3161798 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都渋谷区 Bojun… 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2006.11.24
XML
テーマ:中国&台湾(3212)
カテゴリ:旅行
2005年8月末から9月始めに行った旅行記の続きです。

莫高窟の観光を終えて、一旦敦煌市内に入り、ホテル(敦煌太陽大酒店)へチェックイン。
ここ、4ツ星のホテルですが、旧館の方はリーズナブルなんです♪


一息ついて、すぐに観光へ。
鳴沙山に行く前に、途中の白馬塔を見学します。

白馬塔は、亀茲国(現在のクチャ)の高僧だった、鳩摩羅什(クマラジーヴァ)が敦煌にやってきたとき、経典を持たせていた白馬が死んでしまったため、それを埋葬して塔を建てたのだそうです(by地球の歩き方)。

この鳩摩羅什という人ですが、父方がインド人、母方が亀茲国の王族で、インドの仏教の経典を中国語訳したことで、知られている人です。翻訳した経典には、法華経など、今の日本でも御馴染みのものも多数あります。彼がいなかったら、歴史は少し変わっていたかもしれません(大げさ?)

入り口を入ると、このような壁があり、白馬と鳩摩羅什の物語が絵で描かれています。

白馬塔入り口

そして、この壁の向こうにポツンと立つ白馬塔。

白馬塔

ここ、ホントにこれだけしかありません(^_^;)

白馬塔アップ

しかし、鳩摩羅什が活躍したのは、西暦400年前後。

その頃から、この塔が修復され、現在まで伝えられてきているというところに、敦煌の人々の信心深さを感じます。
#この塔は、清の時代に修復されたものだそうです。



チャチャッと見学を終えて、いざ、鳴沙山へ出発!

ところが、当たり前のようにドライバー氏、ある建物の前で車を止めます。

???

これって、普通の家?いやお店?

ここ何?

と聞いてみたら、絨毯工場でした(-_-;)
ここで絨毯の製造工程を見せられます。

出たな、バックマージン!

と思うものの、あまりに出来が素晴らしかったので、値切り倒して、思わず玄関マットサイズのものを1枚購入・・・(苦笑)

全然興味が無かったはずなのですが、シルクで、向きによって色が変わって見える細工をされた絨毯で、ついつい(^^ゞ

恐るべし、シルクロード。
#絨毯はシルクロードの名産品ですから・・・。もっともリーズナブルに手に入れられるのは、ホータンやカシュガルのようですが。


絨毯工場を出発し、しばらく走ると、真っ直ぐな道が出現します。
その先の行き止まりにあるのが、目的地。

鳴沙山の入り口

鳴沙山です。

この門を一歩入ると、こんな景色が広がります。

鳴沙山に入ったところ

砂漠・・・

鳴沙山の風景

砂漠、砂漠・・・

実際には、大きな砂丘みたいなものなんですけどね。

ここから月牙泉に行くのですが、そこまでは、少々距離があります。

選択肢は2つ。

1.ラクダの背に揺られて、月牙泉まで行く
2.乗り合いの電気自動車で、月牙泉まで行く

折角なら、ラクダがいいなぁと思っていたのですが、ちょうど良すぎるタイミングで、電気自動車が到着。
さらに思わず、往復チケットを買ってしまったため、ラクダには乗れませんでした(-_-;)

不覚!


さて、電気自動車で5分ほどの旅ではありますが、鳴沙山、やっぱり砂漠な感じです。

月牙泉までの道中

少し緑があっても、この程度です。

そして、そんな鳴沙山のど真ん中に不思議な空間があります。


それが、月牙泉です。

月牙泉

こんな乾燥地帯なのに、何故か枯れたことが無いという、この三日月形の泉。

その隣には、本格的な中国風の楼閣があります。

月牙泉の楼閣

砂漠の中には似つかわしく無いほど、立派な中国式の東屋です。
不思議な感覚にとらわれます。

月牙泉の楼閣と砂漠

月牙泉側を見ても、なんだか、ここに水があるというのが不思議な気がします。

楼閣から月牙泉をみる


・・・しかし、何ともいえない美しさのある、この景色。

夜になり、月が昇れば、唐代の詩人でなくとも、一首詠みたくなるのではないかと思います。


鳴沙山、夜遅くまで開放されているので、夜にはラクダに乗って、ホントに月の沙漠の気分が味わえるようです。
#残念ながら、ワタシは昼間しか訪れませんでしたが・・・


それでは、敦煌の街に戻りましょう。
敦煌の街には、日本人の経営するちょっと変わったカフェがある(あった)のです♪

そこを基点に、夜の敦煌の街を散策します♪







Last updated  2006.11.24 22:49:11
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.