000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

猫とHidamariで

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

映画 は行

2010.10.17
XML
カテゴリ:映画 は行

新たな物語は「東京」から始まった。

バイオハザード4 アフターライフ HP

バイオハザード4 アフターライフ シネマトゥデイ

英題: RESIDENT EVIL:AFTERLIFE
製作年: 2010年
製作国: アメリカ/イギリス/ドイツ
日本公開: 2010年9月10日

スタッフ
監督・脚本: ポール・W・S・アンダーソン
撮影: グレン・マクファーソン

キャスト
ミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス)
アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)
キム・コーツ(ベネット)
ショーン・ロバーツ(アルバート・ウェスカー)
セルヒオ・ペリス=メンチェータ(エンジェル・オーティス)
スペンサー・ロック(Kマート)
ボリス・コジョー(ルーサー・ウェスト)
ウェントワース・ミラー(クリス・レッドフィールド)
シエンナ・ギロリー(ジル・バレンタイン)

バイオハザード4.jpg

チェック
ミラ・ジョヴォヴィッチが最強ヒロインを演じて大ヒットした
サバイバル・アクション・シリーズで、初の3D仕様となる第4弾。

ウイルス感染により荒廃した世界を舞台に、
生き残った人間を救うために立ち上がったヒロインのし烈な死闘を描く。

シリーズ1作目でメガホンを取ったポール・W・S・アンダーソンが
再び監督として返り咲き、テレビドラマ「プリズン・ブレイク」の
ウェントワース・ミラーと「HEROES/ヒーローズ」のアリ・ラーターが共演。

3作目のラストシーンに登場した東京から物語が始まることにも注目だ。

ストーリー
ウイルス感染のまん延で世界は荒廃し、人間は滅びつつあった。
そんな中、生き残りの人間を探して世界中を旅する
アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、ロサンゼルスの刑務所に
隠れて生き残る人間たちを見つける。
彼らを刑務所から脱出させるため、アリスはアンデッドとの闘いに挑む。

バイ1.jpg
クレア&クリス&アリス


音符えんぴつこの作品を観たのは9月17日。
あはは・・・一カ月も前だ・・・びっくり
なので、簡単に・・・(^_^;)ショック

「3」の事は殆ど忘れてしまっての鑑賞でしたので??でした。
帰ってからDVDを観たらつながりましたが。。スマイル

冒頭の東京の雨のシーン。
最初の感染者役の中島美嘉さんが登場するシーンは
インパクトがありました。

そしてアリスが何人も現れて・・・これは「3」からつながってたんですね。
相変わらず無敵のアリス。
「3」で超能力を使ってたアリスでしたが、
今回のアリスは超能力を使ってませんでしたね?

アクションは迫力があり、アンテッドとの闘いは今迄の作品同様グロく、
処刑人マジニは恐ろしかった。

バイオ1.jpg
処刑人マジニ

「3」でクレア達をアラスカへ避難させたアリスでしたが、
生存者を探しながら旅を続けて行くうち、記憶喪失のクレアにあう。

クレアと共にヘリでアラスカを飛び立ったアリスが辿り着いたのは
ロサンゼルス。
ロサンゼルスの刑務所に隠れていた生存者達を助け出す為に
アンテッドと闘うアリス。

そんな中クレアも記憶を取り戻し一緒に闘う。

実は、何とクレアの事も忘れてました。。。大笑い

今回はクレアの他クレアの兄?弟?(どっちだったかしら?)
クリスも加わって、特にラスト近くのアルバート・ウェスカー対
アリス、クレア、クリスの闘いは見応えがありました。

クリス役は「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーが
演じてます。
クレア役のアリ・ラーターとは兄妹の役ですが、
本当の兄妹のようになんとなく雰囲気が似てると感じました。

私は勝手に今回で終わりだと思って観ていたので、
ラストでビックリ!!まだまだ続きそうですね。

ミラ・ジョヴォヴィッチ演じるアリスは本当にハマリ役で、
クレア、クリスも次回作にも出てきそうですし、またまた楽しみです。







Last updated  2010.10.18 00:14:55
コメント(2) | コメントを書く
2010.05.10
カテゴリ:映画 は行

人生のひき金を引け

任務のためには手段を選ばない危険な男
人を撃てない見習い捜査官
コンビ史上最悪の相性の二人が、
巨大犯罪組織を追う―!

=チラシより=

パリより愛をこめてHP

パリより愛をこめて シネマトゥデイ

英題: FROM PARIS WITH LOVE
製作年: 2010年
製作国: フランス
日本公開: 2010年5月15日

キャスト
ジョン・トラヴォルタ (チャーリー・ワックス)
ジョナサン・リス・マイヤーズ (ジェームズ・リース)
カシア・スムートニアック (キャロリン)
リチャード・ダーデン
アンバー・ローズ・レヴァ
シェムズ・ダマニ
モステファ・スティティ
ディディエ・コンスタン
アレクサンドラ・ボイド
メリッサ・マルス
サミ・ダール
ヨアキム・デ・アルメイダ

p4.jpg

チェック
ジョン・トラヴォルタとジョナサン・リス・マイヤーズ演じる諜報(ちょうほう)員が、爆弾テロリストと戦うスタイリッシュなアクションムービー。

アメリカ政府の要人を狙う暗殺計画を知った二人が、フランス・パリを舞台に激しい銃撃戦やカー・アクションを繰り広げる。

監督は、『96時間』がスマッシュ・ヒットを飛ばしたピエール・モレル。
すべてのスタントをこなしたジョンの、50代とは思えないキレのあるアクションに注目。

ストーリー
CIAの異端児諜報(ちょうほう)員ワックス(ジョン・トラヴォルタ)とコンビを組んだことから、地味な諜報(ちょうほう)活動の日々が一転、危険な麻薬捜査に乗り出すこととなった駐仏アメリカ大使館員のリース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)。

