2350893 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

行手はゆるい登り坂 64歳 (analyzer的独白)

全3752件 (3752件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

時事&立腹

2022.05.23
XML
テーマ:ニュース(97612)
カテゴリ:時事&立腹
林外相、北朝鮮コロナに支援必要「放っておけず」
共同通信 2022/5/22 19:28

 林芳正外相は22日、新潟市内で講演し、新型コロナウイルス感染が拡大する北朝鮮への支援を検討する必要があるとの認識を示した。「あそこの国とは国交もない。だから放っておけばいいとはなかなかならない」と述べた。

 北朝鮮のコロナ禍を巡り、米韓両首脳は21日の共同声明で支援意思を表明している。林氏は23日の東京での日米首脳会談を控え、日本が米韓と歩調を合わせて対応する可能性に言及したとみられる。

 講演で林氏は、コロナ感染を放置すると新たな変異株が世界に広がる恐れが生じると強調。「北朝鮮の状況をよく把握する努力をしなければならない」と述べた。

【共同通信;元記事はこちらへ】


 ◆林氏は自民党ハト派きっての政策通で将来の首相候補のひとりとずっと以前から聞いておりました。その割には目立った手柄もなく主だった閣僚経験もなくオマケに参議院議員、評判の割には表に出ない人という印象だった。岸田氏の強引な引きで今回やっと外相という重要閣僚の地位を得たが、なんだかパッとしない。馬脚が現れちゃった感じすらする。

 ロシアの侵略に対しては駐日大使を外務省に呼んで用意した紙を読んで“非難”。まったく迫力なし。佐渡金山に関する隣国のイチャモンに対しても「遺憾」のみ。「林外相やっぱり“遺憾砲”」なんて書かれたりしている。迫力がない上に発言が要点外れと感じることも多い。上の発言は新潟市でのもの。拉致問題について大した言及もせず「北朝鮮を放っておけない」と語るのはどんなもんだろうか。ズレていると言われてもしょうがないと思うぞ。コイツはただのデブなのか。期待はずれだったみたい。






最終更新日  2022.05.23 22:38:32
コメント(1) | コメントを書く


2022.05.15
テーマ:ニュース(97612)
カテゴリ:時事&立腹
菅直人氏が公示前に投票呼び掛け
直後に発言撤回 大阪の街頭演説

毎日新聞 2022/5/15 16:37

 立憲民主党最高顧問の菅直人・元首相が15日、大阪市内で街頭演説し、夏の参院選大阪選挙区から立憲公認で出馬する立候補予定者の名前を挙げて有権者に投票を呼び掛ける場面があった。公職選挙法は、公示前に特定の候補者へ投票を呼び掛ける行為を「事前運動」として禁止しており、菅氏は直後に発言を撤回した。

 菅氏はこの日の演説で、大阪府と大阪市が誘致を進めているカジノを含む統合型リゾート(IR)を巡り、「参院選は大阪にカジノをつくるか、日本にばくち場を増やすかの大きな選択だ」と主張。共に街頭に立った立憲の立候補予定者の名を挙げ、「カジノではない形で経済を再建させようという候補者にぜひ1票を入れていただきたい」と投票を呼び掛ける発言をした。直後、「ここまで言うと、選挙期間中みたいになって若干言い過ぎになりますが……」と火消しに走った。

 演説後、菅氏は報道陣の取材に「気をつけているつもりだったが、勢いで(言ってしまった)。今の時期に踏み込んで言ってしまった部分もあると思うから、気をつける」と釈明し、発言は撤回したと説明した。(以下略)

【毎日新聞;元記事はこちらへ】


 ◆政治家の発言は便利だ。どんな失言をしても「撤回」してまるで無かったことにできるようだ。わたしたち一般人にはその様な便利な魔法は存在しない。自分の発言には責任を問われ立場を失うことも珍しくない。しかし最近の政治家は違う。

 確信犯的に発言したことであっても世間から不評を買うと「不快感を与えたとすれば撤回する」なんて謝りもせず反省している様子もなくメディアも国民も煙に巻いてトンズラを図る。その後はまるで何事もなかったように知らん顔。自分の発言を撤回して無かったことにできるなんて、まったく政治家はうらやましい。






最終更新日  2022.05.16 06:42:02
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.08
テーマ:ニュース(97612)
カテゴリ:時事&立腹
陸上選手と中継機材が接触事故 国立競技場、連盟やNHK謝罪
東京新聞 TOKYO Web 2022年5月8日16時33分

