5789078 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Born  Free☆ミ

Born Free☆ミ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Profile

elsa.

elsa.

Favorite Blog

休みですが・・・ New! 福寿草5887さん

Freepage List

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2023.10.12
XML
カテゴリ:介護
​​​​




​やまゆり園事件モデルの映画、
障害者を演じた障害者が込めた「怒り」​






意思疎通ができない障害者は不幸を作る――。

 2016年に相模原市の障害者施設
津久井やまゆり園」で利用者19人が殺害された事件。

元職員の植松聖死刑囚(33)は、
こうした考えを持っていたとされる。

 事件をモデルとした映画「月」の公開が全国で始まった。

 劇中では、障害者が障害者役を演じている。

 出演を決めたのは「怒り」があったからだ。

 原作は、
辺見庸さんが事件から着想を得て書き上げた同名小説。

 映画の舞台は、
障害者への心ない扱いや暴力が繰り返される重度障害者施設。


そうした理不尽に正義感や使命感を増幅させた職員が、
事件へと向かう姿が描かれている。




昨年6月、障害者の就労を支援する事業所「AGALA(あがら)」
和歌山県有田市)の利用者に、映画出演の話が舞い込んだ。

代表の上野山盛大(もりひろ)さん(47)の知人を通じてだった。

 上野山さんは、ためらった。

 そもそも自分自身、事件を受け止めきれていない。

「映画で振り返る対象とするには、まだ早いのではないか」

 でも、利用者と関わるうえで大切にしてきたことがある。

 「自己決定」と「外へ出ること」。

 事業所でのパンづくりや配達、販売などの仕事は
すべて利用者自身に決めてもらう。

そうして利用者の「できる」を増やし、
地域とつなぎたいと強く思っている。

 「やはり、勝手に断るのは間違っている」

「死刑囚の言葉は、自分にも向けられている気がした」。記事の後半では、出演した障害者の事件への怒り、演技に込めた願いも紹介しています。

 出演オファーを15人ほどの利用者全員に伝えた。

6人が手をあげた・・

(この記事は有料記事です。)

​【朝日デジタル】​​​






とても辛辣な映像があり、思わず目を背けてしまう場面もある。


それでも、こういう経緯で出演を決めた皆さんの怒りを、

きちんと受け止めないと、ですね。













にほんブログ村 主婦日記ブログ 中堅主婦へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 成人自閉症者育児へ
にほんブログ村







​​​​





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2023.10.31 03:42:03
コメント(7) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.