捜査を続けるうちに、二人は爆弾テロリストによる
アメリカ政府要人暗殺計画を突きとめる。


p2.jpg 

えんぴつえんぴつ連休明けの6日に試写会に誘って頂き鑑賞する事が出来ました。
さんありがとうございました。

スキンヘッドのジョン・トラヴォルタは迫力ありました。
銃撃戦はとにかく凄かったです。

ワックス(ジョン・トラヴォルタ)は敵に対して
躊躇することなく容赦のない攻撃をする。
敵に銃を向ける事を何とも思っていない。

一方、人を撃つ事が出来ないリース(ジョナサン・リス・マイヤーズ)
は訳も分からず・・・彼に従うだけ。

このヘタレ?なリース~好きでした~。あっかんべー

あまりにも、型破りなワックスに疑問を持ちながらも一緒に捜査を進める。

凄まじい銃撃戦に笑っちゃいました。スマイル

p3.jpg
上の壺を持つ羽目になった訳は。。。びっくり


このストーリーの事は全然知らなかったので、私はワックスは悪役なのか?と思いながら観ていました。
きっと後半にとんでもない事が起こるのではないかと。。。

『トレーニングデイ』の二人の様な・・・。
でも、それではありふれてるし、観客が喜ぶはずないし・・・と思いながら最後まで。。。

ラストは切ないシーンもありました。

銃撃戦だけではなく、カーチェイスも凄く全編通してかなりハードでした。
テンポが良く95分という長さもちょうど良かったのかも。
面白かったです。星

下矢印それにしても・・・ジョン・トラヴォルタ同じ人だとは・・・大笑い
001.jpg

ヘアスプレーの日記

 






Last updated  2010.05.16 21:03:48
コメント(10) | コメントを書く
2010.05.03
カテゴリ:映画 は行

プレシャスHP

プレシャス シネマトゥデイ

英題: PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE
製作年: 2009年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年4月24日

スタッフ
監督・製作・脚本: リー・ダニエルズ
製作: サラ・シーゲル=マグネス / ゲイリー・マグネス
原作: サファイア

キャスト
ガボレイ・シディベ
モニーク
ポーラ・パットン
マライア・キャリー
レニー・クラヴィッツ

プレシャス2.jpg

プレシャス1.jpg

チェック
ハーレムを舞台に、過酷な運命を生きる16歳のアフリカ系アメリカ人少女、クレアリース“プレシャス”ジョーンズの人生を描く人間ドラマ。
サンダンス映画祭でグランプリを受賞したほか、各映画賞の目玉的存在となっている。
新星ガボレイ・シディベが悲惨な家庭環境で育った主人公プレシャスを熱演。
マライア・キャリー、レニー・クラヴィッツら、有名スターの助演も話題を呼んでいる。
全米公開時には口コミで評判となった、力強く感動的なストーリーに注目だ。

ストーリー
実父と義理の父によって妊娠を2度させられ、母親(モニーク)からは精神的にも肉体的にも虐待を受ける16歳の少女プレシャス(ガボレイ・シディベ)。
悲惨な家庭環境に生きる彼女は、学校の先生や友達、ソーシャルワーカー(マライア・キャリー)らの助けを借り、最悪の状況から抜け出そうとするが……。

プレシャス3.jpg

えんぴつえんぴつ
アカデミー賞
助演女優賞(モニーク)受賞
脚色賞(ジェフリー・フレッチャー)受賞

ゴールデン・グローブ賞
助演女優賞(モニーク)受賞

他、各国の映画賞で沢山の受賞に輝いた話題の作品
 

この作品で疑問に思ってた事がありました。
精神的、肉体的に虐待を母親から受けてたという事なので、イメージ的に私は痩せてる方がいいのでは?と思っていました。
母親も働かず生活保護を受けてるのだから、金銭的にも困っていたはずでは?と。
なのに、母親もプレシャスも太ってるんです。
なんかしっくりこなかったんですよね・・・。

劇中で、母親がプレシャスの作った料理が気に入らないと、無理やり食べさせていたから、それが原因で太ったの??と納得しましたが。。。

少しネタバレありです

母親の虐待は凄かったです。
当たり所が悪かったら、怪我だけでは済まないような物を投げつけてました。。。
母親に罵倒されようが、物を投げつけられようが、口答えをせず無言でいるプレシャス。
毎日のそんな生活からのプレシャスの逃げ場は、彼女の空想の世界だったのです。
(白人の愛する人がいて、周囲からは憧れの眼差しで見られるスターのような自分。)

そんな中、彼女の2度目の妊娠が分かり学校を退学、その後に行く事になった学校(代替学校)で彼女は変わっていきます。
プレシャスのように問題を抱え、普通の学校へ通う事が出来なくなった子どもたちの為の学校。

ここで出会ったミズ・レイン先生の教えで学ぶ喜びを知り、友達もできる。
そして親身になって話を聞いてくれるソーシャルワーカーのミセス・ワイス
少しずつ良い方向へ変わっていくように思えたのですが~


実は、少し寝てしまったのです・・・・しょんぼり
なので、大事なシーンを見逃しているのかもしれません。。。号泣

プレシャス.jpg
この後の母親にビックリ!!
階段から赤ちゃんを抱いて転げ落ちたプレシャスに向かって上からテレビを投げつけた母親!!

後半の母親の訴え??
夫に愛されたい!夫を失いたくない!という事から、夫がプレシャスにしてきた事に対し、見て見ぬふりをしてきた母親。
母親も学ぶ事が出来ずに育ち、夫にすがって生きる事しか知らなかったんでしょうね。
泣きながら訴えた事実!だが自分を正当化するような訴えに同情することはできませんでした。
彼女は、”母親”と言うより”女”の部分が強かったんでしょうね。

告白を聞いたプレシャスは、もっと早く聞いてあげてれば、というような事を言ったと思うのですが、でも彼女の心は決まってました。

重いテーマでしたが、ラストのプレシャスに希望が見え、
強く生きて行くんだろうと思いましたが、
果たして大丈夫なのか?
と、現実的にも考えちゃいました。







Last updated  2010.05.04 12:16:51
コメント(7) | コメントを書く
2010.02.21
カテゴリ:映画 は行

ギリシャ神話が現代によみがえる!