 日本陸上競技連盟(日本陸連)は8日、東京・国立競技場で7日に行われた日本選手権1万mで、選手と中継カメラのケーブルが接触する事故が起きたと発表した。日本陸連は、影響を受けた選手たちの各所属先に事情を説明して謝罪。中継局のNHKも事実確認を進めており「大変ご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝った。

 陸連とNHKによると、事故はタイムレースで行われた男子2組で発生。優勝した相沢晃選手らがゴールした直後、フィールド内にいたカメラクルー2人がトラックに進入し、レース中だった三田真司選手の首にケーブルが引っかかり、他4選手も減速するなど影響を受けた。

【東京新聞;元記事はこちらへ】


 ◆デイリースポーツによると「上位選手のゴール後レースが終わっていないにも関わらず撮影しようとしたカメラマンがトラックの内側からコース上に出て」しまったものだそうで、ゴールした選手の映像を撮ろうとすると周回遅れの選手なんて視界に入らないのか。いい映像を狙うカメラマンの習性と言えそうです。ファインダーを覗いていると周囲は見えませんもんね。(ながらスマホと同じだ) 競技者への尊敬がない危険な行為じゃないかな。NHKなのか下請け業者なのか、当事者は今後出入り禁止!






最終更新日  2022.05.08 19:04:56
コメント(0) | コメントを書く
2022.05.05
テーマ:ニュース(97612)
カテゴリ:時事&立腹
プーチン大統領、がん手術で一時的に権力手放す可能性?長期間の指揮権譲渡は拒否濃厚 海外報道
日刊スポーツ 2022年5月5日15時37分
 ロシアのプーチン大統領が、がんの手術を受けるため一時的に権力を手放すと米ニューヨーク・ポスト紙が報じた。

 元ロシア対外情報庁中尉が運営しているとみられるロシアのSNSテレグラム・チャンネルGeneral SVRが、「プーチン大統領は医師から手術を受けなければならないと宣告された」と伝えているという。英デーリー・メール紙、ザ・サン紙、ザ・ミラー紙の電子版も先月30日にそろって同様の内容を伝えている。

 手術を受けて入院する間、自身と同じKGB(ソ連国家保安委員会)出身の元ロシア連邦保安庁長官ニコライ・パトルシェフ氏に指揮権を譲る予定だと伝えているが、プーチン大統領は長期間にわたって権力を譲渡することに同意する可能性は低いことから2、3日間だけになるだろうと付け加えている。一方で、パトルシェフ氏は、プーチン大統領よりも狡猾で陰湿な人物だと伝えており、仮に同氏が権力を握った場合、ロシアの問題は増えるだけだと語り、そうならないよう一定の努力をすると述べているとニューヨーク・ポスト紙は伝えている。

 デーリー・メール紙は、クレムリン内情に詳しい軍関係者の話として胃がんが進行して医師から手術を強く勧められ、4月後半に手術を受ける予定だったが延期され、5月9日の対独戦勝記念日後に手術を受ける可能性が高いと伝えている。

 情報の真偽のほどは定かではないが、2月24日のウクライナ侵攻以降、複数の欧米メディアがプーチン大統領の健康不安説を取り上げている。公開された会談中の映像の様子からパーキンソン病を疑う声が出ていたほか、先月にはロシアの独立系メディアが2016年から20年の間に35回甲状腺の専門医と面会しており、甲状腺がんの可能性があると報じていた。

【日刊スポーツ;元記事はこちらへ】


 ◆いいニュースだ。本当であればだが。胃がんでも甲状腺がんでも何でもいい、この戦争のストレスでステージ4にまで悪化することを望む。だが報道されている姿を見る限り痩せてもいないしそれほど悪そうには感じられない。憎まれっ子世になんとかって諺もある。世界中からどんなに呪われても全然応えないかもなぁ。…

 神も仏もないものか。なぜプーチンに天罰を与えないのか。

◆  ◆  ◆  

【問1】「そうならないように一定の努力をする」と述べているのは誰か
  ア ロシアのSNSテレグラム・チャンネル
  イ 元ロシア連邦保安庁長官ニコライ・パトルシェフ氏
  ウ 米ニューヨーク・ポスト紙

