1195887 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

かめおかゆみこの≪表現するからだとことば≫塾

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile


かめわざ快心塾さん

私は私を生きる!

フォローする

Calendar

Favorite Blog

策士策に溺れる New! さか・せい.comさん

「全ては思い込みに… New! 森の声さん

何のための健康なの… New! さそい水さん

掲載されるためのメ… New! ビューティラボさん

大きな進歩 マドレーヌ0717さん

Comments

かめおか ゆみこ@ Re[1]:あなたは、いま、どこにいますか?(09/13) アッキー28号さんへ いつもご愛読ありがと…
アッキー28号@ Re:あなたは、いま、どこにいますか?(09/13) いつもメッセージ読んで、すごい気づきを…
大島有理@ Re[2]:「俯瞰」してください。(08/21) かめおか ゆみこさんへ 返信とても嬉しい…
かめおか ゆみこ@ Re[1]:「俯瞰」してください。(08/21) 有理さん、コメントありがとうございます…
大島有理@ Re:「俯瞰」してください。(08/21) こちらには数日前から見つけ、時間があれ…

Freepage List

Headline News

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
かめおかゆみこは、演劇的手法を活用したワークを通して、
仕事、人生、遊び、人間関係、ライフワークなど、
あらゆる面において、
ひとがひととして、生き生きと生きることを応援します!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


【ごあいさつ】
2003年5月17日に開設した、かめおかゆみこの楽天ブログは、
2007年4月19日に、突然削除になりました。
過去のブログ(本文)を読みたいかたは、
メルマガのバックナンバーをご覧ください。


かめおかゆみこの楽天ブログは、
日刊メールマガジン「今日のフォーカスチェンジ」と
連動しています。
興味のあるかたは、どうぞ登録してみてください。
登録・解除は、こちら

かめおかゆみこの本です。楽天ブックスにリンクしています♪

  

病気や事故などで、意識がないと思われているひとたちにも、
本当は感じる気持ち伝えたい想いがあることを知ってもらいたい。
それを伝える手段はある、回復させる手段はあるのだという
ことを、もっともっとおおくのひとに知っていただきたい…。

ohanashi149_7502.gif 
かめおかゆみこが、かっこちゃん(山元加津子さん)を応援する気持ち
 ★たったひとりでいいから
 ★奇跡が奇跡でなくなるために
 ★あなたからはじまる一歩
2017.10.21
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
本日のメッセージとの関連で、再掲します。


今日のフォーカスチェンジ
----------------------------------------
満たされているひとは、けっして人を攻撃しない。



これは、人間関係のトラブルに直面したとき、
私が使う、究極の「魔法の言葉」です。


誰かに、ひどい仕打ちをされたとき、
私たちは、ついつい、そのひとを非難したくなります。

実際、信じられないような、許せない行為をするひとも、
この世の中にはいるものです。

とりわけ、犯罪まで発展してしまったようなときの、
被害者のかたの痛みは、とうていはかりしれません。


ただ、それがおおきなトラブルであれ、小さな場合であれ、
(そして、罪をどのようにつぐなうかは別の問題として)
ひとつだけ、忘れてはならないことがあります。

それが、

「満たされているひとは、けっして人を攻撃しない」

ということなのです。


単純に言ってしまえば、

「ああ、今日は気分爽快だから、
 いっちょ、隣のやつを殴ってやろうか」

と考えるひとは、いない、ということなのです。


「私はなんて幸せなんでしょう。
 今から、外にでかけて、放火をしてくるわ」

と思うひとは、いない、ということなのです。


私たちは、誰かから痛みを与えられると、
その相手の、何もかもを否定したくなるものです。

でも、どんな人間だって、生まれ落ちた瞬間から、
悪人であるということは、絶対にないのです。


そのひとの生きてきたプロセスのなかで、
どうしようもなく傷ついてきた部分があるのです。

それが、満たされない気持ちとなって、
他者にたいする攻撃へと転化してしまうのです。


もちろん、だからといって、
ひとを傷つける行為が、許されるわけではありません。

ただ、何か、そういう場面に遭遇したとき、
そのことを思い出すことができれば、
私たちは、そのひとを、
まるごと否定しなくてもすむようになります。

まして、ことが、日常レベルの問題であれば、
そのひとの満たされなさに気づくことによって、
問題解決への心のゆとりをもつことができます。


子どもたちとの対話のなかでも、
私は、よくこの言葉を使います。

「○○ちゃんが、こんなことをした。あんなことをした」

「そう。それはつらかったね。悲しかったね。
 どうして、○○ちゃんは、そんなことをしたんだろう」

「わからない。○○ちゃんはいつもそう」

「もし、○○ちゃんが、毎日楽しくてうれしくて幸せだったら、
 やっぱり、そういうことをしたかなあ」

「…しないと思う」

「○○ちゃんは、どんな気持ちなんだろう」

「~~かもしれない」


こんな会話をかわしたあとでは、
同じトラブルでも、
解決のプロセスが変わってくることが多いのです。

少なくとも、怒りなどの激情にまかせたままにして、
問題をさらにややこしくすることを避けることができます。


心の痛み(満たされなさ)という、
誰でもがかかえている心を共有していくことから、
私たちは、ふたたびつながっていくことができるのです。


---第71号(2004年1月10日発行)より






Last updated  2017.10.21 07:22:07
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.