463511 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

パンプキンのおへそ

PR

Profile


パンプキン2010

Calendar

Comments

パンプキン2010@ ♪ミチさんへ ミチさんへ、コメントをありがとうござい…
♪ミチ@ Re:松代(08/09) 長野!! 聞いただけで、わぁ~~となりま…
パンプキン2010@ ♪ミチさんへ ミチさんも空を見ていたのですね~! 素敵…
♪ミチ@ Re:広島に続く空(08/06) 広島に繋がる空を、愛知で見ています。 …
パンプキン2010@ たんぽぽ730さんへ 鳥甲山は私も実は怖そうなので迷って 台風…

Favorite Blog

いちじくジャム New! ヒメスミレさん

会津駒ヶ岳に登って… New! himekyonさん

涼を求めて付知峡へ8 New! アミーゴ6556さん

台風一過・爆風 New! やよい0310さん

二ノ谷山・・・ナツ… kiki2406さん

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

旅・さるく・カフェ

2019.08.09
XML
夏空が広がって暑い日が続きます
台風の動向もきになりますね




苗場山、鳥甲山と登った後
志賀高原に泊まろうかなと思っていたのですが
お天気と体力を考えて
急遽、長野駅前のホテルを予約しました

夕飯は居酒屋でビールで乾杯といきたいところですが
疲れすぎていてペンギンからNG
検索したら思い出の店がまだありました!
「カレーショップ山小屋」
大通りから一本入った路地は
そこだけ昭和でした(笑)
とても懐かしくて美味しかったですぺろり

「山と渓谷」の八月号に
登山口の駅と街案内という特集で
長野駅周辺のお店として紹介されいるそうです





翌日は青空が広がったので
以前から気になっていた松代へ

大河ドラマ風林火山に出てきた海津城
川中島の戦いで武田の拠点となった平城

その後、大河ドラマ「真田丸」でおなじみの
真田信行の居城となりました

整備されていて見ごたえありましたよ
でも暑かったです




次は真田邸
松代藩9代藩主 真田幸教が当初 義母の住居として建築し
やがて隠居した幸教の住居となり、明治以降は、真田家の私宅となったそうです

当時のまま残っているそうで 
これもなかなか立派なでした




回遊式の日本庭園は
山が借景となっていて素敵でした☆




人も少なくてお庭を眺めながら
縁側でのんびりしました
風が心地よかった




そして最後に行ったのは 「松代大本営」
沢山の人が訪れていました

第2次大戦末期、本土決戦を前に
天皇や皇后の御座所、軍司令部、中央官庁を
松代地区の地下壕に移す計画があった
舞鶴山を中心に、皆神山、象山に碁盤目のように掘り抜かれた地下壕
それが『松代大本営』です

ヘルメットを着用して
暗いトンネルをかなり歩くのですが
言葉にならない圧迫感があり
訪れてこそ感じられるものがあると思いました

今日は長崎に原爆が投下された日
二度と戦争が起こらないように
平和が続きますようにと
祈らずにはいられません



色々な歴史のある松代のまち歩きはお終い☆
山と観光と楽しい3日間でした

最後まで読んでくださってありがとう^^






Last updated  2019.08.10 23:50:34
コメント(2) | コメントを書く
2019.06.24
梅雨の晴れ間に
岐阜の蕎麦粒山(そむぎやま)に登ろうと
ペンギンが言ったので
調べたら藪山らしいほえー

検索したら
楽天のブロ友のKIKIさんのブログも出てきたよ
山ダニがいる事がわかりショック
梅雨のこの時期は山ヒルもいるらしく
今回私はパスして
ペンギンとは別行動となりました

蕎麦粒山に向かう途中の
揖斐川沿いの公園で降ろしてもらい
ゆっくりマラニックする事にしました

たまたまトイレに立ち寄った公園には
マップがありましたちょき



川沿いを走るコースなのでテンション上がります



揖斐峡大橋
こここら沢山の橋を渡っていきます




迷いそうな分岐にはこんな道標があって助かりました!




