158021 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

オカダマニラに行こう!!!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

前日比△612,154円※3… New! かぶ1000さん

東京ラヂエーター製… New! toms2121さん

2017PF概況464位、川… みきまるファンドさん

白米っ式見せかけバ… 白米っさん

Comments

たこやき@ Re:オカダマニラ(マニラベイリゾーツ)建設中!VOL.16(02/12) Instagramでは噴水から花火が上がっている…
ゆうすけ@ Re:オカダマニラ(マニラベイリゾーツ)建設中!VOL.16(02/12) こんにちは。やっと待ちに待ったグランド…
skyfish1975@ Re[1]:オカダマニラのギャンブル依存症対策!?(01/06) おめでとうございますさん、こんばんわ。 …

Freepage List

Headline News

2017.02.19
XML
さて、東スポのようなタイトルにしてしまいましたが(笑)、岡田会長のビッグマウスがネタです。
ネットを検索しているとこんな面白い記事がありました。

Japanese Billionaire Plans to Transform Philippines into “The Next Hawaii”

岡田会長が
マニラを第2のハワイにしたいという話は以前に書きましたが、来場者の30%を海外からと想定しているが、これを50%までに引き上げたいとのこと。中国や台湾にとってのハワイを狙っているそうです。

売り上げは日々拡大中とのことで、これに気を良くした岡田会長は、このマニラエンターテインメントシティで新たに3以上のカジノ施設を計画していると話しています。

rblog-20170219093237-03.jpg
エンターテインメントシティを上空から見るとWCRW(ウェストサイドシティリゾーツワールド、地図上のResorts World Bayshore)の建設も始まっており、どこのことをいっているのかわかりませんが空いているスペースはまだまだありそうですね。WCRWの竣工は2020年ですが岡田会長がイメージしているであろうラスベガスのように建物が隙間なく寄せ集まるには時間がかかりそうです。パグコーももう少し計画的に誘致すればよいのにと思いますが、土地問題等いろいろと事情があるのでしょう。


フィリピンカジノへの参入は、ウィンリゾーツ、MGMリゾーツ、ラスベガスサンズなんかも虎視眈々と狙ってるようなことも書いてありましたし、治安を改善すべく隙間なくみっちり埋めていって欲しいものです。



rblog-20170219093237-00.jpg


岡田会長がマスコミのインタビューに答えてますが、ホクホク顔ですね〜。74才とは思えないほどはつらつとしたいい表情をしています。
(画像をクリックするとリンク先へとびます)

どうやら、来場者数は日2万人を考えてるみたいですね。年間にすると730万人ですが、これはおおよそ東京スカイツリーに相当します。スカイツリーは年々客足が減っているのですが、これは新規来場者が一巡したからと考えられています。つまり、誰しも日本一高い展望台に登ってみたいとは思うのですが、高いところに登るのは一度で十分ということで、それ以外にもここに来たいと惹きつける魅力的な何かがないとリピーターが増えないということです。お姉さんにも日2万人はとても多い数字で他のカジノと何が違うのですかと聞かれています。


ありますね、オカダマニラにはたくさんありますよ!


オカダマニラの親会社はその名の通りエンターテインメントの会社なんですから、人を楽しませることに関しては一流です。
噴水ショーやミシュランスターレストラン、ラグジュアリーショップに、全天候型屋内ビーチドームやナイトクラブ、エンターテインメントショーなど客寄せパンダはいくらでも用意されています。食べ物の価格も街中と同じに配慮してあると言ってますね。(フードコートのところでしょうか?全部のレストランではないですよね)
第一、カジノ自体がひとつの大きな目的ですからね!

インタビューの最後で、日本でのカジノ参入について聞かれています。人件費と建設費がフィリピンの3倍、アメリカの1.5倍に高騰しているので悩ましいが、

我々もやらざるを得ないと考えています

と発言されています。

今まで、名言を避けていましたが、岡田会長がようやく日本のカジノ事業へやや前向きな姿勢を示してくれました。

フィリピン同様、日本カジノにはメルコクラウン、MGMリゾーツ、ラスベガスサンズなどが名乗りを上げていますが、外資系にみすみす利益を持っていかれるわけにはいきませんからね。日本企業であれば日本のGDPも上がりますし、このあたり日本の政治家さんたちはわかってくれてますよね...。

というわけで、オカダマニラのフェーズ2以降に加え、新しい3つのカジノと日本カジノの新展開に目が離せませんね!





楽天SocialNewsに投稿!

Last updated  2017.02.19 09:50:16
コメント(0) | コメントを書く


Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.