371603 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

カタマラン   バランスビューティー 高齢出産ママのためのココロとカラダのメンテナンスレッスン P-WAVE

PR

Calendar

Profile


タケウチえの字

Favorite Blog

子供だけじゃなく、… happy mediumさん

[ライヴレポ]8/3 … 百瀬はるえさん

Anemaziro~アネマジ… MALIA91さん
新月の願い 紗々美さん
【こぶたラボ】結婚… ライチ@こぶたラボさん

Freepage List

Recent Posts

Archives

2019年08月
2019年07月
2019年06月

Category

全5件 (5件中 1-5件目)

1

映画

2012年03月05日
XML
カテゴリ:映画
この世に生まれてくることは奇跡のような
ものなんだ!ということを
良く知らされている私でさえ
当たり前の日常に感謝できなくなる日も
ある子育ての日々…
我が家の、やんちゃ小僧たち毎日
いろいろやらかしてくれます…
そのたびに、かーちゃんはガミガミしちゃうわけで
男子はおバカな行動が多くて理解不能…わからん
ま、そんなところがかわいいんだけどね。
 
映画「うまれる」をずっと観たいなと
思っていたらやっと観られましたよ~
矢島助産院の新春会で!
これは、妊娠・出産・育児・死産・不妊・障害・胎内記憶…
さまざまな夫婦の物語を通して生きることを
考えるドキュメンタリー映画なのだけど
私がなぜ観たいみたいとずっと思っていたかというと
我が家も、なんだかんだと
壮絶なる不妊治療の末に
ありがたいことに
2人の子どもを授かることが出来ました!

でも…長男の出産の前に2回も子宮外妊娠で
手術を経験したので
本当は、この子達のお兄ちゃんかお姉ちゃんが
2人居たかもしれなかったんだよなぁ~と
そんな小さな悲しみをずっと自分の心の奥底に
封じ込めてきたので、そのことを整理したかったのと
43歳を目前に、凍結保存してきた3つの受精卵ちゃんたちと
そろそろ決別しこれからの治療の研究のためにささげる
覚悟をしようと思ってね。
なんだか、そんな自分だけでは
なかなか決断できないことの
答えを何とか見つけたくて
いろんな夫婦が出てくるこの映画をはやく観たかった
というわけです。

妊娠、出産に国の手厚い補助を受けられることで有名なフランスでも
不妊治療の助成は43歳で打ち切りということを知り
3人目は諦めようと思いました。
経済的にも、精神的にもかなりきついしね。
上の子は苦節10年目にして授かったし
下の子は3年かかりました…
四十路を過ぎて、妊娠する確率がどーんと下がるのも
実感からうなずけます。
それに、妊娠・出産はゴールではなく
体力勝負の育児が現在進行形で続いている今
毎日ヘトヘトで
もう一人は無理かなと思ってしまいました。
ということでこれからは、不妊治療からは完全に卒業し
今目の前の二人の子どもたちに
しっかり目を向けたいと思いました。
で、2人が大学卒業するまで
どのくらいお金がかかるのか
いろいろシュミレーションしたら
少なく見積もってもこんだけかかるんだなぁ~と
びっくりしながら、とりあえずは健康第一でがんばろ!と
思ったところです。

この映画の出演者たちのように
私も自分の経験が誰かのお役にたてるなら
どんどん話していきたいなと思っています。

悲しかったこともたくさん経験したけど
それらを帳消しにしてくれた子どもたちの存在は
偉大です。
君たちのおかげで、親になることが出来たよ!
ありがとう!とすやすや眠る子どもたちに
そっとささやいたのでした。

これからも、この映画「うまれる」は
いろんな地域でどんどん自主上映会が開催される
模様です。
みんなに一度は観ていただきたい映画です!
ご縁があったらぜひ!















Last updated  2012年03月05日 16時58分13秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年07月01日
カテゴリ:映画
メディアの気まぐれのような情報で
右往左往するくらいだったら
自分であるの程度知識を!と思って
ちょっと前に
友人から借りて
「ミツバチからのメッセージ」というDVDを観ました。
一夜にしてミツバチが
原因不明に大量に失踪する現象である
蜂群崩壊症候群
(ほうぐんほうかいしょうこうぐん、Colony Collapse Disorder、CCD)
を扱った
ドキュメンタリ映画。

もうひとつ、ミツバチ~が付く映画があったよな~と
思っていたら
ミツバチの羽音と地球の回転
の自主上映が、近所であるというので
観てきました。
これは、生物多様性とエネルギー問題をテーマにした
ドキュメンタリー映画。

どちらも、身近な問題です。

私に何ができるだろう・・・と考えながら
中央線に乗って外をぼーっと見ていたら
スタジオジブリの屋上にどーんと

「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画を作りたい」

という横断幕がかかっていました。
それをみて
意思表明することも重要ではないかと思いました。

わたし達は自分自身で自分の
生き方考え方、さらに行動の
仕方を選ぶことができます。

一人一人の力は小さいかもしれないけど
大きな力はそれらの集合体!