途中気になる橋があったので寄り道です



渡ると、なんと恋の吊り橋でした❤️



誰もいなかったので鐘も🔔鳴らしました



綺麗な川やダムを見ながらのんびり~ぺんぎん
そうこうしているうちに道の駅に到着!!
ここでペンギンを待ちます

ソフトクリームとソーセージを食べました




まだお昼には早かったので
近くの元藤橋までお散歩ひよこ足跡
とてもいい眺めでした


道の駅に戻って椎茸コロッケのランチ♪
里芋のコロッケは初めて!
お店は生姜醤油がお勧めだったのですが
私はソースで頂きました
ドリンクバー付きだったのでゆっくりと休憩できました
温泉が休館日だったのが残念でした



1人だし坂が多いしと不安がありましたが
とっても気持ちよくマラニックできました

ペンギンは道迷いあり藪漕ぎありで疲れたようです
私は行かなくて正解だったよと!!
山ダニは帽子にスパッツと対策をしたお蔭で
防ぐことが出来たようです
KIKIさん、情報ありがとうございました^^






Last updated  2019.06.24 20:08:42
コメント(4) | コメントを書く
2019.05.06
令和になりました

GWはいかがお過ごしでしたか?
後半、私は四国に行ってきました
最後に立ち寄ったのが丸亀城です

お城祭りだったので早めに駐車場に向かいました
歩いていくと亀山にそびえる丸亀城が!
とてもカッコイイ♪




すごい!石垣です
石の城と呼ばれているのですね!!



途中見えた讃岐富士です富士山
丸亀のシンボルですね~!(^^)!


グイグイ登っていくと天守が見えてきました


高さ15Mの三層三階の現存木造天守です
中に入ると階段が急こう配
登るのにも一苦労、降りるのは更に怖かったです



丸亀の街と海が見えました♪



丸亀城は昨年の豪雨で自慢の石垣が崩れていました
全く知らなかった(;'∀')



なかなか訪れることが出来なかった丸亀城に行けて嬉しかったです

やっと筋肉痛がなおってきました
山の記録は後ほど~★






Last updated  2019.05.07 08:25:09
コメント(2) | コメントを書く
2018.11.25
久しぶりの更新です
あっという間に11月も下旬となりました

9年ぶりの家族旅行が
とても楽しかったので備忘録

先日、娘達が2人で旅行するのを追っかけて
小豆島へ行ってきました
岡山から70分の船旅
フェリーにのると何故かテンションが上がり
段々日常から旅モードに変わっていきます(^O^)

rblog-20181122154615-00.jpg

土庄港へ着くと
先ずは紅葉の名所、寒霞渓(かんかけい)へ
マツコの知らないロープウェイの世界で紹介されたみたい
小豆島にこんないい所があるとは知りませんでした

沢山の人が‥30分ほどで乗れましたが……
ロープーウェイから絶景のはずが‥
人が多くて見えず(;'∀')
窓際の方のスマホ越しに楽しみました(笑)
山頂から瀬戸内を眺め散策した後、遊歩道を下りました
奇岩が多くて紅葉と相まってとても素晴らしい所でした


rblog-20181121153523-00.jpg

下山後にお昼となり 森國酒造さんでまかないランチを♡
酒粕汁も酒粕のチーズケーキも美味しかったです
お隣のベーカリーも美味しそうでしたがお腹いっぱい
なのでお持ち帰りしました

rblog-20181121153523-01.jpg

小豆島は江戸時代から醤油作り始まったそうです
醤の里(ひしおのさと)にあるヤマロク醤油さんへ行きました

蔵の見学では独特の香りがして
間近に見ることが出来て酵母菌が生きていると感じられました
その後は効き醤油!!
なめて味比べしたら美味しかったので買っちゃいました!!
お豆腐やお刺身にかけて大切に味わいます♪

rblog-20181125203001-00.jpg


そして二十四の瞳映画村へ
昭和にタイムスリップ
二十四の瞳のロケセットだったようです
映画を見たことがなかったのです(;'∀')
中では高峰秀子さんのモノクロ映画が上映されていました
壷井栄文学館も面白かったです
八日目の蝉のロケ地でもあるので展示もあり
楽しめました

rblog-20181121153523-02.jpg



翌日はオリーブ公園へ
曇り空だったので青い空が見れずちょっと残念
平日だったこともあり空いていて
魔女の箒も待ち時間なしで借りられました(^^)v
とういことでキキになった気分で
娘達と大笑いしながらふざけて飛んでみました大笑い


rblog-20181125215904-00.jpg


そうこうしているうちに帰りのフェリーの時間となりました
もう4人で旅行する事は難しそう
思い切って来てよかった
とても思い出に残る2日間となりました






Last updated  2018.11.29 23:26:16
コメント(6) | コメントを書く
2017.12.07
テーマ:自転車(10128)
12月になりました
いかがお過ごしですか?

