20103836 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

lianaly@ Liana chooses Eloquenceplayschool Confederation New! Hi Everybody Thanks for checking out…
同時多発テロはヤラセだよ!@ Re:NZテロが偽旗の14の理由(03/18) Googleのみならず、どこの検索エンジン使…
tt555@ 同時多発テロはヤラセだよ!さん >グーグルに入れても17日に書いた私の記…
同時多発テロはヤラセだよ!@ ビデオ等も隠されたと聞くけど <クライスト・チャーチの偽旗>とグーグ…
tt555@ バイク狂さん >バランスを取るためのハンドルを自ら大…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

全460件 (460件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >

人生

2019年05月20日
XML
カテゴリ:人生

​​​学校から社会まで現在の競争社会においては成功/目標達成は必須事項、​

それ故、様々なプログラムが用意されている、

その風潮の中、PJマイヤーは成功プログラムを提唱、

随分売上げを伸ばし、
​自分も購入して、かなり没頭した時期がある

その方策の要がPDCA、​

ところが、やってみてわかるのはあまり機能しないこと、

夢や希望を書き上げ、プランを作り、行動しようとするが
とにかく、やる気が
続かない、空回りばっか、

PDCAのプランは個人的なことに限らない、

学校なら成績優秀を目指し、
会社にいれば、自ずと利益追求型が主流となる、

要はつまらないし、モチベーションに欠ける

しかも、世の中は刻一刻と変化しているわけで、​
固執すれば拘束的な時代遅れの目標/プランとなりかねない、

​そんな時、見かけたのが、
イチローの”
瞬間反射人間”と言うフレーズ、

彼の目標は、何かをすることや物事の達成ではない、
(優秀選手賞とか殿堂入りとか興味なし、)

あらゆる状況に対応できる人間になること、
(野球はその手段である、)

大勢の前でたじろがない心を作る、
外野からホームへ返球できる体とセンスを作る、
あらゆる投球に対処できる打法、などなど、

それ故、彼の鍛え方は、半端ない、


重要なのは柔軟性

固かったら、臨機応変の対応など問題外なのだ、

自分は随分、これに助けられた、

世の中の主流、アクティブな目標達成型の考え方とは逆に、
パッシブにあらゆる状況に対応できる自分を目指す、

外的ではなく、内的な目標ならモチベーションが続く、

そもそも内的な要求がなかったら、
目標など立てても、続くわけがない!

*その目標とは実体のない絵に書いた餅の如く、

現在、ジム、IWAや指圧整体に通っているのは、
少々の段差にも即座に反応すべく、柔軟な体を作り
転ぶことがないようにするためである、(切実ですな、)

​参考)
下記2記事はトレーニング以上に弛めておくことの重要性を強調、

初動負荷マシン導入、NYヤンキースはえらいぞ​

"苦痛は要らない、運動の常識を疑え"   小山裕
2008/08/07, 日本経済新聞 夕刊  (抜粋)
ことは健康にかかわる問題。“常識”を疑ってかかる必要があります。

中高年の人ならクラブ活動や体育の時間にうさぎ跳びをさせられた体験があるだろう。それでヒザや腰を痛めた苦い思いを持つ人も多いはず。小山さんが抱いた問題意識のきっかけも同じだった。

陸上と野球に熱中していた中学時代、あまりの腰の痛みにマウンドで気を失った。「あの時は筋肉がパンパンに張って動かなくなることでむしろ満足感にひたっていました」。いいとされてきた終動負荷トレーニングに疑問を持ったのはそのときだ。

独学でトレーニング法を研究。大学卒業後、地元でトレーニング施設を開く。口コミで来訪する様々な競技の選手と一緒にトレーニングするうちに、筋肉や技術に関しての疑問がひとつひとつ氷解していった。

多くの選手が小山さんの目を「高性能コンピューターのよう」と表現する。計測器を使っても適切に判断できない選手の動きや体のバランスを一瞬のうちに判断する。トップアスリートが次々と門をたたくのはそのためだ。いわば天与の才。

