000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

わたしのブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile

棗の実

棗の実

Calendar

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

津山千恵@ Re:紫陽花蒔絵中棗(11/10) お久しぶりです。お元気ですか。この9月に…
Monsieur@ はじめまして! はじめまして。。。 棗のブログ。。。大変興味…
棗の実@ 山崎さんへ お返事、遅れて申し訳ありません・蒔絵を…
tsuyama@ Re:棗の仲間をこれから、紹介します。(10/24) 久しぶりにホームページを見ました。内容…
山崎@ Re:棗です(10/05) 突然のメール、お許しください。 どうし…

Freepage List

Headline News

2006.10.27
XML
この茶器は、円筒形の身に少し甲盛りのある蓋がのせられている、身より蓋の径が少し
大きくなっている。中の仕上げは欅の木地でその上に順次漆で仕上げるが黒漆の上に朱漆で
最終の仕上げとなるが。使い込むほど上部の朱漆がとれて下地の黒漆が所どころに見えるようになっており。 黒と朱の色彩の対比が鮮やかである。容器としては、たっぷりの容積があり。
その寸法と力強い姿は、時代を経た味わいとともに堂々とした印象を、与えている。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2006.10.27 21:10:06
コメント(0) | コメントを書く
[生活 インテリア 茶道具] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.