5814524 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Born  Free☆ミ

Born Free☆ミ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Profile

elsa.

elsa.

Favorite Blog

最後の追い込み New! りぃー子さん

Freepage List

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2024.03.28
XML
カテゴリ:介護






障害者への合理的配慮 社会全体で理解深めたい



​​​ 障害のある人が、
ない人と同じように暮らせる社会の実現につなげたい。

 改正障害者差別解消法が施行された。

障害者が生活するうえでの障壁を取り除く「合理的配慮」が、
国や自治体だけでなく、
民間事業者にも求められるようになった。

 見下すような対応を障害者が受けたり、
車いすや盲導犬を使う人が
入店を拒否されたりする事例が後を絶たない。

企業や学校、病院、NPOなど、
あらゆる場面で意識改革が必要となる。

過度な負担にならない範囲で、設備、施設などの変更や、
活動に際しての支援に取り組まなければならない。

 障害者手帳を持つ人だけでなく、
何らかの障害や病気があり、
社会に残る障壁によって
暮らしにくさを感じているすべての人のための施策だ。

 まず、いかに民間事業者への周知を徹底するかが課題だ。 

内閣府のホームページでは、具体例を紹介している。 

研修会へ参加する視覚障害のある人に、
移動しやすい出入り口近くの席を確保する。

飲食店が、
聴覚に障害のある人向けに筆談ボードを用意する。

車いすの人のために、
高いところの商品を取って渡す――。

このような取り組みを参考にするとともに、
当事者の声に耳を傾けたい。

 相談機能の強化も必要だ。 

内閣府は昨年10月、
障害者や家族、事業者、自治体
からの問い合わせに対応する
「つなぐ窓口」を開設した。

今年2月までの相談は827件に上った。 

ただし、
窓口は2025年3月までの試行的な取り組みだ。

常設化が望まれる。

 障害者の希望に、
事業者が対応しきれないケースもあるだろう。

そのような場合、両者の間に立って、
話し合いや歩み寄りを促す仕組みを作ることも
検討すべきだ。

 差別をなくすことは国際的な潮流だ。

国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」は、
不平等の解消やバリアフリーの実現をうたう。 

障害者に障壁のない社会は、
だれにとっても暮らしやすいはずだ。

超高齢社会の課題解決にもつながる。

社会全体が我がこととして、
差別解消の取り組みを進めることが肝要だ。

​[毎日新聞]​








ごく当たり前の助け合いが
自然に実現できる社会であって欲しいですね。
​​​















にほんブログ村 主婦日記ブログ 中堅主婦へ
にほんブログ村



にほんブログ村 子育てブログ 成人自閉症者育児へ
にほんブログ村












お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.04.20 08:55:42
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.