000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2024年04月11日
XML
カテゴリ:イベント





パリ帰りのエレマリアさんと、
国立新美術館で開催中のマチス展へ。
電車の中で話に夢中になって、
3駅も乗り過ごしました〜。
数十年ぶりの国立新美術館は、
平日もあってゆったり過ごせました。
先に美術館内のフレンチでランチ。
窓からは桜と東京タワーが見えました。


マチス展の後半の展示は、写真撮影が可能で、
ビビットな色彩とユニークで大胆なフォルムの
マチスの世界を楽しめました。
南仏のロザリオ礼拝堂を再現した、
光が当たったステンドグラスの美しさと、
壁や床に当たるステンドグラスの光も移動し、
太陽の動きの演出は見応えありました。
マケット(マント)もポップで
喜びいっぱいに見えました。


マチス鑑賞後は場所を変えて、
近くに開放的なカフェも見つけて、
楽しい1日を過ごせました。
このところセッションでパンパンだったので、
とてもリフレッシュできました。

アンリ・マチス展は5/27まで開催。











ターコイズカラーでシンクロしました。




マチス展鑑賞前に、
桜と東京タワーを見ながら、フレンチのランチ。


ダイナミックな流線形の建物。
光がたくさん入り、吹き抜けで爽快。
レストランは宇宙ステーションのよう。





そろそろツツジのシーズンです。


マチス鑑賞後は、近くのカフェで一息。
LAぽい感じ?子供やワンコと出会いました。
 

一味変わった植物が販売されていました。


穏やかな外でのカフェタイム。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024年04月11日 22時40分52秒
[イベント] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.