ギリシャの神と人間の子は『デミゴット』と呼ばれ、特別な力を受け継ぐ・・・
神にさらわれた母を救うため、
【ゼウスの稲妻】を奪った疑いを晴らすため、
今、新たなる神話の旅へ。


パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 HP

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 シネマトゥデイ

英題: PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS : THE LIGHTING THIEF
製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2010年2月26日

スタッフ
監督: クリス・コロンバス
原作: リック・リオーダン
脚本: クレイグ・ティトリー

po11.jpg

キャスト
ローガン・ラーマン (パーシー・ジャクソン)
ピアース・ブロスナン (ブルナー先生/ケイロン)
ユマ・サーマン (メドゥーサ)
フランドン・T・ジャクソン (グローバー・アンダーウッド)
アレクサンドラ・ダダリオ (アナベス・チェイス/アテナの娘)
ショーン・ビーン (天上の最高神ゼウス)
キャサリン・キーナー (サリー・ジャクソン/パーシーの母)
ケヴィン・マクギット (海の神ポセイドン)
ジェイク・アベル (ルーク/ヘルメスの息子)
スティーヴ・クーガン (冥界(地獄)の神ハデス)
ロザリオ・ドーソン (ペルセポネ/冥界の女王)

po12.jpg

チェック
アメリカでベストセラーとなった児童文学「パーシー・ジャクソン」シリーズを、「ハリー・ポッター」シリーズの第一弾と第二弾でメガホンを取ったクリス・コロンバス監督が映画化した奇想天外なファンタジー・アドベンチャー。

神と人間のハーフである少年がたどる冒険の旅を描く。主人公のパーシーを演じるのは、『3時10分、決断のとき』でクリスチャン・ベイルの息子を演じたローガン・ラーマン。ギリシャ神話に登場する神や怪物にふんする、ピアース・ブロスナンやロザリオ・ドーソンにも注目。

ストーリー
ギリシャ神話の神の息子であると告げられたアメリカの寄宿学校生、パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)。

仲間とともにゼウスの雷撃を探す旅に出ることになったパーシーに、予言の神は4つの神託を下すが、旅の途中にはオリンポスの神々との出会いや敵との戦いが待っていた。
 
po8.jpg

えんぴつえんぴつ
試写会で鑑賞しました。
「児童文学」なので、ストーリーは分かりやすかったです。
が、ゼウス、ポセイドン、ハデス、メドゥーサ等の聞いた事のある名前もありましたが、分からない名前もありました。
でも、そんなに支障はありませんでしたよ。

物語の発端は、天上の最高神であるゼウスが、最強の武器「ゼウスの稲妻」を盗まれたという事。
その犯人が、ポセイドンの息子パーシーだという事。

ちょっと疑問?
最高神であるゼウスが、なぜ最強の武器「ゼウスの稲妻」を盗まれてしまったのか?
そんなに簡単に盗まれるなんて???
そして、パーシーが犯人だと決めつける根拠は?

と気になりましたが、2時間弱の時間ではそこまで描ききれなかったんだろうと思い、その事は頭から追い払いました。

パーシーが自分の名誉を守るため、そして母を救うために、グローバー、アナベスの協力を得ながらの冒険劇なので、この3人が主流となってます。

なのでキャストは豪華でしたが、それぞれの出演時間は短かったように思いました。

それぞれの配役はあってたと思います。
特に、ユマ・サーマン(メドゥーサ)は予告で観た時からピッタリだと思っちゃいました。大笑い

po7.jpg

戦いの見どころの一つにメドゥーサと、5つの頭を持つヒュドラがいます。
どんな戦いになるのかとワクワクしながら鑑賞しました。
あれれ・・・意外とあっさりと倒されてしまって物足りなかったです。

後半の水を操る戦いは見応えがありました。

面白かったですよ~星


パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々(盗まれた雷撃(ライトニングボル)

残念ながら売り切れです号泣







Last updated  2010.02.26 15:39:44
コメント(18) | コメントを書く
2009.02.07
カテゴリ:映画 は行

人生は素晴らしい。

80歳で生まれ、若返っていく
   数奇な人生を生きた、ある男の物語


ベンジャミン・バトン 数奇な人生HP

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 シネマトゥデイ

英題: THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
日本公開: 2009年2月7日
(丸の内ピカデリー ほか)
上映時間: 2時間47分
配給: ワーナー・ブラザース映画


スタッフ
監督: デヴィッド・フィンチャー
製作: フランク・マーシャル / キャスリーン・ケネディ / セアン・チャフィン
原作: F・スコット・フィッツジェラルド
脚本: エリック・ロス
撮影: クラウディオ・ミランダ
プロダクションデザイン: ドナルド・グレアム・バート
編集: カーク・バクスター / アンガス・ウォール
音楽: アレクサンドル・デプラ
衣装デザイン: ジャクリーン・ウェスト

01.jpg
クイニー       ベンジャミン7歳(外見73歳)

キャスト
ブラッド・ピット (ベンジャミン・バトン)
ケイト・ブランシェット (デイジー)
ティルダ・スウィントン  (エリザベス・アボット)
タラジ・P・ヘンソン  (クイニー)
イライアス・コティーズ  (ムッシュ・ガトー)
ジェイソン・フレミング  (トーマス・バトン)
ジュリア・オーモンド  (キャロライン)
ジャレッド・ハリス (マイク船長)
エル・ファニング  (幼少期デイジー)

