00027.JPG

 

NS00028.JPG

 

NS00029.JPG

 

NS00030.JPG

 

NS00031.JPG

長良川鉄道相生駅、いつもはこんな感じなのですが・・・

 

NS00032.JPG

 

NS00033.JPG

巡礼者で一杯!

 

そして一向は、駅近くの公民館に移動

 

そこではなんと

NS00034.JPG

 

NS00035.JPG

プレゼント抽選会!(当日の往復チケットに番号があり、何かあたる)

 

NS00036.JPG   NS00037.JPG 

なんと、2つの商品をゲットした強者!

(クッションと切符先生(のうりんのイラストレーター)サイン入り画集)

 

NS00038.JPG

さっそく、ゲットした商品や、持込商品に白鳥先生のサインを求める観客

 

サイン会も終わり、移動です。

 

NS00039.JPG

どこの大名行列だ!

 

NS00040.jpeg

河原に向かってゆく巡礼者(この写真は先程の八坂駅で撮影してくれた方より提供)

 

NS00041.JPG

 

NS00042.JPG

おおーOPにて河原ではしゃぐ登場人物たちのあの岩です。

 

NS00043.JPG

そして岩に近づこうとする強者も!(さすがに途中で断念してましたが)

 

NS00044.JPG

そんな強者に声をかける白鳥先生

 

河原から再び公民館へ戻ってきました。

NS00050.JPG

 

帰りの時間まで質問タイム

NS00051.JPG

 

 

NS00052.JPG

帰りの時間が来たので相生駅に再び戻ってきました。

 

NS00053.JPG

 

NS00054.JPG

駅舎内

 

NS00055.JPG

帰りの列車を見送る、現地集合の巡礼者と、お辞儀をして見送る白鳥先生

 

そんな1日でした。

 

今回35人の定員がすぐに一杯になったので、長良川鉄道では第2弾を決定しました。

http://www.nagatetsu.co.jp/gazou/nourin.pdf

平成26年4月27

白鳥先生と行く『のうりん』聖地巡礼の旅第2限

お一人様3,800円

※先程確認したら、すでに満席になったようです。これは第3限もあるか?

 

もう一つの聖地

ベッキー先生が一人でさみしく、食事をしたこちら

NS00056.JPG

 

NS00057.JPG

サンチボリ(岐阜市塩町)、こちらも気になります!

 

さて、アニメの放送も終わりますが、これからも「のうりん」を応援していきます。

 

4月から始まる「僕らはみんな河合荘(恋愛ラボと同じ宮原るりさん原作)」も、舞台は岐阜です!

http://www.tbs.co.jp/anime/kawaisou/

(なんと「のうりん」の「中沢農」役の「花澤香菜」さんがヒロインの「河合律」を演じるそうです!)

 

「ガイヤが俺にもっと耕せと言っている」が、「私、気になります!」

PN:隊長(アニメ「のうりん」勝手に応援委員、岐阜が舞台のアニメ担当)

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 28, 2014 11:23:23 AM

March 27, 2014
 

 

聖地巡礼に原作者が降臨

【長良川鉄道】白鳥先生と行く『のうりん』聖地巡礼の旅、貸切列車でGO! その1

農業に青春をかける高校生たちの日常を描いたライトノベル「のうりん」。
長良川鉄道の出発点である美濃加茂が舞台となった物語です。
原作第4巻には長良川鉄道が実名で登場しています。

主人公たちが美濃太田駅から列車に乗車し、名物の駅弁を食べながら郡上へ里帰りするシーンも描かれています。
主人公たちの足跡を貸切列車に乗って辿ってみましょう。
そして、なんと! 聖地巡礼に原作者が降臨! 今回の旅には作者の白鳥士郎先生がご一緒くださいます。
それでは、のうりん聖地巡礼号、発車します。

 

こちらに行ってきました。

 

NS0000.JPG

集合場所は美濃太田駅(写真はJRですが、長良川鉄道さんも併設しております)

