516374 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『コアから生きる日々』~コーチ&NLPトレーナー大江亞紀香のブログ

PR

2010年04月09日

 
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

 映画「アバター」を見てきました。

 エクアドルの熱帯雨林への旅に出たとき、ジャングルの中で出会った大きな樹をみて「アバター」を思い出した、という方がいらっしゃいましたが、確かに現地で見た樹を髣髴とさせる大きな樹が映画の中に出てきました。

 わたしはエクアドルで熱帯雨林を体験した後でこの映画をみて、映画の中での「この星では脳神経ネットワークのシナプスの接続のようにすべてがつながっている」というような台詞に関して、ごく自然に当たり前に受け取っていました。

 そのことを表現していることへの驚きもなく、描写を見ても驚かない自分がいて、もしも実際に熱帯雨林での体験をすることなしにこの映画を観ていたら、この感じ方をしただろうか?と、思い巡らしました。

 熱帯雨林でのわずか4泊5日の体験でも、直(じか)に生きることそのものに触れて、ただ生きることをシンプルにし続けている先住民、アチュア族の方々とともに過ごして、言葉や頭での理解ではない、感覚的な何かを体験してきたことを改めて感じました。

 エクアドルとペルーの国境付近の熱帯雨林に暮らすアチュア族は、夢や儀式で見るビジョンから叡智や知恵を受け取り、危険な熱帯雨林での生活を3000年以上も維持し続けて絶滅することなく現在も暮らしを続けています。


 そのことが、映画の中に出てくる先住民、ナヴィ族や、宇宙や万物とつながる(大きな樹とは別の)神木の描写にあるように後で思いました。

 
 この映画を観ることで、逆に熱帯雨林で受け取ってきたある「感覚的な何か」について、改めて気付くことができました。


 映画では、科学技術が発達した物質文明人にして、未開の土地に生きるナヴィ族の暮らしを学ぶ主人公に感情移入してしまいました。

 主人公は、当初は物質文明に生きる側にとって有利になるように出かけたはずなのに、次第に自然や万物との調和の中に生きるナヴィ族の側に立って、自然を破壊することを止めさせようとしていきます。

 
 現在身をおいている物質文明側の人ではなく、かといって非物質文明の人にもなれず、双方の橋をかけるところに既に立ちつつあることに気付きました。

 そしてどれほど日ごろの便利な日常に埋没することで、現代文明の夢のなかにどっぷりとつかり、疑うことなくその夢を生きてしまうのか?

 その残酷さや人間の思い込み(ビリーフ)の愚かしさを感じました。

 映画「アバター」がヒットする背景には、誰もが「こんな今の生活はおかしい」と気付いていて、本当に大切なものが何であるのかにも気付いている、でも止められない。という時代の意識を表現しているところにあるのかな、と思いました。

 「分かっちゃ入るけど止められない」現実と、知識と知恵の違い、知っていることと行動の違い。そこを描いて大切なものを改めて自分の内で確認する。その感動がこの映画の眼目なのかもしれない、などと考えていました。

 人と人とのつながり、人と自然とのつながり、この星の上にある万物とのつながり、信頼感、絆、愛すること、本当に大切なものを思い出す、そのために、今この時代の意識にものすごくペーシングした内容であると感じました。

 早すぎても遅すぎてもいけない、2010年の集合的な意識が今どこにあるのかにチューニングして、その意識にペースをあわせた作品を描く。そんなことが、ジェームズ・キャメロン監督のギフトなんだろうと思いました。

 「タイタニック」がヒットした12年前の多数の意識のありどころと、現在「アバター」がロングラン上映されているこの時代の多数の意識のありどころ。そんなところにも時代の意識の変遷と今が垣間見られるように思います。


 ほんのわずかな期間だけでも熱帯雨林を体験してきたわたしには、たくさん
の言葉を費やさなくても、「ああ」と分かる何かが芽生えていることにはかわりないように思え、この映画を今体験することへの意義を感じました。


アチュアの人たちの「夢」の儀式と
私たちが見ている現代文明の夢と、
旅から戻って10日たとうとするこの時期、旅の夢から覚めていく課程を感じなが


いかにわたしたちは「夢」の中で生きているのか?を思い、
楽しかった旅の夢から覚めながらも
現代文明の夢からも覚醒しつづけていられたら
そして更にこのことさえも夢であるんだろうなというアンテナも持ちながら

旅で体験したことを味わい、共有してかみしめ、日常に統合していきたいと思っています。

エクアドル5
 Photo:AkikoOhe






Last updated  2010年04月10日 14時35分01秒


Profile


アンドロメダ葉月

Calendar

Archives

・2020年02月
・2020年01月
・2019年12月
・2019年11月
・2019年10月

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

★姫先生のだいありー★ gokusenさん
明日の風の吹く場所… 空飛ぶきっしーさん
My New York kiyoshi-kunさん
シーズ・キャリアリ… シーズ・キャリアリサーチさん
愛知・名古屋・全国… タオ☆さん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.