チェック
F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を『セブン』のデヴィッド・フィンチャーが映画化した感動巨編。

第一次世界大戦時から21世紀に至るまでのニューオリンズを舞台に、80代で生まれ、徐々に若返っていく男の数奇な運命が描かれる。

主人公のベンジャミン・バトンを演じるのはフィンチャー監督作に3度目の主演となるブラッド・ピット。
共演は『バベル』でもブラッドと顔を合わせたケイト・ブランシェット。
誰とも違う人生の旅路を歩む、ベンジャミン・バトンの運命の行方に注目だ。

2.jpg
            ケイトがとってもキレイ

ストーリー
80代の男性として誕生し、そこから徐々に若返っていく運命のもとに生まれた男ベンジャミン・バトン(ブラッド・ピット)。

時間の流れを止められず、誰とも違う数奇な人生を歩まなくてはならない彼は、愛する人との出会いと別れを経験し、人生の喜びや死の悲しみを知りながら、時間を刻んでいくが……。



330912_005.jpg
        若いブラピはとってもステキ

えんぴつえんぴつちょこっとネタバれあり


公開初日に観てきました。

冒頭数分後に、ベンジャミンの父親が取った行動が、あまりにも速くてビックリ!!
いくらあのように生まれたとしても自分の子供だから、もう少し冷静に考えて行動するのではないでしょうか?

老人ホームに置き去りにされたベンジャミンは、クイニーの手によって育てられます。
見た目は老人でも中身は幼い子供・・・。
食事の時にフォークをテーブルに叩いたり、小さい兵隊さんで遊ぶ姿は可愛い?訳もなく・・・老人の姿なので哀れでした。

外の世界に興味を持ちながらも老人たちと暮らし色々教わり生と死に向き合いながら生きた老人の姿をした幼少期。

普通の人とは逆の年の取り方をしていくベンジャミン。

デイジーとの出会い。父親との再会。独り立ち。船での仕事。初恋?。戦争。
と、いろいろな経験していく過程を淡々と急がず丁寧に描かれてました。
なので、とても長く途中で少し意識が眠い..眠い..しょんぼり

そういえば、父親はベンジャミンの事がすぐ分かったんですね・・・・。
あのような姿なのに・・・???

41jpg.jpg
べンジャミン44歳(外見36歳) デイジー38歳

ベンジャミンは12歳(外見は68歳)の時にデイジー(6歳)に会います。
その後お互い気にはなりつつも、それぞれ別々の場所で生きて行きます。

二人が丁度良い感じになる年齢は?
映画を観てる時はそんな事を計算してる余裕などなかったので。

ベンジャミン20歳(外見60歳) デイジー14歳
ベンジャミン30歳(外見50歳) デイジー24歳
う~~~んまだまだだね。

ベンジャミン35歳(外見45歳) デイジー29歳
ベンジャミン40歳(外見40歳) デイジー34歳
べンジャミン44歳(外見36歳) デイジー38歳
やっと釣り合う年齢に。


遠回りしながらも愛し合う二人だが。。。
あまりにも一緒に生きて行く時間が少ない二人。
二人には、普通のカップルと同じように子供が出来ます。
が、一緒に暮らしても父親として、父親の役目が出来ないと、ベンジャミンは悲しい決断を!!切ない号泣
もう少し一緒にいても良いのでは?と思いましたが!?

数年後、ベンジャミンは少年になってました。
そして、自分が誰なのか分からなくなってました。号泣
認知症?なのでしょうか??老人の認知症は分かりますが、見た目が少年なので余計に哀れでした。号泣
このギャップは観ていて本当に辛かったです。

この世に生れ、そして最後行き着く先はみんな同じ。。
たとえ逆の年の取り方でも。。。

もっともっと、波乱万丈な人生なのかと思ってましたが、
ベンジャミンが巡り合った人達は良い人達だったし、逆の生き方でも人生を十分楽しんだのではないでしょうか?

最後も幸せだったと思います。

04.jpg

メイクにびっくりしました。
ブラピのメイクもそうだけど、ケイトのメイクも凄かったです。
老人~中年~若々しい20~30歳と、不自然さは感じられず素晴らしい出来でした。

=おまけ=
映画を観終わって、ベンジャミン・バトン・・・ベンジャミン・・・どこかで聞いた事が・・・と気になってまして・・・思い出しました~~大笑い
スウィーニー・トッドの(ベンジャミン・バーカー)・・・・大笑いハート







Last updated  2009.02.09 14:58:05
コメント(20) | コメントを書く
2008.11.16
カテゴリ:映画 は行

愛は、分けられない。

愛したのは同じ”一人の男”
妹はただ王を愛し、姉は王妃という地位を望んだ―。


ブーリン家の姉妹 HP

ブーリン家の姉妹 - goo 映画


監督 : ジャスティン・チャドウィック

原作 : フィリッパ・グレゴリー

出演
ナタリー・ポートマン : アン・ブーリン
スカーレット・ヨハンソン : メアリー・ブーリン
エリック・バナ : ヘンリー8世
ジム・スタージェス : ジョージ・ブーリン
エディ・レッドメイン : ウィリアム・スタフォード
デヴィット・モリッシー : トマス・ハワード/ノーフォーク公爵 
マーク・ライランス : トマス・ブーリン卿 
 
ストーリー
16世紀のイングランド。
新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる
美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。
ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良い
メアリーだった。

一家は宮中に移り住み、メアリーは王の子を身籠る。
一方、妹に栄誉を奪われたアンは一時フランスへ追放されるが、
やがて呼び戻され、大胆にも王妃の座を狙って策略を巡らすのだった。

解説
女の生きる道は厳しい。
しかし、世継ぎとなる男子を産まなければ価値を認められない悲哀は
あっても、男だけで歴史は作れない。
後のゴールデンエイジを築いたのは女王エリザベス1世、
つまり女であるということもまた史実なのだ。