 

NS0001.JPG

 

NS0003.JPG

前回時間が会わずに入れなかった観光案内所の中へ

(美濃太田駅南側)

 

NS0004.JPG   NS0005.JPG

交流ノートや、美濃加茂市役所職員による聖地マップもあります。

 

NS0006.JPG

 

NS0007.JPG

 

NS0008.JPG

もちろん観光案内所なので、観光マップが(なぜか富山県まで)

 

NS0009.JPG

私は「のうりん」なので、作業服で参加(前日の明知鉄道 コスプ列車と同じ)

 

NS00010.JPG

本日の参加者を載せる専用車

 

NS00011.JPG

こちらです

 

NS00012.JPG

35人を乗せて、走り出します。

 

NS00013.JPG

白鳥先生と長鉄職員(第6巻に登場の方)による解説が始まり

 

NS00014.JPG

その間に、原作にも出てきた、あるものが配られます。

 

NS00015.JPG

こちらです(第4巻にも出てきた松茸の釜飯)

 

NS00016.JPG

小説の該当頁と並べてみました。

 

NS00017.JPG

 

NS00018.JPG

今回は、箸袋がオリジナルでした。

(もちろん私は、別でついていた箸で食べました)

 

NS00019.JPG

食事風景中も白鳥先生の解説は続きます。

 

NS00020.JPG

 

NS00021.JPG

 

NS00022.JPG

長良川の沿線を走ります。

 

NS00023.jpeg

小生の知り合いの撮り鉄さんが長良川鉄道八坂駅近くで撮影してくださった、イベント列車

後ろ姿の白鳥先生が映っています。

 

NS00024.JPG

いよいよ目的地に近づいてきました。

 

NS00025.JPG

目的地に到着。

 

その2へつづく

 

「ガイヤが俺にもっと耕せと言っている」が、「私、気になります!」

PN:隊長(アニメ「のうりん」勝手に応援委員、岐阜が舞台のアニメ担当)






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 27, 2014 10:46:43 AM

March 26, 2014
 

みなさんは、「日本五大名飯」はご存知ですか?

 

日本五大名飯とは、昭和14年に宮内庁が実施した全国郷土料理調査の中で優れた5つのご飯料理が日本五大名飯として選定されました。

その5つの料理とは、東京の「深川めし」、埼玉の「忠七めし」、島根の「うずめめし」、大阪の「かやくめし」、そしてこの地方の「サヨリめし」を言います。

サヨリめし.jpg

生のサンマを丸ごと炊き込む料理で、昔はサンマやサヨリなどのダツ目の魚で刀状の魚を総称してサヨリと呼んでいたそうです。

すごいですよね、宮内庁に認められた郷土料理がこの可児にもあったわけですから。

 

ただ、残念なことに市内でサヨリめしを常時提供するお店は現在ありません。

そんな中、今月29日(土)~30日(日)に行われる「カタクリまつり」ではサヨリめし料理を期間限定販売します。

この機会にぜひこの地方の郷土料理を知ってもらいたいですし、市内のお店でもサヨリめしがメニューとして提供されてくるとうれしいですね。

 

カタクリ群生地.jpg

 

カタクリの花.jpg

 

「カタクリまつり」について

日時   :平成26年3月29日(土)~30日(日) 午前9時~午後3時

会場   :可児川下流域自然公園入口

臨時駐車場:名城大学(学生駐車場、280台)

 

当日は会場臨時バス停、名鉄可児川駅、臨時駐車場を結ぶ無料シャトルバスを運行します。

会場周辺は大変な混雑が予想されますので、公共交通機関および臨時駐車場をご利用ください。

 

バスの時刻表など詳しくは可児市観光協会HPをご覧ください。

http://www.kani-kankou.jp/katakuri2014.php

 






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 26, 2014 06:13:28 PM

March 24, 2014

レイヤーよ、明鉄に集え

【明知鉄道】コスプ列車発車! -大正村行き-

コスプレをして電車に乗っちゃうこの企画!

