010424 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

フィガロ157のブログ

フィガロ157のブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

フィガロ157

フィガロ157

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2024.04.20
XML
テーマ:ニュース(99384)
カテゴリ:カテゴリ未分類


2019年に火災に見舞われたパリのノートル

ダム大聖堂のオリビエ・ジョス事務局長は27

日、大聖堂の一般入場を今年12月9日に再開

すると明らかにした。ジョス事務局長は、ノート

ルダム大聖堂の修復作業が順調に進んでおり、

一般入場を再開する日程を発表した。修復作業は

現在も継続中で、多くの支援が寄せられています。

再開される一般入場は待ち望まれており、期待も

高まっています。




ノートルダム大聖堂は、フランスの象徴的な建築

物であり、世界中から多くの観光客が訪れる場所

です。そのため、修復作業の進捗状況や再開の発

表は、多くの人々にとって重要なニュースとなり

ました。


 ノートルダム大聖堂の再開は、喜ばしい出来事

として歓迎されています。多くの人々が再びその

美しさを楽しむことができることを期待していま

す。また、修復作業に寄せられた多くの支援にも

感謝の意を表し、ノートルダム大聖堂の保存と維

持に向けた取り組みが続けられることを願ってい

ます。




 2019年4月の火災後、フランスのマクロン大統

領は「5年で修復する」との目標を表明し、今年

中の入場再開を目指してきた。






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.04.20 07:30:09
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.