18718177 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ あいうさん >燃料を思いっきり投げてそれの反作用で…
あいう@ Re:ロケットはどの様に地球を離れるのか?(07/07) 書き足し失礼します。 減った燃料の質量を…
あいう@ Re:ロケットはどの様に地球を離れるのか?(07/07) 減った燃料分の質量m、噴射の速度vとして…
tt555@ 金牛丸さん >運動量保存の法則と言いまして走ってる…
金牛丸@ Re:ロケットはどの様に地球を離れるのか?(07/07) 運動量保存の法則と言いまして走ってるも…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2018年07月21日
XML
カテゴリ:ミニストリー

洗脳マシン(TV)を買って、​

https://twitter.com/TrutherUfo/status/1018670589672861698

試しに、​​ニュースを見たら、

Thai cave boys are released(Daily Mail July 18)

洞窟から出てきたばかりの元気な少年たちがーー、

FAKE THAI CAVE EVENT(Thursday, 19 July 2018)
 "A constantly changing narrative, alive after 12 days in a pitch black hole, no light, no food, fetid water, dank and acrid air and the usual derring do rescue that was virtually impossible. 12日間の狭い洞窟内、光がなく、食物がなく、水もない、加えて排泄物を含む劣悪な汚染空気環境、

"As a qualified rescue diver, a devout Muslim who has fasted for a month just the other week and someone who has been down some of the longest and darkest caves in the Phillipines - what they allude to is utter garbage. 有資格のダイバーでさえほのめかす、あそこ(洞窟)は全くのゴミ溜めだと、

"More fakery I'm afraid. Pure shyte - body is shut down within hours, air pocket quickly turns into a carbon dioxide pocket, ammonia filled acrid air wouldn't last long. Approx 10 cubic litres of air per second per person. Nope, sorry, utter bs. そもそも狭い空間では二酸化炭素が急増し、加えて(排泄物の)アンモニアガスが満ちると体は数時間持たない、

2 and a half miles to safety with a 6 hour swim. Sorry it isn't a 6 hour swim, it's a 6 hour cave dive requiring about 200 bar of air/Nitrox per individual per hour ehhhhh nope. 6時間かけての4kmに及ぶスイムの安全性、オッと失礼、6時間かけての洞窟内ダイビングだった、しかもその必要空気量は一人一時間当たり200バール(気圧)、ありえん!

"A bunch of kids sitting around waving at the camera - ehhh nope. You would either be dead or at deaths door. 洞窟内で光を当てられ、カメラの前で笑顔で手をふっている!?


コメント欄、
​If they were in the dark for any length of time it would have been completely wrong to shine a bright torch directly into the faces of these children. Why on earth didn't the diver realise this? Remember the Chilean miners? They all had sunglasses for the emergence into daylight to avoid eye pain/damage. That's my observation for what it's worth.​​長時間光がない状態で、いきなり光を当てられたら直視など不可、目がやられる、(こんな基本をなぜダイバーは無視するのか、)あのチリの鉱山の救助劇では、外部に出る際、サングラスが準備されていた、​

洗脳マシンは期待を裏切らない、​​







最終更新日  2018年07月21日 23時39分13秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.