行動すること。これが大切です。

今、できることをしていこうと思います。











Last updated  2011年07月02日 06時42分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年11月04日
カテゴリ:映画
毎朝、毎夕J-WAVEを聞きながら、家事をしています。
ここ最近、DJ やリスナー達が
映画 This is it/マイケル・ジャクソン
の話題で持ちきりで・・・
ものすごく好評なので、影響されやすい私・・・
たまらなく観に行きたくなっちゃって行ってきましたよ~
レディースDAYの水曜日だしね!
平日なのに、ものすご~い長蛇の列!!
あらかじめ、ネットで席を予約しておいたおかげで
長蛇の列横目に、スルスル~っとチケット購入して
予約しておいた席に着席!!
満席でしたよ~

インフルエンザ流行している時期なので
気休め程度の効果しかないと思うのですが
アロマスプレーをふりかけた
マスクをして行きました。

始まったら・・・
瞬きせずに一気に最初から最後まで集中して観てしまいました!!
目が乾いちゃったよ!
マイケル・ジャクソン “KING OF POP”の軌跡
マイケルの事はよく知りませんでした。
マイケルは繊細な人・・・
天使のようなささやく声
ビブラートの利いたはかなく消えそうな声
彼の心の優しさ
デリケートな心がにじみ出ています。
BADの強烈な声、厳しい表情
悪を許さない力強い正義感、善意に満ち溢れています。
子どもたちへ向ける優しい笑顔
まるで天使です!
コンサートで連発する
「アイ・ラブ・ユー!!!」
本当に彼は歌が好きで
彼を愛してくれる人たちに感謝し大切にする心を感じます。
応援してくれる人たちを心から愛していたんですね。
歌、行動、すべてに彼の優しいハートがあります。

This is itを観て、マイケルは
才能豊かな正にキングオブポップだったんだと思いました。
感動と、惜しい才能を亡くしたという思いから涙が出ました。

ミュージシャン達、ダンサー達は当たり前だけど
みんな本物!!
で、バックダンサー達がみんな肩で息するくらいの
激しいダンスの後なのに、マイケルは微動だにしない・・・
彼、50歳でしょ~?

パーカッションのリズムに合わせて
おなかの子もいっしょに興奮しちゃって、動きまくり!!
おなかの中で、ムーンウォーク真似しているンちゃう?ってくらい
動いていました。

どんなものでも、出来上がった完成品だけを観るより
創り上げられるまでのプロセスの方を観たい!
表より、裏のほうが興味津々なので
こうした、プロセスの記録を見られたのは貴重でした。

マイケルの自叙伝『ムーンウォーク』読んでみようかな~?

しばらく、マイケルの歌が頭の中をリピートしそうです・・・








Last updated  2009年11月05日 06時20分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年11月05日
カテゴリ:映画
結婚してから
そして、
子供が生まれてから
ずっと、
わたしは家族というテーマが
中心で
思考や行動をまわすようにしています・・・

そうしないと、
わたしの場合
自分の家族そっちのけで
発射した鉄砲玉のように
どこかへ行ってしまう
習性があるから・・・です。

家族は家族の数だけ
千差万別で
ちょっと覗いてみると
「隣の芝は青く見える」という言葉のとおり
いいな~とうらやましいことあったり
反面教師的な一面を
見てしまった日にゃ
あらためて、じぶんちを見て
ほっとしたりします。

ま、フツーに生活しているだけでも
いろんな人間模様やドラマに遭遇したり
じぶんの家族の中でも
天気で言うと
晴れのち曇りとか
暴風雨とか
五月晴れとか
乾燥注意報とか
それは、それはいろいろあるわけで
それをいろんな角度から見てみると
よかったり、悪かったり
いろいろなわけ。

最近、家族模様とか
ふつーの夫婦の生活とか
そういうのの映画に惹かれちゃって・・・
すっかりわたし、そーいう
邦画にはまっています。

そういえば、最近洋画観ていないな~

まるで
お茶漬けすすりながら
あ~日本人でよかった!みたいな
感じで、
そ~いう邦画を一人でしみじみ観るのが
いいのです。

で、また一人で見に行ってしまった。
「ぐるりのこと」

これ、結構前から気になっていたのだけど
レイトショーで上映するところばっかりで
なかなか見にいけなかったのだけど
ちょっと待って探せばあるんだな~
と思った。

この映画
舞台となるのが、1993年冬から9・11テロまでの約10年間。
困難に直面しながら、一つずつ一緒に乗り越えていく夫婦の10年に
わたる軌跡を描かきつつ、社会的背景ににも、静かに迫っていく。
夫婦っていいよねとか、子供ができたら幸せだよねとか
もちろん子供ができたら幸せなんだけど
人の最終的な幸せが夫婦であるわけじゃなくって
人間同士がどう繋がって、どう関係を結び
その先に何が見えてくるかという
人の話が描かれているわけで・・・

ま、観ていない人には、なんのこっちゃ?
さっぱりわからないかもしれないですね~

夫のカナオ役のリリーフランキーさんと
妻の翔子役の木村多江さんの
夫婦・・・
なんかとっても良かったです!!