晩秋の奈良へ行ってきました
風もなく穏やかな日になったので
一日目はサイクリング

柏原神宮前駅近くに車を置いてスタート
すぐに丸山古墳があり思わず興奮!
古墳からの景色は、奈良って感じです




ほどなく石舞台古墳へ到着
ペンギンと付き合い始めの頃に
訪れた思い出の地です♡
ここから平城京を目指します




自転車道の入り口は石舞台古墳からすぐですが
分かりずらくウロウロ
山でも登山口って迷いますよね
結局、遊歩道からだったみたい



直ぐに飛鳥川沿いに出ました
紅葉がまだ残っていて綺麗です♡




しばらくのどかな風景が続きます




藤原京辺りの道に鳥居を見つけてパチリ
くぐって走ると……それらしき道がありません
どうやら間違えたみたい
鳥居をぐぐるなんて変だと思った(;'∀')
この辺りは迂回路が多く道が分かりずらい
止まりしながらMAPを見ながら進みます



コンビニでスープを飲んで温まり休憩
ならクルの看板!!が私達を導いてくれます
まだまだ先は長いですね

すれ違うサイクリストと挨拶を交わすと何だか元気がでます
ほとんどが男性でした




以前登った二上山を左手に見ながら進みます



お昼近く、川沿いの自転車道にはお店がないので
法隆寺の看板を見つけ寄り道して
法隆寺駅近くカフェを見つけ
ランチして一息入れました

時間の都合上法隆寺はパスして
川沿いを北上します

途中、大和郡山城跡に立ち寄りました
ボランティアガイドさんに案内してもらいました
左奥の石垣が城跡です


この春に整備されたそうで
大和を統一した筒井順慶が気づいたお城で
秀吉の弟、秀長が治めた事もあるそうです



天守台からの眺め、手前はお堀です
もっとじっくり周囲をお散歩したかったです



あと一息、更に北上すると
平城京跡に到着しました!
約50km走りました\(^_^)/

平城京跡はとても広い~です!!
見学は4時15分までのアナウンスが流れました!
第一次大極殿までダッシュです




大極殿からの眺め、ずっと先に朱雀門が見えます
ここにいにしえの古都が広がっていたのね
どんな街並みだったのかな~




自転車で朱雀門まで来ました!
今度は第一次大極殿が遠くに見えます



西大寺駅に自転車を置いて電車で車を取りに戻りました
お天気に恵まれてとても楽しかったです!!
最後まで読んでくださってありがとう^^
翌日の山に続くよ~★






Last updated  2017.12.07 22:56:06
コメント(4) | コメントを書く
2017.11.19
11月も半ばを過ぎて急に冬将軍がやってきました
とっても寒いですね!!
皆さん、いかがお過ごしですか??


昨日は久しぶりに紅茶教室に行ってきました

先生がスリランカカレーのデモンストレーションを!!
まるで料理教室みたいでした!

タラのカレーなんて初めて!
初めてきくカレーリーフとかタマリンドなんてのもあり
スパイスを炒めてココナッツミルクを入れます
煮込まないので材料を刻んでおけば直ぐにできます
油分が少なくあっさりして胃もたれなし
スリランカの紅茶と頂きました
とても美味しかったです

そしてもうひとつのおからのカレー!
ヘルシーなので家でも作ってみたいな~!




少し前になりますが10月末に
アサヒスーパードライのカンパイジャパンライブに行ってきました
布袋寅泰さん、コブクロさん、柴崎コウさん
マンウィズアミッション(オオカミバンド)
そして福山雅治ことましゃが出演する
豪華なライブにペンギンと参加してきました

ライブ前に一度は行ってみたかった柴又へ

寅さん像をみながら参道でお昼ごはんを!!
帝釈天は彫刻が凄かったです
そしてお庭の素敵な山本亭でお抹茶飲みながらまったり
しばし柴又であることを忘れました


rblog-20171119164142-00.jpg

ライブはたっぷり4時間超!
退屈することなくあっという間でした
合間に懐かしオリンピックの映像が流れました

オオカミバンドは盛り上がっていました
直虎さんじゃなくて歌手コウちゃんは綺麗でいい声です
布袋さんのカッコよさにはやられました
コブクロの蕾のアカペラも良かったです
ましゃは文句なしカッコよかった
聖域も聞けて
コウちゃんとましゃのKOH+も見られて大満足でした