スタッフへの“技術移転”を進めるが簡単ではない。「故障するからスポーツをしない、という子どもたちが多いという状況を変えたいというのが初動負荷理論発表の動機」と語るが、理論構築は小山さんの目を普遍化したものでもある。

まだほとんどの商業施設にあるのは終動負荷マシン。さらに懸垂やチューブ練習、タイヤ引きなど終動負荷トレーニングは 日常生活に深く浸透している。それらは科学的検証なく取り入れられてきたという。

「たとえば中高年はゆっくり筋肉を動かすのがいいといわれていますが、筋肉が硬くなり、血流の流れも悪くなる。そうしたひとつひとつの“常識”についてもっと科学的に探求することがなによりも大切だと思います」

苦痛なしでは健康になれないなどという発想はやめてください。

つい最近、「ウオーキング革命」という著書を世に出した。歩くことはすべての動作の集約であるのに定義も問題点も究明されていなかったという。それを初動負荷理論を基にして解明したものだ。

生活習慣病予防のために一日一万歩を、といわれる。しかしどんな歩き方でも健康につながるのだろうか。実は歩くことで腰やひざ、肩や首の痛みに苦しむ人もいるという。使用する靴や歩行動作が合理的でなければかえって身体にダメージを与える、と問題提起する。

「ウオーキングの 前後にはしっかりストレッチを、とよくいわれますが、それは歩くことでダメージを受ける人が多いことを示しています。

本来は歩くことがストレッチにならなければいけない。つまりいい動作はそれ自体が神経と関節、筋肉の機能向上を促すことができるのです。

日米三千本安打を達成したイチロー君が、力を出せば出すほど体が軟らかくなった、と初動負荷トレーニングについて感想を述べていますが、まさに名言だと思います。」

「シニアの人に限らず、苦痛を感じないと、強くなったり健康にはなれない、としかたなく我慢してしまう傾向がありますが、それはやめてください。筋肉と神経は連鎖的に活動している。好ましくない運動や動作は逆にストレスを神経系にも与えてしまう。

解明されていないことはまだいっぱいありますが、健康づくりのために初動負荷理論がもっと利用されるようになれば本当にうれしいです。」

休んでいる筋肉だけが動ける筋肉(野口さん)、意識しない動かし方の伝道師イチロー

野口体操
2013年04月30日 01時08分50秒 抜粋 
野口三千三先生(1914~88)は 日本のボディワーク界の草分けです。
筋トレが大流行りの時期に、「身体を緩める」と言う、 その時期には一見変な事を世に広めた人です。
「身体は水が詰まった革袋!」
休んでいる筋肉だけが、動ける筋肉。」
「馬鹿になりなさい!」
これは私のクラス初参加の時に、言われた言葉です。







最終更新日  2019年05月20日 14時52分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月16日
カテゴリ:人生
​​本日、固い左肩甲骨を弛めに、例の指圧整体​へ、

ついに固さの原因が特定され、
インナーの左菱形筋のしこりが発覚、

菱形筋を肩甲骨付け根に沿って、10cm程強く押してもらうと、
強烈な痛みが出てきた、

同時に、腕の動きが俄然良くなる、

やった!

コーなればしめたもの、あとは回数をこなすだけ、
(何十年ぶりでの解放に、ワクワクドキドキ、)

​​施術後、雑談で、先生いわく、​

昨日、小田和正の全国ツアー初日の横浜公演に行って来たとか、

3時間、ソロで、舞台を駆け巡っていた小田の健脚ぶりに、
ただただ感動の一言、
しかも、その声は30代の昔と変わらなかったと、

*彼、確か、70とっくに超えてたと思ったけど、スゲーワ、

先生のオタクぶりはそれだけではない、
3月は武道館の2019ユーミンツアー横浜公演にも行ってきたと、


​タイムマシーンツアーってナナナンヤネ!?​

彼女も、60代後半に入っているはず、

ウーーン、小田さんといい、ユーミンといい、
一体どんな体調管理やってんだろう?