 ※わかりにくい記事ですがよーく読むと答えは解ります。読み直してみましょう。笑






最終更新日  2022.05.05 22:03:17
コメント(2) | コメントを書く
2022.04.18
テーマ:ニュース(97612)
カテゴリ:時事&立腹
連合・芳野会長「政策実現のため力貸して」 異例の自民会合出席
毎日新聞 2022/4/18 17:18
 連合の芳野友子会長が18日、自民党政務調査会が党本部で開いた全世代型社会保障に関する政策会合に出席した。芳野氏は雇用安定やジェンダー平等などについての連合の見解を説明し「私たちの政策実現のため、ぜひ自民党にも力を貸していただきたい」と述べた。連合トップが自民党政調会の会合に招かれるのは異例だ。

 芳野氏が出席したのは自民党政調会の「人生100年時代戦略本部」(本部長・上川陽子幹事長代理)会合。芳野氏は、雇用の場での男女格差の解消や、立場の弱いフリーランスや非正規雇用労働者の支援などについて連合の取り組みを紹介。出席した自民党議員の質疑にも応じた。会合後、芳野氏は記者団に「(今後も)意見交換はしていきたい。問題認識はほぼ一緒だ」などと語った。

 芳野氏を招待した上川氏は会合後、「芳野氏にお越しいただき、うれしく光栄だ。課題解決のためには(力を)合わせて取り組んでいく必要性を共有できたのではないか」と述べた。

【毎日新聞;元記事はこちらへ】


 ◆連合会長が自民党の会合に出席?! この芳野ってやつは一体何なんだ。国民民主党同様に自民党に近づきたいのかな。ひょっとして次の参院選で自民党から立候補するとか?






最終更新日  2022.04.18 19:19:35
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.23
テーマ:ニュース(97612)
カテゴリ:時事&立腹
選抜、21世紀枠出場校は只見、丹生、大分舞鶴 いずれも春夏通じて初出場
Full-Count 2022.01.28

 日本高野連は28日、第94回選抜高校野球大会の出場校を発表し、21世紀枠には只見(福島)、丹生(福井)、大分舞鶴(大分)の3校が決まったと発表した。いずれも春夏通じて初出場。

 大分舞鶴は「県内トップクラスの進学校。平日の練習は約2時間ながら3班で分単位のメニューをこなすなど、自主性を重んじている」が選出理由とされた。

 丹生は過去に21世紀枠の選出がない福井県からの選出。「27人の選手全員が地元出身。地域活性化にも一役買っている。近年は県内上位の成績を収めている」。

 また只見は「福島、新潟県境で日本有数の豪雪地帯にあり、野球部も選手13人、マネジャー2人と少数。雪でグラウンドが使えない仲でも実力を培ってきた。過疎化が進む地域で若い活力となっている」と理由が説明された。

【フルカウント;元記事はコチラへ】


 ◆平成22年の春の甲子園で21世紀枠の高校に敗れ「末代までの恥」「腹を切りたい」と発言した有名校の監督がいた。当然ながら相当の物議を醸したし叩かれた。この勝利至上主義の監督さんは発言の責任をとってご勇退なさったと記憶する。

 最近「行き過ぎた勝利至上主義」を批判し小学生の柔道全国大会を廃止するというニュースがあった。指導者が子どもに減量を強いたり、組み手争いに終始する試合があったり、判定を巡り指導者や保護者が審判に罵声を浴びせたりということが目立ったんだそうだ。問題は子供ではなくオトナだね。

 今日の高校野球実況をラジオで聞いていて地区大会を勝ち抜き選抜されたチームとはレベルが違うほど21世紀枠は弱いと感じた。広島商業に22点も取られた高校は県予選ベスト4だったとか。北信越大会出場枠は上位3校。地区大会に出場していなくても甲子園に呼ばれる場合があるのかぁと感心したというか驚いた。この試合をもって今大会の21世紀枠3校は全て一回戦敗退した。

 有力選手を集めた私立高校とはレベル違いの公立高校にスポットを当てることに反対はしないがせめて選出は2校にして一回戦は21世紀枠同士を対戦させるようにしたらどうかなぁ。全国大学選手権ラグビーがそういうやり方をしてる。22点も献上してしまうようなゲームは言ってはなんだが痛々しくて見ていられないよ。(差別するつもりはないのです悪しからず)






最終更新日  2022.03.23 22:54:08
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.15
テーマ:ニュース(97612)
カテゴリ:時事&立腹


