459931 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

韓国美容外科-BK美容外科のブログ

2015年01月06日
XML
カテゴリ:ボディライン

 

あんにょんはせよ~ BK美容外科です

今日は、傷跡修正の紹介です 

外傷や手術を受けた後は、どんな場合でも傷跡が残ります。

傷跡を修正し、目立たなくする手術が可能です

しかし、この手術は破壊された皮膚組織を再生する手術ではありません

傷跡の部位を滑らかにしたり、症状がひどい場合は、周囲の皮膚組織を活用し、きれいに再度縫合する方法にすぎません。



 

??.JPG

 

 

BK美容外科の傷跡修正は、瘢痕形成術、皮膚移植術、組織拡張術、剥皮術の4つの手術方法があります。

 

瘢痕形成術


傷跡を切除して再度縫合し、正常な皮膚だけがくっつくように従来の傷跡よりも見た目が良くなるようにする手術です。


術後6ヶ月程度過ぎてから赤くなった手術部位が自分の肌の色に戻り、その後何ヶ月か経つと手術の跡がほとんど目立たなくなります。


 

皮膚移植術


傷跡の幅が広い場合に行う手術です。


傷跡をすべて切除した後にお尻や頭皮など目に見えない部位の皮膚を薄く剥がし、傷跡の部位に移植する方法です。


しかし、皮膚は部位によって性質が違うため、拘縮しないように一定期間は移植した部位を抑える特別な治療を受けなければなりません。

組織拡張術


傷跡の周辺にある正常な皮膚を組織拡張器で拡張し、傷跡がある部位に拡張した皮膚を被せる方法です。


手術例:頬に火傷を負い傷跡が残った場合、傷跡に最も近い顎下にある皮膚を組織拡張器で拡張し、傷跡を切除したところに拡張した皮膚を覆い縫合すると傷跡が目立たなくなります。


剥皮術


広く凸凹した傷跡、にきび跡などの傷跡がある場合、傷跡を薄く剥がし傷跡が目立たないようにする手術です。


術後、すぐに外出することができます。

日焼け止めクリームをしっかり塗って剥皮した皮膚を紫外線から守ることが大切です


 

??1.JPG

 

 

カウンセリングのご予約や美容整形のお問い合わせは下記までビックリマーク

 

HP:http://japanese.bkhospital.com/
メールアドレス:bkhospitaljapanese@gmail.com

 

 

 

韓国美容外科
韓国を越えて世界に向かう美しい名前
BK美容外科
BKDY
BKトンヤン美容外科
BKクリニック bk
韓国美容整形外科









最終更新日  2015年01月06日 15時38分17秒
コメント(0) | コメントを書く
[ボディライン] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.