国王を離婚させるためにローマ・カトリックと決別させ、自らが王妃となり
エリザベス1世を産んだアン・ブーリンと歴史上は無名だった妹メアリーの
関係にスポットを当てたフィリッパ・グレゴリーの同名ベストセラー小説を
原作に、どちらか一方が日の目を見れば、もう一方は影となる姉妹の
愛と葛藤が描かれる。

演じるのはハリウッドの若手トップ女優ナタリー・ポートマンと
スカーレット・ヨハンソン。

003.jpg

えんぴつえんぴつ先週の水曜日にようやく観る事ができました。
前回は開映2時間位前に行ったのに満席で泣く泣く諦めました。

なので今回は昼休みにPM7:00からのチケットを買いに行きました。
その時間でさえ中央の通路側は前から4列目しか空いてませんでした。

とりあえず席を確保したので急ぐ事なく劇場へ向かいました。
やはり、満席でしたよ~びっくり
お客さんは全員が女性?と思うほど女性が多かったです。


この時代は、女性は男性の野望の道具!?
逆らう事も許されず・・・。
それにしても、まるで性格が正反対の姉妹!!
愛した人をめぐって中の良かった姉妹に亀裂が生じる。

普通に結婚し幸せに暮らしたかった妹!!
はじめは、父親や叔父に言われ渋々だったが、そのうち自分でも野望が
わいてくる姉!!
そんな中、王がはじめに愛したのは妹!!

宮中に移り住むことになりますが、母親が一番冷静に物事をとらえてましたね。
この母親の気持ちを考えると辛いです。
姉妹の争い!!マル秘アンの為に犠牲になった弟の死!!マル秘を目の当たりにし、
あまりにも惨かったです。
なのであの平手打ちには、よくぞやった!!と心の中で拍手してました。

006.jpg

こんなに仲が良かったのに・・・。

キャサリン王妃は素晴らしい王妃でしたね。
ヘンリー8世の女性遍歴には目をつむり、
が、マル秘アンの野望の為に身に覚えのない濡れ衣を着せられ離婚へと追い込まれる。。。マル秘
でも、裁判では王妃らしく凛としてステキでした。

ヘンリー8世は、才能のある君主だったようですが・・・。

ヘンリー8世 (イングランド王)ウィキペディア(Wikipedia)

女性には弱かったのでしょうか?
アンの言いなりになり、マル秘キャサリン王妃と離婚!!
熱心なカトリック信者だったのにローマ・カトリック教会から離脱する事になる。
後には、アンを処刑。いとも簡単に処刑を決定してしまう
マル秘世の中だっんですね。

そして腹が立つのは父親と叔父のノーフォーク公爵。
彼らにとっての娘(姪)とは、名声をあげるための道具にすぎなかった。

男の野望の道具にされた女性たち、観終わって重い気持ちになりましたが
ナタリーやスカーレット二人の女優の演技は素晴らしく美しかったです。



男子が生まれる事を望んだヘンリー8世!!
アンが生んだ女の子(エリザベス1世)がイングランドを
45年間統治し黄金の時代ゴールデン・エイジをもたらした。









Last updated  2008.11.16 22:53:57
コメント(12) | コメントを書く
2008.10.18
カテゴリ:映画 は行
僕はここにいても、いいの?

少しずつ彼を知り始めた時、訪れる衝撃の結末。

BOY A HP

ストーリー
イギリス、マンチェスター。
24年の生涯のほとんどを一般社会から隔離されて過ごした青年―彼は、
新しい名前“ジャック”を選ぶ。
今、初めて大人の世界に歩みだす。
生き直そうとする彼をサポートするのは、ソーシャルワーカーのテリー。
不安げなジャックにテリーは「過去の君は死んだ」と力強く言い聞かせる。

ジャックの新しい職場は運送業だ。
ペアを組んでいる同世代の青年クリスとは日を追うごとに親しくなっていった。
職場にはミシェルという、気になる女性もいた。
新しい世界は、何もかもが上手くいっているようだった。
しかし、偽りの自分でいる事は、ジャックにとって祝福であると同時に
苦しみでもあった。
彼は問いかける「僕はここにいても、いいの?」。

物語がすすみ、少しずつジャックを知り始めた時に訪れる衝撃の結末。
その時、あなたは彼の問いに何と答えますか?

andrew_garfield2.jpg

解説
『BOY A』は、英国期待の若手作家ジョナサン・トリゲルの受賞小説を、
『ダブリン上等!』で才能を煌かせたジョン・クローリーと脚本マーク・オロウ
のコンビが映画化。

ひとりの青年の心の傷、希望、孤独をエモーショナルに描きながら、
観客に深い問いかけをする。
ベルリン映画祭受賞に始まり、本国イギリスでは栄誉あるBAFTAで
主要4賞獲得、先頃公開のアメリカでも大絶賛された。
衝撃的でありながら瑞々しいブリティッシュ・インディーズの傑作である。
                          BOY A HPより引用しました。


監督:ジョン・クローリー

出演
アンドリュー・ガーフィールド : ジャック
ピーター・ミュラン : テリー
ケイティ・リオンズ : ミシェル
ショーン・エヴァンス : クリス

2008年11月15日(土)ロードショー

katie_lyons1.jpg

試写会に誘って頂き観てきました。

主人公のジャックを演じたアンドリュー・ガーフィールドは今後期待されてる
俳優さんのようです。
最新作にはヒース・レジャーの遺作となったテリー・ギリアム監督の
『パルナッサス博士の想像力』で、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、
コリン・ファレル
らと共演しているとの事です。