ロシア政府系TVの生放送で突然「戦争反対」ディレクターを拘束
毎日新聞 2022/3/15 07:19

 ウクライナへの侵攻を続けるロシアの政府系テレビ局「第1チャンネル」のニュース番組で14日、反戦を訴えるプラカードを持った女性ディレクターが画面に映り込み、その後警察に拘束された。ロシアメディアが伝えた。プラカードには「プロパガンダを信じないで」と書かれており、その時の映像や画像がソーシャルメディアを通じて広まっている。

 報道によると、女性はマリーナ・オブシャニコワさん。映像では、ニュースを読むキャスターの後ろに「NO WAR」(戦争反対)と書かれたプラカードを持ったオブシャニコワさんが突然登場する。ロシア語で「ここであなたはだまされている」と番組内容を信じないよう訴えるメッセージも書かれていた。

 オブシャニコワさんはインターネット上にビデオ声明も発表。父がウクライナ人、母がロシア人であることを明かし、「今ウクライナで起きていることは犯罪だ。ロシアは侵略国であり、侵略の責任は1人の人物、ウラジーミル・プーチン(露大統領)の良心にある」と指摘。「テレビ画面でうそを話すのを許してきたのが恥ずかしい」と述べ、「兄弟殺しの汚名は今後10世代は続く」としてロシア国民に反戦活動を呼びかけている。

 ロシアでは3月4日、ロシア軍の活動に関する情報統制を強める法改正が成立した。タス通信によると、オブシャニコワさんはこの法改正で新たにできた軍の信用を傷つける活動の罪に問われる可能性がある。第1チャンネルは「生放送中に起きた事故について調査している」とコメントしているという。

【毎日新聞;元記事はコチラへ】


 ◆プーチンを追い詰めるのはバイデンでもNATOでも経済制裁でもなくロシア市民だと思う。いくら情報統制しても良識ある市民はこうして「NO」を突きつける。とても勇気ある行動だ。良識は共感を呼び行動につながり一般の人々を巻き込み大きなうねりになるだろう。そうなることを願っている。






最終更新日  2022.03.15 22:54:31
コメント(0) | コメントを書く
2022.03.13
テーマ:ニュース(97612)
カテゴリ:時事&立腹
「ウクライナにも責任」維新・鈴木氏、ロシア侵攻めぐり
時事ドットコム 2022年03月13日20時01分

 日本維新の会の鈴木宗男参院議員は13日、札幌市で講演し、ロシアのウクライナ侵攻に関して力による主権侵害や領土拡張は断じて認められないとした上で、「原因をつくった側にも責任がある」と述べ、ウクライナの対応を批判した。

 鈴木氏は「先に手を出した者が悪いというのが道理だ」と指摘。同時に「(侵攻前に)話し合いを断ったのはウクライナのゼレンスキー大統領だ」と主張した。攻撃が迫っていると事前に繰り返し警告を発したバイデン米大統領についても、ロシアに対する「挑発」になったとの認識を示した。

 また、「日本には国益の問題として北方領土や平和条約交渉の問題がある。米英と立ち位置が違う」と述べ、欧米に足並みをそろえて制裁に踏み切った日本政府の対応に疑問を呈した。講演後、記者団に「日本からパイプを閉ざした感じだ」と語った。

【時事ドットコム;元記事はコチラへ】


 ◆大方の意見とは違ったことを言うことが維新の維新たる所以みたいなもんだから党としても支持者にとってもこれでいいのかも知れないが、この侵略に関して「原因をつくった側にも責任がある」は一般的に理解される論だろうか。わたしには鈴木氏はロシアを捨ててしまっては自分の存在価値ゼロとばかりめっちゃロシア寄りな認識だなと思う。言い過ぎではあろうが、コイツ馬鹿じゃないか?と言いたい。維新は参院選ダイジョウブか?