2時間20分とちょっと長い映画なのですが
わたしは、翔子の気持ちになってしまって
涙流したり、笑ったり、・・・
終わったら、なんだかスッキリして
帰路につき
いつものように、子供のお迎えにいき
ご飯を作って、お風呂に入って、布団に入る・・・
こんないつものルーティンワークみたいなのが
「幸せだな~」とつくづく感じましたとさ。

映画ってほんとうにいいですね~
(懐かしいせりふ)













Last updated  2008年11月06日 12時21分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年09月03日
カテゴリ:映画
崖の上のポニョ!観てきました!!
いつだったか・・・
NHKのプロフェッショナルという番組で
「宮崎駿のすべて」を見てから
ずーーーーーっとみたいみたい!とおもって
いたから念願かなったり!!

ここんとこずっと「勉強に専念!」と決めて
大好きなこぶたラボにもご無沙汰で・・・
終わったら、あれやりたいこれやりたいと
遊ぶことばっかり考えているから
いろんな遊びの引き出しができまくり~
だから、肝心なことが頭に入らないんじゃ~!

暑くなったり、涼しくなったりと
気温の変化が激しい今日この頃なのだけど
夏から息子のマイブームである
「おふろプール」(かなりぬるいお風呂で遊ぶこと)
が、まだ続いていて、
そろそろやめておかないと風邪ひくぞ!と
思っていたら、
夜中に発熱39.5度。
あちゃ~
せっせと、脇下や、おでこを冷やして朝を迎えると
37.1度!
「息子よ!ありがとうよ~
今日の午前中のお仕事だけは代わりがいなくって
休めないから助かるよ~」
と朝、保育ママさんに息子を託し
クラス終了し、
携帯を見てみると・・・
「38度まで上がっちゃいました!
でも、食欲はあるし
いま、スヤスヤ寝ていますから
安心してくださいね~」って。
保育ママさんは、こんな風に融通が利くので
これまで、どんだけ助けてもらってきたか
わかりません!
本当に感謝しています。

「では、お昼寝から起きる頃にお迎えに行きます」と
返信してから、病院の診療時間を調べたりしました・・・
というのも、
引っ越してきてから、
一度も病院に行ったことがなかったので・・・

病院に行くと、「ウイルスによる風邪でしょう」と
いうことで、食欲もあるし元気なので、お薬なし!

お風呂お休みで、夕食にすると・・・
いつもどおりの食欲!
でも、夜になると、高熱になって・・・
朝になると37度!
でも、2日も続くとさすがにぐったりしているので
「今日は保育園お休みしよう!」と連絡し
のんびり過ごすことに・・・
しようと思っていたのは
私だけだったみたい。
昼近くなると、息子は「どこにお出かけしよっか?」と
昼ごはんを準備している私に一生懸命話しかけてくる始末。

熱も下がったしねぇ~
でも、暑い屋外で遊ばせるのはちょっとな~と
考えていたら
「ポニョみみいこうよ!」だって。
そうだ、そうだ!今日はちょうど
レディースデーではないか!

私も気分転換したいし
思い切って出かけてみるか!と
電車に飛び乗り、向かった
平日の昼間の映画館!
空いていました!!

ジュー(ジュース)買ってぇ~
ポックポーン(ポップコーン)買ってぇ~
行くんだよねって、どこで覚えたんだか・・・
たまには、息子の言いなりになってあげるか!と
おまけに映画のパンフ買って
入館!

最初「ここ、暗いのがちょっとこわい!」
と半べそかいていたけど
映画がはじまると
ものすごい集中力というか瞬きひとつせず
見入っている・・・
駿監督が、「赤ちゃんがみられる映画を作った」と
言っていたが、そのとおりのようだった。

大人の私はただただ感動した・・・
家族の絆や、母を想う子の気持ち、
年を重ねてきたお年寄りの気持ち・・・などなど
かなり深いです。

息子が母を想う気持ちは永遠だのだな~

保育園お休みの日はお家の中で、子供にDVDでも見せとけば、
私は私で自分のやたいことが少しはできたと思うけど
なにかってぇ~と話しかけてくるから
集中できないしね。

思い切って、出かけてよかった!!

ジブリスタジオと豚屋の前を通るたびに
早く帰ってこないかな~
ポニョのおじさんにサインもらうぞ!と
おもっています・・・













Last updated  2008年09月04日 11時11分34秒
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.