私は、彼の口元が気になってしまって・・・雫雫
でも確かに演技は、不安を抱えて生きる青年を見事に演じてました。

そしてテリーを演じたピーター・ミュランは、親身になってジャックの
事を励まし力になる優しいソーシャルワーカーがとてもあってました。

ジャックに対しては親身になって考えてあげる事が出来るのに、
マル秘息子にはどう接していいか分からない父親。。。
その為に息子との間には溝が出来・・・そして息子のとった行動は・・・びっくり

マル秘

「BOY A」で頭をよぎったのは未成年の犯罪者を呼ぶ「少年A」でした。
そのまんまですが・・・。そして思ったとおり重いテーマでした。
この様なテーマを題材にした作品はよくありますね。
とても難しく簡単に答えの出ない作品だと思います。
私には答えを出せない・・・です。

物語の進め方は、新たな世界で生活を始めるジャックの生活と
平行しながら過去の出来事が所々に入ってきます。
そして、彼の過去が徐々に暴かれ、
それと同時に現在でも彼の過去がメディアで報道され、
周囲の人それぞれが選んだ選択は。。。

メディアの報道!!
過去が明るみになった時の周囲の選択!!
そしてジャックがとった最後の決断!!

色々なことが頭をめぐり、何が善で、何が悪なのか?
善の影に隠れてる悪!悪の影に隠れてる善!
この作品は、色々な考え方が出てくると思います。
時間があったらゆっくりと話し合うのも良いかもしれませんね。

とても重く深く考えさせられた作品でした。

この作品を観た後ちょっと違いますが、以前観た邦画の「手紙」が
頭をよぎりました。
「手紙」の日記






Last updated  2009.12.17 19:02:01
コメント(8) | コメントを書く
2008.10.04
カテゴリ:映画 は行
006.jpg

まだ、”さよなら”は言えないんだ。


死んでしまった夫から、
    ある日、突然届いた消印のないラブレター。
  それが、すべての始まりだった。


P.S.アイラブユーHP


P.S. アイラヴユー - goo 映画


監督・脚本 : リチャード・ラグラヴェネーズ

出演
ヒラリー・スワンク : ホリー
ジェラルド・バトラー  : ジェリー
ハリー・コニックJr. : ダニエル
ジーナ・ガーション  : シャロン
キャシー・ベイツ  : 母親パトリシア
リサ・クドロー  : デニース
ジェフリー・ディーン・モーガン : ウィリアム

ストーリー
最愛の夫ジェリーを脳腫瘍で亡くしたばかりのホリーは、失意で電話にも
出られず自宅に引きこもっていた。やがてホリーの30歳の誕生日がやってきた。
届いた贈物の箱を開けてみると、テープレコーダーに入ったジェリーからの
メッセージが。思わぬプレゼントに喜びと驚きを隠せないホリー。
翌日、メッセージの通りジェリーからの手紙が届けられた。
それから、次々と消印のない手紙がホリーのもとに届くようになる…。

61580_bo.jpg

解説
元アイルランド首相を父に持つ女性作家セシリア・アハーンが、弱冠21歳で
書き上げたデビュー作を映画化。
すでに全世界40カ国以上でベストセラーとなっているという。
主演は2度のオスカーに輝くヒラリー・スワンクと、女性に圧倒的な人気を
誇るジェラルド・バトラーの二人。
愛する者を突然失った悲しみと、それを乗り越え新たなスタートを切るまで
の心の葛藤、そして、周囲の者たちはどう接したらいいのか―ニューヨーク
の街並みとアイルランドの広大な風景が登場人物を包み込む。
物語の後半、ジェリーの“指示”に従いホリーたちが旅するアイルランドの
山野は、筆舌に尽しがたい美しさだ。

61580_bg.jpg


えんぴつPSアイラブユーの試写会(10月2日 木曜日 東京厚生年金会館)
へ行って来ました。

実は、試写会のハガキをお友達から譲っていただきました。
と、譲っていただいたハガキが届いた同じ日に、私にも当選のハガキが
届きました。
勿体無いので、行ける方を探し無駄にせずにすみました。良かった~音符

そして、今日また(10/7分)当選のハガキが・・・ショック
なんだよ~~~びっくり同じ作品じゃなく・・・違う作品なら良かったのに~わからん



今回の東京厚生年金会館での試写会は、
会場へ入ると舞台にPSアイラブユーの立て看板と椅子が2脚置いてありました。
そしてカメラ陣も・・・

あれっ?誰か来るのかな?と思いながら席に着きました。
すると、日本版のテーマソングを作った徳永英明さんでした。
コンサート中の忙しい中を来てくれたとの事でした。

今回、会場に入る前に並んでいた場所は、何時もと変わらなかったのに
いざ中に入ってみるといつもより席が空いてない??
不思議に思ってたら、前の方の席は徳永さんのファンクラブの枠があった
ようです・・・。
徳永さんが紹介され舞台へ現れるとると、前の方が以上に盛り上がって
いましたから。。。

歌を作る事になったエピソードや、手紙についてのトークが少しありました。
写真撮影終了後映画の上映となりました。



えんぴつ私は、今迄のジェリーの作品から恋愛映画とあまり結び付かなかった
んですが・・・
まして脳腫瘍で亡くなる役なんて・・・
(あの体型からして、病気で亡くなるとは思ってもいなかった)
でも、笑顔がとても優しく~全体的にも優しく包容力のある男性を演じて
ステキでした。

冒頭の二人の喧嘩のシーン~。
子供の事、仕事の事などをお互い本音でポンポン言いあい~
あれだけ言ったらすっきりするかも・・・でも後悔も~
で、仲直り~~マル秘トランクスにサスペンダーで踊る?マル秘ジェリーには~大笑い

そして、画面が変わると、もう亡くなってました。早っ!!
立ち直れずにいるホリーに届く手紙。。。
ホリーの事を愛してるからこそ、彼女の事を分かっているからこその
愛の手紙。