​​*個人的には公演よりそっちの方に気が行ってしまった!?​

先生の話を聞いていて、思い出したのが、竹内マリア、

​竹内まりや40th特設サイト​

こちらもまだ全然現役、

同世代でもう一人、変化の激しかった人、鶴太郎、


​【 片岡鶴太郎の名言 】くよくよ悩むのは、全然構わない。
悩むのはよい方向へ変われるチャンスだと思うから!​

彼、​​​随分変わったんだよな、(もちろんいい方にね、)

皆さん、私の先輩ばかりだが、
おそらく、これまでイロイロUpDownがあったはずで、
それを乗り越えて、今の姿がある、

​​還暦越えて、マスマス意気軒昂なんて、すごいよね、
(小田さんは古稀超えだからナ、)

先生と話していて、すごく、励ましになって、
​肩甲骨だけでなく、心も相当弛んじゃった今日の指圧整体、







最終更新日  2019年05月16日 00時48分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月28日
カテゴリ:人生
​​Update
先ほど終わったが、


https://www.youtube.com/user/tabletennis/videos
https://www.youtube.com/user/ittfchannel/videos

注目は、2-3で迎えた最終第6ゲーム、
これを落とすと敗戦が決まってしまう場面、

MimaHinaはドーすべきか?

が、その発想では、
プレッシャーしか残らないことにすぐに
気付く、

アーしよう、コーしよう、ではない、
その瞬間に集中し、対応すること、

これまでのことはさておき、
とにかく、自分ではなく、体を反応させること、
体に反応してもらうこと

これだ、これ、
これなら、ベストで臨める、

そして、これは、
普段の自分のあるべき姿であることも思い出した、

今を生きる、は自分の座右の銘でもある、
が、ホコリをかぶり、
すっかり忘れられていた、

Thank you , MimaHina!​​

​​​追記)
あのサーブの審判結果(45m:30s)がクローズアップされているが、​

​みまひな銀 無念のサーブノーカウント「その1本がすごく大きかった」​

​​これを敗戦の要因にするのは短絡的かと、​​

*中国は​第1,第2ゲームを落としたが、
第3ゲーム以降の立て直し方はさすがだった、

そもそもこれが覆り、最終結果でも勝利したとしよう、
後は”天狗”が待ち受けているだけ、

18歳コンビには、チャレンジャー精神が保たれたわけで、
むしろ良かったのではないか、

参考)
Deep Learning
寓者は成功に心酔、失敗に落ち込む、

賢者は成功をスルー、失敗を糧とし成長する​​​







最終更新日  2019年04月29日 12時32分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月22日
カテゴリ:人生

本日は葉山の(友人の)お母さん(86)の所へ、


お母さんは陰謀論が好き

もう4回目になるが、開口一番、
「NZテロはウソですよ、」から始めると、
「ええええっ!ウソなの、たくさん死んでるわよ、」
「地元の警察だってドリルだと認めています、但し、公には、
銃規制法案を通すために、死んだことになっているだけです、」
「ええ!!何それ、」
で延々3時間はあっと言う間であったが、

メインはここ、
お母さんいわく、

「先週、娘と上大岡のマンションに戻ったんです、
そして、思ったんです、ここは戻るところではないと、」

お母さんは昨10月にこの老人ホームに入居、

それ以降(12月から)、自分もこちらに来て随分話をしたが、
メインは葉山の魅力に集中した、


続)豪華老人ホームはヒマなところ? 子孝行に目覚める

(お母さんはそれに気付いていない様子で、
相変わらず、駅近で、常時ショッピングにこだわっていた、)

