3157735 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

2020年4月『葉蝉会』… New! 上海小町さん

東京都江東区若洲海… 高橋銀針さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2008.08.17
XML
テーマ:中国&台湾(3212)
カテゴリ:旅行
2005年8月末から9月始めに行った旅行記の続きです。(今までの一覧

ウイグル人の民家を出て、再び先ほどの沙漠に戻ります。
時間は、北京時間の午後9時。
ローカルタイムの新疆時間でも7時ですから、日没の時間です。

夕方の沙漠1

太陽が西へ沈んでいきます。
太陽の照り方が違うからなのか、沙漠の表面の色は刻一刻と、表情を変えていくのです。

夕方の沙漠2

夕方の沙漠3

これは面白い(^^♪


・・・と、ここで中国人女子大生3人組が登場。

とたんに静かな沙漠が騒がしくなりました(^^;)

結構、中国人にしては垢抜けた服装で、どーも、ちょいと高飛車な感じです。


あるきちを見るなり、

女子大生A:写真撮ってください

と来ました。ソニーの良いデジカメを持っています。

もちろんと引き受けて、

あるきち:はーい、笑って~。1,2,3

と撮ってあげました。


デジカメの持ち主、画面を確認して、

女子大生A:まあ、悪くないわね

と、のたまいます。
結構な物言いでございますね(^^;)


・・・あるきち、ここまでのやりとりで1つの仮説を立てました。
この子たちがどこから来たのか。


と、他の仲間に指摘されて気づいたらしい。

女子大生A:あなた、ひょっとして外国人?

あるきち:そう、日本から来た。


女子大生B:彼の漢語は悪くないわね(ひそひそ)

女子大生C:発音も悪くない(ひそひそ)


うーん、この旅行中で中国語をしゃべりまくって、だいぶ上達したようです(^^;)
#「1クールの会話レッスンより、1回の旅行」が私の語学のモットーですw

ここで、仮説を確かめてみました。

あるきち:君たち、どこの人?

待ってました!と言わんがばかりに、3人声を合わせて答えてくれました。

女子大生:上海~


あー、やっぱり・・・((((((^^;

上海の女性と北京の男性は、よく分かるんですよね。
とても特徴があります。

大学の同級生3人組で新疆を2週間ばかり回っているのだそうで。
車も良いのをチャーターしているので、結構良いところのお嬢さんたちだと思います。


まあ、その子たちは放っておいて、沙漠、沙漠♪

時間によって、色がどんどん変化していきます。

青みがかった色になったり、白っぽくなったり。

しばらく、写真でご堪能ください。

夕方の沙漠4

夕方の沙漠5

夕方の沙漠6

夕方の沙漠7

夕方の沙漠8

夕方の沙漠9

だいぶ暗くなってきました。
空を見上げると、星が見えます。

あるきち:星がきれいだね~

女子大生B:本当ね~




だんだん真っ暗になってきたので、引き上げなければなりません。

それなのに、写真を撮ってくれと言ってきた女子大生Aが、一人で沙漠の奥の方に行って、戻ってきません。奥に一人で進んで行ったはいいものの、足元が暗いので、戻ってくるのに難儀しているようです。

砂の尾根のようなところを伝って奥へと進んでいくのですが、ちょっと踏み外すとズサーッと砂で滑ります。そうなると、大変なことになってしまうかもしれません。


女子大生たちを連れてきた、ウイグル人のドライバーも心配しています。

なによりも、心配する女子大生2人。


・・・全く手間のかかるお嬢様だなぁ。

ということで、あるきち、手元にあった懐中電灯(ベゼクリク千佛洞の見学用に持っていたのです)を手に近づいていって、足元を照らしながら誘導します。


無事に入り口まで戻ってきました。

喜ぶ、待っていた女子大生。そこで、女子大生Aが一言。

女子大生A:彼、結構いい男じゃない?


(゚Д゚)ハァ?


・・・この一件以来、私、上海の女性は苦手です(^^;)



このあと、漆黒のトルファンの道路を疾走して、ホテルまで送り届けてもらいます。
結局、ホテルへたどり着いたのは、夜の11時半!

朝の4時半にトルファンに着きましたから、19時間ほど移動&観光していたことになります。
それでも、不思議と疲れがなかったのは、充実していたからかもしれません。

本音を言えば、もう2日ぐらい滞在したかったところですが、日程の都合上やむを得ません。


明日はウルムチを経由して西安までの大移動です。
続く。

人気ブログランキングへ
夜の沙漠は美しい♪






Last updated  2008.08.17 21:30:32
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.