15830886 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

tt555@ 四つ葉さん New! >電磁気的に病気を治す術があった!? …
四つ葉@ Re:大天使が活躍する時代(03/22) プラズマ兵器ですか。自分は兵器について…
tt555@ ハッチさん >去年、子羊の群れの関東合同礼拝で洗礼…
ハッチ@ はじめまして 去年、子羊の群れの関東合同礼拝で洗礼を…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2017年03月24日
XML
カテゴリ:ミニストリー

聖書でネフィリム記載の有名箇所は2ヶ所、

創世記6:4、(大洪水前)
民数記13:33、(大洪水後)
(他にも巨人族の名前があるが、省略、)

この箇所は知っていた、

しかし後者にカニバリズム(人食)の記述があったのは、
気付かなかった、

前後を引用、

新共同訳、
民数記13:25 四十日の後、彼らは土地の偵察から帰って来た。 
13:26 パランの荒れ野のカデシュにいるモーセ、アロンおよびイスラエルの人々の共同体全体のもとに来ると、彼らと共同体全体に報告をし、その土地の果物を見せた。 
13:27 彼らはモーセに説明して言った。「わたしたちは、あなたが遣わされた地方に行って来ました。そこは乳と蜜の流れる所でした。これがそこの果物です。 
13:28 しかし、その土地の住民は強く、町という町は城壁に囲まれ、大層大きく、しかもアナク人の子孫さえ見かけました。 
13:29 ネゲブ地方にはアマレク人、山地にはヘト人、エブス人、アモリ人、海岸地方およびヨルダン沿岸地方にはカナン人が住んでいます。」 
13:30 カレブは民を静め、モーセに向かって進言した。「断然上って行くべきです。そこを占領しましょう。必ず勝てます。」 
13:31 しかし、彼と一緒に行った者たちは反対し、「いや、あの民に向かって上って行くのは不可能だ。彼らは我々よりも強い」と言い、 
13:32 イスラエルの人々の間に、偵察して来た土地について悪い情報を流した。「我々が偵察して来た土地は、そこに住み着こうとする者を食い尽くすような土地だ我々が見た民は皆、巨人だった。 
13:33 そこで我々が見たのは、ネフィリムなのだ。アナク人はネフィリムの出なのだ。我々は、自分がいなごのように小さく見えたし、彼らの目にもそう見えたにちがいない。」

ギリシャ語70人訳、
Num.13:32、And they brought a horror of that land which they surveyed upon the children of Israel, saying, The land which we passed by to survey it, is a land that eats up its inhabitants; and all the people whom we saw in it are men of extraordinary stature. 33、 And there we saw the giants; and we were before them as locusts, yea even so were we before them.

民数記13:32-33、偵察隊は恐ろしい報告をした、「その土地は住民を食い尽くすところだ、そして彼らは驚くほどでかい、我々が見たのは巨人である、彼らの前では自分たちがイナゴにしか見えなかった、」

そして、新約聖書にも、

1ペテロ5:8 身を慎んで目を覚ましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、だれかを食い尽くそうと探し回っています。

KJV 1Peter 5:8、Be sober, be vigilant; because your adversary the devil, as a roaring lion, walketh about, seeking whom he may devour:

*devourの意:…をむさぼり食う,がつがつ食う、

この箇所は知っていたが、
ま、まさか、本当に食うとは!?

*自分にカニバリズムの現実が欠けていた故、
今まで、象徴的な意味にしか取れなかった!?

近代でも、パプアニューギニア、ソロモン諸島では、
人食いの巨人の証言(
WW2)がある、

カンダハールの巨人の洞窟前には、
兵士のものと見られる骨があった、

北米インデアンにも巨人の人食いの証言がある、

そして、これは、現在のピザゲート事件とも関係している、

カニバリズムは、古くから面々と続く、

神のイメージである人間を破壊、食い尽くすのは、
彼ら(悪魔、堕天使)の習性である、 

参考)戦争は勝つためになされるのではない

70年代、米国で中絶が合法化され、
犠牲になった赤ちゃんの数は5700万以上と言われる、

参考)現代のモレク(悪魔)信仰、生贄としての中絶

米国(だけ)で、年間、何十万単位で、
行方不明者が出ているのはなぜか、

参考)アメリカの多数の子供が毎年行方不明になっている背景
    子どもの連れ去り増加の背景(2014年12月12日)

又、旅客機が、時々、丸ごと行方不明になるが、
乗客はどこに行ったのか、

参考)ドイツ機墜落、当初の解釈から再考してみる

1967年以降、約85万人のパレスチナ人が拘留され、
そのうち10万人が子供たちだが、何のため?

参考)BREXITで犠牲になったJo Cox議員が主張していたこと

エリザベス女王が、
王室のベビーイーティング
に言及していたら、
そのまま、スルーしてはいけないのである、






楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月24日 00時59分25秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.