055297 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

天使からのおくりもの☆

天使からのおくりもの☆

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Profile

愛 逢夢 潤子

愛 逢夢 潤子

Favorite Blog

★「日常生活の延長線… New! みお&ゆきさん

2017.07.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
つい最近、“世界で一番美しい場所”へ旅してきました☆

そこは、“赤毛のアン”のお話の舞台になった場所で
カナダのプリンスエドワード島です。

どうして“世界で一番美しい場所”なのかというと
お話の主人公のアンや、作者のモンゴメリさんが
そう言っているからなのです。

だから、わたしが中学生の頃に、そのお話を読んで
そのことを知って以来、“世界で一番美しい場所”と
言われているお話の舞台へ、いつか行ってみたいなと
思い続けていました・・

そうして、わたしが一番、行きたいなと思ったのは
今から25年以上前の20歳くらいの時でした。

その頃、ちょうど“赤毛のアン”の映画が上映されて
わたしも見に行って感動したからです。

その映画は、こちらをクリック★

映画の他にも、赤毛のアンの舞台としての
プリンスエドワード島の特集が組まれた雑誌を見たり
赤毛のアンに関することが書かれた本を読んだりして
行きたい気持ちは高まっていました・・

けれど、その時は実現せず、その後、数年経ってから
その近くに留学していたので、行けるチャンスがあったけれど
その時も実現せず・・

それから、さらに10年以上もの時が経った今
ようやく、ついに実現した、というわけでした!


そんなわけで、長年の夢を叶えて、実際にこの目で
見てきたプリンスエドワード島は、確かに自然の豊かな
美しい場所でした☆
だから、行ってみて本当に良かったです♪

そうして帰ってきてから、もう一度、赤毛のアンを
読み返し始めたのだけど、今度は、実際に見てきた風景などを
思い浮かべながら読めたので、お話をさらに楽しむことが
出来ました♪


“赤毛のアン”は、作者のモンゴメリさんにとっても
実在していないとは言い切れないというほど
生き生きとしていてリアルな存在だったそうです。

わたしも初めて読んだ中学生の頃から、大きな影響を
受けて、お話が、とても、おもしろいというだけでなく
夢や希望を持って生きるための力をもらったと
感じています・・

だから、読んだことがないという、あなたは
ぜひ一度、読んでみてくださいね。
まずは、映画で見てみるのも、いいと思います。

そして、読んだことがあるという、あなたも
ぜひもう一度、読んでみることをオススメします!
忘れていた大切なことを思い出すかもしれないから☆

”赤毛のアン”の本は、こちら★

“赤毛のアン”の映画は、こちら★

★今回のプリンスエドワード島への写真つき旅日記は
こちらを見てね★

★わたしのフェイスブックに載せた旅の写真のアルバムは
こちらからどうぞ★





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2017.07.25 17:09:18



© Rakuten Group, Inc.