そして先日は岡山へ
久しぶりに娘の所に泊まって
岡山マラソンに参加
翌日は二人とも筋肉痛でしたが
姫路城に行ってきました

快晴に白いお城が映えて素敵でした
紅葉も見ごろでいい思い出になりました
rblog-20171119164142-01.jpg

あっという間に年末になりそうです!
風邪に気をつけてお過ごしください






Last updated  2017.11.19 17:47:11
コメント(2) | コメントを書く
2017.05.17

爽やかな一日でした
近くの小学校でインフルが流行っていたようです
まだまだ気をつけないといけませんね

ドラマ「みおつくし料理帖」が始まりました
八の字眉毛の黒木華さんがとても可愛いです


武奈ヶ岳を下山した後、大津に泊まりました
翌日は雨の予報でしたがなんとか午前中もちそうだったので
近くの石山寺に行きました

立派な「東大門」


門をくぐると キリシマツツジと新緑が綺麗でした


天然記念物の「硅灰石」は迫力がありました
この「硅灰石」が石山寺の名前の由来だそうです
奥に見えるのが国宝の「多宝塔」です


ちょうど藤の花も満開でした
近寄ると香ってきました


終わりかけの牡丹、いい所だけパチリ


ピンクのキリシマツツジも満開です


紫式部ゆかりの寺、像とさつき


駐車場の車から自転車を降し
一時間ほど瀬田川から琵琶湖沿いをサイクリングしました

瀬田川は関西でも有数のボートスポットだったようで
川沿いにはボートが沢山並んでいて ボート部の艇庫がいくつもありました

この日はたまたま大学ボート部対抗の大会が開催されいて
日に焼けた体格のいい学生が沢山ボートで競い
湖畔も大勢の関係者で溢れていて
私にはボートって馴染みが無かったのですが
熱い熱い雰囲気が伝わってきました




石山寺の駐車場に戻り
叶匠寿庵の力餅をほお張りました(#^^#)




高速にのって間もなく雨が降り出しました
ギリギリセーフでした!(^^)!

渋滞もなく順調に14時頃帰路につきました
今回も楽しい旅となりました

最後まで読んでくださってありがとう^^







Last updated  2017.05.17 20:49:35
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.02
東京の続きです
ホテルで美味しいバイキングを食べた後
上野のある旧岩崎邸庭園に行きました

上野公園から少し外れていて場所が分かりずらくて
少しウロウロしちゃいました
この日も前日同様蒸し暑くて汗だくでした!!

坂を登っていくと素晴らしい洋館が見えて興奮です
私は古い建物が好きなんです!!
丁度11時からボランティアガイドさんの説明が始まる所でしたちょき


CIMG0179.JPG

こちらの旧岩崎邸は
明治29年(1896)に三菱創設者岩崎家の本邸として創建されました
建築家コンドルによって設計された洋館は
17世紀の英国ジャコビアン様式を基調として
ルネサンスやイスラム様も採り入れた西洋木造建築です
洋館に続いて和館の一部も残されていて
明治時代の財閥の壮大な邸宅の面影が今も残っています

ゲストハウスの洋館、住居の和館、山小屋風の撞球場(ビリヤード)の3つの建物からなります

和館
CIMG0218.JPG

撞球場
CIMG0172.JPG

どれも素敵でしたが洋館を詳しくアップしますね
サンルーム側から見ると!!
ガイドさんについて詳しく説明を聞きました!!
教えてもらわないと気付かない事ばかりでとても面白くよくわかりました
素敵な玄関
  • CIMG0180.JPG
反対側から見たステンドグラスの窓
秋になるとお庭のイチョウの黄色が映りそれは素敵だそうです
ここは庭園も素敵、大名庭園の後なんですよ
  • CIMG0181.JPG
玄関のタイルもおしゃれ~★
  • CIMG0184.JPG
エントランスの柱
  • CIMG0186.JPG
階段の小窓
  • CIMG0191.JPG
お部屋はそれぞれ趣が違います
  • CIMG0194.JPG
  • CIMG0195.JPG
ベランダのタイルはイギリスのミントン社製だそうです
  • CIMG0196.JPG
天井も素敵です☆
  • CIMG0203.JPG
ベランダの装飾
  • CIMG0215.JPG
お庭に出てベランダ側から見た外観はとても豪華です
  • CIMG0177.JPG

東京でこういった所を訪れたことがなかったですが
とても面白かったです
ガイドさんの説明で10倍くらい楽しめました
次は旧古川庭園とか行ってみたいな~と思いました






Last updated  2016.10.02 08:07:00
コメント(2) | コメントを書く
2016.10.01
すっかり涼しくなりましたね
皆さん風邪をひかないようにきをつけましょう!!

先週東京に行ってきました!!