ホリーはジェリーの手紙の指示に従いながら行動を~
ホリーと共に一緒に行動する友達。
友達って良いな~と思いました。

友達の一人、特にデニースは良いキャラしてましたね~(笑)
あの位の年齢になると、相手を選ぶのにも最低限の条件はクリア
しないとね~(爆)
マル秘(まずは、独身かを聞き、次にゲイかを聞いて、働いてるかを聞き、
そしてKiss~Kissも上手いかどうかを判断してたみたい・・・)
マル秘ププ
気にいった男性には、その様に近づいていってました。大笑い

ディスコ?で歌うシーンがあったのですが、KARAOKEという文字が
後ろのほうに。
ここでも笑えるシーンが~
この作品は、ジーンとしたかと思うと・・・次にはクスッと笑えるシーンが
多々あります。

自暴自棄に陥りながらも、ジェリーの手紙、友達の力、母親に支えられ、
自分探しをし成長していくホリー。
再び母親と訪れたアイルランドで再開したウィリアム・・・

今後の行方は~やはり・・・・かな・・・。




もっと、泣かせる映画かと思ってましたが、そうでもありませんでしたね。

でも、ジェリーは素敵でしたし、ヒラリー・スワンクは見方によっては
綺麗だったし、キャシー・ベイツは(私はミザリーのイメージが強くって)
良い母親だったし、ウィリアム役のジェフリー・ディーン・モーガンが
もう少しカッコ良い人なら良かったのにと・・・思いましたが、
アイルランドの自然がとても綺麗でしたし、良かったですよ~音符



そうそう!!
エンディングには徳永さんの歌が流れました。
そして終わったら、拍手が~びっくりえ~っ!!
そうでした。徳永さんのファンがいたんでした~大笑い
ファンならではの反応ですよね~。星






Last updated  2008.10.05 01:18:20
コメント(20) | コメントを書く
2008.08.24
カテゴリ:映画 は行
スパーヒーロー、
      始めるぜ。


Too Much Power の 
  嫌われ者が、
      愛される
スーパーヒーローに!?



ハンコック

ハンコック-news

ハンコック - goo 映画

監督
ピーター・バーグ

出演
ウィル・スミス 
  : ハンコック
シャーリーズ・セロン  
  : メアリー・エンブリー
ジェイソン・ベイトマン
  : レイ・エンブリー


ストーリー
ハンコックは悪を退治し、人助けもする。
でもToo Much Power(やりすぎパワー)のせいで物は破壊され、街はパニック!
市民からは大ブーイング!! ニュースでは“トラブルを生むヒーロー”
として非難される始末。

でも本人は「そんなの知るか!」と全く反省する気なし。
でも本当は孤独で寂しい。なぜ自分だけ違うのか?そんな時、
ある人物から提案が…。

「皆から愛される、真のヒーローにならないか?」

2.jpg

解説
Tシャツに短パンのいでたちに、やる気の無いやさぐれた態度。
人間と変わらぬ姿のまま空を飛び、車を持ち上げ、弾丸を跳ね返す。

でも、人を助けているつもりがやりすぎパワーのせいで迷惑をかけて
反感を買ってしまう…。

そんな誰も見たことのないような斬新なキャラクターの
スーパーヒーローを演じるのは、『幸せのちから』『アイ・アム・レジェンド』
のウィル・スミス。
ヒロインにはシャーリーズ・セロンを迎え、ラブストーリーやドラマの要素も
盛り込こまれたエンターテイメント作品に仕上がっている。(作品資料より)

015.jpg


先行上映の土曜日に観て来ました。

23日の王様のブランチにウィル・スミスとシャーリーズ・セロンが出てましたね。

ウィルは相変わらずサービス精神旺盛で、シャーリーズ・セロンとの雰囲気も
とっても良い感じでした。

シャーリーズ・セロンはウィルに対してわざと?冷たく接してましたが、
良い関係だから出来るんでしょうね。



映画は、私が思ってた内容と違う展開でした。
アクション映画かと思って観たんですが、それだけではありませんでした。


ネタバれなしで紹介するのは難しいので、ネタバれありです。


皆から『クズ』呼ばわりされ、
誰にも相手にされず、話し相手もいない。

確かに!建物は壊す。道路は壊す。
何もしない方が良いのでは・・・と思う程に大笑い

踏切で渋滞のために動けなくなった車を、列車と衝突直前に助け、
この時もToo Much Power(やりすぎパワー)で車は他の車の上に
乗っけちゃうし、列車は壊すし、周囲の人たちから大ブーイングの嵐・・・。
その助けたレイ・エンブリー(ジェイソン・ベイトマン)と知り合い、そこから彼は少しずつ変わっていくのですが。。。

前半は無口で孤独でどこか寂しそなハンコックを、ウィルは上手く演じてました。

レイの家でハンコックが、
マル秘「誰一人とりとして自分を探してくれた人はいなかった。
俺はどれ程の嫌われ者だったんだろうか・・・」マル秘みたいなことを言うのですが
切なかったです。


ず~~~~っと一人で孤独に生きてきた人生・・・。


そして、レイの奥さんメアリー(シャーリーズ・セロン)のハンコックへの
接し方に、何があるのかとても気になりながら観ました。

マル秘途中で想像はつきましたが・・・(同じ能力を持った人だと) 

自分と同じ能力の持ち主だと分かった後に、ハンコックがメアリーに対して色々試すシーンは
面白かった~。フォークを刺して見たり、殴って見たり・・・大笑い
そういえばメアリーも、色々壊したなぁ・・・
もう少し考えて行動すればいいのにと思わずにはいられなかった。
マル秘

ハンコックの真相に近付くほど、切なくなりました。

愛し合っているのに、一緒に暮らすことが出来ない。
近くにいるとパワーが無くなっていく・・・。
そんな悲しい運命に・・・(涙)号泣雫

愛する人の幸せを考え選んだ彼の選択にも(涙)号泣雫


という事で深い愛のお話でもありました。 






Last updated  2008.08.24 23:35:51
コメント(20) | コメントを書く
2008.06.26
カテゴリ:映画 は行
ヘアスプレーHP

ヘアスプレー - goo 映画


ストーリー

ヘアスプレー企業が贈る、ボルチモアで最高にホットなTV番組
「コーニー・コリンズ・ショー」出演を夢見る16歳のトレーシー。
ダンスだってオシャレだって申し分ない彼女には、ひとつだけ問題が…。
それは、彼女のBIGすぎるサイズ! でもそんなことは一向に気にせず、
明るく前向きに生きるトレーシーは、TVショーのオーディションに参加。
なんとレギュラーの座を射止め、番組の人気者となるが、
美人でスリムなライバル母娘の罠にハマり…?!