そもそも、眺望は言うに及ばず、空気が良い、
御用邸がそばにあるくらいだから、立地も悪いわけがない、
しかも隣近所は皆さん仲間で、ヨガの時間もある、

で、お母さん、話を続けて、
「窓を開けても景色は隣のマンション、
近所付き合いは皆無、孤立してんのよあそこは、」

自分もたたみかける!?
「上大岡は通勤者が住むにはいいかもしれません、
でも24時間を過ごすところではないでしょ、」

お母さんには明らかにパラダイムシフトが起きていた、

視点が変ったのである、

便利と思われた駅近の野村のマンションは、
お母さんの中で殺伐としたマンションに変っていた、

さらに付け加える、

「インターネット、スマホも便利です、
でも逆な見方をすれば、奴隷の鎖です、
それ(便利)なくして生きていけない人が溢れているでしょ、
彼らは忙しくしなければ、落ち着かないんです、だから、
コー言うところで、ボケッとして暮らすのが一番です、」

お母さん、「ええ!ボケッとしていていいの?」
私、「ボケッとすればするほど、新鮮になりますよ、」

お母さんとの会話の内容は自分の偽らざるところである、

金銭的に許されるならであるが、老後は、
ゴミゴミした場所を避け、自然豊かな場所を選ぶのが、
偽旗NZテロ情報が蔓延るネット時代の過ごし方の王道かと、

とにかく、お母さんには心からおめでとうと言いたい、







最終更新日  2019年03月22日 01時33分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月17日
カテゴリ:人生

テスラ、​

https://twitter.com/thehumanxp/status/1105523854741569536
孤独であれ、
それは発明の秘訣、
アイデアの源泉、







最終更新日  2019年03月17日 14時22分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月20日
カテゴリ:人生
子供たちの鏡、

https://twitter.com/jamesperloff/status/1086630983129018368

​ベゾフ夫妻、​

​暴落の予兆、ベゾフの(作為的)破局

壊れた鏡もあるけど、​​​

http://www.news24.jp/nnn/news162123473.html
​偽装離婚で財産分与​







最終更新日  2019年01月20日 11時47分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月11日
カテゴリ:人生

​Update
友人同士として人生を共有すると発表したベゾフ、

が、破局は必ずしも、悲劇ではない、

https://twitter.com/Divorceify/status/1083400107238850561

Divorce isn't always a tragedy, or a drama, or an embarrassment; divorce is the end of one chapter and the beginning of another. The way one chapter ends and the next begins is up to you and your spouse.
それは新たな章の始まり、

奥さん、

https://twitter.com/the_kelves/status/1083225834301861888​

MacKenzie Bezos could become World's Richest Woman with divorce.
女性で世界最大の金持ちに、

べゾス、

https://twitter.com/PC1170/status/1083468898689867776​(2019・1・10NewYorkPost)
ビミョー、
​追記)
相手の素性はDailyMailで、​
​​
​​
ホントにあった話なら、バカバカしいの一言、


夫妻の作為(相続対策?)ならよくできたシナリオ、
​​

​​
アト、CEOはずしの陰謀とかあるけど、
自分には関係ないのでドーでもいい、






最終更新日  2019年01月11日 21時02分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年01月02日
カテゴリ:人生
​謹賀新年、

これまで、元旦と言えば、
ヨメさんのお父さん(&義母/三姉妹)の実家集合だった、

が​義父の召天に伴い、実家(都営アパート)を解約、
結果、今年から近くのうち(団地)が集合場所に、

テーブルには、紹興酒/ビール/ワイン/日本酒/オセチが並ぶ、

オレはと言えば、(普段飲まないくせに)
3つチャンポンして腹の調子がおかしくなり途中でダウン、

アララー

夜の(TV見ながらの)焼肉大会は盛大(?)だったが、
(TVも焼肉も普段縁遠い)オレは乗れずじまい、

今日は昨日の残り物を片付けるべく、またまた小宴会で、
(皆さん近隣に住んでいるんで、)午後までその余韻が続く、

多勢に無勢、もはや、ヨメさん一族にはかなわない、

実はこれに加え、精神的打撃がもう一つあって、
年末送られてきたヨメさんの教会誌1月号見たら、


「イスラエルの救い」

ユダヤ人の救いとかの記事が並び、シオニズムが鮮明に!?