上野の森に行くのは修学旅行以来かな~(-_-;)
まずは気になっていた世界遺産の国立西洋美術館へ
こちらの建物がフランス人建築家で近代建築の巨匠
ル・コルビュジエ(1887~1965年)の建築作品だそうです

こちらの美術館はとても有名な作品が沢山あるのに
入場料がなんと430円でした(@_@)

今回は常設展をサッサーーと一通り見てきました
松方コレクションが中心ですが、どれもこれも素晴らしい作品ばかり

ほとんどの作品は撮影が出るのにはビックリ!!でした

また訪れたいと思う美術館でした
  • 想いで2.jpg
  • そしてお友達が待つ東京ドームホテルへ!!
  • 予約してくれたお店で焼き肉ランチです!
  • 焼いては食べてお喋りしてと
  • 美味しくて楽しかったよスマイル
  • ありがとう^^
  • 想いで4.jpg
  • ホテルを出ると凄い人・人・人でした
  • 「WE’RE BROS.大祭 in TOKYO DOME」に参加してきました
  • アコギ中心のライブでとっても楽しかった
  • 新しい曲、大好きな曲、セルフカバーありでした
  • 歌もだけれどギターも凄く良かったです
  • 最上階後ろから2番目の席でも
  • ましゃを近に感じられて胸いっぱいでした
  • 想いで1.jpg
  • ホテルは浅草でした!!
  • 早朝に目が覚めたのでお散歩ですひよこ足跡
  • 仲見世犬の散歩してる人位で閑散としてました
  • 隅田川沿いを歩いていたらガリレオを思い出しちゃったよあっかんべー
  • ぶらぶらしてるうちにスカイツリーまで行っちゃいました
  • 次に来たときは登ってみたいな~!
  • 想いで3.jpg
  • ということで楽しい思い出ができました
  • 行っておいでと送り出してくれた家族に感謝・感謝です
  •                     何故か•が(;'∀')
  • 続くよ~★






Last updated  2016.10.01 22:36:20
コメント(0) | コメントを書く
2016.05.28

大菩薩嶺からの続きです

石和温泉近くのチサンインは無料朝食付き

期待していなかったけれどなかなかの充実ぶりでした

車で一時間ちょっとで精進湖に到着

湖岸の駐車場に車を止めてスタート

晴れているけれど雲多めですね~

  • CIMG9680.JPG

 

湖岸を進むと右手に樹海の文字が!!

道路沿いなのに何か不気味な雰囲気がしますショック

  • CIMG9682.JPG

半周すると本栖湖への分岐が現れて139号を進み

本栖湖入り口から湖岸の道へ入ります

前回の丸子に続いてサイクリングは2回目なので

私はかなりゆっくりなペースで走ります自転車

今回は自転車道ではないのでヘルメットを被ってます

私は持っていないのでブラックダイヤモンドの登山用ですあっかんべー

千円札富士山のビューポイントに到着しました

  • CIMG9691.JPG

目を凝らしてください、富士山が分かりますか!!頭は白いです

本栖湖に写る逆さ富士も富士山

  • CIMG9686.JPG

立派なお寺を過ぎると湖面のブルーがとっても綺麗~ですきらきら

この日は月曜日だったので交通量少なめでした

鳥のさえずりを聞きながら風をきって気持ちよく走ります

大きな駐車場がありここで休憩です

私のルイガノと本栖湖をパチリ

  • CIMG9699.JPG

芝桜祭りのチラシを見つけて近いので行ってみることにしました

入り口の分岐から139号を下るかと思いきや

ずーーーっと登り坂でしたしょんぼり

頑張ってペンギンぺんぎんに付いてきましたよ

芝桜公園に到着してみると 時期が過ぎて無料になっていましたびっくり

富士山が見えたのよしとしましょう!

でも皆さん自撮り棒でとても嬉しそうに写真を撮っていたよ

  • CIMG9705.JPG

さあ帰ろうと竜神湖畔の道を歩くと、

あらまあクマガイソウの群落が!! しかも満開です

皆さん知らないらしく素通り、私一人興奮してました

  • CIMG9706.JPG

そして多摩の流れという芝桜も綺麗でしたよ♪ 可愛い♪

  • CIMG9715.JPG

帰り道は下りが多いのでラクチンでした

本栖湖の入り口でお昼ご飯、名物ほうとうを食べたよ

お野菜たっぷりで美味しかったです~ぺろり

  • CIMG9717.JPG

お腹いっぱいになり、精進湖の駐車場に戻り自転車を積んで

車を走らせると間近に富士山が~見えましたちょき 

  • CIMG9720.JPG

反対側には以前登った 毛無山がどーーんとそびえてました

こんなにも近かったのね~

  • CIMG9721.JPG

締めは 馬飼野牧場のソフトクリームで!!滑らかで美味しかったよ^^

  • CIMG9724.JPG

 お天気に恵まれて、今回もとても楽しい山&サイクリングとなりました

行かせてくれた家族、ありがとう^^

最後まで読んでくださってありがとう^^







Last updated  2016.05.28 16:31:40
コメント(6) | コメントを書く

全52件 (52件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.