20463812 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Walk in the Spirit

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まりあ@ 参考になる記事、ありがとうございます! tt555さんへ 導入中止、ブリュッセル以外…
tt555@ まりあさん こちらの記事も面白いですね、 T-Mobile A…
まりあ@ 5Gに対しても やはりちゃんと、霊的な勝利の道がすでに…
まりあ@ ハレルヤ! 良い記事ですね。 主イエスの偉大な御名…
tt555@ まりあさん >特に、ジオマンシ―のあたり。 世の中の…

カテゴリ

バックナンバー

ニューストピックス

2019年09月14日
XML
カテゴリ:ミニストリー
​昨日、一新された祭司職で一例で取り上げたこちら、​

”はたまた、新しい神殿(第3)に注目だ、”

”​シオニスト”の解釈ー>第三神殿が建てられる日 

のリンクには面白い解釈が出ている、以下抜粋で、

​ユダヤ人は、やがて再建されるその神殿を「第三神殿」と呼んでいる。第三神殿が再建される時――それは1948年のイスラエル建国に次ぐ、世界のビッグ・イベントになるだろう。それはイスラエル建国の時と同様、聖書預言の成就の日なのである。(中略)

​ですから、キリスト再来が間近になった時代に、ユダヤ教の神殿は再建される、と考えられます。ユダヤ教神殿が再建されれば、キリスト再来の時は間近に迫った、と考えてよいのです。ただし、神殿が再建される以前にキリスト再来があったり、キリスト者の携挙が起こったりすることはありません。 ユダヤ人は、やがて再建されるこの未来の神殿を、「第三神殿」と呼んでいます。(中略)

「第三神殿」という言葉は、イスラエル建国の父ベン・グリオンが一九五七年に使ったのが、たぶん始めてでしょう。彼も、第三神殿の建造を強く望んでいたのです。(中略)​​

ユダヤ人は、決して神から捨てられてはいません。彼らは今も、神のご計画と摂理の中にあります。ユダヤ人の多くは、まだイエス・キリストを知りませんが、それは使徒パウロの言っているように、「異邦人の完成のなる時まで」(ロマ一一・二五)のことです。異邦人に対する世界宣教が完成すれば、その後にユダヤ人の時がやって来るのです。
キリストの福音の世界宣教がほぼ達成されつつある今、ユダヤ人の大リバイバル(回心)のときは刻々と近づいています。第三神殿建設は、その歴史の究極に至るための、一つのステップなのです

かような解説を見ると、
ラビが作り上げたシオニズムの教理の優秀さが見て取れる、

第3神殿建設は演出用の舞台セットであり、
イスラエル国家なくして成立しないようなストーリー、

​スチーブンも当初、反キリストの出現と相まって、
随分、右往左往したらしい、
ex)ダニエル8:24(反キ)、ルカ21:24、ロマ11:25が混同!?
が今はハッキリしていると、

代表聖句で

ルカ21:20 「エルサレムが軍隊に囲まれるのを見たら、その滅亡が近づいたことを悟りなさい。
21:21 そのとき、ユダヤにいる人々は山に逃げなさい。都の中にいる人々は、そこから立ち退きなさい。田舎にいる人々は都に入ってはならない。
21:22 書かれていることがことごとく実現する報復の日だからである。
21:23 それらの日には、身重の女と乳飲み子を持つ女は不幸だ。この地には大きな苦しみがあり、この民には神の怒りが下るからである。
21:24 人々は剣の刃に倒れ、捕虜となってあらゆる国に連れて行かれる。異邦人の時代が完了するまで、エルサレムは異邦人に踏み荒らされる。」

シオニズム的解釈では、いずれの箇所も、未来の出来事として、
国家イスラエルに起こるものと捉えられている、

異邦人の時代が完了するまで、と言う表現がそれを支持する、

しかし、このエルサレムの艱難は、
AD70年代のエルサレム落城をさすもの、

かような背景もあるがゆえ、
Fullness of the Gentilesの解釈がキーとなる、

過去のことなのか、(異邦人が十字架により贖われた)
未来のことなのか、(
​異邦人に対する世界宣教が完成)

参考)
一新された祭司職 
Fullness of the Gentiles by イスラエルニュース 
​​What is Israel ? What is the fullness of gentiles ?







最終更新日  2019年09月14日 10時04分30秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.