のんびりした雰囲気の車窓を楽しむだけでなく、車内や駅(※明知鉄道でのみ可能)での撮影もOK!

コスプレ専用車を用意しているので、気兼ねなく撮影ができます。


約50分のプチ仮装鉄道旅を楽しんだ後は、日本大正村を自由散策!

マップを参考に、撮影を楽しむ、美味しいものを食べる、歴史を勉強するなど、ご自分なりの楽しみ方を満喫してください!

こちらの3/15の第2回目にも行って来ました。

AC2001.JPG

AC2002.JPG

AC2003.JPG

集合場所の明知鉄道の恵那駅と着替え場所となった「えなてらす

 

 

専用列車は前の1両を貸切

AC2004.JPG 

乗り込むレイヤーさんたち

 

 

列車内では、レイヤーさんがそれぞれ撮影 

AC2005.JPG   AC2006.JPG

って「やなな?」

 

AC2007.JPG

本日は「やなお」です

AC2008.JPG

 

AC2009.JPG

「やなお」と「田茂農林高校生(私、のうりん)」+

AC2010.JPG

 

AC2011.JPG

「やなお」と「田茂農林高校生」に挟まれる「小鳥遊(たかなし) 六花(りっか)(中二病でも恋がしたい)」
(ちなみに六花ちゃんのコスプレイヤーさんは元やななの初代ジャーマネだったそうです)

AC2012.JPG   AC2013.JPG

 

AC2014.JPG 

 

 

明智駅につくと

AC2015.JPG

大正ロマンちゃん」がお出迎え

明智駅では集合写真
今回は撮り忘れました・・・

 

AC2016.JPG 

夢の競演?「小鳥遊 六花」と「大正ロマンちゃん」

 

 

それぞれ大正村へとバラバラに移動します。

AC2017.JPG 

今回私は、「やなお」他数名を、大正ロマン館まで案内しながら、移動
おもに7名(カメラマン2名含む)の団体で、撮影をしておりました。

 

AC2018.JPG  AC2019.JPG 

明智光秀が祭られている祠の近くの寺

 

AC2020.JPG 

大正ロマン館近くで、妖怪人間ベムとベラ

 

AC2021.JPG 

大正ロマン館前の広場

 

 

昼食に向かう道すがら

AC2022.JPG 

大正の小路にて

AC2023.JPG

 

AC2024.JPG

 

 

昼は「ハヤシライス」を7人で食事

AC2025.JPG   AC2026.JPG 

(お邪魔した庵さん)

 

 

「やなお」はイリュージョン(笑)で食事をしています。

AC2027.JPG

 

AC2028.JPG   AC2029.JPG 

 

 

明智駅近くの浪漫亭

AC2037.JPG   AC2038.JPG

 

AC2039.JPG 

 

 

昼を済ませ明智駅まで戻ると、着替え場所が開いていたので、ここで解散です。

AC2040.JPG 

 

 

さて、明知鉄道では初の試みとなった、コスプレ列車ですが、いろいろとありましたが、無事に開催されよかったです。

 

今後四季にあわせて開催してほしいや、各駅で停車の時にホームでの撮影、などの意見もあったようですので、その辺は次回に期待したいです。

 

撮影に関しては、イベント紹介と言う形で撮影をしております。

※参加されたレイヤーさんへ
当日承諾を頂いておりますが、写真はやはり消して欲しい方は、当日お渡しした連絡先までお知らせください。

それでは、明知鉄道で今後とも「コスプレ列車」があることを、期待しております。


PN隊長(【明知鉄道】コスプ列車発車!-大正村行き-取材担当)






楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  March 24, 2014 03:34:30 PM

[全1070件 新着記事一覧を見る]

「#machi21gifu」に関するつぶやき

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2014 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.