およよ、

*そもそも現代のユダヤ人とは、
10世紀、ユダヤ教を国教にしたハザール帝国の末裔であり、
聖書のイスラエル民族とは縁もゆかりもない、

またユダヤ教とは、タルムード(旧約聖書ではなく)を
教典とする悪魔教である、

キリストがユダヤ教ラビに「お前たちの父は悪魔だ!」
(ヨハネ8:44)と一喝、ユダヤ人の本質を暴露している、

体調不良と、(教理的に)打ちひしがれた状況下、
上から慰めがやって来た、

https://ameblo.jp/tya-tya830/entry-12372565004.html

​オオ、これや、
置かれた場所で咲きなさい、

ーー>環境は異なって当たり前、マイペースで!

さらに先ほど、別のイメージが来る​、

​​荒天洋上の潜水艦は揺れる、

​​が、海中では上の影響を受けない、

ーー>荒天でも”心”は海中の潜水艦の如し!

周囲環境はますます厳しくなるであろう今年2019年
このビジョンをしっかり覚えておこうと思う、

参考)賢くなると孤独になる

​知的な人は友人が少なくなる傾向がある
賢くなればなるほど友人を慎重に選ぶから

更新日  2019年01月02日 23時46分31秒







最終更新日  2019年01月03日 11時20分08秒
コメント(1) | コメントを書く
2018年12月24日
カテゴリ:人生
​​​​​豪華老人ホームはヒマなところ? の続きで、)

同期(幹事)に、彼のお母さんとのやり取りの状況をメール送付、

以下、余談です。(くれぐれも内密で。)

お母さんは、上大岡に戻ると皆さん(特に奥さん)に
負担をかけることになることを含め、状況をよく理解しておられます。

問題は毎日の過ごし方です。​

ホームはいくら豪華でも今までの自分のライフスタイルに合いません。

そこで、私は自分のライフスタイルの事例を交えつつ、お話しました。

​​その一つがHuman doingHuman being
即ち、活動や働くことに価値を見出す人、
Vs.
存在していることに価値を見出し、喜び、感謝する人です。

よく、例で出てくるのが猿渡さん(13)のショートメッセージ。
http://www.city.omuta.lg.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&id=710&pg=1&type=ranking
みなさん、みなさんは本当の幸せって何だと思いますか。実は、その幸せが私たちの身近にある事を病気になったおかげで知ることができました。それは、地位でも、名誉でも、お金でもなく「今、生きている」という事なんです。」
(動画版)​:​https://www.youtube.com/watch?v=dy-131M2BNA​

​この後、彼女は天に召されますが、
若くしてHuman beingを体現した人でした。

孤独は一般的には嫌われますけど、一方で素敵なものです。

これにお母さんは反応を示してくれました。
​「なんかわかるわ。」​

他、お母さんと話した主なトピックス、

​2-3ヶ月前からお父様(先に亡くなられた)が妻(お母さん)をよろしくと複数回自分に話かけてくるも、自分はズット無視していた。が横浜駅車内で偶然会ったあなたから骨折/ホーム入居を聞き、それが今回の来訪のきっかけになったと言うこと。​

7年前、自分の両親が亡くなって後、40-50日の間、来てくれ、自分を励ましてくれたこと。

​孤独とは幸いであること。

​動かない大木は決してヒマではない、ものすごい勢いで細胞分裂、根から栄養吸収、太陽から光合成と言った生命活動をしており(年輪が物語る)、日々天に向かい、賛美/感謝していること。

ホームの部屋の窓から、つたの生い茂る山と、海原、青空、3つとも見えるなんて奇跡的であること。などなど、

そして、一々、相槌を打ってくれるお母さんから出てきた言葉は

「その通りね。」&
「たとえ私の足が良くなって、戻っても、年を考えると、何かあったら、また負担をかけてしまいソー。もう子孝行を考えなければいけないかもね」。

子孝行、これはお母さんの決意に聞こえました(現実はわかりませんが)。

ヒマとか、孤独と言うのは、その人の人生観がもたらすのであり、
見方が変わる(克服される)なら、葉山のホームは最高の場でしょう。

但し破綻しなければですが。






最終更新日  2018年12月24日 23時11分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月22日
カテゴリ:人生
​昨日、葉山に赴く途中、金沢八景で逗子線に乗り換えた、​

