220816 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

NXTな毎日につられる日々

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ぽよこまだんな

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

chocola@ロボットモード@ Re[2]:ちょっと組み立て(02/05) ぽよこまだんなさん、早々のお返事、あり…
ぽよこまだんな@ Re[1]:ちょっと組み立て chocola@ロボットモードさん、こんばんわ…
ぽよこまだんな@ Re[1]:日本大会2014、注目ロボット 関西人さん、こんばんわ コメントありがと…
chocola@ロボットモード@ Re:ちょっと組み立て(02/05) 少し前の記事なのに今頃すみません。 iMod…
関西人@ Re:日本大会2014、注目ロボット(03/24) 日本大会、ありがとうございました レスキ…

Freepage List

Headline News

2009.02.24
XML
カテゴリ:NXT
さてLEGO NXTですが、各センサ類は1つづつしか付属しません。
たとえば、前と後ろにタッチスイッチを付けたい場合は、
改めてパーツで売ってるとこを探して、別途購入するしかありません。
また、NXTのセンサは大きいのでもっと小さなものを付けたい場合はどうすればよいでしょう。
実はNXTのハード関連は回路図が公開されており、自作することが可能です。
そんな訳で回路図(画像上段)のように作ることで、NXTソフトウェア上で
通常のタッチセンサとして使用することが出来ます。

さて、回路図をみると判りますが、タッチセンサはアナログの入力ポートに繋がっています。
試しに、光センサで入力値を確認すると、押すと100%、離すと0%になります。
ということは繋がってる抵抗値を変えてやれば、複数のスイッチが付けられるんじゃない?
ってな訳で、 回路図(画像下段)の様に繋いでやると
SW2を押すと約30%、SW1を押すと約50% 、両方押すと約70%の値になります。
これで、1つのポートで2つの入力が出来るようになりました。
抵抗値をもっと細かくすれば、さらに多くのスイッチを繋げそうですが、そこは別のネタで^^;



タッチセンサ









Last updated  2009.02.25 18:40:52
コメント(0) | コメントを書く
[NXT] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.