最終更新日  2022.03.15 06:50:42
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.20
カテゴリ:時事&立腹



 ◆上の記事は時事ドットコムです。カーリング英代表スキップのミュアヘッド選手とは関係のない写真がニュース記事の左に添えられています。Googleの広告です。はっきり言って邪魔だし紛らわしくて腹が立ちます。近頃はこういう広告の置き方が当たり前になってきました。しかしながらニュース記事の書き出しに揃えて全く関係のない広告を置くのはどうでしょうか。わたしは甚だ疑問です。間違ってもこのバナー?広告をクリックすることはありません。写真上部の❎印をクリックして消してしまいます。その上で「この広告に興味がない」「この広告を何度も見た」とGoogleにフィードバックします。




 ひどい時は広告の重複によって不愉快な思いをさせられます。下の写真は一年ほど前の当ブログです。「塗ってみな、シミ飛ぶぞ」の胡散臭い広告にはしばらく悩まされました。連日何度も何度も出現してまるで攻撃を受けているかのような感じでした。

 記事と記事の間とかならまだしも、せめてニュース記事のトップに広告を置くのはやめてもらいたいです。おい、グーグル!どうにかしろ!反省しろよ。







最終更新日  2022.02.20 19:51:45
コメント(0) | コメントを書く
2022.02.11
テーマ:ニュース(97612)
カテゴリ:時事&立腹
岡山女児死亡、児相「軽度の虐待」と判断 事件1カ月前女児に会えず
毎日新聞 2022/2/10 19:44

 岡山市で当時5歳だった西田真愛ちゃんが虐待され、その後死亡した事件で、市こども総合相談所(児相)が事件の約2年前、虐待のレベルを最も低い「軽度」と判断し、虐待に関する通告が相次いだ後も評価を変えていなかったことが判明した。事件の1カ月前には担当者が家庭訪問したものの真愛ちゃんと会えず、その後も再訪問の日程を調整していなかった。市は今後、対応に改善すべき点がないか検証する方針だ。

 岡山県警は10日、真愛ちゃんを長時間、鍋の中に立たせるなどしたとして、強要容疑で逮捕した母親の西田◆と内縁の夫の船橋誠◆の両容疑者を送検した。死亡に至った詳しい経緯を調べる。

 市は厚生労働省の指針に基づき、虐待レベルを最重度、重度、中度、軽度の4段階に分類している。

 児相によると、2019年3月、「母親の養育が心配」と西田容疑者について最初の通告があり、翌月には船橋容疑者について「暴力が疑われる」との通告があった。児相が面接した際、真愛ちゃんの額に10円玉ほどのあざがあったが、西田容疑者は「どこかでぶつけたかもしれない」と説明。船橋容疑者については「そういう人はいない」と存在を否定したという。

 児相は19年7月、「日常的な暴力が認められない」として、虐待を「軽度」と判断。真愛ちゃんが幼稚園に通っており、外部の目に触れることなどを踏まえ、面談の頻度を3~4カ月に1回と決めた。

 20年9月、船橋容疑者が墓地で真愛ちゃんを立たせて激しくしかっているとの通報が県警にあり、児相が真愛ちゃんを一時保護。児相はこの時初めて船橋容疑者と面談したが、暴行の形跡がないことや反省している点を踏まえ、14日間で保護を解除。虐待レベルの評価や面談の頻度は変えなかった。

 21年8月、児相の担当者が家庭訪問すると、西田容疑者は真愛ちゃんについて「親戚の家に行っている」と説明。再訪問の日程調整ができないまま、翌月に事件が起きた。児相は一時保護を解除した後、船橋容疑者とは直接面談できず、電話で1回話しただけだったという。

 児相は「担当の児童福祉司が複数の案件を抱えて手が回らなかった。管理者としてどうにかできなかったかという思いはある」と話している。(以下略)

【毎日新聞;元記事はこちらへ】


 ◆前夫の子供に交際相手の男性が暴力を振るうのはこれまでいくらでもあった殺人事件だ。「ああ、まただ!」なのである。岡山市児童相談所は何もできなかった。児相の担当者はたくさんの案件を抱え手が回らないほど忙しかったのかもしれない。しかし結果の悲惨さ重大さを思えば岡山市の児相には組織として「不作為犯」が該当するのではないかと思う。言い過ぎだろうか。危険を心配する通報はあったのに「管理者としてどうにかできなかったかという思いはある」は無責任な発言に聞こえる。

 バカ母と実行犯の交際相手の罪は司法によって厳しく裁かれるだろう。わたしが思う問題はそこではない。岡山市には責任があるのかないのかだ。児相の誰が語った言い訳か知らないけれどまるで他人事のような「どうにかできなかったかという思いはある」はちょっと許せない感じだ。親方日の丸だからそれでいいのか。問題意識を持って掘り下げてくれるマスコミはないか。






最終更新日  2022.02.12 22:37:12
コメント(2) | コメントを書く

全3752件 (3752件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.