解説

『シカゴ』の製作陣が贈る、ノンストップ・ハッピーミュージカル。
1987年のオリジナル映画から、ヒロインは新人を起用することや、
母親のエドナ役は男性俳優が演じることは、今回もしっかり踏襲。
ヒロインを演じるのは、1000人以上の中から大抜擢されたシンデレラ・ガール、
ニッキー・ブロンスキー。
さらにエドナ役には、『シカゴ』への出演を3度断ったジョン・トラヴォルタを、
約1年かけて口説き落とした。
この母娘2人の息が、不思議なほどピッタリ! 
特にニッキーの発散する“幸せ”オーラは強烈で、
人種差別というシリアスな問題が顔を出しても、
ハッピーな作品の雰囲気はまったく色あせないのがスゴイ。
ミシェル・ファイファー、クリストファー・ウォーケンら、豪華な脇役陣も最高!

監督・振付・製作総指揮
アダム・シャンクマン

出演
ジョン・トラボルタ   (エドナ・ターンブラッド)
ミシェル・ファイファー  (ベルマ・フォン・タッスル)
クリストファー・ウォーケン  (ウィルバー・ターンブラッド)
クイーン・ラティファ  (モーター・マウス・メイベル)
ジェームズ・マースデン  (コーニー・コリンズ)
ザック・エフロン  (リンク・ラーキン)
ニッキー・ブロンスキー  (トレーシー)

001.jpg
そっくりだよね~大笑い

私はミュージカルには全然抵抗がなく、どちらかというと好きなほうなので
楽しみながら観ました音符音符

ニッキー・ブロンスキー演じるトレーシーの歌声がとっても良く
始めからウキウキでした。
かなりのメタボ体型ですが動きは軽やかで。。
(メタボちゃんは手足が短く見えて動きが可愛く見えますね~大笑い

ストーリーは、私が思ってたのと少し違ってました。
私は単純に・・・
『トレーシーが「コーニー・コリンズ・ショー」に出演したいが為に、
ダンスを頑張りレギュラーの座を獲得する過程』
を描く作品かと思ってました。
勿論そこまでには、いろいろ困難な問題があり、それを乗り越えて・・・
とそんな感じかな??と。。。

でもちょっと違いました。
予想通り一番の適?ミシェル・ファイファー演じる母(ベルマ)と
その娘の嫌がらせは、ありましたが~。
娘が何が何でも”トップの座に”という母親(ミシェル・ファイファーの
親ばかぶり最高~)グッド
母親の力でとりあえず”トップの座”を獲得している娘。
この母娘は滑稽でしたね~大笑い

4.jpg

そしてトレーシーの母親、ジョン・トラボルタ (エドナ・ターンブラッド)
あのメイクは何時間掛かったのでしょうか?
たまに不自然さは感じましたが、可愛いしぐさや表情など
女性に見えました~大笑い

クリストファー・ウォーケンは「悪役」のイメージが強いのですが、
理解のある優しい父親、優しい夫を演じてました。
とってもステキな夫婦でしたね~手書きハート

12.jpg

そして、人種差別の問題などもありました。
(この部分は予想してなかったので・・・)
マル秘肌の色の違いで一緒に同じフロアで踊ることができない!!
でも、トレーシーはそんな事などお構いなし!!
明るくおおらかな性格で、嫌われるようなステップなども軽快に踊ってみせる。
マル秘
チョット重いテーマでも暗くならずに終わって良かった~音符

ジェームズ・マースデン(コーニー・コリンズ)は「魔法にかけられて」の
KYな王子役が記憶に新しいのですが、今回の役はステキでした。
マル秘トレーシーの事や、人種差別問題等でベルマの圧力がかかっても負けずにマル秘
カッコ良かったです!!

クイーン・ラティファ(モーター・マウス・メイベル)存在感があり
歌も素晴らしかった音符


全体的に明るく楽しめる作品だと思います。オーケー音符

にほんブログ村 映画ブログへ banner_04.gif






Last updated  2008.06.26 17:11:29
コメント(11) | コメントを書く

全27件 (27件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Profile


にくきゅ〜う★

Free Space

Comments

ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) ■映画の絵柄 映画の絵柄に関してもスタッ…
ベーコン@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 長文な上に制作スタッフや原作者の裏話も…
絶太わー@ Re:【おまえうまそうだな】(10/18) 原作絵本は実際に読んでないので何とも言…
沖縄 島袋@ Re:【樺太1945年夏 氷雪の門】★二木てるみ(08/06) 管理人様始めました。沖縄の島袋と申しま…
みすず@ ありがとうございました^^ 今年は大変お世話になりました! 来年も…

Favorite Blog

MAしゃまの独り言(… MAしゃまさん
pure breath★マリー… マリーmypinkさん
Cinema Collection ひろちゃん★510さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん
あ!CINEMA 365 DAYs ラブ☆シネマさん
かいコ。の気ままに… かいコ。さん

Freepage List

Category

Rakuten Ranking

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.