5786666 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Born  Free☆ミ

Born Free☆ミ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Profile

elsa.

elsa.

Favorite Blog

愛知県田原市  田… New! トンカツ1188さん

Freepage List

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.01.24
XML
カテゴリ:アット・ランダム
​​



障害者雇用で企業力育む 法定率が4月から引き上げ 
職場の刺激に




企業が雇用すべき障害者の割合「法定雇用率」が、
4月から現在の2・3%から2・5%に引き上げられる。

一定の配慮や工夫は必要となるが、
数字の達成にとどまらず、
一歩踏み込んで、
職場の多様性や企業力を高める一環として
取り組む企業もある。

一方で、数字のみを追い、
雇用の質が伴っていないケースも出てきている
との指摘もある。

 
 焼き肉店などを全国展開する物語コーポレーション
(愛知県豊橋市)
の2023年6月時点の障害者雇用率は3・35%。

法定雇用率を1ポイント以上上回っている。

20年には1・86%だった。

同社の担当者は
「多様な人材が働き、
さまざまな立場から意見を自由に出し合う
企業風土をつくるため」
と説明する。

障害も含めて、その人らしさを大切にする。

言葉の理解が難しい人には分かりやすい言葉で指示するなど、
弱点は職場内の工夫で補う。

トップダウンでなく、皆で意見を出し合う。

職場内の配慮は、
顧客に向き合う姿勢の改善にもつながるという。

 同社は、特別支援学校の職場体験も積極的に受け入れている。

三重県鈴鹿市の丸源ラーメン鈴鹿店では1月、
県立杉の子特別支援学校石薬師分校の高等部1年、
名嘉真かいきさん(16)が5日間、
学校での学習の成果を生かして丁寧に接客したり、
テーブルを拭いたりした。

「楽しい。(同僚も)とても親切」
と名嘉真さん。

店長の小林将吾さん(32)は
「働く姿勢など、刺激を受ける点も多い」
と話す。 

店では昨年末から、
耳がまったく聞こえない女性をアルバイトとして採用。

洗い場と仕込みの仕事を任せている。

持ち場は、やりたい仕事を女性に聞いた上で決めたという。

コミュニケーションの手段としてホワイトボードを活用している。

「他の人の仕事もしっかり見ていて、よく気が付く。
人手不足の中、大助かりだ」。

小林さんは、この女性の働きぶりを評価する。



◆雇用の質伴わぬ事例も 


国内では、1976年から
一定規模以上の企業に障害者雇用が義務づけられた。

対象となる障害者は身体、知的、精神と広がり、
法定雇用率も引き上げられた。

昨年、法定雇用率を達成した企業は約半数。

大企業の方が達成率が高い。

 障害者が働きやすい環境づくりの推進を担ってきた施策だが、
限界を指摘する声もある。

障害者雇用に詳しい慶応大商学部の中島隆信教授は
「車いすでも移動できるよう段差をなくすなど、
障害者も働ける職場づくりに役立ってきた。
ただ、現状は、かなり無理が生じている」
と指摘する。

 近年、知的障害者がなじみやすい仕事の選定・抽出や、
身体障害者も働きやすい職場環境の整備だけでは
法定の数字を達成できず、
多くの従業員とは接しない農園で
障害者を働かせる企業も出ているという。

「雇用率による施策が、
『障害の有無にかかわらず働きやすい職場づくり』
という理念から離れた方向に企業を動かしている」
と中島教授。

「雇用の質にも目を向けるべきで、
今の仕組みは、問い直すべき時期に来ている」
と主張する。

 今後、国内では労働力人口が減り、
外国人らさまざまな人たちの力に頼らざるを得ない。

コミュニケーションに課題があったり、
異なる事情を抱えたりする人を考慮した
企業風土が今まで以上に必要になる。 

意思疎通などが難しい、疲れやすい、
体調の変化が激しいといった課題がある
障害者にとって働きやすい場所ならば、
子育てや介護、病気の治療といった理由で
離職する人が少ない職場になりえる。

中島教授は
「障害者雇用に伴う配慮も、コストとして捉えるのではなく、
活力維持、成長のための投資として推進すべきだ」
と話している。



​​[東京新聞]




色々な意味で企業の受け皿の柔軟性も、

求められてきていますね。​☄​








​​​









にほんブログ村 主婦日記ブログ 中堅主婦へ





にほんブログ村 子育てブログ 成人自閉症者育児へ






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.02.16 02:29:59
コメント(8) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.