時間帯のせいもあるのだが、
そのがらんとした車内風景には惹かれた、

ほとんど乗客がいない、
この雰囲気は自分の雰囲気だ、

逗子からのバスが狭い道路をぎりぎりでユックリ走る様を見て、
ますます、その感が強くなる、

着いたホームのロケーションは、


​https://mazeran-web.com/hayamaisshiki/​

つたが生い茂る山肌(大峰山)を背景に、前面は海原、
遠くに富士と江ノ島がみえる、

部屋は、40m2ながら、設備は高級ホテル並みで、
窓が大きく、山海空が一気に広がる、

解説見ると、

自然が豊かに残り、温暖な気候に恵まれた、神奈川・葉山。
明治の頃より別荘地として知られ、多くの文化人、著名人に愛されてきました。
その海を目前とする潤いの地に建つ住宅型有料老人ホーム「交欒(マゼラン)葉山一色」は、リタイアメント後の暮らしを積極的に楽しむ方々のためのコミュニティです。
オーシャンビューのダイニングレストランをはじめ、上質なインテリアをまとう共用空間を多彩に、自分らしい暮らしをお送りいただけるようにサービスの自由度を高めました。
ゆったりとしたお部屋でくつろぎ、出会ったご友人と趣味の世界を広げる。時を豊かに彩り、人生が輝く。そんな日々がここから始まります。

お母さん(86)いわく、
退屈なので、足の調子が良くなったら、
上大岡の自分のマンションに戻りたいと、

以降、PM1時から4時まで会話が続く、

2-3ヶ月前からお父様(先に亡くなられた)が妻をよろしくと自分に話かけてくるも、自分はズット無視していた、が横浜の駅で偶然会ったご子息(同期の幹事)から骨折/ホーム入居を聞き、これが今回の来訪のきっかけになったと言うこと

自分の両親が亡くなって後40-50日の間来てくれたこと、

孤独とは幸いであること、

動かない木々は決してヒマではない、ものすごい勢いで生命活動をしており、天に日々感謝していること、

Human doingとHuman being、何かをせずにはいられない人と
存在で満足する人、etc etc

お母さんの話を聞いてみると、実は、
息子(同期)やそのヨメさんが、自分がここにいて欲しいこと、
戻ると
迷惑をかけるであろうことをよく理解していた、

その上で、ここの退屈さに耐えられなかったのである、
一日も早く、足を完治して、復帰したかった、

がその一方で、自分の年を考えると、
例え、治って復帰しても、又、トラブルが起きかねず、
ジレンマの中だった、

​昨夜、帰宅して、メールを送った、

本日はお世話になりました。 さて3Fのライブラリーに、「最高の歩き方」と言う本があります。そのP58-62には立ち方と歩き方のヒントがあります。私の現在の歩き方とよく似ています。お時間ありましたら目を通して見てください。内容は体重移動による歩き方です。上体を前に倒すのですが、コツは、腰を曲げるのではなく、上半身は立てたまま、骨盤をやや前に突き出して歩くと、自然に前に体重が移り、楽に歩けます。この歩き方を地道に続けると、足腰の筋肉が鍛えられ、肉もついてきます。

​返事が来て、

よくぞお越しくださりありがとうございました。 有意義な貴方のご意見をかみしめて考えてみます。歩き方の本を早速に読みましょう。ご教示に感謝です。遠くて迷惑でしょうが又来てください。お土産ありがとうございます。 おやすみなさい。

自然一杯、景色抜群の豪華老人ホームは、
(オレには天国なのだが、)
お母さんにはヒマなところ、

さて、86歳にて、パラダイムシフトは起きるだろうか?​​







最終更新日  2018年12月22日 13時12分01秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全460件 (460件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 46 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.